11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* category: 中央競馬重賞予想

【有馬記念】ハルパパの決断!秋のGⅠ十二番勝負・第十二番! 

一日一回、応援クリックお願いします
        ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 競馬ブログへ

………………………………………………………………………………………………………

当ブログを始めて訪問された方は、下記を参照してください。
        ↓ ↓ ↓
競走馬リアル・パフォーマンス・メーター2011バージョン
 ビギナーズノート

当ブログの根幹ともいえるRPM値について簡単にまとめたものです。参考にしてください。

………………………………………………………………………………………………………

無料メルマガの登録は左のサイドバーまたは下記からも登録できます。
            ↓ ↓ ↓
【無料メルマガ】ハルパパ競馬の流儀~RPM値で勝ち馬を見抜け!~


………………………………………………………………………………………………………


ハルパパ秋のGⅠ十二番勝負!~第十二番~
の一鞍!
有馬記念GⅠ
12/25(日) 中山10R 芝2500M  

≪RPM値勝負ライン≫
●総合値⇒105RPM
●先行値⇒50RPM
●末脚値⇒55RPM
※レースのペース50RPMで勝ち負けする目安

有馬馬柱
※④ペルーサは出走取り消しになっています!ご注意ください!

こんばんは。ハルパパです。今年の総決算である有馬記念の最終決断をするときがやってきました。「後悔のない納得の勝負!」をすべく決断を下したいと思います。

今日までの考察から「納得のいく予想」は固まったわけですが、予想の考えが巧く馬券に落とし込めなければ未完成なわけです。馬券は後悔がつきものだとは思っています。馬券が外れて納得できることはほとんどないといっていいでしょう。仮に的中したところで「もっと買っておけばよかった!」とか「こちらを本線にしておけばよかった!」「本当はもっと絞れていた。損した!」なんて誰でも思うことがありますよね。ハルパパも同じです。冷静に考えるとまったく身勝手で我儘なものです。

100%後悔しない馬券はありえないにしても、今回は意識して最終決断を下したいと思います。結局のところ後悔する・しないの前に潔さがなければならないということですね。つまり、潔い考えを馬券に落とし込むことが必要なのでしょう。

そしてその潔い考えは徹底的に自分と対話することで生まれるのかもしれません。人は人です。あくまで自分で自分を詰めていかなければなりませんね。言い訳をさせない状況に自分で追い込む。そんなイメージで「後悔のない納得の勝負!」に臨みたいと考えています。

まずは主軸とする馬の最終確認です。ハルパパはブエナビスタに不動の★をうって勝負と決めています。これは「納得の予想」の結果です。いまさら他に鞍替えしようとは思わないですね。ブエナビスタを★とすることに「納得」した最大の要因は一番馬券になりやすい馬だと判断したからです。先週の「ハルパパスコープ!」での軸馬考察の際にそれぞれの馬に対して「後悔」の有無に触れました。

ブエナビスタは1着の可能性もある上に、過去の実績から3着は外さないと自信がもてる唯一の馬だということが「納得」の根拠です。オルフェーヴルには古馬初対戦というリスク、中山小回りコースの適性が未知であるリスク、ペースがスローで展開上有利といえないリスク等様々なリスクがあるわけです。圧勝する可能性はもちろんありますが、同時に様々なリスクが足かせとなり4着以下に沈む可能性も否定できませんね。ヴィクトワールピサは昨年の有馬記念の優勝馬でありドバイワールドカップを制した世界のGⅠホースです。今回最終追い切りでは闘志に火がついた感じの力強い内容を見せていますが、果たして本物かどうかはわからないですよね。一度は引退も考えたほど状態が悪化した馬です。そんなヴィクトワールピサに後悔なき★はやはりうてません。連覇する可能性はあっても凡走の可能性も少なくない。オルフェーヴルとヴィクトワールピサならまだオルフェーヴルを主軸にとりたいですね。トーセンジョーダンは近走の実績は認めても、明らかにセーブした今回の中間の乗り込みと最終追い切りから状態面の下降が感じられます。それを感じておきながら主軸にして凡走されたらこれ以上の後悔はありません。トーセンジョーダンとヴィクトワールピサなら状態が上がってきたと思えるヴィクトワールピサの方を評価したいです。

