01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.»03

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* category: 中央競馬重賞予想

【中山記念GⅡ】ハルパパ必殺仕置き十番勝負!~第九番~ 

一日一回、応援クリックお願いします
        ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 競馬ブログへ

………………………………………………………………………………………………………

当ブログを始めて訪問された方は、下記を参照してください。
        ↓ ↓ ↓
競走馬リアル・パフォーマンス・メーター2011バージョン
 ビギナーズノート

当ブログの根幹ともいえるRPM値について簡単にまとめたものです。参考にしてください。

………………………………………………………………………………………………………

無料メルマガの登録は左のサイドバーまたは下記からも登録できます。
            ↓ ↓ ↓
【無料メルマガ】ハルパパ競馬の流儀~RPM値で勝ち馬を見抜け!~


………………………………………………………………………………………………………


◎ハルパパの一日一鞍必殺仕置き十番勝負!~第九番~
の一鞍!
中山記念GⅡ
02/26(日) 中山11R 芝1800M

≪RPM値勝負ライン≫
●総合値⇒110RPM
●先行値⇒47RPM
●末脚値⇒63RPM
※当該レースで勝ち負けするための目安

中山記念馬柱


【ハルパパの必殺仕置き十番勝負!】~第九番~

こんばんは。ハルパパです。私ごとで恐縮ですが週明けに引越しを予定している関係で今週のハルパパ予想は中山記念の一鞍とさせていただいています。引越しといっても競馬で蔵が建ったわけではありません。近いうちにそのようになりたいと思いますが…(笑)。

今週から競馬は開催替わり。開幕週はなにかと気をつけることが多いのですが、そこにきて生憎の雨ですから余計に気をつけないとなりませんね。引越の荷造りをしながら東西の全レースはちゃんとチェックしていましたから御心配なく。中山競馬の芝コースは不良馬場で力を要する馬場になっていて上がりがダートなみに掛かっていましたね。今日の中山の芝のレースで上がり36秒を切った馬は2頭だけでした。1頭はスプラッシュエンドで35.8秒、もう1頭はプリンセスメモリーで35.7秒。1200M戦での上がり時計で斤量がそれぞれ55キロ、54キロの軽量馬でした。マイル以上のレースにおいての該当馬は皆無ですからかなり上がりを要す状態です。このような馬場状態は休み明けの馬やスローの瞬発戦を得意とする馬にはきつい競馬となります。そして能力差が出易い馬場状態であるといえるでしょう。

明日は天気が回復するようですが、気温があまり上がらない状況からあまり回復しそうにはありませんね。基本的には力を要する馬場は明日も続くとみていた方が無難だと思っています。開幕週にも関わらず先行馬が苦戦して差しが利く状態です。

さて中山記念ですが最終的には11頭立てとやや寂しい重賞となってしまいましたが、しっかりと考察をして決断をしていきたいと思います。

競馬の基本は『能力』『調子』『展開』。どんなに調子がよく展開に恵まれても能力が著しく劣る馬は出番がありません。反対に能力が断然上であれば展開は不問で勝負になるものだと思っています。ただし調子に関しては展開よりも気をつけないとならないでしょう。

今回の中山記念はシルポートが絶好枠からの単騎逃げ濃厚で平均ペースを想定しています。シルポートの逃げに溜め逃げは想定しづらく、今走初騎乗となる松岡騎手もあまり考えずに普通に逃げると思えます。仮に極端な騎乗をするにしても、どちらかというとテンから飛ばす離し逃げを選択するのではないでしょうか。南部杯のエスポワールシチーがそうでしたね。いずれにしても平均ペースと読むのが基本線。それ以上に速いペースで逃げても後続は最初からついて行こうとはしないでしょう。ただし仕掛けどころは早まることにはなるでしょうがね。

『展開』については以上。あえてここでとどめておこうと思います。平均ペースのレースなら特殊な展開にはなりにくいですから、それよりも能力と調子を考察しておきたいと思います。

