08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* category: 中央競馬重賞予想

【セントライト記念】最終結論 

まずは応援クリックお願いします。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログ
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ

【最終結論】
セントライト記念
9/19(日) 中山11R GⅡ 芝2200M


≪オリジナルRPM値馬柱≫ まずは馬柱で、各馬のRPM値を参照していただきたい。
セントライトRPM値馬柱(←クリックしてください)

≪馬券のポイント≫
●平均ペースで好走実績のある馬が有利
●菊花賞トライアルではあるものの、本番での勝ち負けは期待薄。
 ここ勝負の馬が多い
●前走が古馬混合1000万条件で好走した馬なら十分に通用する

≪考察≫
⇒中山外回りの2200Mは極端なスローやハイペースにはならない。実際にセントライト記念の過去10年の成績を調べても、前・後半3ハロンのタイム差は2007年を除いて1秒以内に収まるほぼイーブンのペースとなっている。

⇒スローから上がりの速さを競うことに慣れている馬や速い上がりを武器としている馬にとってはツライ展開となる。今年の出走馬のステップレースをみていると、スローのぬるいレースがかなり目立つ。その中でラジオNIKKEI賞は今走のレースにかなり近いものがある。新聞での同レースのペース表記は「S」となっているが,限りなく平均に近いスローである。前・後半3ハロンの時計差は僅かに0.1秒だ。

⇒ラジオNIKKEI賞で外枠ながらも器用な立ち回りをみせ、直線抜け出し勝利したアロマカフェ。マークしたレースパフォーマンスは98RPM。この数値は古馬混合の1000万条件の支笏湖特別で善戦したミッションモードの101RPM、ダークシャドウの100RPMに次ぐ高い数値である。もとより不利があった青葉賞で4着の素質がある。賞金面では本番出走に問題はなさそうだが、本番よりもメンバー手薄なここを勝ちにくるとみた。

≪結論≫

連不動の◎にはアロマカフェを推す。

相手には賞金不足でここ目イチ勝負の馬が狙いとなる。特注馬は要チェックだ。

◎ ②アロマカフェ
人気ブログランキングへ(←クリックしてください。120位前後です)
▲⑤フェイルノ―ト
★特注FC2 Blog Ranking(←クリックしてください。60位前後です)
△ ④ミッションモード
△ ③ゲシュタルト

9/19(日)午前中にローズSの最終予想をアップ予定。

ブログランキングに参加しています。
   ↓ ↓ ↓
応援クリックお願いします。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ

   ↓ ↓ ↓        ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


質問・応援コメントはここからどうぞ。
RPM値に対してもできるだけブログ内で解説していく予定です。
   ↓ ↓

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。