08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* category: 勝負の分岐

【勝負の分岐】⇒レース結果 

応援クリックお願いします
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログ
人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking



勝負の⇒レース結果

≪結果≫
⇒土曜日、日曜日ともに結果が伴わなかった。本命馬の成績だけを見れば【4.2.1.5】とまずまず馬券の対象になったが、微妙なズレが生じ取りこぼすケースが目立った。ただ予想する側からすればいくつか教訓を得ることができた。その教訓を生かして、次週につなげるつもりだ。

※結果、配当金等は主催者発表のものと照会してください。

11/13 (土)
東京10R オーロカップ
◎⑤ ○⑪ ▲⑧ ★④ △⑩ △③
結果⑤-⑱-⑫ 不的中

東京11R 京王杯2歳S
◎⑧ ○⑪ ▲③ △⑤ △⑦ △⑩
結果⑥-③-① 不的中

東京12R◎⑯ ○⑪ ▲⑬ ★⑦ △⑨ △⑮
結果⑯-⑪-② 馬単⑯-⑪730円 的中!

京都10R 比叡S
◎① ○④ ▲② △⑩ △③ △⑦
結果⑤-②-③ 不的中

京都11R アンドロメダS
◎② ○④ ▲⑦ ★⑪ △⑥ △③
結果②-④-⑦ 不的中

京都12R◎⑦ ○② ▲⑤ △⑧ △⑥ △③
結果⑤-⑧-② 不的中

11/14 (日)
東京9R 赤松賞
◎⑪ ○⑬ ▲⑩ △⑨ △⑦ △④
結果⑪-③-⑩ 不的中

東京10R 銀嶺S
◎③ ○⑯ ▲② ★⑨ △⑬ △①
結果⑯-③-① 馬単1,800円 3連単8,000円 的中!

東京11R 武蔵野S
◎① ○④ ▲⑫ ★⑩ △⑯ △⑤
結果④-⑮-⑦ 不的中

京都10R ドンカスターカップ
◎③ ○④ ▲② △⑩ △⑧ △⑤
結果⑥-②-③ 不的中

京都11R エリザベス女王杯
◎⑨ ○⑫ ▲⑤ ★⑦ △④ △⑯
結果⑥-⑨-⑤ 不的中

京都12R 京都ロイヤルプレミアム
◎⑦ ○⑪ ▲④ ★⑭ △⑨ △⑯
結果⑨-⑩-④ 不的中

成績122


明日火曜日は、マイルCS特集アップ予定。


-PR-

■無料モニター300名様限り

まだ無料会員に登録していない人は今すぐ登録しましょう!
今週末、重賞を完全無料で公開するみたいです!

今週は一気に300名様の募集です!

前回募集時の結果は…

たったの1鞍で86万円でした!!

ここでの配当金だけで今シーズンの儲けを保証されたも同然です!

これ、かなり信頼度高いです。
絶対、登録したほうがいいですよ。

限定300名様みたいなので
お急ぎ下さい!

【 無料モニター参加 】




ブログランキングに参加しています
  ↓ ↓ ↓
応援クリックお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ

  ↓ ↓ ↓     ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


質問・応援コメントはここからどうぞ。
RPM値に対してもできるだけブログ内で解説していく予定です。
   ↓ ↓
スポンサーサイト

* category: 勝負の分岐

【勝負の分岐】⇒レース結果 

応援クリックお願いします
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログ
人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking


勝負の⇒レース結果

≪結果≫
⇒土曜日はファンタジーSの13万馬券を◎★△でヒットさせ、それなりに満足のいく予想だったが、日曜日は少々微妙なものとなった。予想5本に対して的中したのは2レース。それも低配当の馬連止まりでは…。

⇒来週から7週連続でGⅠレースが続く。RPM値を軸にしっかりとした展望・見解とともに最終予想を展開していくつもりなので、ぜひ立ち寄ってください。
※配当金等は主催者発表のものと照会して下さい。


11/6(土)
東京10R
◎⑧ ○④ ▲⑭ ★⑬ △⑯ △⑦
結果⑧-⑦-⑤ 馬連1,470円 馬単2,010円 的中!

東京11R
◎⑤ ○② ▲⑭ △⑮ △⑨ △④
結果④-②-① 不的中

東京12R
◎④ ○② ▲⑥ △③ △⑦ △①
結果⑧-④-③ 不的中

京都10R
◎⑨ ○② ▲⑧ ★⑪ △③ △①
結果⑨-②-⑪ 3連単10,890円 的中!

京都11R
◎⑧ ○⑩ ▲⑦ ★④ △② △⑤
結果⑧-④-⑤ 3連単136,370円 的中!

