01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.»03

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* category: レースカルテ

【中山記念】詳細レースカルテPART.1 


一日一回、応援クリックお願いします
        ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 競馬ブログへ

………………………………………………………………………………………………………

当ブログを始めて訪問された方は、下記を参照してください。
        ↓ ↓ ↓
競走馬リアル・パフォーマンス・メーター2011バージョン
 ビギナーズノート

当ブログの根幹ともいえるRPM値について簡単にまとめたものです。参考にしてください。

………………………………………………………………………………………………………

無料メルマガの登録は左のサイドバーまたは下記からも登録できます。
            ↓ ↓ ↓
【無料メルマガ】ハルパパ競馬の流儀~RPM値で勝ち馬を見抜け!~


………………………………………………………………………………………………………


詳細レースカルテPART.1
中山記念 GⅡ
2/26(日) 中山11R 芝1800M

≪RPM値勝負ライン≫
●総合値⇒110RPM
●先行値⇒47RPM
●末脚値⇒63RPM
※当該レースで勝ち負けするための目安

≪RPM値一覧≫
中山記念登録馬
↑登録馬の近三走RPM値

≪レースカルテ①基本データ≫
RPM値勝負ライン
110【47-63】(クラスで勝ち負けするための目安)
コース
中山1800M(右内回り)
Aコース使用
高低差5.3M/直線310M
想定されるペースとレースタイプ
ミドルペースの持久戦
逃げ馬候補
シルポート
休養明け(中10週以上)
エイシンアポロン、ナリタクリスタル、フィフスペトル
※リアルインパクト(中9週)、レッドディヴィス(中8週)も一息入っており注意

≪レースカルテ②力量比較≫

ネームヴァリューからはトゥザグローリーだろうか。ドバイ遠征(ドバイシーマC)も決まり壮行レース的ムードからおそらく一番人気に推されるだろう。戦績的にはGⅡ3勝馬。GⅠに手の届くところにいるのは確かで、ファンの支持が集まることに違和感はない。

ただし。今走の条件が中山1800M戦という点がどうか。メンバー構成的には現マイル戦線の一戦級が顔を揃えるうえ、1800M巧者も多い。一筋縄ではいかないと見るが……。

まずは各馬の力量を確認しておく。

トウザグローリー
前走・日経新春杯は58.5キロを背負いながらもダノンバラード以下を力でねじふせており、中距離戦線ではトップホースの一角であることは揺るぎない。適性面からは2400M前後でもっとも強さを発揮し、2000Mあたりまでは守備範囲も今走の1800Mだと少し外れる印象。相手関係が中距離馬中心ならば多少距離が短くとも力の違いを見せつける公算が大きいわけだが……。今回は1600~1800Mを得意とする馬がズラリと並び、レースの流れはマイルのそれに近く足元を掬われる可能性は否定できない。逆にここで勝つようなことがあれば安田記念すら視野に入るといった状況。プラス材料となるのは斤量が57キロで留まる点と他の有力馬が一息入っていることに対し順調に使われている点か。暑さに弱い一方、冬場のこの時期は体調面がすこぶる安定するため調子はほぼベストと見ていい。

エイシンアポロン
サドラーズウェルズの肌にジャイアンツコーズウエイ。パンパンの良馬場でスピード決着となるよりは、パワーが必要だったり馬場が渋ったりする方が生きるのは確かだろう。稍重だったマイルCS勝ちも馬場適性の面で他馬よりアドバンテージがあったことは否めず、現時点でNO.1マイラーとは言い切れない。今走はGⅠウイナーということもあり唯一頭58キロを背負う点と冬場の休み明けで馬体に緩さがある点がどうか。もちろん過去、休養明けで2、2、4着と鉄砲実績を残している点は無視できないが、3歳時の弥生賞は重馬場だったし、一昨年、昨年の毎日王冠は時期的に馬体も絞り易かった。力量的にただちに軽視とはできなくとも主軸候補に推すには抵抗がある。ひと雨あれば評価は上がるのだが……。

