07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* category: 中央競馬重賞予想

【マイルCS】PART.2  レース特性~ステップレース検証 

応援クリックお願いします
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログ
人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking


GⅠ特集PART.2
マイルCS
11/21(日) 京都11R 芝1600M GⅠ

≪レース特性≫
⇒一昨日の展望で出走予定馬のRPM値と第一段階の評価を公開したが、最終的にアリゼオが出走回避となり、代わってジョーカプチーノが参戦してくることになった。ジョーカプチーノのRPM値と評価は下記を参考にしてもらいたい。

⇒前回はRPM値を通して各馬のおおよその能力を見極めて評価したが、今日はレース予想の核となる『能力』『調子』『展開』『適性』をベースに普段よりも掘り下げて考察していく。考察の対象とするのは「評価A」から「評価B」までの馬とする。ただし「評価D」の馬でも展開面等でレースに影響する場合には馬名が登場することもある。

●マイルCSで求められる能力とは
●ステップレースの比較検証

⇒京都の1600Mで行われるマイルCSで求められる能力についてまとめてみた。同じマイルのレースでも安田記念とマイルCSではレースの性質がかなり違う。安田記念は東京コースで行われるため、スピードとスタミナが求められるが、マイルCSは京都コースで直線に坂がなく、時計が速い。つまり同じマイラーでもスピードタイプのマイラーに有利なレースである。スピードタイプとは先行力を持ち合わせた馬である。安田記念でスピード以外にもスタミナも要求されるレースでは辛かった馬や、天皇賞(秋)では距離が長かったというような馬は狙い目になる。先行してバテない馬を軸に据えるべきレースなのである。

⇒差し追い込み馬は先行してバテない馬にはかなわないケースがほとんどだ。特にGⅠともなるとペースが速い。差しといっても前半から脚を使うことになる。普段の末脚を使えずに後方のままでレースを終えてしまう馬は多い。特に上がり馬に一番多くみられるケースである。ダート戦ではあるが、先週の武蔵野S(GⅢ)でシルクフォーチュンが上がり馬にも関わらず3番人気に推された。それまでの4連勝がすべて鮮やかな追い込みを決めた内容で再度その豪脚に期待がかかった。が、さすがに重賞では通用せず7着に敗れた。レースの上がりを0.6秒も上回り、最速上がりを記録したのにだ。これが能力差である。シルクフォーチュンが4連勝した相手が弱かったのだ。重賞では先行して簡単にバテない馬が必ず参戦している。

⇒シルクフォーチュンが勝つためにはもっと先行力をつけるか、もっと速く上がれる末脚が必要になってくるわけだが、競走馬の末脚には限界というものがある。芝・ダートに関わらず、レースで上がり31秒台を出せる馬はまずいない。つまりシルクフォーチュンが今後重賞で活躍するためには先行力を身につける他に策はない。

⇒今回のレースにも同様の馬が数頭いる。

≪ステップレース検証≫
⇒次にステップレースのレベルを考察する。各レースの1着から3着までのRPM値の平均値を比較すればレースレベルの比較は可能となる。

≪ステップレースのレベルランキング≫
1位 天皇賞(秋)   117RPM
2位 安田記念     116RPM
3位 秋華賞      108RPM
4位 スプリンターズS 107RPM
5位 富士S      104RPM
〃  スワンS     104RPM
7位 カシオペアS    98RPM
〃  清水S       98RPM
9位 府中牝馬S     96RPM

⇒天皇賞(秋)と安田記念はペースの厳しさが秋華賞以下を大きく引き離すものだった。参考までに天皇賞(秋)の勝馬はブエナビスタでマークしたRPM値は118。レースレベルは間違いなく天皇賞が高い。続いて安田記念の順番である。

⇒今回求められる「能力」と「適性」という観点から出走予定馬の戦力を再度検証してみた。

オウケンサクラ
111-104-87
レベル高の天皇賞(秋)4着からの参戦。厳しいペースの2番手で踏ん張った。この先行力は今回大きな武器となる。111RPMは今回出走するメンバー中では一番高い数値である。また今回逃げるだろうマイネルファルケやジョーカプチーノのペースを追走してもバテない先行力を身に付けた。RPM値も上昇一途。マイルは桜花賞2着から適性は当然ある。オウケンサクラの目標は天皇賞ではなくこのマイルCS。目標とするレースが決まっている場合、それよりも距離の長いレースを使って臨む方が本番につながりやすい。長い距離を走らせて馬に我慢を教え込むことで本番での持久力や瞬発力につながるからだ。この場合だと前走の2000Mから今回の1600Mで400M短縮されることになる。つまり我慢をする距離が400M減るわけだ。この400Mがオウケンサクラに前走より楽なレースという感覚を与えることになる。
【評価A】→【評価A】

