07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* category: 中央競馬重賞予想

【ダイヤモンドS】ハルパパの決断! 

一日一回、応援クリックお願いします
        ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ


CHECK!
リアル・パフォーマンス・メーター2011バージョン
リアル・パフォーマンス・メーター2011バージョンPART.2
↑RPM値についての基本解説および使い方は上記で確認してください。


メルマガがスタートしました!
左のサイドバーまたは、下記からも登録できます。
            ↓ ↓ ↓
【無料メルマガ】ハルパパ競馬の流儀~RPM値で勝ち馬を見抜け!~

携帯端末から「うまく登録ができない」という方はこちらを確認してください。

携帯端末からスムーズに登録する方法

メルマガ配信スタート! 配信日は毎週火曜日と金曜日の週2回刊です。火曜日配信のメルマガは、“競馬に強くなる”がテーマ。金曜日配信のメルマガは土日のレースにグッと近づいた内容です。ブログでは書かなかった“耳よりなネタ”なんかも盛り込みますので、まだ登録されていない方は、ぜひどうぞ。お待ちしています!!



最終決断!
ダイヤモンドS GⅢ
2/19(土) 東京11R 芝3400M

≪RPM値勝負ライン≫
●総合値⇒115RPM
●先行値⇒58RPM
●末脚値⇒57RPM
※当該クラスで勝ち負けするための目安

≪RPM値一覧≫
【DATA】出走馬16頭の近3走RPM値
①ミヤビランベリ     95【42-53】 89【46-43】 104【73-31】
②エーティボス      103【58-45】 95【33-62】 93【39-54】
③スノークラッシャー   106【42-64】 102【36-66】 82【17-65】
④コスモメドウ      88【44-44】 92【40-52】 82【31-51】
⑤アルコセニョーラ    103【39-64】 107【56-51】 104【43-61】
⑥ビービーファルコン   89【45-44】 D98【52-46】 100【75-25】
⑦コスモへレノス     96【56-40】 112【71-41】 104【65-39】
⑧ゲシュタルト      103【58-45】 100【44-56】 100【51-49】
⑨アースシンボル     103【50-53】 81【18-63】 104【42-62】
⑩イケドラゴン      104【47-57】 103【53-50】 100【50-50】
⑪スリーオリオン     90【44-46】 96【39-57】 102【60-42】
⑫キングトップガン    D95【44-51】 95【54-41】 92【41-51】
⑬モンテクリスエス    90【42-48】 115【72-43】 104【52-52】
⑭キタサンアミーゴ    114【59-55】 99【43-56】 100【37-63】
⑮シャインモーメント   102【42-60】 88【45-43】 99【34-65】
⑯ビートブラック     102【59-43】 98【43-55】 104【52-52】
※数値は左から、前走、2走前、3走前
※数値に付く「D」はダート戦

≪ハルパパ・スコープ≫
特殊距離だけにデータはアテにならず!
ハルパパです。今週も週末がやってきましたね。朝方まで降り続いた雨も昼前には上がり、馬場状態はさほど心配するようなコンディションにはならないよう。今週も頑張っていきましょう! では、土曜日の東京の重賞予想からスタートです。

ダイヤモンドSは東京3400Mのハンデ戦ということもあり、なかなか理詰めで考えても難しいレース。レースカルテを見る限り、我らがRPM値分析官も頭を悩ましている感じがよくわかります。分析官殿は理詰めで競馬と格闘している人だからね。明けても暮れてもRPM値とにらめっこ。つくづく感心します。

近5年のダイヤモンドSの過去を振り返っても、勝ち時計が様々で驚くばかりです。一昨年のモンテクリスエスが3.29.4のレコードVで3年前のアドマイヤモナークが3.33.6。時計差にして実に4.2秒もあるわけです。レースはすべて良馬場ですから、「このタイム差はナンダ?」という感じです。レースの特徴で気付くことはハイペースでもスローペースでも展開に関係なく逃げ馬は大苦戦していること。ステップレースでは万葉S(距離3000M)がかなり実績を残しています。

そこで……。

菊花賞好走のアノ馬を中心視!
このレースでスコープを当てるべきは3000M以上の距離適性かなと。いつも書いていることだけど、RPM値はマークされた背景が大切です。ということは、今回は年に何度も無い特殊距離のハンデ戦だから、過去のデータはあまりアテにならないと考えるべき。長距離がベスト条件の馬というのは普段出走しているレースでは距離が足りないということです。だから成績も良くない。2400Mのレースでも距離が足りずに掲示板級になって当たり前の世界なのでは?

前走の2400M戦で114RPMというこのメンバーでは突出した数値を出したキタサンアミーゴは逆に3400Mに対する適性に疑問を抱きます。本当に長距離適性がある馬は2400Mであんなに強いパフォーマンスは見せられない。ハイペースを先行して突き放して勝った内容に今回条件とのズレを感じます。

結論として菊花賞を最上位にとりました。2着馬は天下のJC馬ローズキングダムですからね。ローズKは特殊距離の適性は本来持ち合わせていないと思います。世代トップクラスだからこそ連対を確保できたということです。そのローズKと13番人気ながらクビ差の勝負をしたビートブラックに◎。ビートBは世代トップクラスではないにも関わらず、菊花賞で見せたパフォーマンスは長距離適性の後押し以外にないはず。前走2400M戦の大敗はペースが原因。日経新春杯をSやMペースと捉える成績表が多いけれど、ハルパパ的には超Hペース。スタートから34.2秒で入る2400M戦は滅多にないでしょう。鞍上強化で軸不動と見た!

≪ハルパパの馬券四十八手≫
軸不動の◎からの馬券は背伸びして馬連勝負。基本線は3連複勝負。馬連なら◎=○▲★△△で△は抑え程度。3連複は◎軸1頭で相手5頭の10点。我らがRPM値分析官の顔色を窺いながらの感覚的予想だけど、特殊距離はあくまで特殊ということですね。

◎ビートブラック

★RPM値から浮かび上がる対抗馬筆頭
人気ブログランキングへ
(↑クリックしてください。40位前後です)

★長距離適性を重視した特注馬を含む4頭

(↑クリックしてください。20位前後です)



ブログランキングに参加しています
  ↓ ↓ ↓
応援クリックお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
  ↓ ↓ ↓       ↓ ↓ ↓
  人気ブログランキングへ
  ↓ ↓ ↓      ↓ ↓ ↓
ブログランキング【くつろぐ】  ブログランキング  


質問・応援コメントはここからどうぞ。
RPM値に対してもできるだけブログ内で解説していく予定です。
   ↓ ↓
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://harupapa02.blog114.fc2.com/tb.php/255-b40f2c9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。