04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* category: 中央競馬重賞予想

【弥生賞】詳細レースカルテ 

一日一回、応援クリックお願いします
        ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ


CHECK!
リアル・パフォーマンス・メーター2011バージョン
リアル・パフォーマンス・メーター2011バージョンPART.2
↑RPM値についての基本解説および使い方は上記で確認してください。


メルマガがスタートしました!
左のサイドバーまたは、下記からも登録できます。
            ↓ ↓ ↓
【無料メルマガ】ハルパパ競馬の流儀~RPM値で勝ち馬を見抜け!~

携帯端末から「うまく登録ができない」という方はこちらを確認してください。
            ↓ ↓ ↓
携帯端末からスムーズに登録する方法

メルマガ配信スタート! 配信日は毎週火曜日と金曜日の週2回刊です。火曜日配信のメルマガは、“競馬に強くなる”がテーマ。金曜日配信のメルマガは土日のレースにグッと近づいた内容です。ブログでは書かなかった“耳よりなネタ”なんかも盛り込みますので、まだ登録されていない方は、ぜひどうぞ。お待ちしています!!


詳細レースカルテ
弥生賞GⅡ
3/6(日) 中山11R 芝2000M

≪RPM値勝負ライン≫
●総合値⇒94RPM
●先行値⇒44RPM
●末脚値⇒50RPM
※当該クラスで勝ち負けするための目安

≪RPM値一覧≫
【DATA①】登録馬前15頭の近3走RPM値
★アッパーイースト   80【38-42】 87【35-52】 71【21-50】
★ウインバリアシオン  92【28-64】 88【35-53】 76【21-55】
★オールアズワン    89【33-56】 96【43-53】 83【29-54】
★カフェラビート    74【17-57】 48【△13-61】
★ギュスターヴクライ  90【35-55】 86【29-57】 69【12-57】
★サイドアタック    70【12-58】 
★サクラゴスペル    70【△01-71】
★サダムパテック    93【39-54】 93【30-63】 93【39-54】
★ショウナンマイティ  98【35-63】 84【32-52】 77【15-62】
★ターゲットマシン   81【26-55】 74【09-65】 
★デボネア       99【50-49】 80【37-43】 79【34-45】
★トーセンマルス    84【27-57】 61【06-55】 62【03-59】
★プレイ        93【42-51】 96【55-41】 94【44-50】
★ベルシャザール    86【25-61】 99【43-56】 73【19-54】
★ルーズベルト     D74【37-37】D57【00-57】D64 【22-42】
※数値は左から、前走、2走前、3走前
※「D」はダート戦。「△」はマイナス。△01=-1。「★」は騎手未定

≪レースカルテ①基本データ≫
RPM値勝負ライン
94【44-50】(クラスで勝ち負けするための目安)
コース
中山2000M(右回り)。
Aコース使用(内柵を最内に設置)。
高低差5.3M。直線310M。コーナー4つ。
スタートから1角まで400M近くあるが、途中急坂があるため、さほどペースは上がらない。3~4角の高速コーナーで馬群が膨らみやすく、基本的には内枠有利のコース設計。
想定されるペースとレースタイプ
前半のスローは確定的。早い段階で隊列が決まれば3角まで流れは変わらず(隊列が決まらなければ平均近いペースで流れる可能性あり)。3角過ぎからペースが上がり実質4Fに渡る持続戦。差し馬が大外に振られるようならロスはかなり大きい。
逃げ馬候補
プレイ※陣営は控えての競馬を意識しているため、逃げない可能性もあり
休養明け(中10週以上)
アッパーイースト、カファラピード(6カ月)、サダムパテック

≪レースカルテ②詳細解説≫
【DATA②】総合値ランキングベスト5
1位デボネア       99【50-49】(前走・京成杯2着)
1位ベルシャザール    99【43-56】(2走前・ホープフルS1着)
3位ショウナンマイティ  98【35-63】(前走・若駒S3着)
4位プレイ        96【55-41】(2走前・京成杯3着)
4位オールアズワン    96【43-53】(2走前・札幌2歳S)

上記5頭がいわゆる上位陣である。前走・京成杯で2着したデボネアとホープフルS勝ちベルシャザールが99RPMでトップに並び、若駒S3着ショウナンマイティが98RPMで続く。

当欄の目的は、過去の数値から、今回各馬がどういったパフォーマンスを見せるのかを探ることにある。それには今回条件と展開面が大きな影響を及ぼすため、それらを加味しながら検討していく。

先行値および脚質から、逃げ馬候補の筆頭はプレイとなるが、陣営の意識が“瞬発力強化”に集中していることもあって、ここ2戦控える競馬に徹している。それが前走の先行値42RPMに表れているのだが、この先行値を超える馬がオールアズワン、デボネア、ペルシャザールしかいない点に注目したい。ペルシャザールは先行したいクチだが、オールアズワンとデボネアは差し馬で、いきなり逃げるとは考えにくい。
ここに1角までに上り坂のある中山2000Mのコース形態を加味すれば、ペースが上がる気配はまったくない。とすると、先行値にして40~45RPMのスローの流れは確定的となる(プレイが逃げたとしても溜め逃げの形が濃厚)。

ここで、上位陣のRPM値に目を移すと、少々気になる馬がいる。

デボネア       99【50-49】 80【37-43】 79【34-45】

前走の総合値は高く、ここでも注目の一頭ではあるが、レースそのものがM~Hペースの消耗戦で、今回想定するものとはまったく異質なレースである点に注意したい。末脚値だけを取り上げれば、3走前から順に45⇒43⇒49RPMでしかない。つまり先行値40~45RPMのスローペースを前提とする今回は、この程度の末脚値しか記録していない差し馬が勝ち負けに加わるのはかなり厳しいものとなる。

これが総合値ランキングで1位を分け合うベルシャザールになると……。

ベルシャザール    86【25-61】 99【43-56】 73【19-54】

2走前の数値が光る。先行値がたとえ40RPMだとしても、末脚値は50RPM台後半のパフォーマンスを見せる可能性はかなり高い(現時点で出否は定かではないが、出てくれば有力馬の一頭)。

ベルシャザールの今走  先行値40RPM+末脚値50RPM台後半=総合値90RPM台後半

つまり、今回のレースを考察する最大のポイントは各馬の先行値を40RPM弱と想定し(逃げ馬で45RPM)、そこに過去の末脚値をプラスしたとき、どの程度の総合値が出るかを見ればいいことになる。末脚値が安定しない馬は、想定先行値+今回条件(中山2000M)に近い数値を目安とすればいい。

上記を基に当欄が注目する馬を2頭推奨しておきたいと思う。ちなみに、現時点では、デボネアは危険な人気馬とみなしておく。


★当欄が注目する有力馬
人気ブログランキングへ
(↑クリックしてください。40位前後です)

★当欄が注目する穴馬

(↑クリックしてください。15位前後です)



ブログランキングに参加しています
  ↓ ↓ ↓
応援クリックお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
  ↓ ↓ ↓       ↓ ↓ ↓
  人気ブログランキングへ
  ↓ ↓ ↓      ↓ ↓ ↓
ブログランキング【くつろぐ】  ブログランキング  


質問・応援コメントはここからどうぞ。
RPM値に対してもできるだけブログ内で解説していく予定です。
   ↓ ↓


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://harupapa02.blog114.fc2.com/tb.php/270-89d32a32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。