06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* category: 中央競馬重賞予想

【みやこS】重賞展望 

まずは応援クリックお願いします。
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログ
人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking


重賞展望
みやこS
11/7(日) 京都11R ダート1800M GⅢ

≪概要≫ 
⇒昨年までOPEN特別だったトパーズSが、近年のレースレベルの高さが認められ今年からGⅢの重賞に格上げ、みやこステークスと改名された。レースが行われる京都ダート1800Mは1角・2角の距離が短く、カーブが比較的急になっているので、先行有利なコース形態だ。阪神のダートコースと非常によく似た形態なので、阪神コースの実績も同時に見ていくことになる。

⇒JCダートとの関連性はまだ見えないが、一線級不在ながら、ここで好走するようなら場合によってはJCダートにつながる可能性もあるだろう。

≪RPM値≫
⇒昨日、今後のRPM値の表記について書いた。これからも日々少しずつRPM値について取り上げたいと思う。

⇒みやこSは古馬のGⅢ戦だが、ここで勝ち負けできるRPM値はどの程度か。おおよそ目安にする数値は112RPMだ。つまり近5走のRPM値を参考に、今回どの馬が馬券圏内に入ってくるのか、それを探るのが当欄の主な目的となる。

⇒RPM値を見ることで何がわかるか? たとえば古馬になってRPM値が安定していれば、それはおよそその馬の能力値を示しているだろう。また、少しずつでも数値を上げている馬がいれば、レースぶりに成長の跡を示している、と読み取れる。あるいは、大きく数値が変動するなら「ムラ馬」の可能性も高くなる。つまり、レースで安定したパフォーマンスを発揮できていないことの表れだからだ。

⇒その辺りを頭に入れつつ、各馬の数値を見ていただけるとよいかと思う。

⇒ちなみに数値は左端から順に、前走-2走前-3走前……のものである。数値の替わりに「※」印のあるものは3カ月以上の休養を示し、「公営」とあるものは地方レースに出走したことを示している(南関以外の地方競馬場におけるRPM値は今のところ出していない)。

≪能力比較≫
⇒昨日のパターンを踏襲し、レースを読み解く鍵となる出走各馬の近走についてまとめてみた。ダートの重賞戦線は地方交流レースを使うことも多く、RPM値が出せないケースがあるが、そのあたりは各馬のコメントを参考にしてもらいたい。

ワンダースピード
101-※-公営-104-公営 【評価D
昨年の東海S(GⅡ)勝利時に記録した120RPMを最後にレースパフォーマンスは下降一途。前走は長期休養明けにしても逃げて踏ん張れず、キングスエンブレムに6馬身チギられた。8歳馬となりピークは過ぎた。

クリールパッション
112-109-106-102-108 【評価B】
4走続けてRPM値を上げて前走は重賞初制覇。ここでも格負けすることはない。前走の112RPMはこのメンバーに入っても上位だが、良績は札幌に集中しており、京都・阪神1800Mの成績は【1.0.0.5】と心許ない。スッと先行できる器用さがなく脚質的に全幅の信頼は置きにくい。京都での1着は内の好枠でのもの。外になるとかなり危険。枠順次第。

ダイショウジェット
公営-100-104-117-103 【評価D】
過去1800Mで先行して好走してきたが、近走の良績は1400M~1600Mに偏ってきた。重賞ではパンチ不足でオープン特別が活躍の場。現実RPM値も下降してきており、すでに7歳馬で大幅な上積みは期待できない。騎手未定で勝負気配も薄い。

ダイシンオレンジ
※-112-※-106-103 【評価A】
春のアンタレスS勝ち以来の実戦。休み明けとなるが中間の乗り込みは入念。前走ではクリールパッション、シルクメビウス、トランセンドといった骨っぽい相手をみごと完封。京都1800Mは得意中の得意だ。唯一気がかりな点は休養明けだろう。最終追い切りの状況次第。

ロールオブザダイス
公営-公営-公営-※-公営 【評価B】
公営の重賞を中心に使われているが掲示板ギリギリの成績。中央競馬の成績では今年1月の平安S勝ちで107RPMを記録している。当時の2着馬はダイシンオレンジ。まだ5歳ということからも上がり目は残る。人気薄となるここは一応の注意が必要か。

キングスエンブレム
106-110-※-97-89 【評価B】
今夏1600万特別と重賞シリウスS(GⅢ)を連勝して軌道に乗ったか。ただし前走はコースとメンバーに恵まれた感もある。3着にチョイワルグランパあたりが入るレベルだっただけに過信は禁物だ(チョイワルは先週の赤富士Sで自己条件にも関わらず惨敗)。もっとも懸念するのはRPM値の低さ。重賞勝ち負けの目安となる112RPMにいまだ届いていないのが実情だ。ヴァーミリアンの弟ということで人気先行型だけに慎重に取り扱うべきだろう。