京都12R
◎⑭ ○⑨ ▲⑧ △⑬ △⑥ △①
結果⑨-②-⑤ 不的中


11/7(日)
東京10R
◎⑦ ○① ▲② ★⑬ △⑩
結果②-⑦-⑥ 馬連610円 的中!

東京11R
◎⑧ ○② ▲① ★⑱ △⑥ △⑨
結果②-⑨-⑦ 不的中

東京12R
◎⑫ ○⑪ ▲② △⑨ △⑬ △⑭
結果⑤-⑪-⑬ 不的中

京都10R
◎⑧ ○④ ▲⑤ △⑦ △② △③
結果⑧-⑪-⑨ 不的中

京都11R
◎② ○⑦ ▲⑫ ★⑤ △④ △⑮
結果②-④-⑭ 馬連470円 的中!

成績115



-PR-

■無料モニター300名様限り

まだ無料会員に登録していない人は今すぐ登録しましょう!
今週末、重賞を完全無料で公開するみたいです!

今週は一気に300名様の募集です!

前回募集時の結果は…

たったの1鞍で86万円でした!!

ここでの配当金だけで今シーズンの儲けを保証されたも同然です!

これ、かなり信頼度高いです。
絶対、登録したほうがいいですよ。

限定300名様みたいなので
お急ぎ下さい!

【 無料モニター参加 】



ブログランキングに参加しています
  ↓ ↓ ↓
応援クリックお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ

  ↓ ↓ ↓     ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


質問・応援コメントはここからどうぞ。
RPM値に対してもできるだけブログ内で解説していく予定です。
   ↓ ↓

* category: 勝負の分岐

勝負の分岐⇒レース回顧、予想回顧 

まずは応援クリックお願いします。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログ
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ


特別付録【天皇賞】RPM値付き!
勝負の⇒レース回顧、予想回顧

菊花賞
10/24(日) 京都11R 芝3000M GⅠ

≪レース回顧≫
⇒バラ一族の悲願であるクラシックレース制覇は0.2秒届かず夢で終わった。しかし、ローズキングダムはやはり負けて強しである。

⇒レースの上がり35.6秒に対して33.9秒の鬼脚で応戦。血統的にほぼ限界と思える淀の3000Mを見事に走りきってみせた。ローズ自身の運動・競争能力の高さもさることながら、武豊の騎乗も光った。大一番での1番人気であそこまで追い出しを我慢できるのは、百戦錬磨の名手が成し得る技だ。

⇒ローズが「負けて強し」ならばビッグウィークは「勝ってなお強し」である。逃げのスペシャリスト津村・コスモラピュタの緩急織り交ぜた絶妙な逃げに動じることなく先行して上がり34.4秒でまとめた。

⇒大沢親分ならこういうだろう。『あっぱれ!』

⇒対して当欄の予想は『喝!』。菊花賞の予想に際して「レースレベル」を取り上げた。セントライト記念組は大きく割引く云々。結果セントライト記念組は馬群に沈んだから、その考え自体は正解だった。ただし、ローズキングダムに◎打つからには神戸新聞杯で0.5差3着のビッグウィークを簡単に切ってしまった事はいただけない。レースレベルをモノサシとして使うのならば徹底的に追及して然るべきだった。『喝!』である。

レース予想の生命線はレースイメージと馬券組み立ての整合性にある。難しいことであるが肝に銘じるべきだろう。何事も日々勉強である。

⇒来週は天皇賞だ。東京2000Mで行われる古馬のGⅠは誤魔化しの利かない厳しいレースになる。毎年RPM値上位の馬が好走している。今日は天皇賞出走予定馬のRPM値を18頭分挙げておく。参考にされたし。

≪予想成績≫
⇒今週から特別&最終をターゲットに、RPM値および予想対象レースを拡大することにした。できる限り特別戦は公開するつもりだが、今開催は福島までは手が回らないかもしれない。レース当日の正午までには、アップするのでぜひ確認していただきたい。

