08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* category: レースカルテ

【スプリンターズS】詳細レースカルテPART.1 

一日一回、応援クリックお願いします
        ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 競馬ブログへ

………………………………………………………………………………………………………

当ブログを始めて訪問された方は、下記を参照してください。
        ↓ ↓ ↓
競走馬リアル・パフォーマンス・メーター2011バージョン
 ビギナーズノート

当ブログの根幹ともいえるRPM値について簡単にまとめたものです。参考にしてください。

………………………………………………………………………………………………………

無料メルマガの登録は左のサイドバーまたは下記からも登録できます。
            ↓ ↓ ↓
【無料メルマガ】ハルパパ競馬の流儀~RPM値で勝ち馬を見抜け!~


………………………………………………………………………………………………………

詳細レースカルテPART.1
スプリンターズステークスGⅠ
10/2(日) 中山11R 芝1200M

≪RPM値勝負ライン≫
●総合値⇒121RPM
●先行値⇒63RPM
●末脚値⇒58RPM

≪RPM値一覧≫
スプリンターズS馬柱
↑近三走のRPM値はこちらから

≪レースカルテ①基本データ≫
RPM値勝負ライン
121【63-58】(クラスで勝ち負けするための目安)
コース
中山1200M(右・外回り)
Cコース使用(Aコースから6M外に内柵を設置)※幅員14~26M
高低差5.3M。直線310M
想定されるペースとレースタイプ
ハイペースの消耗戦
逃げ馬候補
逃げ脚質はヘッドライナー、ロケットマンも、近走逃げているのはパドトロワ、フィフスペトル
休養明け(中10週以上)
アーヴァニティ、ヘニーハウンド

≪レースカルテ②力量考察~外国馬編≫
予定通り、外国馬3頭の力量考察を。


ロケットマン(シンガポール)

海外のレースは馬場が読めないのであくまで推定だが、ロケットマンのRPM値は、二走前のクリスフライヤー国際S(国際GⅠ)が123RPM。2着以下を0.8秒切って捨てた内容はいわば別次元だ。レースは外枠からスムーズなスタートで3頭横並びの先手策。3角、4角ともに2番手から直線では後続を突き放す圧巻のレース運びだった。時計的には1.09.1と日本の高速決着に馴れた目から見ると平凡に映るが、0.4秒前傾のラップ構成からして先行馬にとっては決して楽な競馬ではなかったはず。それでも圧勝。前走は59.5キロ(酷量!)を背負いながらも、やはり2着以下に0.8差をつけ完勝。休み明けと斤量が堪えたのか多少パフォーマンスを落とした印象(相手も格下)だが、それでも今回メンバーなら最上位にランクできる走りとしていい。ちなみに二走前のクリスフライヤー国際Sではグリーンバーディーに1.0差をつけているし、ドバイのゴールデンシャヒーンでも0.5差つけているとなると、ほぼ両者の逆転はないとしていいのでは? 

一応、成績にも目を通しておくと、通算21戦17勝2着4回(すべて1200M戦)で負けたレースの最大着差が1/2馬身。残り3つは、クビ、クビ、アタマ差。つまりデビュー以来まったく凡走がない(途中、骨折=管骨のヒビのため半年間の休養を挟んでいる)。地元シンガポールだけでなく、香港(近いですけどね)、UAEへの遠征を含めての成績となるとほとんど隙らしい隙は見当たらない。タイトル数も国際GⅠ2勝、ローカルGⅠ3勝。

最後にいくつか補足しておく。

脚質は基本的に逃げだが、番手競馬にも対応するため暴走するようなタイプではない。またゲートが上手くテンに速いのでスタートで後手を踏むようなシーンもちょっと想像できない。左右の回りはともに経験済み。遠征競馬にも馴れている……と、ネガティヴな材料はほとんどなく、評価としては「主軸候補」としたい。


グリーンバーディー(香港)

昨年はクリスフライヤー国際Sでロケットマンを下しての来日だったが、今年は先にも触れた通りロケットマンに1.0秒ちぎられており、「年齢を含め下降戦なのでは?」というのが、前走時における当欄の評価だった。ところが、+29キロで出走となったセントウルSでは昨年のあの豪快な末脚を垣間見せる走りで4着入線(14着降着)。不安説を一蹴した格好だ。前走の走りを数値で見ると109RPM。昨年のセントウルS以降のグリーンバーディーのパフォーマンスはおおよそ109~111RPM(昨年のスプリンターSは104RPM)あたりでまとまっていることを考えると、力量的に110RPM前後のレベルなのかもしれない。もちろん前走は4カ月の休み明けで大幅なプラス体重だったことから、上積みがあってもいい(そのわりには中間の攻めは軽すぎるが……)。ちなみに、昨年のセントウルS、スプリンターズSでの馬体重は484キロ、488キロ。前走の+29キロのうち10キロ程度は減っていた馬体が戻ったと判断したほうがいいだろう。現時点における当欄の評価は⇒人気ブログランキングへ


ラッキーナイン(香港)

セントウルSのカルテでも書いたが、基本的には1400~1600Mの適性が高いのは間違いない。結果、当欄の評価は「様子見」だった。地元ですら1200M戦ではレベルの高い走りを見せていない以上、むやみに飛び付けないというわけだ。力量を感じつつも押さえまでが精いっぱい。で、セントウルSの結果を受けてどうか。59キロ+適性からテンに置かれたのはしょうがないとして、3~4ハロン目の機動力は目を惹いた。鞍上のコース取りも抜群(コーナー途中で外から内へ進路変更)で3角侵入時は9番手程度だったのが4角侵入時にはほぼ横並びの4番手。向正面でダッシャーゴーゴーの後ろにいたことを考えると好騎乗(紙一重な部分はある)の部類だろう。そして内を突いて僅差の2着。マークした数値が114RPMならここでも勝負になると感じるが……隙がないわけではない。ポイントとなるのはペース。同じ1200Mでも阪神よりは流れの速い中山で位置取りがどうなるのか。前走のようにテンに置かれて内を狙うと進路が塞がるケースは想定しないといけないだろうし、元々追込み馬ではなく差し馬。あまり後ろからでは展開利が働いても切れ負けするだろう。いずれにせよ、「テンに置かれず中団より前で競馬を進めるのが好走条件となる」とするのが当欄の見立て。それと。前走5カ月ぶりの実戦で-14キロの出走をどう捉えるべきか。ここ一年490キロ台の馬体でレースに使われ好成績を挙げてきたことを考えると、輸送減りとしても懸念材料のひとつに挙げておく必要があるか。ちなみにロケットマンとは昨年暮れに香港で2度対戦しており、0.3差6着と0.4差7着(ロケットマンは1着同着とタイム差なしの2着)。現時点における当欄の評価は⇒


………………………………………………………………………………………………………

ブログランキングに参加しています
  ↓ ↓ ↓
応援クリックお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
  ↓ ↓ ↓       ↓ ↓ ↓
  人気ブログランキングへ
  ↓ ↓ ↓      ↓ ↓ ↓
ブログランキング【くつろぐ】  ブログランキング  


質問・応援コメントはここからどうぞ。
RPM値に対してもできるだけブログ内で解説していく予定です。
   ↓ ↓
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。