トランセンド
公営-※-110-107-117 【評価A】
4走前の117RPMはアンデバランSレコード勝ちでのもの。先行自在の脚質はここでは一番の武器となる。相対的にRPM値も高く上位の評価を下した。前走のフリオーソを始めシルクメビウス、スーニあたりと勝ち負けを演じていることから一定以上の評価は必要だ。叩き2戦目で中間は入念。

フサイチピージェイ
公営-105-104-99-公営 【評価D】
重賞勝ち負けのラインとなる112RPMからは大きく不足しており苦戦必至。

パワーストラグル
公営-103-103-※-100 【評価D】
1000万→1600万→公営重賞と3連勝でここに挑むがRPM値が示す通り中央の重賞では力量不足は明白。

ワンダーアキュート
※-105-115-103-104 【評価B】
昨年秋にダートGⅢを連勝。シリウスSでは115RPMをマーク。力量は当然勝ち負けできるレベルにある。問題はほぼ一年ぶりとなる実戦だということ。中間の気配からはそう馬鹿にできるような状態になさそうで一応の注意は必要か。追い切り注意!

ユノゾフィー
109-※-105-110-100 【評価C】
格上げ馬だが意外とRPM値は高目で推移しているが、追い込み脚質で広々とした東京コースに良績が集中。距離もベストは1400Mと今回は条件がベストとほど遠い。騎手未定で見送り妥当。

ナニハトモアレ
※-96-112-109-103 【評価C】
2走前はアンタレスSでダイシンオレンジの2着。追い込み不利の京都1800Mにも関わらず4角11番手の位置取りか大外を追いこんできた内容は圧巻。重賞でも足りる能力を示した。今回は約5ヵ月ぶりとなる実戦である。中間の状態は今ひとつで急仕上げとなりそう。最終追い切りで好タイム出しても鵜呑みにはできそうにない。割引必要。

マチカネニホンバレ
※-公営-115-108-※ 【評価C】
RPM値が示す様に力量は上位のものはある。前走の公営重賞の大敗は原因不明。その後一息入りここに登録されるも騎手未定。藤沢厩舎だけに計画性のない出走はなさそうだが。右回りも動けるが良績は左回りに集中。広々とした東京と新潟が得意なところがあるので憶測だが気性的に揉まれ弱いのかもしれない。

ドリームライナー
103-103-109-105-96 【評価D】
格上げで重賞挑戦となる今回はRPM値が示す通り苦戦必至。2走前にキングスエンブレムの2着があるが、それが凄いということはなく反対にキングスエンブレムが負かしている相手はこんなものであるという印象。

アドマイヤシャトル
103-98-100-83-※ 【評価D】
500万→1000万→1600万と3連勝でここに挑戦。成績から穴人気となりそうだが、RPM値が示す通りここでは力量不足。重賞勝ち負けレベルとはほど遠い。前走の1600万の着差が首差であり余裕がある内容ではない。

クリーン
104-102-106-101-101 【評価D】
力量不足。京都コースも成績悪く軽視妥当。

タマモクリエイト
108-78-90-※-103 【評価D】
力量不足。京都・阪神ともに着外が目立つが、これは相性というよりは実力面によるものと思える。騎手未定で見送り妥当。

ギンザボナンザ
※-93-94-85-81 【評価D】
RPM値が示す通り力量が大幅に不足している。騎手未定で見送り妥当。

以上出走決定順に18頭の評価をしてみた。18頭立てもA評価が2頭、B評価が4頭と馬券の対象はどうも6頭と考えてよさそうだ。毎度ながら最終決断は枠順と最終追い切りを見からとなるが、展望の段階である程度判断できる危険な人気馬と注意すべき人気薄の激走馬の候補を2頭ずつ挙げておく。要チェック!


★危険な人気馬
   人気ブログランキングへ
(↑クリックして下さい。65位前後) 
 ※アドマイヤシャトル キングスエンブレム

★激走予感の特注馬
  
(↑クリックして下さい。30位前後)
 ※ダイシノレンジ ロールオブザダイス



ブログランキングに参加しています。
  ↓ ↓ ↓
応援クリックお願いします。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ

  ↓ ↓ ↓     ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


質問・応援コメントはここからどうぞ。
RPM値に対してもできるだけブログ内で解説していく予定です。
   ↓ ↓

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://harupapa02.blog114.fc2.com/tb.php/105-c7ca4202
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。