04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* category: 競馬あれこれ

【ハルパパ十番勝負!】~第壱番~ 

一日一回、応援クリックお願いします
        ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 競馬ブログへ

………………………………………………………………………………………………………

当ブログを始めて訪問された方は、下記を参照してください。
        ↓ ↓ ↓
競走馬リアル・パフォーマンス・メーター2011バージョン
 ビギナーズノート

当ブログの根幹ともいえるRPM値について簡単にまとめたものです。参考にしてください。

………………………………………………………………………………………………………

無料メルマガの登録は左のサイドバーまたは下記からも登録できます。
            ↓ ↓ ↓
【無料メルマガ】ハルパパ競馬の流儀~RPM値で勝ち馬を見抜け!~


………………………………………………………………………………………………………

■崖っぷち馬券バトル!?
ハルパパ十番勝負!~第壱番~

■東京10R
丹沢ステークス

丹沢S


こんにちは。ハルパパです。今日から「ハルパパ十番勝負!」を始めることにしました。今までに何回か「十番勝負!」をさせてもらっていますが、今回のルール?が一番しっくりときています。今までは予想色が強い企画でしたが今回はバリバリの馬券勝負!ですからね。予想の印に縛られずに勝負ができるので闘い易いと思っています。

予想の印に縛られないといっても、その場の直感だけでは難しいのが競馬。勝負にあたっては当然「能力」「展開」「調子」は考えなければいけませんね。今回の十番勝負!はハルパパもみなさんと同じ一読者の立場として,RPM馬柱を使って勝負馬券を考えていきます。応援よろしくお願いしますね!

さて、第壱番は東京10Rの「丹沢ステークス」を選択します。京都のダート重賞の「東海ステークス」や少頭数の「御室特別」にも目を通しましたが、どうも今一つピンとこない感じ。ハルパパは馬柱に目を通した時に受ける第一印象を大切にしています。ピンとくるというのは馬券の鍵を握りそうな馬が見えるということですかね。その馬を馬券の主軸にするかは別にして、その馬をモノサシにしてレースを読み切れるかどうかが大切だと思っています。

「丹沢ステークス」でピンときた馬は⑧ドレミファドン。1600万条件に昇級した近三走はいずれも1番人気に支持されている馬です。名前も変わっていることもあるでしょうが、かなり記憶に残っていますね。そんなわけでこの馬のパフォーマンスはイメージしやすく、この馬を中心にして(モノサシにして)レースを考えていくとこのレースの意外な盲点やら色々なことが見えてきます。

16頭立ての競馬ですが最終的に馬券の対象と考えられる馬は7頭とみています。枠順の内から…、

③サイモントルナーレ
⑤ストロングバサラ
⑥コンノート
⑧ドレミファドン
⑬ママキジャ
⑭クジュウクシマ
⑮コスタパルメーラ

馬券対象外とした馬の中で説明を要する馬は①ニシノヴァンクールくらいですかね。この馬を軽視した理由は一言でパンチ不足ということです。ベストパフォーマンスは正攻法の番手競馬で、1600万条件に昇格すると後ろから行って差し込む力量はありません。で、今走で戦う同型の馬の面々と比較すると総合値も先行値も足りていません。想定される40RPM前後のペースのレースにおいては先行値が10RPMほど足りていませんからね。状態面はアップしてきていると思われますがクラス慣れが必要でしょう。よって切りとしました。

このレースの鍵を握るのは③サイモントルナーレの存在。状態面が本当ならば昨年のこのレース3着に好走した100【61-39】のパフォーマンスは無視できないところ。総合値もさることながら、注目は先行値の高さ。当時のパフォーマンスで動かれてしまうと今走の先行勢は壊滅といっていいと思います。

人気から考えてサイモントルナーレは大穴といったところですね。ただし調子が良いのか悪いのかと言うと悪いですよね。近走のパフォーマンスからはいきなりの良化は考えられないところです。追い切りもパッとしません。だから大穴なのでしょう(笑)。