⇒重賞レースはこれまでどうり、前日の夜11時までに公開予定。

⇒ちなみに今週、土・日の通算成績は、
        12戦 6勝 ※的中レース数

⇒本命馬の連対率、
        7割 5分

⇒来週以降も当欄の武器であるRPM値をモノサシに、繊細かつ大胆な読みと渾身のレース予想をお送りする。


特別付録!
≪天皇賞RPM≫ ※出走予定馬
   馬番/馬名   前走値 近5走値の範囲 RPM値から見た調子
①アクシオン      97    87-99    →(平行線)
②アリゼオ      108    79-108   ↑(上昇急)
③アーネストリー   101    93-108   →(平行線)
④エイシンアポロン  106    100-106   →(稍上昇)
⑤オウケンサクラ   104    87-104   ↑(稍上昇)
⑥キャプテントゥーレ 100    100-108   →(平行線)
⑦コスモファントム  公営    82-95    →(平行線)
⑧ジャガーメイル   104    104-107   →(平行線)
⑨ショウワモダン   未計    88-(110)   →(平行線)
⑩シルポート     100    98-106   →(平行線)
⑪シンゲン      106    98-111   →(平行線)
⑫スマイルジャック  102    102-109   →(平行線)
⑬スーパーホーネット 109    102-109   ↑(稍上昇)
⑭トウショウシロッコ 105    94-105   ↑(稍上昇)
⑮ネヴァブション   106    106-106   →(平行線)
⑯ブエナビスタ    110    101-110   ↑(稍上昇)
⑰ペルーサ      104    85-104   →(稍上昇)
⑱ヤマニンキングリー  92    92-104   ↓(稍下降)

 
≪注目馬≫ 

⇒具体的には週中で行う予定のGⅠ展望と最終決断を通して、当欄の見立てを公開していく。今日のところは、現段階における当欄が注目する馬を3頭挙げておく。

★注目馬① 人気ブログランキングへ ※シンゲン

★注目馬② FC2 Blog Ranking ※ブエナビスタ

★注目馬③ FC2 Blog Ranking ※ペルーサ


ブログランキングに参加しています。
  ↓ ↓ ↓
応援クリックお願いします。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ

  ↓ ↓ ↓     ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


質問・応援コメントはここからどうぞ。
RPM値に対してもできるだけブログ内で解説していく予定です。
   ↓ ↓

* category: 勝負の分岐

勝負の分岐⇒レース回顧、予想回顧【ペルセウスS】 

まずは応援クリックお願いします。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログ
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ


特別付録付き
勝負の⇒レース&予想回顧
ペルセウスS
10/9(土) 東京11R ダ1400M OP

≪結果≫
着順   馬名      人気  予想    備考
1着②ダノンカモン  (1番人気) ◎ (前走RPM値1位)
2着⑫タガノクリスエス(6番人気) … (  〃  4位)
3着③エノク     (7番人気) △ (  〃  5位)
4着①グランドラッチ (11番人気)… (近5走RPM値2位)
5着⑨ケイアイテンジン(4番人気) △ (前走RPM値3位)

⇒近走安定したパフォーマンスで2番人気に支持されたトーホウドルチェが逃げるも、直線半ばで伸びを欠き掲示板を外した。前後半差2.1秒の前傾ラップが同馬にとって速すぎたとは思えない。逃げて目標となる不利もあった。しかし、夏場を使い詰めできていたから調子落ちの兆候かもしれない。もし間隔をあけずに次走を使ってきたらかなり注意が必要だ。

⇒本命に指名したダノンカモンは期待通りの走りを見せてくれた。前走の大阪スポーツ杯と6ハロンまでまったく同タイムのラップとなるレースになったことで馬も落ち着いて立ち回れた。前走から負担重量が3キロ減だったことにより、末脚に鋭さが増して余裕を持って直線抜け出せた。これで東京ダートは【2.0.2.0】。相性がいいのだろう。

⇒コースに対する相性や適性はかなり重要な要素である。3着のエノクも東京適性がかなり良かった馬だ。これで通算【2.0.4.0】となりダノンカモンと同じく東京ダートの複勝率は100%だ。

⇒2着のタガノクリスエスは前走RPM値が4位の馬だったが、予想では無印として失敗してしまった。同馬は東京ダートが初コースだったことに加え距離適性に疑問を感じ軽視したのだ。広々とした直線の長い東京が同馬には向いていたということだろう。前走RPM値が上位の馬の取捨はもっと慎重に行わなければならない。

⇒ケイアイテンジンは復調途上だったが、次走あたりはいよいよ注意が必要になってきた。今走は最終追い切りの動きが精彩を欠いていたので△にとどめたが、次走追い切り良化となれば当然注意が必要。力量は上位だ。

特別付録
≪秋華賞RPM値≫
⇒レース回顧はここまでとするが、今夜はわざわざ当欄を訪れていただいた読者に、ひと足速く秋華賞(GⅠ)に出走を予定する各馬の前走RPM値を提供させていただこうと思う。明日も休みの方が多いことだろう。ぜひレース検討の参考にしていただきたい。普段は上位5傑だが、今日は上位10傑まで公開しておく。

