08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* category: 中央競馬重賞予想

【阪神大賞典】詳細レースカルテ 

一日一回、応援クリックお願いします
        ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ

………………………………………………………………………………………………………

当ブログを始めて訪問された方は、下記を参照してください。
        ↓ ↓ ↓
競走馬リアル・パフォーマンス・メーター2011バージョン
 ビギナーズノート


当ブログの根幹ともいえるRPM値について簡単にまとめたものです。参考にしてください。

………………………………………………………………………………………………………

無料メルマガの登録は左のサイドバーまたは下記からも登録できます。
            ↓ ↓ ↓
【無料メルマガ】ハルパパ競馬の流儀~RPM値で勝ち馬を見抜け!~

携帯端末から「うまく登録ができない」という方はこちらを確認してください。

携帯端末からスムーズに登録する方法

配信日は毎週火曜日と金曜日の週2回刊です。火曜日配信のメルマガは、“競馬に強くなる”がテーマ。金曜日配信のメルマガは土日のレースにグッと近づいた内容です。ブログでは書かなかった“耳よりなネタ”なんかも盛り込みますので、まだ登録されていない方は、ぜひどうぞ。お待ちしています!!

………………………………………………………………………………………………………


詳細レースカルテ
阪神大賞典GⅡ
3/20(日) 阪神11R 芝3000M

≪RPM値勝負ライン≫
●総合値⇒117RPM
●先行値⇒60RPM
●末脚値⇒57RPM
※当該クラスで勝ち負けするための目安

≪RPM値一覧≫
【DATA①】出走予定馬16頭の近3走RPM値
★ウォークラウン    66【△01-67】106【58-48】  71【12-59】
★エクセルサス    111【66-45】  95【46-49】  98【50-48】
★オウケンブルースリ  98【45-53】  98【50-48】 105【46-59】
★キタサンアミーゴ   98【52-46】 110【58-52】  95【42-53】
★ゲシュタルト    100【53-47】 103【59-44】 100【45-55】
コスモメドウ    100【50-50】  83【42-41】  87【38-49】
★コスモラピュタ   105【61-44】  95【58-37】 102【59-43】
シグナリオ      66【△01-67】107【54-53】  90【43-47】
セタガヤフラッグ   86【34-52】  96【45-51】  96【49-47】
★トウカイトリック   90【46-44】    海外     海外   
★ドットコム      59【△05-64】   障害     障害   
★トーセンジョーダン 101【44-57】 103【52-51】※117【69-48】
★ナムラクレセント  112【59-53】 101【45-56】 105【55-50】
マカニビスティー     公営      公営   D90【54-36】
★モンテクリスエス  100【52-48】  90【43-47】※115【73-42】
★ロードオブザダイス    公営   D102【61-41】   公営
※数値は左から、前走、2走前、3走前
※「D」はダート戦。△はマイナス。「」は騎手未定

≪レースカルテ①基本データ≫
RPM値勝負ライン
117【60-57】(クラスで勝ち負けするための目安)
コース
阪神3000M(内・右回り)。
Aコース使用(内柵を最内に設置)。
高低差1.8M。直線356.5M。
スタート位置は2角。高低差1.8Mの内回りコースを2周近くするコース設計。ホームストレッチの急坂以外はほぼフラットなこともあり、長距離戦とはいえ極端なスローペースにはなりにくい。
想定されるペースとレースタイプ
Mペースの持続戦
逃げ馬候補
コスモラピュタ
休養明け(中10週以上)
セタガヤフラッグ、ロールオブザダイス


≪レースカルテ②詳細解説≫
登録のあったトゥザグローリーはどうやら回避の方向だ。除外対象はメイショウドンタク。今日現在で騎手未定が4頭いるためメイショウの出走はあるかもしれない。

まずは、出走予定馬の力量を把握してみる。

【DATA②】出走予定馬16頭の総合値上位5頭
1位トーセンジョーダン ※117【69-48】(3走前・AR共和国杯1着)
2位モンテクリスエス  ※115【73-42】(3走前・ステイヤーズS4着)
3位ナムラクレセント   112【59-53】(前走・日経新春杯4着)
4位エクセルサス     111【66-45】(前走・1600万下2着)
5位キタサンアミーゴ   110【58-52】(2走前・松籟S1着)

1位トーセンジョーダンと2位モンテクリスエスには「※」印を打った。ともにレースコンディションの影響でやや数値が高めに出ているものと思われる。一応参考数値として扱うが、序列としてはさほど違和感はない。

4位に入ったエクセルサスは前走・準オープン戦ながらまずまずレベルの高い一戦だった(自身は2着)。

エクセルサス 111【66-45】 95【46-49】 98【50-48】

前走数値からは、総合値とともに先行値の高さが目立つ。中団からの競馬だったことを考えれば、Mペースとはいえ全体のペースが速く厳しい流れだったと想像できるだろう。ただし、末脚値にも限界のあるタイプと見えて、先行値の高低に関わらず末脚値50RPM弱の力量と思ってよさそうだ。ここで注意しておきたいのは、前走で高い先行値を記録した馬は激走の可能性が高くなるということ。数値から受けるエクセルサスの力量としてはコンスタントに110RPMを出せる力量とは思えないが、高い先行値=厳しい流れを経験したことによって競争能力が向上するケースは多い(成長段階にある馬)。格下馬ではあるが、一応のマークは必要と見る。

