01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* category: 中央競馬重賞予想

【東京新聞杯】レースカルテPART.1 

一日一回、応援クリックお願いします
        ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ
ブログランキングブログランキング【くつろぐ】

CHECK!
リアル・パフォーマンス・メーター2011バージョン
リアル・パフォーマンス・メーター2011バージョンPART.2
↑RPM値についての基本解説および使い方は上記で確認してください。



詳細レースカルテ PART.1
東京新聞杯 GⅢ
2/6(日) 東京11R 芝1600M 

≪RPM値一覧≫
【DATA】登録馬全18頭の近3走RPM値
   馬名        前走     二走前    三走前  
オーシャンエイプス  93【39-54】 94【26-68】 D76【52-24】
★カウアイレーン    96【24-72】 102【38-64】 105【46-59】
★キャプテンベガ    93【38-55】 99【32-67】 85【25-60】
★キングストリート   105【45-60】 94【26-68】 101【44-57】
★ゴールスキー     106【43-63】 119【62-57】 103【38-65】
サトノエクスプレス  93【40-53】 84【21-63】 93【31-62】
★ショウワモダン    102【56-46】 96【51-45】 98【46-52】
★シルポート      103【48-55】 97【36-61】 108【59-49】
★スマイルジャック   116【68-48】 112【58-54】 107【53-54】
ゼットフラッシュ   87【36-51】 79【46-33】 100【35-65】
ダノンムロー     95【25-70】 97【30-67】 88【37-51】
★ダノンヨーヨー    119【54-65】 106【38-68】 92【22-70】
★ネオヴァンドーム   96【39-57】 98【46-52】 86【38-48】
バトルバニヤン    89【35-54】 99【41-58】 86【23-63】
★ファイアーフロート  101【43-58】 106【60-46】 98【61-37】
★フラガラッハ     105【45-60】 101【33-68】 79【15-64】
★マイネルレーニア   83【27-56】 95【42-53】 83【60-23】 
★リクエストソング   86【38-48】 107【44-63】 97【44-53】
※馬名の頭につく「」青星は騎手未定


≪レースカルテ①基本データ≫
RPM値勝負ライン
115【58-57】(クラスで勝ち負けするための目安)
RPM値注意点
マイルCSの数値は“超”のつくハイレベル決着のためやや割り引くくらいでよさそう(常時発揮できる力量を大きく上回ると見ています。とくに上位入線馬)。
コース
東京1600M(左回り)高低差2.7M直線525.9M(残480M~260Mにかけて高低差2.1Mの緩やかな上り坂)。向上面の直線は600M近く。
想定されるペースおよびレースタイプ
ややSペース~Mペースの持続戦
逃げ馬候補
シルポート、ファイアーフロート
休養明け(中10週以上)
キャプテンベガ、ショウワモダン、スマイルジャック、ダノンヨーヨー、ファイアーフロート、マイネルレーニア

≪レースカルテ②詳細解説≫
RPM値一覧を見ると、以下の馬の数値が目立つ。

ダノンヨーヨー 119【54-65】(前走・マイルCS2着)
ゴールスキー  119【62-57】(2走前・マイルCS3着)
スマイルジャック116【68-48】(前走・マイルCS6着)

ハイレベル決着だったマイルCS組だ。RPM値は、極端なスローペースでは数値が伸びず、逆にレコード決着するようなハイレベルのレースでは数値が高めに出る。それは走破時計をイメージすれば理解していただけると思う。マイルCS好走組が、上記の数値=パフォーマンスを毎レース発揮できるかどうかの判断は保留したい。よって今回は参考値程度に留めておくことにたい(もちろん能力を疑問視するつもりはないのですが…)。

そこで、マイルCS組を除いたランキング上位馬をピックアップしてみる。

1位シルポート    108【59-49】(3走前・鳴尾記念4着)※1800M戦
2位リクエストソング 107【44-63】(2走前・1600万下1着)
3位ファイアーフロート106【60-46】(2走前・1600万下1着)※1400M戦
4位カウアイレーン  105【46-59】(3走前・クイーンS3着)※1800M戦
4位キングストリート 105【45-60】(前走・OP特別5着)
4位フラガラッハ   105【45-60】(前走・1600万下1着)

芝1600M戦GⅢレベルのRPM値勝負ラインは、115【58-57】。マイルCS組以外にとってはややハードルが高いかもしれない。

レースのカギを逃げる展開面(枠順発表前のため予測は控えめ)だが、今回はシルポートとファイアーフロートという2頭の強力逃げ馬がいる。どちらも自分のペースに持ち込めればGⅢ戦で勝ち負けできる力を持っている。ファイアーフロートが前走で番手につけて結果を出していることから、現時点では徹底先行はシルポートの方だろうと見ているが、一応両馬の性能=力量をチェックしておきたい。

シルポート     103【48-55】 97【36-61】 108【59-49】
ファイアーフロート 101【43-58】 106【60-46】 98【61-37】

シルポートの3走前は1800M戦で、ファイアーフロートの2走前は1400M戦である。つまり本質的な距離適性に違いがあるということだろう。とくにファイアーフロートの2走前と3走前を比較してみると、先行値が2走前60RPM、3走前61RPMとわずか1RPM値の違いながら総合値は大きく違い、着順も1着と12着に明暗が分かれた。次に2走前と前走を比較する。先行値は60RPMと43RPM、総合値は106RPMと101RPM。ともに数値が下がってきている。ここから推察できることは、①ファイアーフロートは1400M巧者であること、②1400M戦ならば少々飛ばしても逃げ勝てること、③マイル戦になると逃げ方に注文がつくこと、である。

対してシルポートは、3走前のように先行値59RPMの逃げでは得意の1800M戦でも最後にアップアップとなるが、マイル戦でも自分のペースさえ守れば勝ち負けできる逃げ馬ということがわかる。加えて酒井学から小牧への手替わりを契機に逃げるペースが落ちていることにも注意しておきたい。これまでの印象はミドルペースの逃げ馬だったが、ここ2戦はうまくスローのマイペースに落として連勝中だ。

つまり、シルポートがペースを逃げれば50RPM前半のややスロー~ミドルペースの線が濃厚。ファイアーフロートもマイルならスロー歓迎のクチなので、それほどやり合うイメージはわかない。ペースが落ちれば末脚値が上がるので、逃げ候補2頭の末脚値は低く見積もっても50RPM程度を記録することになりそうだ。となれば実質勝負ラインは105~110RPMあたり。追走する先行勢~追い込み勢が逃げ馬をかわすには、それぞれの位置取りに応じた末脚値を要求されることになる。

目安としては、先行する組で55RPM台後半、中団からの差し切りを狙うなら60RPM台前半、後方からの直線一気を決めるには60RPM台後半~70RPM以上の末脚が必要ということだ。その点については、『浮上する差し馬の条件』として明日続きをお送りしたいと思う。今日の段階で気になる2頭を取り上げておく。注目馬と不安馬である。要チェック!


★当ブログが現時点で注目する力量馬
人気ブログランキングへ
(↑クリックしてください。40位前後です)

★当ブログが現時点で不安視する人気馬

(↑クリックしてください。20位前後です)




ブログランキングに参加しています
  ↓ ↓ ↓
応援クリックお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
  ↓ ↓ ↓       ↓ ↓ ↓
  人気ブログランキングへ
  ↓ ↓ ↓      ↓ ↓ ↓
ブログランキング【くつろぐ】  ブログランキング  



質問・応援コメントはここからどうぞ。
RPM値に対してもできるだけブログ内で解説していく予定です。
   ↓ ↓


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。