03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* category: レースカルテ

【マイラーズC】詳細レースカルテPART.3 

一日一回、応援クリックお願いします
        ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 競馬ブログへ

………………………………………………………………………………………………………

当ブログを始めて訪問された方は、下記を参照してください。
        ↓ ↓ ↓
競走馬リアル・パフォーマンス・メーター2011バージョン
 ビギナーズノート

当ブログの根幹ともいえるRPM値について簡単にまとめたものです。参考にしてください。

………………………………………………………………………………………………………

無料メルマガの登録は左のサイドバーまたは下記からも登録できます。
            ↓ ↓ ↓
【無料メルマガ】ハルパパ競馬の流儀~RPM値で勝ち馬を見抜け!~

携帯端末から「うまく登録ができない」という方はこちらを確認してください。
            ↓ ↓ ↓
携帯端末からスムーズに登録する方法

配信日は毎週火曜日と金曜日の週2回刊です。火曜日配信のメルマガは、“競馬に強くなる”がテーマ。金曜日配信のメルマガは土日のレースにグッと近づいた内容です。ブログでは書かなかった“耳よりなネタ”なんかも盛り込みますので、まだ登録されていない方は、ぜひどうぞ。お待ちしています!!

………………………………………………………………………………………………………


詳細レースカルテ
マイラーズカップGⅡ
4/17(日) 阪神11R 芝1600M

≪RPM値勝負ライン≫
●総合値⇒115RPM
●先行値⇒58RPM
●末脚値⇒57RPM
※当該クラスで勝ち負けするための目安

≪RPM値一覧≫
【DATA①】出走予定馬30頭の近3走RPM値
★アパパネ        97【49-48】 110【53-57】  91【37-54】
★アブソリュート    101【39-62】※112【56-56】 105【53-52】
★ガルボ        107【54-53】 103【46-57】 107【46-61】
★キョウエイストーム   95【30-65】 101【49-52】 101【40-61】
★キングストリート    89【30-59】 103【51-52】 112【46-66】
★コスモセンサー     93【34-59】 101【60-41】  97【61-36】
★ゴールスキー     110【46-64】 104【42-62】※117【61-56】
★ショウリュウムーン   99【32-67】  88【30-58】 104【53-51】
★ショウワモダン     95【33-62】 101【46-55】※104【57-47】
★シルポート      107【57-50】 114【60-54】 105【49-56】
★スマイルジャック   114【48-66】※116【68-48】 112【58-54】
★ダノンヨーヨー    111【38-73】※119【54-65】 106【38-68】
★ダンツホウテイ     91【30-61】 102【49-53】  80【34-46】
★フラガラッハ     106【48-58】 104【45-59】 103【44-59】
★マイネルスケルツィ   92【50-42】  98【34-64】 103【52-51】
★ライブコンサート    99【34-65】 D111【46-65】 104【43-61】
★リーチザクラウン   109【45-64】 101【38-63】 104【38-60】
★ロードバリオアス    97【35-62】  98【40-58】  79【53-26】
※数値は左から、前走、2走前、3走前(総合値【先行値-末脚値】)
※「D」はダート戦。「※」は参考値

≪レースカルテ②詳細解説その3≫
昨日、展開面について検討した。
逃げ馬はシルポートであるとし、レース先行値は55RPMのミドルペースを想定。ちなみに、今回の想定メンバー、クラス、決着を基にすると、レース先行値が52~54RPMで前後半差イーブンの流れだろうと思われる。

阪神1600M戦の基本の流れはスローの瞬発戦に落ち着く。先週のニュージーランドT(GⅡ)や先々週のダービー卿CT(GⅢ)がそうだった。スタートから最初のコーナーまでが長くゴチャつかないため、ポジション取りが激化しないのが主な理由だろう。一方、直線がない長い分、一気にペースが上がることもある。とくに複数頭でハナを競る形になれば前傾ラップを刻み消耗戦に一変することも。先週の桜花賞は行く気満々のフォーエバーマークが最内枠に入ったことで前後半差0.8秒の厳しい流れを生んだ。

RPM値(とくに先行値)を使いこなす意味でも、今日は再度、展開について考えてみたい。

逃げ馬はほぼシルポートと見ていい。対抗となるコスモセンサーは同厩(西園厩舎)なので無理な競り合いにはならないだろう。先行脚質のガルボも過去の対戦から見て2~3番手で良とすると思われる。これに多少なりとも絡んできそうなのがマイネルスケルツィか。無理にハナを奪うタイプではなく自在型としていいと思うが、テンに速いのは確か。近走では外枠が多くさほど流れに関係していないように見受けられるが、好枠を引けばうるさい存在になる。近3走のうち2度50RPM台の先行値を記録していることから、先行力はガルボと同等と評価していい。この他、ライブコンサートやロードバリオスも先行脚質だが、先行値が足りず好位というよりは中団前めの位置取りになるのではと見る。40RPM台後半の先行値で安定しているフラガラッハはスタートで後手を踏むことが多く結果的に中団からの競馬を余儀なくされると見て想定する位置取りを下げた。

