12« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* category: 【RPM値】に関して

【緊急リポート!】RPM値で4歳馬の強さに迫る! 

一日一回、応援クリックお願いします
        ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ
ブログランキングブログランキング【くつろぐ】

CHECK!
リアル・パフォーマンス・メーター2011バージョン
リアル・パフォーマンス・メーター2011バージョンPART.2
↑RPM値についての基本解説および使い方は上記で確認してください。



緊急リポート!
明け4歳馬の強さに迫る!
RPM値『プラス8.6の法則』


素質・潜在能力・底力…RPM値で掴み取る!
競馬の中には“不確かなもの”がいくつもある。競争馬を語る際の“素質”や“潜在能力”はその最たるものだろう。この取り扱いの難しい表面化していない能力は、言葉としては頻繁に使われるものの実際はかなり感覚的なもので易々と計れるものではない。

当欄はRPM値の名の下、競争馬のリアルなパフォーマンスを独自に数値化してきた。この数値が意味するものは、いわば“顕在能力”だ。実際のレースに点数を付ける以上、目に見える能力しか評価できない。しかし、よくよく見れば、RPM値を構成する総合値、先行値、末脚値のバランスや推移によって “可能性”=素質、潜在能力、底力……が見え隠れしていることに気づく。

このところ競馬が終わるたびに明け4歳馬の強さに溜息をつく。頭では理解できているつもりでも、馬券購入に直結する最終決断の中には活かしきれていないのだ。その理由は“顕在能力”を重視するあまり、見え隠れしている“可能性”に知らず知らずフタをしてきたことにあるのかもしれない。これはRPM値の問題ではなく、予想する側の取捨の問題が大きい。

昨日、平安ステークスの展望時にインバルコがペテルギウスS8着に負けたことについて以下のように触れた。

「これはスタートしてまったくダッシュがつかなかったことが原因で、当欄は力負けではないと見ている……2走前の108RPMはアクシデントがあってのものだから度外視したい」

つまり、インバルコの2走前のRPM値は108であって、それ以上でもそれ以下でもない。不利やロスがあったからといって、とくにゲタを履かせる(数値の上乗せをする)つもりはなく、そのレースで実際にあったできごとを把握し、鵜呑みにしていい数値なのか否かを判断することにしているのだ。それだけ実走値=リアルなパフォーマンス値にこだわってきた。

そこにきての明け4歳馬の猛威である。象徴的な馬にローズキングダムがいる。

ローズキングダム 105【48-57】 104【50-54】 96【36-60】

上記したのは、日経新春杯出走時におけるローズキングダムの過去3走のRPM値である(斤量55キロの基準値)。この数値は昨年GⅠ戦線で現役最強と目されるブエナビスタと接戦を演じてきた馬とは到底思えないものである。RPM値を掲げる当欄ですら、少なく見積もっても+10RPMほどゲタを履かせたい気分に陥ったのだ。そのあたりは日経新春杯の重賞展望から最終決断の中でも語っている。レースが終わった後、急ぎRPM値を算出してみた。それが以下の数値だ。参考までに上位3頭の数値を併記する。

≪1月16日・京都11R日経新春杯GⅡ≫
1着ルーラーシップ
117【60-57】 101【46-55】 114【51-63】  91【28-63】
2着ヒルノダムール
114【57-57】 113【47-66】 103【49-54】 100【55-45】
3着ローズキングダム
118【58-60】 105【48-57】 104【50-54】  96【36-60】
※左から、今走、前走、2走前、3走前のRPM値。

3着に敗れたローズキングダムだが、斤量差があるため実際のRPM値はもっとも高い。総合値にして118RPMである。ジャパンC時が105RPMだから、実に13RPM伸ばしてきたことになる。この数値を見れば、+10RPM程度ゲタを履かせたかった気分がわかってもらえると思う。ローズキングダムの過去レースは大半がスローからの瞬発戦で数値が上がりにくいレースだったということだ。つまり、未知なる“潜在能力”がようやく顕在化したわけだが、これでようやく“顕在能力”を表すRPM値で正確に掴み取ることのできる馬となった。ルーラーシップやヒルノダムールはすでに昨年末の鳴尾記念時にその能力の大部分を顕在化していたため、当然、当欄は日経新春杯の予想時で主軸に推している。

それはともかく。4歳馬の猛威を語る上でもうひとつ外せないレースがある。同日に中山で行われた初富士ステークスだ。

≪1月16日・中山10R初富士S・1600万クラス≫
1着ブルーミングアレー
101【45-56】  91【40-51】  82【20-62】  86【35-51】
2着ダイワファルコン
105【43-62】 102【45-57】  91【24-67】  96【39-57】
3着モンテフジサン
102【44-58】  93【32-61】  96【26-70】  88【15-73】
※左から、今走、前走、2走前、3走前のRPM値。

