11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* category: 中央競馬重賞予想

【朝日杯FS】重賞展望PART.2 デイリー杯2歳Sを検証する! 

一日一回、応援クリックお願いします
        ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ
ブログランキングブログランキング【くつろぐ】



重賞展望PART.2主要ステップレースの検証~その1~
朝日杯フューチュリティステークス
12/19(日) 中山11R 芝1600M GⅠ

≪レース検証≫
RPM値をマークした背景を把握する
⇒昨日は出走予定馬のRPM値を公開した。実際のレースで見せたパフォーマンスを基に、各馬がどの程度の能力を持つのかそのベースは掴んでもらえたかと思う。今日からステップレースの検証を行い、各馬のRPM値がどのような背景でマークされたものなのかを探っていこうと思う。主要ステップレースは3つあるが、今日はデイリー杯2歳Sについて検証する。

【主要ステップレース】
 レース名   コース&距離 レース先行値 上位3頭平均値
★デイリー杯2歳S 京都1600M   45RPM   96RPM
★京王杯2歳S   東京1400M   31RPM   94RPM
★東スポ杯2歳S  東京1800M   45RPM   94RPM

【レース評価①】デイリー杯2歳S
⇒勝馬は先週の阪神JFを制し2歳女王に君臨したレーヴディソール。レースはクリーンエコロジーが逃げ先行値45RPMで引っ張る平均ペース。直線に入っても先行するクリーンエコロジー、メイショウナルトの脚が鈍らない流れを、中団からレースを運んだレーヴディソールとアドマイヤサガスが差し切る決着となった。このレースでクリーンエコロジーは4着で92RPMを、メイショウナルトは3着で93RPMをマークした。2歳オープンのレースのRPM値の勝負ラインは93RPMだから、この2頭を後方から差したレーヴディソールとアドマイヤサガスは、10月時点の2歳馬としてはかなりの力量があると判断できる。

⇒レーヴディソールはスタートでダッシュがつかず後手を踏み、4角大外を回しての差し切り勝ちだから能力の高さは相当なものといえる。このパフォーマンスが次走の阪神JFでの勝利を確信する要因となり、当欄は最終決断で自信の◎としたのである。ところでデイリー杯2歳Sを使った馬が今回2頭参戦してくる。この2頭についてレースリプレイをチェックした上で、デイリー杯2歳Sにおけるパフォーマンスを評価してまとめてみた。

●アドマイヤサガス 2着 【総合値95RPM・先行値39RPM】
⇒好枠3番ゲートからまずまずのスタート。3角2コースで4角は最内の1コースで進入。道中はこれ以上ないくらいスムーズで終始内々の経済コースで折り合いがついていた。直線外に持ち出し粘る先行勢を捕えた。レーヴディソールの決め手には屈したがこの2着は当然評価できる内容だ。ただし、全てがうまくいっての結果だけに持てる力がフルに発揮されての95RPMであると捉えている。本番は中山1600Mのトリッキーなコースであることを考えると、もう少し前々でさばける器用さが欲しい。そういう意味では枠順に注意が必要だ。

●グランプリボス 7着 【総合値84RPM・先行値44RPM】
5番ゲートからまずまずのスタート。クリーンエコロジーの逃げを2番手で追いかけ3角2コース、4角は3コースで直線に進入。特に不利もなかったが、直線に入ると早々にバテて下がってしまった。次走で1400Mの京王杯2歳Sを制することになるが、京王杯2歳Sについては明後日に詳しく触れるのでここでは割愛する。デイリー杯2歳Sでのグランプリボスはまったく見所が無かった。原因を特定できればいいのだが。サクラバクシンオー産駒ということから(?)、この敗戦を距離の壁と捉える意見を見聞きする。が、当欄の見方は違う。デイリー杯でのグランプリボスの凡走は距離云々よりもレースペースにあると考えている。東京の1400Mを勝てる馬が京都の1600Mが長いとは思えない。新馬戦を32RPMの先行値で勝利し、デイリー杯では44RPMの先行値で凡走。そして次走の京王杯は24RPMの先行値でリベンジを果たした。つまり先行馬でありながらスローの瞬発力勝負を得意とするタイプではないか。今回どのようなペース、展開となるかはレース前日の最終決断時にまとめるが、中山の1600Mを好走するタイプの馬とは思いにくい。中山の1600Mはコース形状の影響もありスタートからペースが速くなる傾向にある。鋭角にカーブする2角の進入に際してポジションの争奪戦が行われるからだ。現段階ではアドマイヤサガスの方が上位であると判断している。

⇒明日は本番で1番人気となりそうなサダムパテックを取り挙げる。対象となるレースは東京スポーツ杯2歳Sだ。このレースにはリフトザウイングス、マイネルラクリマも出走しているので3頭の評価をしっかり行うつもりだ。




-PR-

■無料モニター300名様限り

まだ無料会員に登録していない人は今すぐ登録しましょう!
今週末、重賞を完全無料で公開するみたいです!

今週は一気に300名様の募集です!

前回募集時の結果は…

たったの1鞍で86万円でした!!

ここでの配当金だけで今シーズンの儲けを保証されたも同然です!

これ、かなり信頼度高いです。
絶対、登録したほうがいいですよ。

限定300名様みたいなので
お急ぎ下さい!

【 無料モニター参加 】



ブログランキングに参加しています
  ↓ ↓ ↓
応援クリックお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
  ↓ ↓ ↓        ↓ ↓ ↓
  人気ブログランキングへ
  ↓ ↓ ↓       ↓ ↓ ↓
ブログランキング【くつろぐ】  ブログランキング  



質問・応援コメントはここからどうぞ。
RPM値に対してもできるだけブログ内で解説していく予定です。
   ↓ ↓
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。