【秋華賞前走RPM値上位10傑】
1位 人気ブログランキングへ 108
〃 FC2 Blog Ranking  108
3位 FC2 Blog Ranking 106
4位 ベストクルーズ   101
5位 アプリコットフィズ 99
6位 ショウリュウムーン 97
〃 サンテミリオン   97
8位 アニメイトバイオ  96
〃 ワイルドラズベリー 96
10位 アパパネ      94
〃 エーシンリターンズ 94

⇒上記のRPM値を見ればわかるとおり、ローズSはさほどレースレベルは高くなかった。むしろ別路線組がレベルの高いレースを経験し、ひとまわりパワーアップして参戦してきそうだ。とくに上位3頭には注意が必要。アパパネもうかうかしていると3冠どころか掲示板も危ういかもしれない。


ブログランキングに参加しています。
  ↓ ↓ ↓
応援クリックお願いします。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ

  ↓ ↓ ↓      ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


質問・応援コメントはここからどうぞ。
RPM値に対してもできるだけブログ内で解説していく予定です。
  ↓ ↓

* category: 勝負の分岐

勝負の分岐⇒レース回顧、予想回顧【スプリンターズS】 

まずは応援クリックお願いします。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログ
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ




勝負の⇒レース回顧、予想回顧
スプリンターズS
10/3(日) 中山11R 芝1200M GⅠ

≪結果≫ 
着順    馬名         人気    予想
1着 ⑦ウルトラファンタジー (10番人気)  …
2着 ⑭キンシャサノキセキ  (03番人気)  ★
3着 ③サンカルロ      (07番人気)  △
4着 ②ダッシャーゴーゴー  (06番人気)  …
5着 ⑧ワンカラット     (02番人気)  ▲

⇒トラックバイアス(馬場の特異性)が味方したのは当欄が◎に推したローレルゲレイロにあらず、香港馬のウルトラファンタジーであった。勝ち馬のスピードを初めて認識したのがスタートして2ハロン目。この時点で馬券的中に赤信号が点滅した。

⇒『百聞は一見にしかず』ということで物の見事に死角となった。最終的に1番人気に支持されたグリーンバーディー相手なら対戦成績で3戦3勝。この中にはハナに行けずにマイペースで運べなかったレースも含まれているのだから、この2頭の力量関係はウルトラファンタジー>グリーンバーディーであることに相違ない。10番人気というのは不当な評価であったということだ。

⇒当欄にとっては予想する上で一番頭の痛いケースである。前哨戦のセントウルSの回顧でも書いたが、見たことがない馬の評価ができないからだ。その馬のリアル・パフォーマンスを知らずして評価するも何もないだろう。

⇒このレースの予想上の勝負の分岐点はここにある。ウルトラファンタジーに対して「時計の速い決着は未経験。本質は逃げであるがここはハナに行けない公算が高い。」とコメントした。「ハナに行けない公算」? 香港競馬での時計を勝手に解釈したのみで「公算」に
あらず、主観的な「私算」だろう。

⇒レースは前半3ハロン33.3秒で上がり34.1秒。予想した究極の前傾ラップとはほど遠い
並みのペースだ。勝時計も1.07.4と昨日の1000万特別と大差ない実に平凡な時計だ。
ローレルゲレイロ,ビービーガルダンは33.3秒のレースラップを追走して失速や伸びを欠く馬では本来ない。調子落ちか競走馬としてのピークが過ぎたのかもしれない。

⇒キンシャサノキセキはやはり優秀である。ペースと通った距離を考えると評価できる内容だ。サンカルロは1200Mの適性が高いことがこれではっきりした。ワンカラットは4角で前走の手応えがなかった。それでも牡馬相手のGⅠでよく走っている。充電しての仕切り直しで十分に見直せる内容。

⇒ダッシャーゴーゴーは伸びシロある3歳馬。今走は究極の仕上げで臨んだが力をつけていることは再認識した。今回はペースが意外と緩かった分、窮屈な内を割って出られた。内枠の利もあったし不利もあった。降着は時の運。来年は楽しみだ。

⇒予想の入りがトラックバイアスであった今回のレース、回顧の締めもトラックバイアスとしよう。時計とクラス差においてつじつまが合わない状態がトラックバイアスの怖いところだ。今開催の中山では芝レースの結果はまともに解釈しない方が無難だ。暮れの中山開催では危険な人気馬や人気薄の実力馬が続出する可能性が高い。頭の片隅に是非入れておいて欲しい。



ブログランキングに参加しています。
   ↓ ↓ ↓
応援クリックお願いします。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ

   ↓ ↓ ↓        ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


質問・応援コメントはここからどうぞ。
RPM値に対してもできるだけブログ内で解説していく予定です。
   ↓ ↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。