05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* category: 中央競馬特別予想

【テレビ山梨杯&金蹄S】ハルパパの決断! 

一日一回、応援クリックお願いします
        ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ
ブログランキングブログランキング【くつろぐ】

CHECK!
リアル・パフォーマンス・メーター2011バージョン
リアル・パフォーマンス・メーター2011バージョンPART.2
↑RPM値についての基本解説および使い方は上記で確認してください。



ハルパパの決断!
テレビ山梨杯
2/5(土) 東京10R 芝1600M 1000万下 

≪RPM値勝負ライン≫
●総合値⇒99RPM
●先行値⇒48RPM
●末脚値⇒51RPM
※当該クラスで勝ち負けする目安

≪RPM値一覧≫
【DATA】出走馬13頭近3走RPM値
①エスジーストリーム    公営   D80【18-62】 D75【22-53】 
②オオトリオウジャ   D83【35-48】D101【46-55】 D99【44-55】
③エスユーグランド   79【34-45】 78【24-54】 85【29-56】
④ショウナンアクロス  91【35-56】 92【32-60】 85【20-65】
⑤クリールトルネード  93【37-56】 89【28-61】 91【40-51】
⑥エイブルベガ     94【36-58】 94【48-46】 D83【44-39】
⑦ムクドク       81【24-57】 87【25-62】 90【23-67】
⑧マサノウイズキッド  85【27-58】 94【46-48】 91【35-56】
⑨オリエンタルジェイ    取消   82【22-60】 88【32-56】
⑩ヤマニンノベリスト  84【33-51】 94【41-53】 81【30-51】
⑪ミサトバレー     86【30-56】 79【13-66】 97【33-64】
⑫マイネルエルフ    97【47-50】 97【42-55】 90【35-55】
⑬コスモカンタービレ  93【40-53】 85【28-57】 86【37-49】
※数値は左から、前走、2走前、3走前

≪ハルパパ・スコープ≫
13頭立ての手頃な頭数のレースですね。

軸候補となりそうなのはオオトリオウジャ、クリールトルネード、マイネルエルフの3頭で、以下相手候補としてショウナンアクロス、エイブルベガ、オリエンタルジェイ、コスモカンタービレの4頭の決着と見ます。

ここから絞り込みに入るわけですが、まずは軸の検討から。

オオトリオウジャは近走ダートを中心に使われていて盲点となるかもしれませんが、実は芝実績も豊富。6走前に同じ条件のレースに出走していて2着でしたが、その時マークしたRPM値は96【31-65】。ここに入っても十分勝負になります。クリールトルネードは前走出遅れで度外視。この馬の長所は強力な先行力にあります。5走前のラルケットに競り勝ったレースでマークしたRPM値は101【57-44】。今回のメンバーの中では最上位の数値です。鞍上も横山典に強化されて注意すべきですが、相手なりに走ってしまう欠点も見え隠れしています。

マイネルエルフは二走続けて97RPMをマークしていますが、やはり決め手不足。だからなかなか勝ち切れないわけです。東京コースは決め手と総合力の両方を求められるコースで、マイネルエルフにとって有利に働くとは思いにくいですね。しかも今回は外枠。結果として、ハルパパはオオトリオウジャの決め手を上位にとりました。休み明け5戦目で徐々に馬体が絞れてきていて、いよいよベストの調子で臨めそうです。連不動の◎。

≪ハルパパ馬券四十八手≫
連軸としては問題のないオオトリオウジャですが、上位陣との数値差からも抜けて強いとは言い切れず頭からは狙えないと感じています。馬券は連複系ですかね。

相手本線は軸候補に挙げたクリールトルネードとマイネルエルフ。あとは距離短縮が微妙も決め手あるオリエンタルジェイ。エイブルベガとコスモカンタービレの先行残り目の線も。

ただしエイブルベガはここ2戦マイネルエルフとの対戦で2連敗中だからやはり分が悪いかな。コスモカンタービレは大井の名手戸崎圭で魅力があるけれど、大外枠は不利。ショウナンアクロスは深刻なゲート難を抱えていて、追い込むには吉田豊では心許ない感じ。よってショウナンアクロスは消しが妥当。

