09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* category: 中央競馬重賞予想

【新潟2歳S】最終結論! ◎ホーマンフリップ軸不動 

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログ


まずは、RPM値入りの馬柱をチェックしていただきたい。
新潟2歳S馬柱(←クリックしてください)

2歳戦の予想については小倉2歳Sのコラムにも書いた通り、各馬の “成長力”をしっかり見定めなければならない。ただ、新潟2歳Sは距離が1600Mで行われるため、距離未経験の馬が多くより不確定要素が並ぶ。

過去にみせたパフォーマンスといっても1~2戦しかなく、RPM値の高低だけでは予想も結果もおさまらない。極めて難解なレースといえる。

ダリア賞組のRPM値が他馬を圧倒しているが、これはあくまでも内回り1400Mでのものであるから全幅の信頼はおけない。サイレントソニックは気性的にまだ幼く素質だけで走っているため崩れてもおかしくはない。また、エーシンブランも走りを見る限りでは1600Mに距離が延びる今回は苦戦しそうな印象だ。

そんな中で6月の阪神新馬戦を勝ったホーマンフリップは気になる存在だ。

レースセンス抜群の走りで、そのレースぶりから記録した RPM値が74。ダリア上位組の90RPMを超える数値とは差があるが、ホーマンフリップの数値は6月26日時点でのもので当然成長分は期待できる。最終追い切りも文句のない仕上がりと見た。

ホーマンフリップが気になる理由は他にもある。

今回小倉の2歳戦を分析していた際、福永騎手のお手馬が相当数いることに驚いた。現実に小倉2歳Sには福永騎手で新馬あるいは未勝利勝ちをおさめた馬が4頭も出走しているほどだ。

得意の小倉1200Mと数多いるお手馬を捨ててまで、わざわざ新潟に参戦するにはそれなりの理由があるのではないか、ということだ。

結論として福永ホーマンフリップ◎(軸不動)。相手にはサイレントソニック、レッドセインツのディープインパクト産駒。前者は新馬でマークした83RPMに素質の非凡さを感じる。後者には距離経験の強みがある。キッズニゴウハンは大外で感心しないが1600Mに延びた前走の走り=パフォーマンスは悪くない。

これにとっておきの特注馬を入れて高配当狙いに徹する。

◎ホーマンフリップ
○サイレントソニック
▲レッドセインツ
△キッズニゴウハン


  ↓ ↓
高配当狙いの特注馬1
人気ブログランキングへ(←クリックしてください。140位前後です)
  ↓ ↓
高配当狙いの特注馬2
FC2 Blog Ranking(←クリックしてくださ。50位前後です)


ちなみに【小倉2歳S】の特注馬を見落とした方もいると思われるので、ここに記しておく。

特注馬1 ムジョウ
特注馬2 モアグレイス


ブログランキングに参加しています。
   ↓ ↓ ↓
応援クリックお願いします。
   ↓ ↓ ↓     ↓ ↓ ↓        ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ



質問・応援コメントはここからどうぞ。
RPM値に対してもできるだけブログ内で解説していく予定です。
   ↓ ↓
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://harupapa02.blog114.fc2.com/tb.php/29-df93fbcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。