01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* category: 中央競馬重賞予想

【阪急杯】詳細レースカルテ 

一日一回、応援クリックお願いします
        ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ


CHECK!
リアル・パフォーマンス・メーター2011バージョン
リアル・パフォーマンス・メーター2011バージョンPART.2
↑RPM値についての基本解説および使い方は上記で確認してください。


メルマガがスタートしました!
左のサイドバーまたは、下記からも登録できます。
            ↓ ↓ ↓
【無料メルマガ】ハルパパ競馬の流儀~RPM値で勝ち馬を見抜け!~

携帯端末から「うまく登録ができない」という方はこちらを確認してください。

携帯端末からスムーズに登録する方法

メルマガ配信スタート! 配信日は毎週火曜日と金曜日の週2回刊です。火曜日配信のメルマガは、“競馬に強くなる”がテーマ。金曜日配信のメルマガは土日のレースにグッと近づいた内容です。ブログでは書かなかった“耳よりなネタ”なんかも盛り込みますので、まだ登録されていない方は、ぜひどうぞ。お待ちしています!!



詳細レースカルテ
阪急杯 GⅢ
2/27(日) 阪神11R 芝1400M

≪RPM値勝負ライン≫
●総合値⇒115RPM
●先行値⇒58RPM
●末脚値⇒57RPM
※当該レースを勝ち負けするための目安

≪RPM値一覧≫
【DATA】出走予定馬23頭の近3走RPM値
★ガルボ        105【47-58】 109【47-62】※111【68-43】
ケイアイデイジー    93【35-58】  90【43-47】  98【50-48】
ゲイルスパーキー    82【26-56】 108【55-53】  98【44-54】
★コスモセンサー     97【61-36】 105【57-48】 D78【46-32】
★コパノオーシャンズ   90【33-57】 102【38-64】  99【31-68】
★サワノパンサー    107【45-62】  90【32-58】  95【38-57】
★サワヤカラスカル    99【34-65】  98【29-69】 102【27-75】
★シゲルタック      99【61-38】  88【43-45】 104【68-36】
★ショウナンカザン    86【28-58】  98【44-54】 105【42-63】
★シルポート      114【60-54】 105【49-56】  99【37-62】
★スプリングソング    98【31-67】 107【43-64】 107【57-50】
★ビービーガルダン   102【44-58】 102【45-57】 108【49-59】
★フラガラッハ     106【46-60】 105【45-60】 101【33-68】
マイネルキーロフ    84【23-61】  93【36-57】  98【41-57】
★マイネルレ―ニア    96【44-52】  83【27-56】  95【42-53】
★ワンカラット     105【43-62】 107【46-61】 113【51-62】
(以下繰り上がり順)
★サンカルロ      106【35-71】 D93【41-52】 104【45-59】
ドラゴンファイアー  101【48-53】 D100【31-69】 106【72-34】
トシギャングスター  D98【38-60】 D88【37-51】 D93【18-75】
キングブレーヴ     97【59-38】  82【18-64】  91【42-49】
ゼットフラッシュ   104【38-66】  87【36-51】  79【46-33】
オーシャンエイプス  112【44-68】  93【39-54】  94【26-68】
セントラルコースト  D106【60-46】 D111【52-59】 D103【47-56】
※数値は左から、前走、2走前、3走前
※「D」はダート戦。「」は騎手未定。

≪レースカルテ①基本データ≫
RPM値勝負ライン
115【58-57】(クラスで勝ち負けするための目安)
RPM値注意点
ガルボの3走前・マイルCSでマークした数値は参考値にとどめる。
コース
阪神1400M(内・右回り)。
Aコース使用(内柵を最内に設置)。
高低差1.8M。直線356.5M。
スタートは2コーナーのポケットからでバックストレッチは443M。残り4F地点から緩やかな下りとなり、ゴール手前に1.8Mの急坂が待ち構えている。
想定されるペースとレースタイプ
MからややHペースの持続戦。逃げ馬にやや厳しく、先行~差しが中心。
逃げ馬候補
シゲルタック、コスモセンサー、スプリングソング、(シルポート)
休養明け(中10週以上)
キングブレーヴ、サワヤカラスカル、ドラゴンファイアー、ワンカラット

≪レースカルテ②詳細解説≫
1400M戦はいくつかの路線が混在するため出走馬の力量把握が難しい。ここも、いわゆる1400M巧者はゲイルスパーキー、サワノパンサー、マイネルレーニアの人気薄3頭。人気サイドにも休み明けや前走大敗組がいて、荒れ要素はたっぷりと見る。

さて、例によって登録馬の力量を把握することから始めたい。

【DATA①】出走予定馬上位23頭の総合値ランキング
1位シルポート     114【60-54】(前走・東京新聞杯6着)
2位ワンカラット    113【51-62】(3走前・函館SS1着)
3位ガルボ      ※111【68-43】(3走前・マイルCS15 着)
4位ゲイルスパーキー  108【55-53】(2走前・ニューイヤーS4着)
5位ビービーガルダン  108【49-59】(3走前・キーンランドC4着)