こちらを見てもわかる通り、上位3頭はすべて明け4歳馬で、勝ったブルーミングアレーは10RPM、3着モンテフジサンも9RPMほど総合値を伸ばしてきている。

RPM値に見る明け4歳馬の2段階成長
さて、ようやく『プラス8.6の法則』である。この『8.6』という数字は上記6頭が今走マークした総合RPM値の上げ幅の平均である。たかだかサンプルは6頭かもしれないが、昨年秋から猛威を奮う他の明け4歳馬にしても同程度の上げ幅ではないかと推察している。よく見てもらえばわかるが、ルーラーシップの3走前から2走前が+13RPM、ヒルノダムールの2走前から前走が+10RPM、ダイワファルコンの2走前から前走が+11RPMとどの馬も近走のうちに大きな上げ幅を記録している。

通常RPM値はもっとも成長度の高い2歳から3歳春までの伸び率が高い。つまり多くはその頃に能力を開花するため+10RPM単位で一気にアップさせてくることもしばしばだ。それは単純に走破時計などを思い浮かべてみれば納得してもらえると思う。新馬戦の時計から、2戦目、3戦目、4戦目。初重賞の時計、初GⅠの時計。伸び率としてどこがもっとも高いか。おおよそ想像できる。一般的に能力の高い馬、素質のある馬は成長時期が早く、成長スピードが速い(単なる早熟馬もいるが)。そしてひと夏を越して、4歳春までに一部を除き“緩やか”に成長する。ところが、今感じる明け4歳馬の強さというのは、早ければ3歳秋から遅くとも4歳春の1~2戦目に、多くの馬が“2度目の大きな成長期”を迎えることにあるのではないか、というのが当欄の結論である。その根拠が先に触れたRPM値の伸び幅『プラス8.6の法則』となって表れていると考えたわけだ。

これを実際のレース予想で応用するためには、RPM値の推移を見ればいいはずである。近3走の中で大幅なプラス値(目安として8~10RPM)を記録している馬はすでに“2度目の大きな成長期”を終えた馬で、まだ記録していな馬、具体的には上記にあるブルーミングアレーのようなRPM値の推移を見せる馬は、次走ないしは次々走あたりに大幅なプラス値=『プラス8.6の法則』に当てはまる可能性が高いのではないか、と考えればどうだろう。もちろん特殊あるいは特異な成長曲線をたどる馬もいるため例外はあることと思う。

推論の域は出ないが、検証の意味を含め今週末からさっそく検討材料に加えたいと思う。今週出走予定の明け4歳馬でこのパターンがピタリとはまりそうな馬がいる。『プラス8.6の法則』がはまれば圧勝することになるだけに楽しみな1頭だ。当欄はこの馬に◎を打ち、勝負するハラ積もりはできている。要チェック!

★今週末勝負予定の明け4歳馬
人気ブログランキングへ  ※コスモファントム
(↑クリックしてください。50位前後です)




- 広告 -

■万馬券で190万9,100円を当てたノウハウをお教えします。


最近急激に増えた競馬予想サイト・・・

世の中には数多氾濫しており、
どのサイトが本当に優良で、安心できるサイトなのか
容易に探すことはできません。

そこで今回!!

評判高い『30サイト』を対象に、

総収益・的中率・回収率を

ガチンコで競って頂きました!!


エントリー条件としては以下を前提に抜粋。

1、登録費・維持費・管理費など『完全無料』
2、登録した瞬間、他のサイトからの迷惑メールが来ない


見事堂々の第1位に輝いたのは!?

【 今すぐ確認する 】

それぞれの的中実績を見て分かるように、
全てが圧倒的な結果を叩き出しております!!

どのような買い目指示でこのような成績をあげたのか?
こちらで全て無料でご確認頂けます。

【 今すぐ確認する 】

それぞれのサイトには、人数制限が設けられておりますので、
急いでご確認下さい!!


以前も登録できなかった方が多数おられたみたいですが、
リンク切れが“募集締め切り”の合図です。

サイトが見れればラッキーです。

【 今すぐ確認する 】

ちなみに、ランキング上位3サイトが
同じ買い目情報を出した日がありました。

---------------------------------------------------
7/3函館9R 大沼ステークス
3連単 軸1頭ながし 
1着5-2着2,10,12-3着2,10,12
---------------------------------------------------
6点馬券→各\1,000購入

⇒ 190万9,100円の勝利☆


3サイトの情報が一緒の時は・・・!!
確実に馬券購入をお勧めします。

存分にお楽しみください。

【 今すぐ確認する】




ブログランキングに参加しています
  ↓ ↓ ↓
応援クリックお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
  ↓ ↓ ↓       ↓ ↓ ↓
  人気ブログランキングへ
  ↓ ↓ ↓      ↓ ↓ ↓
ブログランキング【くつろぐ】  ブログランキング  



質問・応援コメントはここからどうぞ。
RPM値に対してもできるだけブログ内で解説していく予定です。
   ↓ ↓


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。