01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* category: 中央競馬重賞予想

【京都記念】詳細レースカルテ 

一日一回、応援クリックお願いします
        ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ
ブログランキングブログランキング【くつろぐ】

CHECK!
リアル・パフォーマンス・メーター2011バージョン
リアル・パフォーマンス・メーター2011バージョンPART.2
↑RPM値についての基本解説および使い方は上記で確認してください。



いよいよ無料メルマガ始動!

先日、お知らせした通り、無料メルマガの準備が整いつつあります(『まぐまぐ』経由で配信)。第一回目の配信は
2月15日(火)を予定しています。明日には、当ブログから登録できるようにしておきますので、興味のある方は(できれば読者の方、全員!)購読してみてください。ちなみに『まぐまぐ』からは、すでに登録できるようになっています。

よろしくお願いします。



詳細レースカルテ
京都記念GⅡ
2/13(日) 京都11R 芝2200M 

≪RPM値勝負ライン≫
●総合値⇒115RPM
●先行値⇒58RPM
●末脚値⇒57RPM
※当該クラスで勝ち負けするための目安

≪RPM値一覧≫
【DATA】登録馬全13頭の近3走RPM値
★オウケンブルースリ   95【47-48】 102【43-59】 112【58-54】
★シャドウゲイト     95【56-39】 104【56-48】 102【44-58】
★セラフィックロンプ   105【54-51】 102【61-41】 100【37-63】
★ダノンシャンティ    92【40-52】   取消   115【50-65】 
★トゥザグローリー    102【48-54】 105【45-60】 114【55-59】
トーセンキャプテン   81【21-60】 92【33-59】 89【27-62】
ヒカルカザブエ     98【50-48】 99【40-59】 101【45-56】
★ビッグウィーク     99【50-49】 86【34-52】 98【56-42】  
★ヒルノダムール     112【56-56】 111【46-65】 101【48-53】
★プロヴィナージュ      取消   108【62-46】 101【48-53】 
★ホワイトピルグリム   103【53-50】   取消   97【46-51】
★メイショウベルーガ   95【45-50】 102【46-56】 103【47-56】
ロードオブザリング   110【56-54】 98【40-58】 94【44-50】
※馬名の頭の「」青星は騎手未定

≪レースカルテ①基本データ≫
RPM値勝負ライン
115【58-57】(クラスで勝ち負けするための目安)
コース
京都2200M(外・右回り)。
Bコース使用(Aコースから直線部4M、曲線部3M外に内柵を設置)。
高低差4.3M。直線404M。
想定されるペースとレースタイプ
ややスローの流れ。後半ペースの上がる持続戦。
逃げ馬候補
ビッグウィーク
休養明け(中10週以上)
シャドウゲイト、ヒカルカザブエ、ビッグウィーク、プロヴィナージュ

≪レースカルテ②詳細解説≫
各馬の力量を把握するために総合値による順位付けから始めたい。

1位ダノンシャンティ  115【50-65】(3走前・NHKマイルC1着)※2走前取消
2位トゥザグローリー  114【55-59】(3走前・マイルCS7着)
3位オウケンブルースリ 112【58-54】(3走前・京都大賞典2着)
3位ヒルノダムール   112【56-56】(前走・日経新春杯2着)
5位ロードオブザリング 110【56-54】(前走・1600万下2着)

上記ランキングでいくつか注意する点がある。まずランキング1位ダノンシャンティは骨折でダービーを取消し、前走・有馬記念で6カ月半ぶりにレースに復帰。記録はNHKマイルCでのもので現状、同程度のパフォーマンスを期待できるかどうか判然としない。また、ランキングには入らなかったがメイショウベルーガの4走前・京都大賞典1着時のRPM値は112【60-52】。実質ベスト3に入るレベルのパフォーマンスを記録。注意が必要だ。

さて、例のごとく展開面を探りつつレースをイメージしようと思う。ただ出走馬および枠順が未確定なため詰め切れない点は了承願いたい。

登録馬を見る限り徹底逃げを主張する馬は見当たらない。過去のレースぶりを見ればビッグウィークの逃げと捉えるのがスムーズか。そのビッグにしても行く馬がいれば2~3番手でレースを進めたいとするのが本音だろう。一応、セラフィックロンプが逃げる線もあるが、鞍上・宮崎北ではこれだけのメンツを従えて果敢にハナを奪えるかは疑問。またスタートから1角までの距離がたっぷりある外回り2200M戦であり、それほどペースが上がるとも思えない。過去10年を見ても基本的にはS~Mペースで行われてきた一戦。ただしペースが遅くとも必ずしも瞬発戦とはならず、勝負どころの3角あたりから全体的にペースが押し上げられ、レース後半は持続戦となる傾向が強い。

登録馬の先行値を見てみると、GⅡ戦だけあって差し・追い込み勢の主力どころはつねに50RPM前後を記録している。つまり、メンバー的にも超の付くスローにはならず、前後半差1秒程度のややスローと見るのが妥当だ。

整理する。逃げ候補ビッグウィークが作り出すペースはややスローの流れ。レースタイプとしては持続戦。

当欄は、スタミナ型のビッグウィークならば逃げても直線で大きく崩れることはなく、京都外回りとはいえ直線一気が決まる展開にはなりにくいと見る。とすればレースレベルはさほど上がらずとも、底力を問われる厳しい一戦になるのではないか。

底力が問われる一戦ならば、先行値、末脚値ともに要求されることになり、数値がどちらか一方に偏るタイプの馬は出番が少なくなるのが通例。


★現時点で当欄が注目する力量馬
人気ブログランキングへ ※ヒルノダムール
(↑クリックしてください。40位前後です)

★RPM値から浮かび上がる激走穴馬
 ※メイショウベルーガ
(↑クリックしてください。20位前後です)



ブログランキングに参加しています
  ↓ ↓ ↓
応援クリックお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
  ↓ ↓ ↓       ↓ ↓ ↓
  人気ブログランキングへ
  ↓ ↓ ↓      ↓ ↓ ↓
ブログランキング【くつろぐ】  ブログランキング  



質問・応援コメントはここからどうぞ。
RPM値に対してもできるだけブログ内で解説していく予定です。
   ↓ ↓
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。