馬券のイメージは◎=○▲★=○▲★△△。馬連、3連複中心で。

◎オオトリオウジャ
○クリールトルネード
▲マイネルエルフ
★オリエンタルジェイ
△コスモカンタービレ
△エイブルベガ




ハルパパの決断!
金蹄ステークス
2/5(土) 東京11R ダート2100M 1600万下

≪RPM値勝負ライン≫
●総合値⇒114RPM
●先行値⇒55RPM
●末脚値⇒59RPM

≪RPM値一覧≫
【DATA】出走馬16頭近3走RPM値
①ビタースウィート  104【47-57】 99【43-56】 83【24-59】
②ベルモントガリバー 105【53-52】 101【34-67】 107【49-58】
③ラターシュ      99【45-54】 102【44-58】 94【48-46】
④ストロングバサラ  102【56-46】 99【38-61】 99【41-58】
⑤バロンビスティー  106【46-60】 111【40-71】 105【56-49】
⑥ハギノリベラ     96【28-68】 100【33-67】 103【44-59】
⑦ビッグバン      97【37-60】 105【50-55】 91【40-51】
⑧ベルモントサーガ  105【37-68】 103【42-61】 92【35-57】
⑨メイショウエンジン 103【50-53】 105【46-59】 92【25-67】
⑩バルーン      104【37-67】 96【38-58】 79【40-39】
⑪ハイオン       91【28-63】 106【45-61】 97【29-68】
⑫エジソン      T115【70-45】T100【43-57】T100【46-54】
⑬ゴールデンプライズ 103【32-71】 93【35-58】 101【47-54】
⑭メトロシュタイン  T93【52-41】 T89【38-51】 T78【40-38】
⑮サンマルセイコー  103【46-57】 108【44-64】 108【53-55】
⑯エフティイカロス   98【39-59】 105【47-58】 T75【17-58】
※数値は左から、前走、2走前、3走前
※数値の頭に付く「T」は芝レース

≪ハルパパ・スコープ≫
出走メンバーをざっと見渡してもアテにならない馬ばかりでかなりの混戦模様。しかもハンデ戦だから大穴の匂いがプンプンしますね。

こういうレースはもちろん勝負の対象には向かないけれど、小額で引っ掛かれば思わぬ儲けにありつけたりするものです。RPM値を見ても勝負ラインの114RPMには程遠いメンバーで、レベルはかなり低いと思っていいのでは。サクッと軸を決めて5頭に流します。ハルパパが選んだ軸不動の◎はベルモントガリバー。人気のストロングバサラが評価されているのは近走の着順と5走前の丹沢S。その丹沢Sで大外枠から出遅れてストロングバサラに半馬身まで迫ったパフォーマンスに逆転の可能性ありと見ました。今回は好枠を引き当てて、戸崎圭騎手に乗り替わり。これといった逃げ不在で先行抜け出しに期待します。

相手には決め手あるハイオン以下、休養前にクラスの目途をたてたラターシュにバロンビスティー、ストロングバサラの丹沢S組。特注馬として今回初ブリンカーのビッグバンを指名。

≪ハルパパ馬券四十八手≫
ハンデ戦でもあり券種は複式系が無難。馬連5点と3連複◎軸1頭で相手5頭。穴狙い!

◎ベルモントガリバー
○ハイオン
▲バロンビスティー
★ビッグバン
△ストロングバサラ
△ラターシュ



ブログランキングに参加しています
  ↓ ↓ ↓
応援クリックお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
  ↓ ↓ ↓       ↓ ↓ ↓
  人気ブログランキングへ
  ↓ ↓ ↓      ↓ ↓ ↓
ブログランキング【くつろぐ】  ブログランキング  



質問・応援コメントはここからどうぞ。
RPM値に対してもできるだけブログ内で解説していく予定です。
   ↓ ↓

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://harupapa02.blog114.fc2.com/tb.php/235-fceaa821
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。