『能力』について語るのであれば「RPM値の総合値」と「格」が一番わかりやすいでしょう。まずはRPM値について。今回の中山記念の勝負ラインは110RPMとみています。今走でこの数値が見込める馬が馬券の対象となってきます。

RPM値序列    (近三走MAX値)/ (1年以内MAX値)
01位 ⑨フィフスペトル  114RPM / 114RPM
02位 ⑪トゥザグローリー 112RPM / 112RPM
03位 ⑤レッドデイヴィス 108RPM / 108RPM
04位 ①シルポート    106RPM / 110RPM
    ②リアルインパクト 106RPM / 106RPM
    ⑦ダイワファルコン 106RPM / 106RPM
    ⑩ナリタクリスタル 106RPM / 107RPM
08位 ③フェデラリスト  104RPM / 104RPM
09位 ⑥ネオヴァンドーム 101RPM / 107RPM
    ⑧エーブチェアマン 101RPM / 105RPM
11位 ④ネオサクセス    97RPM / 97RPM

ナリタクリスタルの前走の115RPMは天皇賞(秋)でのもの。天皇賞(秋)は記録的なレコード決着の特殊環境であったことから参考値にとどめています。ハルパパの個人的な試算では実質は105RPM程度とみています。よって4位程度が妥当としています。

格序列         【GⅠ成績】【GⅡ成績】【GⅢ成績】
01位 ⑪トゥザグローリー 【0.0.2.6】【3.1.0.0】【1.0.0.1】
02位 ②リアルインパクト 【1.1.1.1】【0.2.0.2】【0.0.0.0】
03位 ⑨フィフスペトル  【0.2.0.5】【0.1.1.2】【2.0.0.1】
04位 ⑩ナリタクリスタル 【0.0.0.1】【0.0.0.3】【3.1.1.4】
05位 ①シルポート    【0.0.0.4】【1.1.0.5】【1.1.0.3】
06位 ⑤レッドデイヴィス 【0.0.0.1】【0.0.0.1】【3.0.0.0】

これ以下はGⅢで1勝レベルやそれ以下の成績だから特に示す必要はないでしょう。GⅠを勝っているのはリアルインパクトだけですが、トゥザグローリーのGⅡ3勝と有馬記念2年連続3着の方を格上とハルパパは考えています。このあたりは人によって評価は違うと思いますが…。

数値序列と格序列を見る限りでは枠順の内から①シルポート、②リアルインパクト、⑤レッドデイヴィス、⑨フィフスペトル、⑩ナリタクリスタル、⑪トゥザグローリーの6頭を上位評価してこの中から主軸を選ぶのが自然でしょう。

