10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* category: 中央競馬重賞予想

【アルゼンチン共和国杯】重賞展望 

まずは応援クリックお願いします。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログ
人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking



重賞展望
アルゼンチン共和国杯
11/7(日) 東京11R 芝2500M GⅡハンデ戦

≪概要≫ 
⇒GⅠの狭間で行われるハンデ重賞。東京2500Mという条件から、JCのステップに使う陣営もあるが、多くはステイヤーズSなどに向かう長距離志向の面々となる。中距離馬には長く、長距離馬には短いという微妙な距離とハンデ差から毎年、馬券的にも荒れ傾向となっている。

≪RPM値≫ 
RPM値は牡馬55キロ、牝馬53キロで数値化してある。つまり、ハンデ戦においては、各馬のハンデをそのときどきの負担重量に換算する必要がある。定量戦57キロで記録したRPM値をハンデ戦52キロで採用すれば、レース検討の際に確実にズレを生むだろう。それを見越して、各馬のハンデに合わせ数値を調整することにしているのだ。RPM値を用いて予想する方は、負担重量差を無視して定量戦と同じ要領で検討されればいい。

≪能力比較≫ 
⇒トップハンデが57キロでハンデ差は上下7キロある。馬券は毎年荒れる傾向にあり、基本的にはどの馬にもチャンスがあるものとして検討すべきだろう。レースが難解であればあるほど、各馬の過去のレースパフォーマンスから、その特徴を探り念入りに精査する必要がある。公開しているRPM値は今回の負担重量のハンデ差をすでに反映させたものとなっている。

マイネルスターリー
103-98-106-107-100 【評価C】
距離経験が2000Mまでしかなく、洋芝適性の高さも手伝って活躍の場は夏場の北海道。初の2500Mで今まで以上のパフォーマンスが必要とされる状況では苦戦やむなしか。

シルクネクサス
98-91-100-89-※ 【評価D】
右回り専門で左回りは不得手。東京コースも【0.0.0.3】。RPM値も低く8歳の高齢ではここでの大きな上積みは考えられず見送り妥当。騎手未定。

エアジパング
97-104-102-102-104 【評価D】
右回り専門で左回りは【0.0.0.6】。東京コースも【0.0.0.4】ではいかに距離適性があろうとも狙えない。近走のRPM値推移を見てもとくに強調すべき点は見当たらず、ここは見送り妥当。騎手未定。

ジャミール
107-100-103-106-107 【評価C】
今夏重賞を3戦連続して入着するなど力をつけてきたが、重賞で勝ち切る力量はまだない。RPM値も他馬と比較して上回るものではない。今走に限れば不安材料もふたつある。ひとつは東京コースが初であるばかりか左回りそのものが初。直線長く広々としたコースは合うかもしれないが未知数だ。もうひとつは馬体減りの傾向にあること。最終追いもあまり褒められた内容ではない。

マキハタサイボーグ
※-92-101-107-※ 【評価D】
レースパフォーマンスが下がり(調子落ち)一息入れた。そして今回は休み明け。左回り【0.0.0. 6】、東京コース【0.0.0.5】。8歳の高齢では上積み見込めず見送り妥当。騎手未定。

トーセンジョーダン
109-95-96-※-104 【評価A】
昨年の中日新聞杯(GⅢ)でアーネストリーと0.6秒差、ナカヤマフェスタとトウショウウェイヴに先着の実績がある。東京コースも2戦して2連対と実績があり評価できる。距離延長でどうかだが、血統背景から問題はなさそうでむしろプラスとなりそうだ。トップハンデ。

ゴールデンメイン
107-※-99-104-106 【評価D】
登録段階では騎手未定も今日の段階では太宰騎乗が決まった。RPM値もパンチ不足で前走比較では鞍上弱化。10歳高齢馬で買い材料に乏しい。

トウショウウェイヴ
104-※-97-99-108 【評価B】
東京巧者で距離適性ありということで人気になりそうだ。前走は不得手の稍重。良馬場なら4走前にスローの後方から大外を回ってナカヤマフェスタに0.3秒差まで詰め寄る決め手を持ち合わせる。追い切りも好内容であり一応の評価はするがRPM値的には強調できるレベルにない。

スリーオリオン
108-105-105-103-103 【評価B】
休みなくコンスタントにレースに使われているがRPM値は上昇傾向にある。左回り得意で距離も問題なくこなす。前走格上げで重賞挑戦も0.1差と見所ありここも軽視はできない。鞍上も内田博が継続騎乗で心強い。

スマートステージ
109-88-113-113-104 【評価B】
3走前と4走前に示した113RPMは優秀。3走前は目黒記念で0.3差4着と好走している。成績的には左回りと東京コースに良績はないが見限れない。

トリビュートソング
111-106-110-117-111 【評価B】
前走は出遅れ不利もスローを追い込みトーセンジョーダンとは0.7秒差。ゲートの出は毎回良くないので常に後方からとなるが決め手はある。叩き良化型で最終追い切りも絶好。距離延びる今回は上積みまで見込める。RPM値は高い水準で推移しており力量は上位。

カネトシソレイユ
104-※-92-110-109 【評価C】
左回りに良績なく東京も2戦して着外。1600万勝ち上がりのパフォーマンスから素質は感じるが、現状クラス慣れが必要だろう。今回は軽視。

ドリームフライト
93-103-※-104-112 【評価D】
距離2500Mでも短いぐらいかもしれない。つまりペースが緩くなる長距離の単騎マイペース逃げが勝ちパターン。ここは前走で潰された同型のゴールデンメインの存在で再び苦戦か。

レッドアゲート
105-104-104-97-102 【評価D】
PM値を見る限り、51キロの今走負担重量で換算してすら上記の通り力量不足。ここは見送り妥当。

ゴールデンハインド
98-112-109-92-86 【評価C】
2走前と3走前のRPM値が目立つが他は取るに足らない。この馬は単騎マイペースで逃げた時は高い数値を示す典型的な逃げ馬。今回は同型がおり、オープンで通用する可能性はあるが重賞ではまだ力量不足。

コスモへレノス
97-91-102-105-94 【評価D】
RPM値が示す通り力量不足。ここは見送り。騎手未定。

シグナリオ
105-※-109-100-107 【評価C】
前述のトリビュートソングと春のメトロポリタンSで0.2秒差の実績がある。勝馬は凱旋門賞2着のナカヤマフェスタで着差は0.6秒。前走の休み明けの内容も決して悪くはないが、やはり基礎能力は劣るのも事実。3着候補の大穴に一考の余地は残るか。

ローレルベルロード
104-106-97-※-92 【評価D】
ここでは力量不足。騎手未定で見送り妥当。

⇒出走各馬のRPM値を比較した結果、すんなりと決着するとは到底思えない。伏兵馬同士の決着を含めかなり荒れるだろう。最終決断を前に当欄が危険な人気馬と判断している馬と激走予感馬2頭を取り挙げておく。


★危険な人気馬
  人気ブログランキングへ
(↑クリックして下さい。60位前後です) ※ジャミール

★激走を予感させる特注馬
    
(↑クリックして下さい。30位前後) ※トリビュートソング スリーオリオン


ブログランキングに参加しています。
  ↓ ↓ ↓
応援クリックお願いします。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ

  ↓ ↓ ↓     ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


質問・応援コメントはここからどうぞ。
RPM値に対してもできるだけブログ内で解説していく予定です。
   ↓ ↓
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。