08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* category: 中央競馬重賞予想

【重賞展望】朝日チャンレンジC 

まずは応援クリックをお願いします。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログ
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ



【重賞展望】

9/11(土) 朝日チャレンジC 阪神芝2000M

なんとも低調な組み合わせである。加えて、登録数は12頭だが、エムエスワールド、タニノエポレットの回避はほぼ確定的だし、ファストロックはわざわざ使ったことのない阪神に輸送してまで出てくるとは思えず、素直に京成杯AHに向かうだろう。前走クイーンSでアプリコットフィズの2着に入ったプロヴィナージュも回避をちらつかせている。

華々しく秋競馬を飾るはずのオープニング重賞が、残念ながら少頭数の地味な顔ぶれによって争われることになる。

それでも、一応、出走予定馬の戦力比較だけはしておこうと思う。

前走RPM値上位5頭
1)キャプテントゥーレ  112RPM(安田記念7着)
2)アドマイヤメジャー  107RPM(垂水S1着)
3)ベストメンバー    106RPM(日経新春杯7着)
4)プロヴィナージュ   103RPM(クイーンS2着)
5)ベンチャーナイン   92RPM(天の川S13着)


この顔ぶれなら、皐月賞馬で昨年の勝ち馬であるキャプテントゥーレが、格でいっても力量でいっても1枚どころか2枚は上だろう。前走RPM値も断然である。GⅠ、GⅡでは決め手不足でチョイ足らずの印象も、陣営の腹積もりとしては確勝級ではあるまいか。

準オープン2連勝のアドマイヤメジャーは、この一戦によってはこの先の視界がグっと広がるとあっておそらく逆転を狙っている一頭だろう。昨年セントライト記念で差のない競馬をしたフォゲッタブルはその後、重賞をふたつ勝ち、セイクリッドバレーも古馬の重賞戦線でまずまずの活躍を見せている。ナカヤマフェスタに至ってはグランプリホースだ。さすがに期するものがあると見る。

後はどうか。

潜在能力の高いベストメンバーは、前走で8カ月ぶりに登場した後、またまた8カ月の休み明け。順調さに欠ける印象は否めず、勝ち負けとなるとさすがに疑問だ。プロヴィナージュも出走回避をちらつかせているところを見ると前走の反動があるのかもしれない。ベンチャーナインはといえば順調とは程遠く波に乗れずに低迷中。その他となると……。

前走で小倉日経オープンを勝ったアンノルーチェには一応の可能性が残るが、良績は小倉と京都に集中し阪神ではまったくの別馬になってしまう。原因はおそらく坂にあると思われるが、はてさて。ちなみにスローの上がり勝負となった小倉日経オープンで同馬が記録したRPM値は91に過ぎない。すなわちレースレベルそれのものが低調だったことの証左だ。

最終結論は、9/10(金)23:00にアップ予定。


ブログランキングに参加しています。
   ↓ ↓ ↓
応援クリックお願いします。
   ↓ ↓ ↓  
にほんブログ村 競馬ブログへ

   ↓ ↓ ↓        ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


質問・応援コメントはここからどうぞ。
RPM値に対してもできるだけブログ内で解説していく予定です。
   ↓ ↓
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。