12« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* category: 中央競馬重賞予想

【日経新春杯&京成杯】ハルパパの最終決断! 

一日一回、応援クリックお願いします
        ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 競馬ブログへ

………………………………………………………………………………………………………

当ブログを始めて訪問された方は、下記を参照してください。
        ↓ ↓ ↓
競走馬リアル・パフォーマンス・メーター2011バージョン
 ビギナーズノート

当ブログの根幹ともいえるRPM値について簡単にまとめたものです。参考にしてください。

………………………………………………………………………………………………………


座頭市ハルパパの渾身の一太刀!
日経新春杯GⅡ
01/15(日) 京都11R 芝2400M


日経新春杯馬柱

こんにちは。ハルパパです。昨日は予想を休み失礼しました!競馬バカであるハルパパにも年に1~2回は競馬より優先しなければならない急用がありまして…。ということで御容赦願います。

それでは早速いきましょうか。まずは京都の重賞【日経新春杯GⅡ】の予想からです。
最終的には12頭立ての競馬となり、現在の前売りオッズをみると③トゥザグローリーが単勝1.7倍の1番人気に支持されていますね。GⅢ(1.0.0.1)、GⅡ(2.1.0.0)、GⅠ(0.0.2.6)の重賞実績をもってすれば当然のことだとは思います。今回はGⅡとはいえ明らかに楽な相手となるだけに軽視できないところでしょう。

名門池江厩舎&昨年のリーディングJ福永騎手に喧嘩を売るのはかなりの度胸が要りますね。出走頭数も12頭だから紛れも少ない状況でもあります。が、ハルパパは③トゥザグローリーに喧嘩を売ることにしました。年明けから三鞍予想をして未だ片目も開いていない状態はまさに盲目の刺客“座頭市”。別に狂ったわけでもありません。年明けたばかりで先が長いのだからここで狂うのはまだ早いでしょう(笑)。

ハルパパ座頭市が心眼でとらえた③トゥザグローリーの一瞬の隙。そこを目掛けて一太刀で仕留めるのが理想形。登録の段階ではその形がくっきりとイメージが出来たから週末の一戦に備えて刀を研ぎすましていた。が、ここにきて少しイメージが少々ぼやけてきてしまった感じ。ドリームノクターンの出走回避と①スマートロビンの馬体重がその原因です。

週中に書いた③トゥザグローリーの隙とはレースタイプにあるとしました。未読の人は是非目を通して欲しいですが、トゥザグローリーは『平均ペース以上の持久戦・消耗戦に弱い!』ということでした。今回の日経新春杯の出走馬を見渡すと、トゥザグローリーが滅法強い『スローの瞬発戦』を苦手にするタイプの馬が揃っています。その筆頭が①スマートロビン。スマートロビンの近三走をみてもその点は明らかで、三走前の阿寒湖特別、前走の比叡ステークスではスタミナとスピードの持続戦を制しています。二走前の神戸新聞杯では果敢に逃げたものの、溜め逃げの超スローとしてしまいオルフェーヴル、ウインバリアシオン等の瞬発力に屈してしまっています。

今回スマートロビンの手綱をとるのは安藤勝己騎手で厩舎の指示通り以上の仕事ができる騎手ですから、最も勝機のあるペースや展開に持ち込み善戦以上必至とみていました。しかしながら、肝心の状態に大きな“?”がついてしまいました。最終追い切り後の馬体重が560キロ以上とのことでなんと前走と比較して34キロ以上重い。これは流石に成長分と捉えるには無理があります。果たしてこの状態で持久戦に持ち込めるものなのか?かなりの疑問です。週中はスマートロビンを主軸に考えていましたが、これでは★は打てません!

仕上げから推測するに、狙いは今後のレースにあるのかもしれませんがそれでもスマートロビンは前々で積極的な競馬はするでしょう。それに瞬発戦を嫌う馬はまだいます。②スマートギア、④メイショウクオリア、⑥ナムラクレセント、⑦ビートブラック、⑪ダノンバラードあたりは持久戦・消耗戦がベストの馬だとみています。とはいえ自らレースを作れるのはメイショウクオリア、ナムラクレセントぐらいですね。他はただ追走しての得意の展開待ちといった馬です。

12頭立てでもレースを作る先行馬3頭が瞬発戦を嫌うタイプならやはりスローにはならないでしょう。となるとトゥザグローリーにとっては不得手なレースタイプを58.5キロを背負って戦わなければならない不利がありそうです。ここはやはり割り引いて考えるべきですかね。

1番人気トゥザグローリーと2番人気スマートロビンを割り引く評価となるとここは穴を狙うレースということになります。過去1年以上程度まで遡って確認したRPM値からして予定していたスマートロビンに替わって★を打って狙ってみたい馬が1頭います。

人気ブログランキングへ


$⑦ビートブラック
$⑥ナムラクレセント
$⑤トップカミング

京成杯はメルマガにて見解は書きましたので結論だけ。

★⑧ベストディール
$⑦アドマイヤメジャー
$⑪コスモアンドロメダ
$⑤レッドシャンクス
△⑯アーデント
△⑬ブライトライン

以上です。応援よろしくお願いします。

………………………………………………………………………………………………………

ブログランキングに参加しています
  ↓ ↓ ↓
応援クリックお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
  ↓ ↓ ↓       ↓ ↓ ↓
  人気ブログランキングへ
  ↓ ↓ ↓      ↓ ↓ ↓
ブログランキング【くつろぐ】  ブログランキング  


質問・応援コメントはここからどうぞ。
RPM値に対してもできるだけブログ内で解説していく予定です。
   ↓ ↓
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。