09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* category: 中央競馬重賞予想

【東京新聞杯】レースカルテ PART.2 

一日一回、応援クリックお願いします
        ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ
ブログランキングブログランキング【くつろぐ】

CHECK!
リアル・パフォーマンス・メーター2011バージョン
リアル・パフォーマンス・メーター2011バージョンPART.2
↑RPM値についての基本解説および使い方は上記で確認してください。



詳細レースカルテ PART.2
東京新聞杯GⅢ
2/6(日) 東京11R 芝1600M

≪RPM値一覧≫
【DATA】登録馬全18頭の近3走RPM値
    馬名        前走    二走前    三走前  
★オーシャンエイプス  93【39-54】 94【26-68】 D76【52-24】
★カウアイレーン    96【24-72】 102【38-64】 105【46-59】
★キャプテンベガ    93【38-55】 99【32-67】 85【25-60】
★キングストリート  105【45-60】 94【26-68】 101【44-57】
★ゴールスキー    106【43-63】 119【62-57】 103【38-65】
★サトノエクスプレス  93【40-53】 84【21-63】 93【31-62】
★ショウワモダン   102【56-46】 96【51-45】 98【46-52】
★シルポート     103【48-55】 97【36-61】 108【59-49】
★スマイルジャック  116【68-48】 112【58-54】 107【53-54】
★ゼットフラッシュ   87【36-51】 79【46-33】 100【35-65】
★ダノンムロー     95【25-70】 97【30-67】 88【37-51】
★ダノンヨーヨー   119【54-65】 106【38-68】 92【22-70】
★ネオヴァンドーム   96【39-57】 98【46-52】 86【38-48】
★バトルバニヤン    89【35-54】 99【41-58】 86【23-63】
★ファイアーフロート 101【43-58】 106【60-46】 98【61-37】
★フラガラッハ    105【45-60】 101【33-68】 79【15-64】
★マイネルレーニア   83【27-56】 95【42-53】 83【60-23】 
★リクエストソング   86【38-48】 107【44-63】 97【44-53】

≪レースカルテ②詳細解説≫
昨日の続きである。テーマは、『浮上する差し馬の条件』。差せる馬がいなければ、当然、逃げ馬の逃げ残りとなる。さて、RPM値を基準とした勝利の条件はどういったものだったか確認しておきたい。

逃げ馬候補のシルポートあるいはファイアーフロートが作り出すペースは、先行値にして50RPM台前半とした。このクラスであれば通常50RPM台後半でMペース(平均的ペース)となるが、マイルCS組を除くメンバーの力量からややレースレベルが下がり、想定するペースは先行値50RPM台前半にして、ややスローからミドルペースと見ている。直線の長い東京コースであることを加味すれば基本的には持続戦となろうか。

これをベースに浮上してくる差し馬の条件を探れば、以下がポイントとなる。

①ペースに惑わされず自在性があり、末脚値が高位で安定しているタイプ。
②先行力があり、末脚値にも崩れが少ないタイプ。

まず、①のタイプは先行値の高低よりも末脚値の高位安定を重視し馬をチョイスする。目安となるのは60RPM以上。

ダノンヨーヨー   119【54-65】 106【38-68】 92【22-70】

抜けていいのは上記ダノンヨーヨーだ。先行値が上がっても末脚値はほとんど変わらず高位をキープしている。ペースはS、M、Hペースいずれも経験済みで道中の位置取りも自在。左回りは【2.0.1.0】と苦にする様子もないとなれば、浮上する差し馬一番手の座はほぼ手中にしているといっていい。これに続くのが下記の2頭。

フラガラッハ    105【45-60】 101【33-68】 79【15-64】
ゴールスキー    106【43-63】 119【62-57】 103【38-65】

フラガラッハの数値推移もダノンヨーヨーと似ていて(やや小粒)、つねに安定した末脚値をマークしているのは強み。難点はゲートの出が悪いこと。前走はスタートよくハナに立つ競馬をした結果、60RPM値の末脚値を記録して2番手以下を完封。GⅢ戦ならば総合値の上昇を加味する条件で、ある程度やれる下地はできつつある。一方、ゴールスキーはメンバー上位の力量は明らかだが、ややペースに惑わされるきらいがある。ポジション獲りを優先することで末が甘くなるケースが見受けられるのだ。条件戦ならば総合的な戦力で勝ち上がれても、重賞となると勝ち切るまではまだ厳しいかもしれない。つまり武器がない。ここで勝ち切るにはレースぶりにひと工夫必要と見るがどうか。鞍上リスポリの腕が問われる。

カウアイレーン    96【24-72】 102【38-64】 105【46-59】
キングストリート   105【45-60】 94【26-68】 101【44-57】

カウアイレーンは末脚値に見どころはあるが、やや先行力が足りないか。前走オープン特別を勝ち上がったが、そのときの先行値が24RPM。2走前、3走前と比べれば明らかに低い。ただ前走は超のつくスローペース。先行値の低さには目を瞑った方がよいか。相手強化となる今回、得意の東京で前進期待としたいが…。展開面の利が働いたときに一気に勝ち負けに加わってくる可能性は残す。キングストリートもそれなりの力量は感じさせるが先行値、末脚値ともにパンチ不足。

一方、②のタイプはどうだろう。

スマイルジャック  116【68-48】 112【58-54】 107【53-54】
ショウワモダン   102【56-46】 96【51-45】 98【46-52】
リクエストソング   86【38-48】 107【44-63】 97【44-53】

一応、上記3頭をピックアップしたが、見所があるのはスマイルジャックの先行力だが、現状では勝ち切るための強さに欠ける。当欄は持てる能力と脚の使いどころにギャップがあるように感じているのだが…。ショウワモダンは負担重量60キロではさすがにシンドイか。それはRPM値が示す通りだ。近3走の走りでは浮上のきっかけがみつけられない。

最後に、気になる馬としてリクエストソングを挙げておく。2走前の準オープン勝ち上がり時のパフォーマンスが発揮できれば、かなり面白い存在になると思われる。長い直線を利して持続力のある末脚で差し切ったレースが再現できれば、馬券突入のシーンもイメージできるのだが……。脆さも同居するだけに追い切りとの兼ね合い重視。



★RPM値から浮かび上がる激走穴馬①
人気ブログランキングへ
(↑クリックしてください。40位前後です)

★RPM値から浮かび上がる激走穴馬②

(↑クリックしてください。20位前後です)




ブログランキングに参加しています
  ↓ ↓ ↓
応援クリックお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
  ↓ ↓ ↓       ↓ ↓ ↓
  人気ブログランキングへ
  ↓ ↓ ↓      ↓ ↓ ↓
ブログランキング【くつろぐ】  ブログランキング  



質問・応援コメントはここからどうぞ。
RPM値に対してもできるだけブログ内で解説していく予定です。
   ↓ ↓

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://harupapa02.blog114.fc2.com/tb.php/231-3c4ade7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。