03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* category: レースカルテ

【天皇賞(春)】詳細レースカルテPART.2 

一日一回、応援クリックお願いします
        ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 競馬ブログへ

………………………………………………………………………………………………………

当ブログを始めて訪問された方は、下記を参照してください。
        ↓ ↓ ↓
競走馬リアル・パフォーマンス・メーター2011バージョン
 ビギナーズノート

当ブログの根幹ともいえるRPM値について簡単にまとめたものです。参考にしてください。

………………………………………………………………………………………………………

無料メルマガの登録は左のサイドバーまたは下記からも登録できます。
            ↓ ↓ ↓
【無料メルマガ】ハルパパ競馬の流儀~RPM値で勝ち馬を見抜け!~

ATTENTION! 
メルマガの発行日を変更します!
より実戦で役立つメルマガとすべく、従来の火曜・金曜から水曜・土曜に発行日を変更します。
●水曜(夕)⇒その週に行われたレースのRPM値を公開。カルテ⇒予想⇒結果が一目瞭然に!
●土曜(朝)⇒土・日曜の平場戦を含め、数値差の顕著な勝負レースや推奨馬を公開!
ご期待下さい! 

………………………………………………………………………………………………………

詳細レースカルテPART.2
天皇賞(春)GⅠ
5/1(日) 京都11R 芝3200M

≪RPM値勝負ライン≫
●総合値⇒119RPM
●先行値⇒62RPM
●末脚値⇒57RPM
※当該クラスで勝ち負けするための目安

≪RPM値一覧≫
【DATA①】優先出走上位18頭の近3走RPM値(フルゲート18頭)
★エイシンフラッシュ  119【57-62】  95【42-53】  96【46-50】
★オウケンブルースリ ※108【61-47】  95【42-53】  95【47-48】
★ゲシュタルト    ※107【63-44】  96【50-46】  99【56-43】
★コスモヘレノス     99【49-50】  92【54-38】※108【69-39】
★コスモメドウ    ※106【62-44】  95【47-48】  78【39-39】
★ジェントゥー       海外      海外      海外
★ジャミール       97【46-51】  93【43-50】※112【67-45】
★トウカイトリック   ※97【59-38】  87【43-44】   海外
★トゥザグローリー   104【49-55】 100【44-56】  98【46-52】
★トーセンクラウン    90【43-47】 100【45-55】  99【59-40】
★ナムラクレセント  ※111【64-47】 108【56-52】  97【42-55】
★ヒルノダムール    115【58-57】  98【44-54】 106【53-53】
★ビートブラック    102【51-51】  96【46-50】  96【56-40】
★ペルーサ       101【46-55】  97【45-52】  98【39-59】
★マイネルキッツ     98【47-51】  98【49-49】 109【62-47】
★マカニビスティー  ※104【60-44】   公営     公営
★メイショウベルーガ  103【45-58】  95【45-50】 102【46-56】
★ローズキングダム   102【49-53】 112【55-67】   取消
※数値は左から、前走、2走前、3走前(総合値【先行値-末脚値】)
※「※」印は参考値

≪レースカルテ②詳細解説その2≫
一昨日、過去の対戦成績とその時に記録したRPM値を基に各馬の序列を記した。今日は、さらに踏み込み、各馬の得手・不得手を明確にし、より馬券考察に有益な考察を進めたいと思う。

まずは、ランキング上位馬から。

トゥザグローリー   104【49-55】 100【44-56】  98【46-52】

有馬記念3着の後、2戦し他を圧倒するパフォーマンスを見せている。RPM値で表せばさほどインパクトのある数値とはいえないが、余裕あるレースぶりから今回メンバーなら力量最上位として違和感はない。レベル高の一戦となった大阪杯の勝ち馬ヒルノダムールを一蹴した京都記念しかり、同世代のGⅠ馬ローズキングダムを寄せ付けなかった日経賞しかりだ。中距離路線ではすでに現役最強クラスとしていい。問題はその強さが長距離戦でも通用するか否かだろう。3000M超のレースは適性が問われる。サンデーサイレンスの肌にキングカメハメハなら距離の融通は利くだろうが、距離延長がプラスになることはなく、パフォーマンスの低下は想定しておく必要がある。レースタイプに注文は付かないが、スタミナ面には一抹の不安があることを指摘しておきたい。

ローズキングダム   102【49-53】 112【55-67】   取消
エイシンフラッシュ  119【57-62】  95【42-53】  96【46-50】