一方、展開およびペースは、逃げ・先行勢の枠順によっても変わる。
逃げ候補シルポートの近走を検証することで、より正確なペース判断を試みる。

【DATA②】シルポートの近3走検証DATA
大阪城S(阪神1800M) 6着
枠順⇒4番ゲート
前半3F⇒34.8 5F⇒58.8 レース上がり3F⇒35.0 ※前後半差▲0.2秒 Mペース
先行値57RPM
スタート直後に先手を取り楽逃げの態勢も、11番ゲートのコロナグラフが気合をつけてハナを窺う動きを見せたことから、前半の2~3Fが気持ち速くなった。ただ、4F目には12.1秒台に落ち着き、淀み流れを生むも、自身は踏ん張りきれず6着。57RPMではやや厳しい印象。

東京新聞杯(東京1600M) 6着
枠順⇒11番ゲート
前半3F⇒34.1 5F⇒57.5 レース上がり3F35.0 ※前後半差▲0.9秒 Mペース
先行値⇒60RPM
スタートは隣の12番ゲート・ファイアーフロートの方が速く、ハナ争いに3Fを使い激流を生んだ。馬場が味方したとはいえマイル戦で1000M通過が57.5秒では逃げ馬には厳しい流れ。

京都金杯(京都1600M) 1着
枠順⇒2番
前半3F⇒35.4 5F⇒58.8 レース上がり3F34.6 ※前後半差0.8秒 Sペース
先行値⇒49RPM
ハナを争った相手は14番ゲートのマイネルファルケだったが、スピードと枠の差から難なく先手を奪い3F目にはレースは落ち着きスローの流れに。古馬重賞のマイル戦で1000M通過が59秒程度ではかなり緩い流れといえ、前残り決着も納得。

整理する。シルポートが勝ち負けできる楽逃げ状態は、後半が0.5秒程度速い先行値にして48~52RPMの流れということになる。55RPMを超える流れとなると我慢が利かなくなると見ていい。今回、想定するペースはシルポート好走の分岐となる55RPM。これより緩くなるには、シルポートが内の好枠を引き、なおかつ展開に影響しそうなマイネルスケルツィが外枠に入るのが条件となるだろう。もっともペースが上がるパターンはシルポートが外枠に入り、内にコスモセンサーとマイネルスケルツィが並ぶパターン。スタート直後にコスモとマイネルが競り、外からシルポートがハナを奪う形だ(先行脚質のガルボはさほど展開面に影響しない)。

東京新聞杯で見せた通り、シルポートはハナにこだわる。競る相手がいれば先行値60RPMまで上がるし、逆に好枠から単騎逃げに持ち込めば50RPM程度にペースを下げることもある。当欄は諸条件から判断し55RPMの平均ペースと見ているが、極端な枠順になれば流れを軌道修正する必要があるので注意いただきたい。

さて、展開面は以上とし、肝心の馬券に絡む馬のピックアップを試みようと思う。

昨日、各馬のおおまかな位置取りを列記した。
想定する決着のイメージから、勝ち馬に必要な能力を探る。

2011マイラーズCのペース⇒逃げ馬が作るレース先行値55~57RPMのミドルペース
当欄が設定する2011マイラーズC実質のRPM値勝負ライン⇒110~112RPM

基本的には110RPM程度の力は要求されるだろうと見ている。
近3走で110RPM以上をマークしている馬は、以下の6頭だ。

アパパネ     110【53-57】(2走前・秋華賞1着)
キングストリート 112【46-66】(3走前・東京新聞杯2着)
ゴールスキー   110【46-64】(前走・東京新聞杯3着)
シルポート    114【60-54】(2走前・東京新聞杯6着)
スマイルジャック 114【48-66】(前走・東京新聞杯1着)
ダノンヨーヨー  111【38-73】(前走・東京新聞杯7着)
※参考値で112RPMを記録するアブソリュートとダートで111RPMを記録するライブコンサートは除外した。

近走シルポートは、コースを問わず1600~1800Mでまずまず結果を残しているが、基本的には東京巧者で、東京新聞杯で記録した総合値114RPMはほぼ上限だろうと思われる。よって今走で110RPMをクリアできるかどうかは微妙。逃げ馬に厳しいコース・馬場状態から実際は前走総合値の107RPM程度のパフォーマンスあたりだろうと見る。スマイルジャックも左回り巧者の感が強く、阪神で114RPMをマークするのは厳しいと思いつつもマイルGⅠで差のない競馬をしていることから力量通りならクリアしてきそうだ。キングストリートはここ2走で総合値を下げており、調子落ちの懸念強く評価は上がらない。ダノンヨーヨーは先行値が低いのが難点だが抜群の瞬発力(末脚値)があり、馬群さえ捌ければ勝ち負けを演じても違和感はない。ゴールスキーは力量発揮となれば展開面にそれほど注文がつかないことから安心感はある。問題はアパパネで、中間に一頓挫あり入念に乗り込まれているとはいえ疑問は残る。元来叩き良化型で鉄砲駆けは期待薄。地力はあっても初の牡馬混合重賞では過信できず、斤量もキツイ。

以上が力量上位馬の当欄ジャッジ。

最後に、数値は足りずとも今走期待が持てそうな馬を1頭ピックアップしておく。


★RPM値から今走期待の持てる馬
人気ブログランキングへ
(↑クリックしてください。50位前後です)


………………………………………………………………………………………………………

ブログランキングに参加しています
  ↓ ↓ ↓
応援クリックお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
  ↓ ↓ ↓       ↓ ↓ ↓
  人気ブログランキングへ
  ↓ ↓ ↓      ↓ ↓ ↓
ブログランキング【くつろぐ】  ブログランキング  


質問・応援コメントはここからどうぞ。
RPM値に対してもできるだけブログ内で解説していく予定です。
   ↓ ↓


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。