ガルボ
101-※-94
マイルのシンザン記念の勝馬。当然マイル適性もあるし京都も問題ない。RPM値的にはギリギリ評価できるが、今回要求されるペースでの実績がない。馬場状態が特異であったとはいえ、NHKマイルの速い流れには対応できずに惨敗した。前走は先行有利の緩い流れ。
【評価B】→【評価C】

サプレザ
海外-海外-海外-※-104
昨年の当レースの3着馬。4走前の104RPMが当時のRPM値である。時計の速い硬い馬場を得意とするフランス馬。昨年は15番ゲートという比較的不利なゲートから先行して好走。近走2連勝してここは狙った一戦である。1着になれば2億円が転がり込むし、2着でも8000万、3着でも5000万である。本気モードであることは間違いない。当然一票投じるべき馬だろう。力量は決して抜けた存在ではないため、2着でもいいや、あるいは最悪3着は確保しようという気持ちが生まれる可能性もある。賞金の高さ故に生まれる問題である。
【評価B】→【評価B】

ジョーカプチーノ
101-※-31-108
前走はスワンSで3着。ダービー以来1年5ヵ月ぶりで馬体の造りはかなり余裕があった。NHKマイルCの勝ち馬である以上マイル適性は高い。問題は前走久々を好走しての反動。上積みが見込める状況であれば当然馬券圏内。取り捨ては枠順を含めて慎重に行いたい。
【前回評価対象外】→【評価B】

スマイルジャック
109-104-※
昨年の当レース5着馬。今年は5歳馬となって参戦してきた。近年精彩を欠く古馬の中にあって自身は昨年よりもスキルアップしてきている。RPM値は近走上昇していて調子はいいはず。この馬はやはりマイルに適性がある。前走の天皇賞の着順は度外視。昨年よりスキルアップした点は、先行力の強化にある。そのために近走は安定味のあるレースぶりになっている。今回はマイル戦。叩き3戦目で当然馬券の対象となる。
【評価B】→【評価B】

ダノンヨーヨー
103-90-88
前走の富士Sは先行有利な流れだったが鮮やかに差し切って重賞を制した。これで4連勝。中間も絶好の気配で人気となろう。同馬の末脚は重賞級であることは間違いないが、今回求められるのは末脚よりも先行力。ダノンヨーヨーはまだ速いラップを追走して勝ったことがない。4走前のレースはHペースとなっているが所詮は1000万条件のペース。上がりの脚はもはや限界値に近いため、今回好走するためにはもっと先行力が必要となる。富士Sのような甘い先行馬であれば間に合うが、オウケンサクラ、スマイルジャック、ジョーカプチーノあたりの強力先行馬は前走と同じパフォーマンスでは差すことは物理的にありえない。3着ラインなら馬券の対象になりうる。
【評価B】→【評価C】

ワイルドラズベリー
108-94-※
春の桜花賞当時とは成長して別馬になった。末脚の切れ具合からマイル適性はあるとみている。前走の秋華賞はレベルの高い一戦だった。同馬は後方からのレースとなったが、自身の前半のペースは速くなっている。これは成長とみてとれる。それが前走108RPMという評価につながっている。ただしそれでもまだ先行力は足りない。上昇3歳の成長度合いは古馬を凌ぐだけにここも馬券圏内の評価。
【評価B】→【評価B】

⇒以上展望時より掘り下げて分析したが、評価そのものはあまり変わっていない。それはRPM値が単にタイムや着順を反映させている数値ではなく、総合的に判断されているものだからに他ならない。最終決断は枠順確定を待ってレース前日に行う予定だ。残っているテーマである「展開」は枠順と大きく関わるので最終決断時に触れるつもりだ。

今日の段階でイチ押しの推奨馬と危険な人気馬を一頭ずつ挙げておく。要チェック!


★イチ推し推奨馬
人気ブログランキングへ(←クリックして下さい。60位前後です)

★危険な人気馬
FC2 Blog Ranking(←クリックして下さい。30位前後です)



-PR-

■無料モニター300名様限り

まだ無料会員に登録していない人は今すぐ登録しましょう!
今週末、重賞を完全無料で公開するみたいです!

今週は一気に300名様の募集です!

前回募集時の結果は…

たったの1鞍で86万円でした!!

ここでの配当金だけで今シーズンの儲けを保証されたも同然です!

これ、かなり信頼度高いです。
絶対、登録したほうがいいですよ。

限定300名様みたいなので
お急ぎ下さい!

【 無料モニター参加 】




ブログランキングに参加しています
  ↓ ↓ ↓
応援クリックお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ

  ↓ ↓ ↓     ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ


質問・応援コメントはここからどうぞ。
RPM値に対してもできるだけブログ内で解説していく予定です。
   ↓ ↓




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://harupapa02.blog114.fc2.com/tb.php/129-0e5c813f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。