上記5頭が近3走で高いパフォーマンスを見せてきた馬である。3位ガルボはマイルCS時のもので数値が高く出過ぎているため(何度か説明している)、ここでも参考値にとどめる。しかし、ガルボの2走前・阪神C4着時のパフォーマンスは109【47-62】RPM。数値は下がるがメンバー内の序列は変わらず、現状のガルボの能力から今走でも110RPM前後のパフォーマンスを発揮すると見ておくべきだろう。

現段階でもっとも気になるのがシルポートの出否(どうやら回避濃厚らしい)。出てくれば主軸候補となる上(1400M3勝の隠れた巧者)、ましてやレースを作る逃げ馬候補筆頭でもあり、レースへの影響はかなり大きいのだが……。

その他、上位陣のワンカラット、ビービーガルダンは実績面から妥当な評価だろう。前者は昨年の当レース2着馬だ。阪神1400Mは絶好の舞台のひとつで休み明けとはいえ好勝負必至(目標は高松宮杯)。後者は、揉まれ弱さを露呈したこともあり昨秋は歯車がズレたままで終わった印象。ひと息入り態勢を整えての参戦だが、こちらも目標はひとつ先になるため仕上がり具合が気になるところだ。

4位ゲイルスパーキーはどうだろう。2走前のニューイヤーS(中山1600M)のパフォーマンスは確かに良かったが、前走距離延長で数値を大きく落とした。成績から見ても1400M得意は明白。ムラ駆け傾向が強くアテにし辛いが……。ちなみに同レースの勝ち馬はここに登録のあるコスモセンサーだが、斤量が逆転したため数値はゲイル上位となる。

阪神1400Mは平坦⇒下りのコース設定から流れが速くなるケースが多いが、やはり最後の急坂の影響からか逃げ馬はあまり結果を残せずにいる(古馬OPEN)。基本的に先行~好位・中団差しまでが中心となるだろう。

展開面を考えると、シルポートが出走してくればおそらく単騎逃げ。回避するようならかなり混沌とすることになる。

【DATA②】近3走内で逃げ経験のある馬
シゲルタック     99【61-38】  88【43-45】 104【68-36】
シルポート     114【60-54】 105【49-56】  99【37-62】
フラガラッハ    106【46-60】 105【45-60】 101【33-68】
マイネルレーニア   96【44-52】  83【27-56】  95【42-53】
※先行値の「赤字」は逃げたレースのもの

以上4頭が近走逃げ経験のある馬だが、先行値の高いシゲルタックは1800、2200M戦で記録したもの。距離経験のない1400M戦では未知数とせざるを得ない。シルポートはともかく、フラガラッハ、マイネルレーニアでは先行値が足りない印象だ。これなら、番手グループから逃げ馬が出る可能性の方が高いのでは?

【DATA③】逃げる可能性のある番手グループ
コスモセンサー    97【61-36】 105【57-48】 D78【46-32】
ガルボ       105【47-58】 109【47-62】※111【68-43】
スプリングソング   98【31-67】 107【43-64】 107【57-50】
サワノパンサー   107【45-62】  90【32-58】  95【38-57】

脚質からはコスモセンサー、スプリングソングの逃げは十分考えられる。とくにコスモ(スプリングソング ※間違えました……)の3走前・準OP1着時(京都1400M)のパフォーマンスを再現すれば十分逃げる形となろう。

今回、逃げたい馬&逃げてもいい馬は5~6頭いる。先行値比較から、当欄ではスプリングソングの逃げを一応想定しておく。

スプリングソング 107【57-50】(3走前・準OPEN1着)※京都1400M

上記が逃げ候補の目安である。

ガルボ      109【47-62】(2走前・阪神C4着)※阪神1400M

そして、こちらが実質的な勝負ラインだ。

ガルボの2走前のパフォーマンスを実質的な勝負ラインとするのは、近走重賞クラスでもっとも安定感のあるレースぶりを披露していることと、阪神1400Mで記録した数値であるからだ。

では、この数値を超える、あるいは匹敵するパフォーマンスを見せる馬はいるのか?

基本的な条件を上げておく。

ガルボの総合値109RPMを超える条件は……。

先行勢⇒先行値50RPM以上、末脚値55RPM以上
後方勢⇒先行値40RPM以上、末脚値65RPM以上

上記を踏まえた上で、当欄が注目する激走穴馬を2頭挙げておく(RPM値一覧でチェックされるのもよいと思います)。

★当欄が注目する激走穴馬①
人気ブログランキングへ
(↑クリックしてください。40位前後です)

★当欄が注目する激走穴馬②

(↑クリックしてください。15位前後です)



ブログランキングに参加しています
  ↓ ↓ ↓
応援クリックお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
  ↓ ↓ ↓       ↓ ↓ ↓
  人気ブログランキングへ
  ↓ ↓ ↓      ↓ ↓ ↓
ブログランキング【くつろぐ】  ブログランキング  


質問・応援コメントはここからどうぞ。
RPM値に対してもできるだけブログ内で解説していく予定です。
   ↓ ↓
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。