04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* category: 中央競馬特別予想

【テレビ愛知オープン】ハルパパの決断! 

一日一回、応援クリックお願いします
        ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 競馬ブログへ

………………………………………………………………………………………………………

当ブログを始めて訪問された方は、下記を参照してください。
        ↓ ↓ ↓
競走馬リアル・パフォーマンス・メーター2011バージョン
 ビギナーズノート

当ブログの根幹ともいえるRPM値について簡単にまとめたものです。参考にしてください。

………………………………………………………………………………………………………

無料メルマガの登録は左のサイドバーまたは下記からも登録できます。
            ↓ ↓ ↓
【無料メルマガ】ハルパパ競馬の流儀~RPM値で勝ち馬を見抜け!~

携帯端末から「うまく登録ができない」という方はこちらを確認してください。
            ↓ ↓ ↓
携帯端末からスムーズに登録する方法


ATTENTION! 
メルマガの発行日を変更します!
より実戦で役立つメルマガとすべく、従来の火曜・金曜から水曜・土曜に発行日を変更します。

●水曜(夕)⇒その週に行われたレースのRPM値を公開。カルテ⇒予想⇒結果が一目瞭然に!
●土曜(朝)⇒土・日曜の平場戦を含め、数値差の顕著な勝負レースや推奨馬を公開!

ご期待下さい! 

………………………………………………………………………………………………………

ハルパパの決断!
テレビ愛知オープン
5/21(土) 京都芝1400M オープン

≪RPM値勝負ライン≫
●総合値⇒110RPM
●先行値⇒58RPM
●末脚値⇒52RPM
※当該クラスで勝ち負けする目安

≪RPM値一覧≫
【DATA】出走馬17頭の近3走RPM値
①エーシンリジル    104【40-64】  100【44-56】   86【52-34】
②サワヤカラスカル   D96【39-57】  100【44-56】  105【57-48】
③ラインブラッド    102【31-71】  96【46-50】 ※104【41-63】
④プリンセスメモリー  108【36-72】  96【26-70】  85【33-52】
⑤エーシンホワイティ  109【42-67】  93【36-57】  109【49-60】
⑥テイエムカゲムシャ  87【50-37】  82【35-47】 101【46-55】
⑦ツルマルジュピター  97【45-52】 ※103【52-51】  98【40-58】
⑧セイコーライコウ   104【40-64】  97【22-75】 103【46-57】
⑨ドリームゼニス    102【51-51】  96【54-42】  98【30-68】
⑩オセアニアボス    105【47-58】 80【39-41】  93【49-44】
⑪ヘッドライナー    94【49-45】  87【48-39】 D103【67-36】
⑫スピリタス      104【41-63】  93【28-65】  98【42-56】
⑬アーバンストリート  82【29-53】  90【47-43】  89【50-39】
⑭ファリダット     98【37-61】  88【34-54】  102【33-69】
⑮オグリスペシャル     公営      公営      公営  
⑯エーブダッチマン   107【53-54】  95【37-58】  112【46-66】
⑰アンノルーチェ    96【56-40】 ※104【57-47】  90【56-34】

●数値は左から、前走、2走前、3走前(総合値【先行値-末脚値】)
●「D」はダート戦。「※」は参考値

≪ハルパパ・スコープ≫
こんばんは。ハルパパです。今週は日曜日に重賞が二つ組まれています。ひとつは京都のダート1900Mで争われる東海ステークスで、もうひとつが東京の芝2400Mのオークスです。3歳GⅠ戦線は桜花賞→皐月賞→NHKマイルカップと現在3連続的中できています。オークスをしっかり獲って次週のダービーまで無敗で向かいたいと思っています。今週も応援よろしくお願いしますね!

当ブログでは毎週月曜日から木曜日まで分析官が担当する『詳細レースカルテ』でRPM値を使ったレース分析を行っています。今週はオークスを徹底分析していましたが、RPM値をベースに展開から出走馬の能力や特徴まで幅広く分析しています。RPM値を現在のスタイルで公開するようになって5カ月経ちますから、数値に対しては目が慣れてきた頃でしょう。もしかしたら分析官なみに数値を使いこなせる人もいるかもしれませんね。当ブログに最近来られた人にとってはまだなんのことやらさっぱりわからないことでしょう。そういう人のためにページトップに『ビギナーズノート』を用意しています。RPM値について簡単にまとめてありますので利用してみて下さい。また週2回発行しています無料メルマガでもRPM値について触れていますので、当ブログと無料メルマガを併用されることをお勧めします。次回のメルマガは今週土曜日の朝に配信を予定しています。当ブログのRPM値分析官と予想担当の私ハルパパが対談形式にてオークスを語ります。馬券の決断の際のヒントが見つかるかもしれませんよ。

さて土曜競馬の予想は京都11Rテレビ愛知オープンから入りたいと思います。今回はRPM値を今よりも身近に感じることができるように予想の実戦でハルパパがRPM値を使ってみたいと思います。明日のオークスも同じようにRPM値をベースに予想を展開していきますので楽しみにしていて下さいね。

