02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* category: 中央競馬重賞予想

【弥生賞】詳細レースカルテPART.2 

一日一回、応援クリックお願いします
        ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ


CHECK!
リアル・パフォーマンス・メーター2011バージョン
リアル・パフォーマンス・メーター2011バージョンPART.2
↑RPM値についての基本解説および使い方は上記で確認してください。


メルマガがスタートしました!
左のサイドバーまたは、下記からも登録できます。
            ↓ ↓ ↓
【無料メルマガ】ハルパパ競馬の流儀~RPM値で勝ち馬を見抜け!~

携帯端末から「うまく登録ができない」という方はこちらを確認してください。
            ↓ ↓ ↓
携帯端末からスムーズに登録する方法

メルマガ配信スタート! 配信日は毎週火曜日と金曜日の週2回刊です。火曜日配信のメルマガは、“競馬に強くなる”がテーマ。金曜日配信のメルマガは土日のレースにグッと近づいた内容です。ブログでは書かなかった“耳よりなネタ”なんかも盛り込みますので、まだ登録されていない方は、ぜひどうぞ。お待ちしています!!


詳細レースカルテ
弥生賞GⅡ
3/6(日) 中山11R 芝2000M

≪RPM値勝負ライン≫
●総合値⇒94RPM
●先行値⇒44RPM
●末脚値⇒50RPM
※当該クラスで勝ち負けするための目安

≪RPM値一覧≫
【DATA①】登録馬前15頭の近3走RPM値
★アッパーイースト   80【38-42】 87【35-52】 71【21-50】
★ウインバリアシオン  92【28-64】 88【35-53】 76【21-55】
★オールアズワン    89【33-56】 96【43-53】 83【29-54】
★カフェラビート    74【17-57】 48【△13-61】
★ギュスターヴクライ  90【35-55】 86【29-57】 69【12-57】
サイドアタック    70【12-58】 
サクラゴスペル    70【△01-71】
★サダムパテック    93【39-54】 93【30-63】 93【39-54】
★ショウナンマイティ  98【35-63】 84【32-52】 77【15-62】
★ターゲットマシン   81【26-55】 74【09-65】 
★デボネア       99【50-49】 80【37-43】 79【34-45】
★トーセンマルス    84【27-57】 61【06-55】 62【03-59】
★プレイ        93【42-51】 96【55-41】 94【44-50】
ベルシャザール    86【25-61】 99【43-56】 73【19-54】
ルーズベルト     D74【37-37】D57【00-57】D64 【22-42】
※数値は左から、前走、2走前、3走前の、総合値【先行値-末脚値】
※「D」はダート戦。「△」はマイナス。△01=-1。「」は騎手未定


≪レースカルテ②詳細解説PART.2≫
昨日、弥生賞を紐解くヒントを提示した。ヒントなんていえばエラソーだが、レースの流れを掴めば、それはたぶんヒントとなり得る。

流れについてはすでに記した。この先問題となるのは、「どの馬が抜け出してくるのか?」を見極めることに尽きる。

ここで当欄はRPM値のうち「末脚値」を頼りに狙いを定める。

3角過ぎの残り3F地点までは各馬の「先行値」でおおよその位置取りを把握できる。試しに位置取りをグループ分けしてみよう。

【DATA②】先頭から好位組を形成すると思われる4頭の近3走先行値
プレイ       42RPM 55RPM 44RPM 
ベルシャザール   25RPM 43RPM 19RPM
デボネア      50RPM 37RPM 34RPM
オールアズワン   33RPM 43RPM 29RPM
※数値は左から、前走、2走前、3走前の先行値

上記4頭は40RPM以上の先行値を記録したことのある馬である。なかでも、プレイは40RPM以上を2回、50RPM以上を1回記録。前半の速さでは他を圧倒する。仮にもっとも低い前走の42RPM程度で先行しても、そのままハナに立つ公算は高くなる。その場合、他の3頭は“流れの経験”の点から、追走で苦労することにはならない。つまり、先行してすらある程度の末脚は温存している状態だ(プレイも含め)。デボネアとオールアズワンは過去のレースからもう少し後方に位置すると思われるが、各馬の過去のパフォーマンスから最良の形をイメージした結果、先行勢として扱った。

【DATA③】5番手以降中団待機すると思われる馬5頭の近3走先行値
サダムパテック   39RPM 30RPM 39RPM
アッパーイースト  38RPM 35RPM 21RPM
ショウナンマイティ 35RPM 32RPM 15RPM
ギュスターヴクライ 35RPM 29RPM 12RPM
ウインバリアシオン 28RPM 35RPM 21RPM
※数値は左から、前走、2走前、3走前の先行値

この中団待機組5頭は瞬発力に長けている差し馬のイメージだ。先行値だけを見ればサダムパテックとアッパーイーストが上位で、他はほぼ同等といった印象。「4角で先行勢に取りついて、直線で丸飲み」が理想。コース取りがカギを握るグループでもある。

