09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* category: 中央競馬重賞予想

【富士S】最終決断! 

まずは応援クリックお願いします。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログ
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ


最終決断!
富士S
10/23(土) 東京11R 芝1600M GⅢ

≪馬券のポイント≫
●展開⇒マイネルファルケの単騎逃げ。

≪見解≫
⇒先日の重賞展望でも触れたが、レースはマイネルファルケの単騎逃げが約束されたメンバー構成だ。ペースは当然落ち着く。東京の1600Mはスタートから3角までの距離が長く、マイネルファルケにとって大外枠はさほど不利とはならないだろう。逃げ馬は負ける時は得てして大敗するものだ。前走の安田記念の着順は度外視していい。快速エーシンフォワードに先手を奪われ、まったく自分の競馬ができていなかったからだ。

⇒自分の型に持ち込めばかなりしぶといパフォーマンスを見せる。実際に昨年のGⅠマイルCSで果敢に逃げて2着。年齢もまだ5歳。今回は素直に買いだろう。展開の利、本命◎を食う一発の可能性ありとみて特注の★。⇒冒頭に示した通り、このレースのポイントは「展開」の一言に尽きる。

⇒放牧で立ち直ってくれば、2番手につけるのは3歳馬のガルボの可能性が高い。松岡=津村のライン(エージェントが同じ)でレースが流れると競り合いはまずない。ガルボとてシンザン記念を制した重賞ウイナーである。展開が向くここは流れ込むチャンスは十分にある。

⇒一方で、他はほぼ全馬が後方からの競馬となる。東京のスローの競馬で差しに回る場合は長くいい脚を使えるかどうかが重要である。中山では一瞬の切れ味でも武器になるが、東京では通用しない。サンカルロがこのタイプだ。危険な人気馬だと思う。

⇒マルカシェンクは深刻なゲート難を抱えている。それでも結果としてRPM値は上位である。ゲートを出れば昨年の再現は十分にありえる話だ。逃げて2勝していることから先行できれば積極的に行くだろう。あくまでゲート次第。

⇒ショウワモダンは復調途上で59キロ。スロー競馬は自身不得手としている上、好調は長続きするが不調も長続きする。狙いは次走以降と見る。

≪結論≫
展開不問。ラチで折り合える絶好枠確保。
決め手鋭い
 人気ブログランキングへ(←クリックして下さい。60位前後)で連不動!
相手は手広く高配当狙い!


※本命馬については重賞展望を参照されたし!

人気ブログランキングへ ※リルダヴァル
FC2 Blog Ranking ※ダノンヨーヨー
FC2 Blog Ranking ※ガルボ
★マイネルファルケ
△スピリタス
△マルカシェンク
△セイクリッドバレー

明日の午前中(11時予定)には、数レース分のRPM値と予想をアップする。


ブログランキングに参加しています。
  ↓ ↓ ↓
応援クリックお願いします。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ

  ↓ ↓ ↓     ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


質問・応援コメントはここからどうぞ。
RPM値に対してもできるだけブログ内で解説していく予定です。
   ↓ ↓
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。