ハルパパが予想をするにあたり例外なく一番最初に行うことは今回のレースがどのようなレースになるのかイメージすること。テレビ愛知オープンは芝1400M戦だから基本的にスピード比べになるのが普通ですね。しかも舞台は直線が平坦の京都コースだから先行する馬も躊躇なく先行することになる。スローの瞬発戦といったようなタイプのレースにはならないのが普通です。メンバーの脚質を見ると強力な逃げ馬はどうも見当たらない。ヘッドライナー、ツルマルジュピター、テイエムカゲムシャあたりの逃げでしょうか。ハナには行かないけれど先行していい位置で競馬をしたい馬はエーシンリジル、サワヤカラスカル、セイコーライコウ、オセアニアボス、エーブダッチマン、アンノルーチェの6頭。つまり逃げ候補3頭に先行希望6頭で計9頭の馬が前での競馬を意識する以上やはりスローにはならないと見ます。

予測されるペースと競馬の質は平均の持続戦。1200Mではないから消耗戦にまでは至らない。となると、RPM値で一番重視すべきは総合値ということになります。平均ペースの競馬は先行、差しに有利不利はないと思っています。
脚質に偏見を持たずに素直にRPM総合値の上位馬を評価していくべきだと思います。

近三走のRPM値で高い数値の馬を確認すると、
エーブダッチマン  112【46-66】(三走前東京1400M)
エーシンホワイティ 109【42-67】(前走京都1200M)
エーシンホワイティ 109【49-60】(三走前東京1600M)
プリンセスメモリー 108【36-72】(前走阪神1400M)
エーブダッチマン  107【53-54】(前走京都1200M)
サワヤカラスカル  105【57-48】(三走前阪神1400M)
オセアニアボス   105【47-58】(前走新潟1600M)
エーシンリジル   104【40-64】(前走阪神1200M)
セイコーライコウ  104【40-64】(前走中山1200M)
スピリタス     104【41-63】(前走新潟1600M)

数値上位は上記の8頭です。このレースで求められるものがスピード面での総合力だから、まずこの8頭による争いと見てよさそうです。この8頭に共通していえることは先行値で50RPM程度のレースであれば、直線に余力を持って入りバテないということ。反対にここに名が挙がらない馬はこのペースを追走するとバテてしまっているということになります。注意しておきたいのは、この馬達は基本的に同じオープンクラスの馬であり、能力が著しく足りないということではありません。近走のバテは調子が悪いからということ。例えばヘッドライナーはこのメンバーの中では実績が最上位です。59キロを背負わされてるのはそういうことです。本来の力量は最上位と見ていいと思います。しかしながらいつも書いているように59キロというのは本当に酷量でかなり競争能力に影響してきます。さらにしヘッドライナーが仮に57キロで出走してきたとすると前走RPM値は98【51-47】となるわけですが、それでも今回足りない数値です。これが意味することは今回は斤量の問題以外に調子がいい時の状態にないということに他なりません。もちろんハルパパは軽視します。

ここでRPM値の数値差について触れましょう。

今回RPM最上位はエーブダッチマンの112RPMでスピリタス等の104RPM値の差は8RPMありますよね。これがどのくらいの差になるかというと……。2RPMの差で約1馬身のパフォーマンス差があると考えて差し支えないと思っています。(正確には1.7RPMで1馬身のパフォーマンス差ですが…。)
つまりエーブダッチマンとスピリタスとの差は8÷2=4でほぼ4馬身のパフォーマンス差があるということです。さてこの4馬身差という感覚をみなさんの中でどう捉えるかです。レースのゴール前を見ていて、1馬身程度の差なら惜しかったといえるのではないでしょうか。これが2馬身差なら惜しいとは言えなくなってきませんか? 今回は4馬身のパフォーマンス差があります。こうなると明らかに力量差を感じますよね。これがRPM値を使って軸を決める考え方の基本です。

ここから先は上位馬の中で序列をつけることになります。ここで再確認が必要なのは距離適性、枠順、追切り状態。数値最上位のエーブダッチマンについて考えてみると、まず距離適性に問題はなさそうだけど、枠順が不利ですね。前走の107RPMは11番ゲートでマークしたもので、三走前の112RPMは8番ゲートでマークしたものです。で、今回は16番ゲート。叩き二戦目の上積みはあってもゲートの不利がより大きいかな。追切りは可もなく不可もなくといった印象。どうも軸にするには心もとない印象ですね。それでも消しにはできないでしょう。

こうしたプロセスを経てたどりついたハルパパの結論は人気ブログランキングへに連不動の★。枠順、追切り共に良好。決め手鋭い★が直線差し切るイメージです。

≪ハルパパ馬券四十八手≫
連不動の★からの勝負馬券は馬連と三連複。三連単で大きく狙うのはいいけれど、可能な限り万一3着に負けることも考えて裏の裏まで見た方がいいかもしれません。(弱気になっているわけではありませんが!)
勝負は三連複がお薦めですね。

馬券イメージは…
馬連★=$$$$$の5点
三連複★=$$$$$=$$$$$△△の20点。

三連単はやはり点数が多くなり過ぎですね。三連複の20点も多いけど、ここは好配当必至とみて狙っていきたいものです。馬連5点もお薦めです。

人気ブログランキングへ
$5頭
△エーシンリジル
△スピリタス






スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。