あとはこれにプラスαの要素を加味して馬券上の序列を決めていかなければなりません。プラスαの要素とは『調子』と『トラックバイアスの有利不利』。

≪ハルパパの短評≫

シルポート    絶好枠で単騎逃げ、得意な重馬場であることがプラス材料ですが、この馬はコーナーが4つある小回りコースが苦手。東京、阪神の外回りがベストです。また7歳となって力量に陰りを感じます。重馬場は得意だけど今のバイアスは逃げ先行馬にはつらいバイアスが掛かっていますし、中間は坂路だけでトラック追いがありません。中山1800Mはトラックで仕上げていくのがベター。ベストはトラック+坂路の併用ですね。
リアルインパクト    安田記念馬だけに能力は上位であることは認める感じも今回は2カ月の間隔があいています。この馬の最終目標は安田記念の連覇?というイメージでここ目一杯とは思えません。それとここ最近ハルパパがアピールしている堀厩舎の勝負仕上げは最終追い切り単走。今回は最終追い切りで併せを行っています。これは仕上がり途上である場合が非常に多いですね。そのせいか25日の直前に坂路に入れてきました。これはやはり状態今ひとつと捉えた方が無難ですね。
フェデラリスト    1000万→1600万→中山金杯GⅢと3連勝している上がり馬。ただし流れの厳しいレースの経験値が不足しています。ここは道悪の厳しいペースとなりなし崩しに脚を使わされて普段の末脚が使えない可能性が大きいかな。前走の中山金杯あたりで一杯の内容だからさらなる格上相手で苦戦は免れない公算が大ですね。一応力量的にはダイワファルコンのやや下とみています。
ネオサクセス     特にいうことはありません。(汗)
レッドデイヴィス     鳴尾記念勝ちはかなり評価できる内容ですね。GⅢを勝って格上の有馬記念に挑戦も0.5秒差の9着。トゥザグローリーとの着差0.4秒は僅差と捉えることもできますが、ハルパパ的にはこの0.4差は決定的な着差。枠順が外で超スローでしたから厳しい環境だったことは認めますがね。ただ気になる点は、音無厩舎の勝負仕上げは前日追いなのですが今回は掛けてきていません。
ネオヴァンドーム   GⅢ勝ちはきさらぎ賞でのもので若駒限定戦だからあまり価値は見出せない感じ。現実にその後はオープン特別で1勝するもあとはことごとく結果がでていません。
ダイワファルコン   数値的には4番手評価も格序列では格下感は否めません。ただしこの馬は出走馬の中で一番の中山巧者であること。特に中山1800Mを得意にしていますから期待がもてる感じがします。東京戦を見送り中山のこのレースまで待機。自分の競馬に徹すればバイアスは味方につけられるのでは?
エーブチェアマン    格下でもあり数値も下位。道悪もあまりよくなさそう。
フィフスペトル     前走のマイルCSの2着は格的には評価すべき。中山1800Mもオープン特別勝ちがあり侮れない。間隔あくも調子を維持している様子。枠順が外目となり楽なレース運びはできそうにないが、数値及び格の序列からは上位は明白。 
ナリタクリスタル    間隔があいての道悪競馬は厳しくなった。枠順も外で余計なパワーと神経を使わされることになりますね。仕上げはまずまずの内容ですが、バイアスが休み明けの馬に不向きな状況だけに…
トゥザグローリー    中・長距離がベストも格・数値からは最上位の評価が妥当ですかね。GⅠでは3着が最高ですが、GⅡ【3.1.0.0】と抜群の戦績です。レベル高のGⅠ戦では敗戦もGⅡではしっかりと結果を出しています。今回はGⅡでしかもメンバーは楽になっています。さらには格下馬と同斤で競馬できる有利さは見逃せません。自身この時期は絶好調で気配も申し分なし。海外戦に向けての壮行試合ですからここは勝ちにきているのではないでしょうか。能力上位にして調子も上位とあってはあまり逆らわない方が得策?

出走馬に対してはだいたいこんなイメージを持っています。

≪ハルパパの最終決断!≫

人気ブログランキングへ



△③フェデラリスト
△①シルポート
△②リアルインパクト

11頭立てにも関わらず★以下6頭に印もこれは三連系の馬券しか買わない人への序列示唆。
ハルパパはこの十番勝負として★から$3頭相手の馬連・馬単勝負を敢行します。

馬連・馬単

★→$の3点勝負!

★= 6000円  ★→ 6000円
★= 5000円  ★→ 5000円
★=$ 4000円  ★→$ 4000円

以上馬連・馬単各3点勝負で十番勝負の第九番に挑みます!
応援よろしくお願いします!ちなみにハルパパの引っ越し先は大井競馬場付近です。古巣に戻る?予定はありません。みなさんとJRA競馬で闘います。よろしく!

………………………………………………………………………………………………………

ブログランキングに参加しています
  ↓ ↓ ↓
応援クリックお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
  ↓ ↓ ↓       ↓ ↓ ↓
  人気ブログランキングへ
  ↓ ↓ ↓      ↓ ↓ ↓
ブログランキング【くつろぐ】  ブログランキング  


質問・応援コメントはここからどうぞ。
RPM値に対してもできるだけブログ内で解説していく予定です。
   ↓ ↓  
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。