ハルパパはこの大穴であるサイモントルナーレが動いた時の馬券を少々抑える必要があると思っています。

しかしながらサイモントルナーレは現実的に調子が悪い。前に積極的にいける状態でないとみるのが普通です。となると逃げは外枠も⑮コスタパルメーラになりそうですね。先行値にして40~45RPMのペースが想定されますが、この馬の場合はそこそこのペースであれば逃げて競馬ができるのかどうかが問題だと思っています。総合値は正直足りないのが現状ですが、逃げた時は(3・0・0・0)で全て勝利しています。この点は数値に表れないこととして注意が必要かな。

このペースならストロングバサラもコンノ―トも無理なく追走できます。近走並みのパフォーマンスは最低期待できそうですね。特にコンノ―トは大幅な上積みが期待できそうです。4歳馬でまだ伸びシロが大きいこともありますが、春まではクラシック戦線に参戦していた期待馬だからです。同じ4歳馬でもドレミファドンとは違いますね。距離2400Mの青葉賞にまで出走させた馬ですからダートの2100Mが長いわけではありません。三走前は休み明けで草野騎手では敗戦やむなし。二走前は戸崎騎手で1000万条件を圧勝。そして前走は距離1600Mの忙しい競馬でしたが着順こそ9着も大きく崩れていません。休み明けだったことを考えるとまずまずのパフォーマンスだったと思います。今回は叩き二戦目。鞍上は相性がいい南関の名手戸崎圭太。距離延長で追走が楽なペースで内目の好枠ということを考えるとかなり期待がもてそうです。

⑬ママキジャは距離云々よりも流れひとつ。平均ペース早目の持久戦~消耗戦が得意なタイプです。もしサイモントルナーレが動けば流れが向いて馬券圏内は当然かな。ただ今回想定される平均ペース遅め以下のレースでは瞬発力に乏しく伸びを欠くシーンは想像に難くありません。鞍上も甘くラチを頼る部分もありますから、今回のような外枠は割引対象でしょうね。

後方からレースを運ぶ⑧ドレミファドン、⑭クジュウクシマは前の展開次第。数値も高めで安定していますがスローで自ら動いて突き抜けるといった突出感は正直ありません。追いこんで届かずのシーンは十分に考えられるかな。クジュウクシマは一応昇級戦で休み明けです。タイプ的にはある程度流れるレースで末を伸ばす感じ。スローの差しが利くほどの抜けた末脚は現状持ち合わせていないように思います。

⑧ドレミファドンは鞍上強化!追い切りも絶好です。つまり勝負気配は激高と判断できます。当然主軸候補となる馬ですね。展開がスローに傾いた時に隙が生まれてしまいますがね。

⑤ストロングバサラは1600万条件なら力量上位であることは明白。ただ…この馬はオープンに上がりたくないような印象が強いですね。ここを勝ちにいくつもりがあるのなら、問答無用で逃げちゃうと思いますが、どうもいつも勝ちにいかない。この馬は昔から主軸にしてはいけない馬とみています。これはあくまでハルパパの主観ですが…。

ということで、結論です。

【ハルパパ十番勝負!】~第壱番~ 最終決断!・東京10R丹沢S

馬券は3着圏内もどうにかなりそうであることから三連複勝負を選択します。

勝負馬券は三連複6点⇒⑥=⑧⑮⑤⑭

@¥4,000×6点=¥24,000

そして大穴三連複⇒③⑥⑧・③⑧⑬・③⑧⑭・③⑤⑧

@¥1,000×4点=¥4,000

合計¥28,000で第壱番を勝負したいと思います。応援よろしくです。

PS)アップが遅くなりました。すみません。明日からもう少し早くアップするように努力します。

………………………………………………………………………………………………………

ブログランキングに参加しています
  ↓ ↓ ↓
応援クリックお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
  ↓ ↓ ↓       ↓ ↓ ↓
  人気ブログランキングへ
  ↓ ↓ ↓      ↓ ↓ ↓
ブログランキング【くつろぐ】  ブログランキング  


質問・応援コメントはここからどうぞ。
RPM値に対してもできるだけブログ内で解説していく予定です。
   ↓ ↓
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。