この2頭も距離適性に一抹の不安を抱える。ローズキングダムは菊花賞(2着)で3000Mを経験している分、強みにはなるだろうが、それとて絶対的な強さを保証するものではない。トゥザ同様サンデーの肌にキングカメハメハ。中距離志向は明らかだ。一方、エイシンフラッシュの父キングズベストも、ミスプロ⇒キングマンボの系譜でキングカメハメハと同系。父の産駒には凱旋門賞馬ワークフォースがいるが、基本的にはスタミナよりスピード色が強く、3000M超に適性があるとは思えない。ただし。スタミナが温存できるスローの流れならば、現役屈指の瞬発力を有すことから2頭そろって浮上の目は十分ある(エイシンは折り合いに課題がある分、痛し痒し)。それでも極端過ぎる流れでない限りは、トゥザグローリー⇒ローズキングダム⇒エイシンフラッシュの序列に変動はないものと思われる。

これらに僅差で続くのがペルーサだ。

ペルーサ       101【46-55】  97【45-52】  98【39-59】

前走・日経賞でローズキングダムに先着しているが、両馬には斤量差がありパフォーマンスレベルでいえば1RPM分ローズが上位となる。ダービーからJCまでの4戦は深刻なゲート難に悩まされてきたが、ここ2戦でようやくクリアした。ところがスタートよく好位からの競馬になった途端、末脚の凄みが消えた。レベルの高い世代だけに、このままではワンパンチ足りずタイトル奪取とまではいかないだろう。ここ3戦のRPM値を見ても物足りなさの方が強いのは確か。能力をフルに発揮するには鞍上によるところが大きく、現状では主軸に推すまでには至らない。

マイネルキッツ     98【47-51】  98【49-49】 109【62-47】
ナムラクレセント  ※111【64-47】 108【56-52】  97【42-55】

4歳勢の強さの前では実績馬の存在はかすむが、こと長距離適性においては有力4歳馬よりもはるかに上位の存在がいる。総合力では5~6番手の評価が妥当だが、上位陣がそろって抱える距離不安は、そのままマイネルキッツとナムラクレセントの両馬にとってわずかながらの付け入るスキとなるのではないか。マイネルキッツは天皇賞(春)で2年連続連対を果たしており、淀の3200Mの適性は折り紙つきだ。前走7カ月ぶりの実戦でローズと0.3差。一度使われた上に今度は自分の土俵ともいえる舞台での戦いならば逆転の線はあながち否定できない。ナムラクレセントは前哨戦である阪神大賞典の勝ち馬。下した相手がコスモメドウではそれほど大威張りともいかないが、こちらも日経新春杯でローズとは0.2差の競馬だった。人気はないようだが軽く扱うのはどうか。

ヒルノダムール    115【58-57】  98【44-54】 106【53-53】
コスモヘレノス     99【49-50】  92【54-38】※108【69-39】
コスモメドウ    ※106【62-44】  95【47-48】  78【39-39】
ビートブラック    102【51-51】  96【46-50】  96【56-40】

穴候補となりそうな4歳勢は一応4頭いるが……。
前走・大阪杯を快勝したヒルノダムールは、その時示したパフォーマンス(115RPM)が高かったが故に狙いを下げることになりそうだ。年明け3戦、2400M⇒2200M⇒2000Mと使われた結果、もっとも強い競馬だったのが2000M戦ならば、距離が大幅に伸びる今回、勝ち負けするとは思いにくい。ヘレノス、メドウのコスモ2頭は長距離戦となるのは歓迎だが総合力では及ばず「3着候補に検討」の評価となろうか。ビードブラックはチグハグな競馬が多く成績は安定しないが、菊花賞のように先行粘り込みの形が取れれば面白い存在になるのだが……。現状の力量では穴馬の域を出ない。

メイショウベルーガ  103【45-58】  95【45-50】 102【46-56】

メイショウベルーガについても触れておく。京都2200~2400Mがベストであることは戦績から明らかで、距離延長は決して条件の好転とはいえない。それでも前走・京都記念ではトゥザグローリーに0.1差2着、JCではローズキングダムに0.2差6着と、力量的には牡馬一線級と遜色なく、当欄としては現段階で一応のマークが必要と感じている。

最後に今日考察した11頭の中から、当欄が危険に感じている馬1頭と最大の惑星として注目する1頭を挙げておく。

明日は、展開面の考察に充て、もう一歩踏み込むこととする。


★RPM値から浮かび上がる危険な人気馬
人気ブログランキングへ
(↑クリックしてください。45位前後です)

★RPM値から浮かび上がる最大の惑星馬

(↑クリックしてください。18位前後です)

………………………………………………………………………………………………………

ブログランキングに参加しています
  ↓ ↓ ↓
応援クリックお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
  ↓ ↓ ↓       ↓ ↓ ↓
  人気ブログランキングへ
  ↓ ↓ ↓      ↓ ↓ ↓
ブログランキング【くつろぐ】  ブログランキング  


質問・応援コメントはここからどうぞ。
RPM値に対してもできるだけブログ内で解説していく予定です。
   ↓ ↓



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。