やはり予想の上では主軸として最も「後悔がない」馬はブエナビスタです。これは本当に後悔がない。ハルパパはブエナビスタに全てを託します。

問題は馬券への落とし込み。「後悔なき★ブエナビスタ」の主軸としての特性が問題なわけです。
単不動の★にあらず、連不動の★でもない。3着内不動で三連系馬券なら不動という判断なわけです。となると勝負馬券の選択肢に「単式系」の馬券はありえないということです。

3着内不動の★ブエナビスタから勝負すべき馬券は「複式系」とすべきなのでしょう。
一番シンプルな勝負は「複勝」だけど、2番人気の複勝で勝負するのはハルパパのスタイルではありません。

人気はともかくもオッズ次第では馬券上でかなりの工夫が必要でしょうね。特に今回は相手の一頭にオルフェーヴルを買わざるをえない状況です。この組み合わせの馬連は現在3.6倍となっています。この馬券1本で後悔しない勝負がうてるなら問題ないのですが、現実はそうではない。

ハルパパは相手を絞り込む工夫をすることにしました。それ以外に活路はありません。オルフェーヴルを叩き斬って勝負するのは無理ですからね。絞り込むべきは抑え評価の馬達です。抑え評価の馬は今までに何頭か名前を挙げていますよね。

トーセンジョーダン、トゥザグローリー、ルーラーシップ、ローズキングダムに分析官の穴推奨であるエイシンフラッシュ。それに本来はアーネストリー、ジャガーメイルなんかも抑えられれば抑えたい馬です。

さてこの抑え評価の馬達をリストラしなければなりません。どうしますかね。
この馬達に与える印は3着候補の抑えとしての△となります。つまり連対圏には抑えない馬達となるわけです。そこで考えたついたことがあります。勝負を馬連にもっていけばこの悩みはなくなると。三連系の3着付けに限定して馬券を組んでみましたがそれでも点数が多いし、トーセンジョーダンが3着にくると獲りガミまである状況です。

ハルパパが出した結論は【馬連】勝負が最も後悔のない勝負馬券になるということです。そして馬連で勝負しておいて【三連複】の攻め馬券を同時に持つこと。これが予想と馬券がかみ合った最も後悔のない勝負だと決断しました。

■駒の上げ下げを駆使した【馬連4頭BOXの6点】…★の3着にも対応!
■駒の上げ下げを駆使した【三連複4頭BOXの4点】…納得の本線だけの攻め馬券!

三連複に関しては△馬も絡ませるのが本来の姿ですが、それはあくまでも予想上での話です。的中しても納得の馬券はどうせ本線処だけでしょう。馬連と三連複を勝負馬券として共存させると意外と納得の勝負がうてることがわかりました。そしてこの馬券勝負ならハルパパは後悔がありません。考えに考えた末の決断故、分析官をはじめ、読者のみなさんにはご理解いただければと思います。

【秋のGⅠ十二番勝負!】第十二番 有馬記念の最終決断

★①ブエナビスタ
人気ブログランキングへ

$⇒

≪勝負馬券≫

■馬連  ★= 10000円
     ★=  7000円
     ★=$  2500円
       7000円
     =$  2500円
     =$  1000円

■三連複 ★  9500円
     ★$  3000円
     ★$  1000円
     $  500円

※十二番勝負の第一番「スプリンターズステークス」でのビービーガルダン競争除外により返金が14000円ありました。その14000円を今回の有馬記念で使い、有馬記念は合計で44000円勝負とさせていただきます。十二番勝負における総投資額は360000円となりました。

明日は中山最終レースの予想を公開する予定です。今年最後の予想となりますので応援よろしくお願いします。ではまた明日!

………………………………………………………………………………………………………

ブログランキングに参加しています
  ↓ ↓ ↓
応援クリックお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
  ↓ ↓ ↓       ↓ ↓ ↓
  人気ブログランキングへ
  ↓ ↓ ↓      ↓ ↓ ↓
ブログランキング【くつろぐ】  ブログランキング  


質問・応援コメントはここからどうぞ。
RPM値に対してもできるだけブログ内で解説していく予定です。
   ↓ ↓
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。