上記の先行値を踏まえた上で、末脚値について考えてみる。

「各馬の末脚値は、どういった類の末脚値であるか?」

末脚値は基本的に先行値に影響される。先行値が高ければ末脚値は下がり、先行値が低ければ末脚値は上がる。これとは別に、各馬の限界末脚値を探ることも必要だ。限界末脚値は先行値がいくら低くても、「それ以上出せない」数値。また、末脚値が先行値に左右されずつねに安定している馬もいる。

具体的に数値を見る方が早いだろう。

まず、逃げ候補のプレイを見てみる

プレイ        93【42-51】 96【55-41】 94【44-50】

わかりやすいと思う。先行値が上がれば末脚値が下がり、先行値が下がれば末脚値が上がる。結果、総合値は平均的に推移している。評価としては「調子の下降がなければ前走並みは期待できる」というもの。逆に飛躍的なアップも期待しづらい。

今回、プレイの前走93【42-51】RPMが実際の勝負ラインではないかと当欄は見ている。このプレイのパフォーマンスを超える馬こそが、馬券の対象となる。

数値の推移がプレイと似たタイプに、サダムパテックがいる。

サダムパテック    93【39-54】 93【30-63】 93【39-54】

末脚値のタイプとしてはプレイとまったく同様で、先行値の影響がそのまま表れている。評価も同様に「調子の下降がなければ前走並みは期待できる」というもの。逆に飛躍的なアップも期待しづらい、となる。ただし、プレイと違って2カ月半の休養明けである。走れる状態になければ下がる可能性はプレイより高い。一方で、この時期の3歳馬であれば、“成長”を見込む必要があるかもしれない。不確定要素が多く軸馬としての信頼性には欠けるが、順調に成長していれば「プレイより上位」とするのが妥当だ。

昨日もサンプルに挙げたデボネアだが再度取り上げる。

デボネア       99【50-49】 80【37-43】 79【34-45】

先行値の変動に対し末脚値の変動が少ないタイプと見ていい。いわば安定型。2走前から前走にかけては“成長分”だろう。気掛かりなのは、末脚値が一度も50RPMを超えていない点である。今回のペースを考えれば、先行値は40RPM程度だろう。仮に50RPMの末脚値を使ったとしても総合値は90RPMにとどまってしまうのだ。これだと、今回に関してはプレイに及ばない。このタイプはレースが平均以上に流れて初めて持ち味が生きる。そして今回は不向きの流れ。

他も見てみよう。

ショウナンマイティ  98【35-63】 84【32-52】 77【15-62】

ショウナンマイティは着々と成長している様子が数値に表れている。2走前と前走を比較すれば、先行値はそのままに末脚値を大きく伸ばしてきている。今回想定する流れなら前走並みの末脚値を記録しても違和感はない。少なくとも、デボネアに後れを取るとは思いにくく、これも「プレイより上位」とするのが自然。

末脚値の違ったタイプではこの馬がいる。

オールアズワン    89【33-56】 96【43-53】 83【29-54】

先行値がいかに上下しようとも末脚値が安定しているタイプだ。このタイプはペースに左右されず、自分の持ち味を出し切ることが可能だ。つまり、確実に55RPM程度の末脚を使ってくる馬であるため、計算が立つ。今回想定する流れなら、自身の先行値は30台後半~40RPMだろう。ここに末脚値の55RPMを加えれば、ざっと95RPM。これが圏内となるのか圏外となるのかの問題である。ちなみに当欄は、十分主軸候補となり得ると見ている。ちなみに切れる脚がないため、中団待機するようだと届かない可能性も大きい。

人気となりそうな馬にターゲットマシンがいる。

ターゲットマシン   81【26-55】 74【09-65】

今回3走目で試金石となる一戦だ。過去2戦を見る限り、早い流れの経験はない。流れがMペース以上と見るなら「切り」の一手だが、スロー前提なら総合値は低くとも無視し辛い。先行値、末脚値ともに伸ばしてくる可能性を感じるからだ。しかし「未知」の部分が多く、これも主軸には推しにくい。目安となるプレイとの比較では、必ずしも上位とはいえない。今回馬券の対象となるには、約15RPMの上乗せが要求される。つまり95【35-60】RPM程度のパフォーマンスを見せれば圏内だが……。ハードルは決して低くはない。


ざっと6頭の馬に関して解説した。全馬この作業を繰り返すことによって、最終的な取捨ができそうだが、当ブログの最終決断は、すべて≪ハルパパの決断!≫に委ねている。よって当欄の役割はここまでとする。

最後に究極の穴馬1頭と当欄が注目する上昇馬を挙げておく。

★究極の穴馬
人気ブログランキングへ
(↑クリックしてください。40位前後です)

★注目の上昇馬

(↑クリックしてください。15位前後です)



ブログランキングに参加しています
  ↓ ↓ ↓
応援クリックお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
  ↓ ↓ ↓       ↓ ↓ ↓
  人気ブログランキングへ
  ↓ ↓ ↓      ↓ ↓ ↓
ブログランキング【くつろぐ】  ブログランキング  


質問・応援コメントはここからどうぞ。
RPM値に対してもできるだけブログ内で解説していく予定です。
   ↓ ↓

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。