さて。展開面を探ってみる。

逃げ候補はコスモラピュタで、ほぼ単騎逃げが濃厚な組み合わせだ。

コスモラピュタ  105【61-44】 95【58-37】 102【59-43】

過去の先行値を見ればおよそ60RPMのペースで逃げることがわかる。このクラスの基準となる先行値も60RPMであることを考えれば、平均ペースの流れで展開されるのが基本線となろうか。

ウォークラウン  106【58-48】(2走前・1000万下1着)
エクセルサス   111【66-45】(前走・1600万下2着)
キタサンアミーゴ 110【58-52】(2走前・1600万下1着)
ナムラクレセント 112【59-53】(前走・日経新春杯4着)
ゲシュタルト   103【59-44】(2走前・日経新春杯6着)

先行勢は、近3走の先行値の高さと脚質面から、ウォークラウンとキタサンアミーゴの番手争い、その直後にエクセルサス、ゲシュタルト、ナムラクレセントが付ける形で隊列が整うのではないかと考えている。前半の位置取りが同じなら末脚値の高い方が上位となる可能性は高い。この4頭ではナムラ、キタサンがやや上位に思えるが、ナムラは中団からの競馬が多く位置取りに疑問は残り、キタサンはムラ駆け傾向が強く信頼性に乏しい。エクセルサスは逃げ候補コスモラピュタのペースを60RPMと仮定すれば自身の先行値は59RPM以下となり、上位に顔を出すためには末脚値を大幅に上昇させる必要がある。ウォークラウンやゲシュタルトでは総合値が足りず厳しいか。

中団組を見てみると……。

注目はやはりトーセンジョーダンだ。

トーセンジョーダン  101【44-57】103【52-51】※117【69-48】

3走前の総合値117RPMは、参考値とはいえかなりの高数値だ。ここ2走はスローペースということもあり総合値はさほど高くない。ここでも注意しておくべきは先行値だ。エクセルサス同様、逃げ馬と位置取りの関係から、想定されるトーセンの先行値は60RPM以下(実質は55RPM以下)。となれば、末脚値を大幅に上昇させることが勝ち負けするための絶対条件だ。しかしここ2走を見れば、果たして勝ち負けに届くパフォーマンスを見せられるかどうか……。

トーセンジョーダンは、本来的には厳しい流れをしぶとく制す底力に秀でたタイプだが、ここ2戦のパフォーマンスを見れば、「物足りない」のひとことしかない。それがRPM値の101、103RPMとなって表れている。距離適性の問題もあり軸馬として信頼できるかといえば、かなり微妙だろう。相手も安定感のあある走りができる馬は少ないのだが……。

かといって、ここ2戦長距離で連勝中のコスモメドウはといえば……。

コスモメドウ  100【50-50】  83【42-41】87【38-49】

51キロで万葉Sを制し、53キロでダイヤモンドSを制したが、今回の負担重量は別定戦で56キロ。今回の斤量で過去のパフォーマンスを見れば、かなりレベルが低いことがわかる。

オウケンブルースリ  98【45-53】 98【50-48】 105【46-59】

オウケンブルースリは前走、得意の京都・外回りで結果を出せなかった以上、阪神の内回りに替わる今回、いきなりパフォーマンスを向上させられるとは思いにくい。ただしメンバー弱化は確かなので体調アップによる馬券圏内突入は否定しない。

後はどうか。

トウカイトリック    90【46-44】    海外     海外
モンテクリスエス   100【52-48】  90【43-47】 ※115【73-42】

トウカイトリック、モンテクリスエスの2頭もテーブルの上で吟味する必要はあるが……。ともに近走のパフォーマンスに見どころ薄く、現状からは飛躍的なアップは望み薄ではないか。

ざっと検討した結果、すんなり収まる印象は薄く、荒れ気配が強いと見る。よって今日は注目の伏兵馬を2頭挙げておく。

★RPM値からクローズアップした伏兵馬①
人気ブログランキングへ
(↑クリックしてください。45位前後です)

★RPM値からクローズアップした伏兵馬②

(↑クリックしてください。20位前後です)


………………………………………………………………………………………………………

ブログランキングに参加しています
  ↓ ↓ ↓
応援クリックお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
  ↓ ↓ ↓       ↓ ↓ ↓
  人気ブログランキングへ
  ↓ ↓ ↓      ↓ ↓ ↓
ブログランキング【くつろぐ】  ブログランキング  


質問・応援コメントはここからどうぞ。
RPM値に対してもできるだけブログ内で解説していく予定です。
   ↓ ↓


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://harupapa02.blog114.fc2.com/tb.php/289-1ef82a32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。