09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* category: レースカルテ

【菊花賞】詳細レースカルテPART.3 

一日一回、応援クリックお願いします
        ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 競馬ブログへ

………………………………………………………………………………………………………

当ブログを始めて訪問された方は、下記を参照してください。
        ↓ ↓ ↓
競走馬リアル・パフォーマンス・メーター2011バージョン
 ビギナーズノート

当ブログの根幹ともいえるRPM値について簡単にまとめたものです。参考にしてください。

………………………………………………………………………………………………………

無料メルマガの登録は左のサイドバーまたは下記からも登録できます。
            ↓ ↓ ↓
【無料メルマガ】ハルパパ競馬の流儀~RPM値で勝ち馬を見抜け!~


………………………………………………………………………………………………………

詳細レースカルテPART.3
菊花賞GⅠ
10/23(日) 京都11R 芝3000M

≪RPM値勝負ライン≫
●総合値⇒103RPM
●先行値⇒51RPM
●末脚値⇒52RPM
※当該クラスで勝ち負けするための目安

≪RPM値一覧≫
菊花賞RPM値一覧
↑出走予定馬の近三走RPM値一覧はこちらから

≪レースカルテ③追い切り評価≫

ウインバリアシオン 栗東W 安藤勝 80.7-65.9-52.3-39.4-12.9(強め)

この中間は計3本の時計を出していたが、それほど強い負荷はかけられていなかった(実質一週前の一本)。最終追いは併せ馬。少し我慢させたこともあり「強め」としたが、ほぼ一杯追い。最後は併走馬を2馬身突き放す万全の仕上がり。

オルフェーヴル 栗東坂路 池添 51.2-37.5-24.7-12.3(一杯)

一週前にもリルダヴァルと併せ、相手を圧倒する追い切りを見せていた。最終追いも併走馬を子供扱い。とくに後半の伸びは圧巻、隙は見当たらない。中間から坂路で入念な調整が施されており、寸分の狂いもない仕上がりと見る。

サダムパテック 栗東坂路 岩田 52.0-38.0-25.0-12.5(強め)

前走後はリフレッシュを兼ねて短期放牧に出されていた。そのため中間は時計を2本計時したのみ。一週前に坂路で51.7-12.3の抜群の追い切りを見せておりデキに関しては心配なさそう。最終追いも岩田を背に上々の内容。力は出せる状態だろう。

サンビーム 栗東坂路 助手 54.1-38.8-25.7-13.4(一杯)

中1週の臨戦過程のため中間は軽めの時計を一本出したのみ。最終追い切りも一杯に追われたが、とくに強調できる内容ではなかった。叩き2戦目となる今走だが、状態面の上積みはさほど期待できないかもしれない。

ショウナンマイティ 栗東W 武豊 83.9-66.9-51.1-37.0-12.5(馬也)

騎手を背にWコースで追われた。一週前に長めを一杯に追われたこともあり、終始馬也で折り合いを重視。加速もスムーズで終いの伸びも良く、内容としては好感を覚えるもの。デキに関しては上々としていい。

ダノンマックイン 栗東坂路 小牧太 52.9-39.1-26.2-13.3(強め)

中2週の臨戦過程もあり、中間は軽めの時計を一本出したのみ。最終追いは坂路で強めに追われた。評価としては可もなく不可もなく。多少動きに重さを感じたが……。前走時との比較でも似たような内容なので心配するほどでもないのか。

ダノンミル 栗東坂路 浜中 57.0-40.4-25.9-12.6(強め)

前走後はすぐにプールに入れてリセット。中間の調整もまずまず入念(坂路で4本計時)なもの。一週前、最終追いともに終い重点の内容。併走馬には先着しているが、負荷としてはさほど強いものではない。

トーセンラー 栗東W 蛯名 84.4-67.9-52.9-38.8-12.0(馬也)

中間に8本の時計を出すなど気合の入りは相当なもの。一週前追いでも馬場の悪い中、きっちり時計を出しておりデキに抜かりはない。最終追いは騎手を背にウッドで併せ馬。前半は緩めだったが後半2Fは反応といい伸びといい抜群。。

フェイトフルウォー 美浦坂路 助手 53.0-37.9-24.8-12.4(馬也)

坂路で52秒台の時計を二度計時するなど、この中間の調整は馬の走る気が伝わってくる内容。最終追いも馬也ながらきっちりまとめてきた印象だ。多少手控えられた感はあるものの輸送を考えると十分な内容だろう。

フレールジャック 栗東W 助手 85.9-69.8-55.3-41.1-12.0(一杯)

一週前に好時計を出しており、ほぼ仕上がっていた。最終追いは「少し抑えるのでは?」と思ったが、終い重点ながら一杯追い。前半しっかり我慢させた内容のある追い切りと見た。

ベルシャール 栗東坂路 助手 54.1-39.1-24.9-12.6(一杯)

2週前、1週前と速い時計を出しており、ほぼ思惑どおりの調整だったのではないか。最終追いではやや時計を要しているが内容としては悪くない。「絶好」とはいえないまでも「上々」のデキとみる。

ユニバーサルバンク 栗東W 助手 90.1-73.3-56.7-41.5-12.1(一杯)

春一線級と対等に渡り合っていた頃と比べると、動きは鈍く感じる。もっとも一週前はマルセリーナ、最終追いはブエナビスタと併せられており、相手が悪かったか。時計を見る限り終いもしっかり伸びているのでデキは悪くないのかもしれない。ただ評価としては「及第点」まで。

ロッカヴェラーノ 栗東坂路 川田 52.1-38.5-24.9-12.4(一杯)

一週前に坂路で50.7-12.9の好時計を出しており、叩いた上積みは表れていた。最終追いも騎手を背に一杯に追われ、まずまず評価できる内容。力の出せる仕上がりとしていい。


追い切り内容の良かった馬は計4頭。一頭はオルフェーヴル。残り3頭は以下から。

追い切り好内容の一頭⇒人気ブログランキングへ

追い切り好内容の他2頭⇒


………………………………………………………………………………………………………

ブログランキングに参加しています
  ↓ ↓ ↓
応援クリックお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
  ↓ ↓ ↓       ↓ ↓ ↓
  人気ブログランキングへ
  ↓ ↓ ↓      ↓ ↓ ↓
ブログランキング【くつろぐ】  ブログランキング  


質問・応援コメントはここからどうぞ。
RPM値に対してもできるだけブログ内で解説していく予定です。
   ↓ ↓
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。