08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* category: 中央競馬重賞予想

【神戸新聞杯】最終結論 


まずは応援クリックお願いします。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログ
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ

最終結論!
神戸新聞杯
9/26(日) 阪神10R 芝2400M GⅡ

≪馬券のポイント≫ 
●ダービーで連対した2頭の取捨

≪考察≫ 
⇒2007年から距離が2400Mに伸びてダービーとの関連性が強くなった感のある神戸新聞杯。今年はダービー馬エイシンフラッシュ、同2着馬ローズキングダムが勇躍参戦。少頭数ということもあって馬券の売れ行きはこの2頭に集中している。

⇒前売り段階で馬連③⑤2.3倍というオッズは、いうまでもなく多くの人がガチガチの決着をイメージしていることを表している。ところが、「本当にこの2頭でかたいのか?」という素朴な疑問が捨てきれない。

⇒今年のダービーは前後半差3.3秒という極端なスローペースから究極の上がり勝負となった。表向き2400M戦だが実質は1800M戦で行われたようなものである。とすれば、本質的に距離に不安を抱えるローズキングダムがここで崩れたとしても不思議ではない。

⇒ローズキングダムが“距離に不安を抱える”とする根拠は、①勝利が1800M戦までであること、②叩き2戦目、万全で挑んだ皐月賞(2000M戦)でエイシンフラッシュとヒルノダムールの2頭に外から差しこまれたことが挙げられる。同時に皐月賞後の小牧騎手のコメントが「距離は問題なかった」というものだった。それこそ、陣営がレース前に距離に対する不安を抱えていたことを意味するのではないか。

⇒ましてや休み明け。ビッグウィークの逃げでかかる心配もある。追い切りは一応の合格点を与えられるものだったが、馬体の成長にはやや疑問もある。よって、当欄の評価は抑えまで。

⇒週中に注目馬の一頭に挙げたビッグウィークだが、頭の高い走法が完全に矯正されておらずここでは軽視することにした。

⇒各馬のRPM値は以下のオリジナル馬柱で確認してほしい。
神戸新聞杯オリジナルRPM値馬柱

≪結論≫ 
⇒世代トップクラスの能力と決め手から、ダービー馬エイシンフラッシュで連不動。相手は抑えのローズキングダムを入れて4頭まで。ちなみに★印を与えるような特注馬はいない。

◎エイシンフラッシュ
人気ブログランキングへ(←クリックしてください。95位前後です)
FC2 Blog Ranking(←クリックしてください。40位前後です)
FC2 Blog Ranking(←クリックしてください。40位前後です)
△ローズキングダム


ブログランキングに参加しています。
   ↓ ↓ ↓
応援クリックお願いします。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ

   ↓ ↓ ↓        ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


質問・応援コメントはここからどうぞ。
RPM値に対してもできるだけブログ内で解説していく予定です。
   ↓ ↓

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。