ダイワファルコン
キャリア2戦で臨んだ弥生賞でヴィクトワールピサ、エイシンアポロンに続く3着に入線。潜在能力の点からはそれほど見劣りしないが、出世がベタ遅れで未だ重賞タイトルを得るに至っていない。無類の中山巧者、1800巧者で、重賞タイトルを獲るとすればもっとも可能性があるのがこの中山記念だろう。適鞍だった前々走の不可解な大敗(太め残りが原因か?)を度外視するのはどうかと思うが、前走・中山金杯では1キロの斤量差があった勝ち馬とクビ差の競馬。そろそろ重賞タイトルに手が届くところまで来ているのは確かだろう。多少気ムラな面があることから前走ではブリンカーを装着。効果はあった。相手関係は一気に強化されるが適性面では1、2を争うだけに当然圏内の一頭と見る必要はある。

フィフスペトル
適性面からは1600Mベスト。コース相性も良く5勝中3勝を中山で挙げており、他の競馬場よりは距離の融通が利く。唯一の重賞タイトルも昨秋・中山1600Mで行われた京成杯AH。今走条件の中山1800MではスプリングS(GⅡ)3着と夏至S1着(OP)がありここは力量発揮の舞台と見ていい。マイルCSでクビ差敗れたエイシンアポロンとは今走2キロの斤量差がありマイル路線組の中では最上位の評価も可能では? 馬体重変動が少ないタイプで休み明けも2勝と鉄砲実績もある。中間の調整も意欲的で緒戦から好戦可能と見るが……。

フェデラリスト
中央復帰後6戦4勝。負けた2戦も4着に踏みとどまっており、まだ底らしい底は見せていない。勝ち鞍は1800~2000M。中山は3戦3勝。前走・中山金杯では3連勝を飾るとともに重賞ウイナーの称号も得ており、適性+勢いでは侮れない一頭だろう。ただし力量面からは少し足りない印象もある。近走パフォーマンスが96RPM⇒104RPM⇒104RPM。いずれも流れが遅く能力の全体像を表しているとは言い難いが、一方で厳しい流れのレース経験に乏しいのも事実。末脚値の高さからスローの瞬発戦となれば主力を形成する可能性を感じつつ、流れが速まれば道中なし崩し的に脚を使わされ末脚不発の危険性も感じる。その意味では、展開面に左右される一頭と見ている。

リアルインパクト
3歳春に安田記念を制したことから一躍マイル戦線の主役候補に名乗りを挙げたわけだが、ひと夏越した秋以降の戦績には不満が残る。秋初戦となった毎日王冠こそ太め残りであったにもかかわらず、ダークシャドウのクビ差2着で力のあるところを見せたわけだが……。マイルCSでは勝ち馬エイシンアポロンから0.4差5着。「内で包まれ力が出せなかった……」「馬場を気にして……」云々。競馬に絶対はなく、レースの中ではつねに「不利」となる要素がそこかしこに潜んでおり、それをかいくぐり跳ね返してこそ強者となるわけで、その意味では脆いのだろう。前走・阪神C10着にしても同様に「内枠がアダになり……」と弁明。確かに直線まったく持ち出すスペースがなく、何も抵抗できずに10着に甘んじるという陣営にとってはフラストレーションの溜まるレースだったのは確かだが……。力量があろうがなかろうが、今走主軸に推す気にはなれない。

レッドディヴィス
セン馬の宿命とはいえ使えるレースに制限があり、過小評価されている感はあるも力量的には1600~1800Mなら現4歳トップレベルだろうと見る。骨折放牧から7カ月ぶりに復帰した鳴尾記念では鮮やかな差し切り勝ちを収めており戦力低下は見られない。2200Mの京都新聞杯ですら長かったのだから、2500Mの有馬記念は明らかに距離不適。得意とする1800Mなら巻き返しは必至だろう。すでに重賞3勝。適鞍ならばGⅡで勝ち負けする下地はある。斤量55キロもなんとも有利に映る。


一応の馬券候補と目される7頭について見た。
現時点で分析官が主軸候補に考えるのは⇒人気ブログランキングへ
上位人気馬でもっとも危険に映るのは⇒


………………………………………………………………………………………………………

ブログランキングに参加しています
  ↓ ↓ ↓
応援クリックお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
  ↓ ↓ ↓       ↓ ↓ ↓
  人気ブログランキングへ
  ↓ ↓ ↓      ↓ ↓ ↓
ブログランキング【くつろぐ】  ブログランキング  


質問・応援コメントはここからどうぞ。
RPM値に対してもできるだけブログ内で解説していく予定です。
   ↓ ↓


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。