09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* category: レースカルテ

【大阪杯】詳細レースカルテ 

一日一回、応援クリックお願いします
        ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 競馬ブログへ

………………………………………………………………………………………………………

当ブログを始めて訪問された方は、下記を参照してください。
        ↓ ↓ ↓
競走馬リアル・パフォーマンス・メーター2011バージョン
 ビギナーズノート

当ブログの根幹ともいえるRPM値について簡単にまとめたものです。参考にしてください。

………………………………………………………………………………………………………

無料メルマガの登録は左のサイドバーまたは下記からも登録できます。
            ↓ ↓ ↓
【無料メルマガ】ハルパパ競馬の流儀~RPM値で勝ち馬を見抜け!~

携帯端末から「うまく登録ができない」という方はこちらを確認してください。
            ↓ ↓ ↓
携帯端末からスムーズに登録する方法

配信日は毎週火曜日と金曜日の週2回刊です。火曜日配信のメルマガは、“競馬に強くなる”がテーマ。金曜日配信のメルマガは土日のレースにグッと近づいた内容です。ブログでは書かなかった“耳よりなネタ”なんかも盛り込みますので、まだ登録されていない方は、ぜひどうぞ。お待ちしています!!

………………………………………………………………………………………………………


昨日、読者の方からメールをいただきました。

予想の「印」に関してのものです。
当ブログでは、WIN5に対応すべく独自の「印」を使って、新しい予想の形を模索している最中なのですが、正直なところ、現状ハルパパ予想ではそれがうまく生かされていません。

「高松宮記念でせっかくアーバニティをピックアップしているのに……印のせいで……馬券を外すのではないですか?」

まさしく、指摘いただいた通りの実情ですね。

「印」の形、役割を変えるつもりはありませんが、もう少しわかりやすく的中馬券に直結する予想、組み立てを、今週末から実践していきたいと思います。

実のところ、昨日の高松宮記念終了後、ワタクシ分析官とハルパパの間で、喧々諤々あーでもないこーでもないとやり合ったのですが、そんな矢先いいただいたメールだったもので、あえて紹介しました(個別に返信はしませんので、その点は了解ください)。

今週末のハルパパ予想は、「きっとひと工夫されているだろう」と期待しつつプレッシャーをかけておきたいと思います。

(by 分析官)

………………………………………………………………………………………………………


詳細レースカルテ
大阪杯GⅡ
4/3(日) 阪神11R 芝2000M

≪RPM値勝負ライン≫
●総合値⇒115 RPM
●先行値⇒58 RPM
●末脚値⇒57RPM
※当該クラスで勝ち負けするための目安

≪RPM値一覧≫
【DATA①】出走予定15頭の近3走RPM値
★エイシンフラッシュ   93【41-52】  94【45-49】  88【32-56】
★オペラブラーボ     98【55-43】 113【57-56】 114【62-52】
★キャプテントゥーレ  109【53-56】 104【59-45】 103【50-53】
コロンバスサークル  102【54-48】  96【36-60】  98【42-56】
★ダイワファルコン   102【42-60】  97【27-70】 101【41-60】
★タッチミーノット    67【△04-71】101【45-56】  85【22-63】
★ダノンシャンティ    98【42-56】  90【39-51】   取消
ダークシャドウ     92【26-66】  98【47-51】※105【58-47】
★ドリームジャーニー   95【43-52】 113【57-56】 110【57-53】
★ヒルノダムール    100【45-55】 110【55-55】 109【45-64】
ホワイトピルグリム  103【49-54】  90【46-44】 103【53-50】
マイネルキーロフ    81【50-31】  82【22-60】  91【35-56】
マイネルクラリティ   92【50-42】  98【34-64】 103【52-51】
★ミッキードリーム    96【49-47】  78【15-63】  84【28-56】
★リディル        96【54-42】  85【21-64】  92【34-58】
※数値は左から、前走、2走前、3走前(総合値【先行値-末脚値】
※「D」はダート戦。△はマイナス(△04=-4)。「」は騎手未定

≪レースカルテ①基本データ≫
RPM値勝負ライン
115【58-57】(クラスで勝ち負けするための目安)
RPM値注意点
ダークシャドウの3走前(セントライト記念)は、馬場コンディションの変化からやや数値が高く出過ぎているため、参考値にとどめる。
コース
阪神2000M(内・右回り)。
Bコース使用(Aコースから直線部3.0M、曲線部4.0M外に内柵を設置)。
高低差1.8M。直線359.1M。
スタートはスタンド前の坂下から。1角まで325Mと距離が短いこともあり、テンが緩みやすい。3角までは淡々とした流れで、3角過ぎの下りからペースがアップする。基本的には内枠有利なコース設計。
想定されるペースとレースタイプ
平均ペースの持続戦。
逃げ馬候補
キャプテントゥーレ
休養明け(中10週以上)
エイシンフラッシュ、オペラブラーボ、コロンバスサークル、ドリームジャーニー

≪レースカルテ②詳細解説≫
古馬GⅡ戦におけるクラス勝負ラインは115【58-57】RPMである。
基本的には、総合値にして115RPMをクリアすることが勝ち負けの第一条件だが、そのときの組み合わせによって、勝負ラインを微調整する必要がある。

今回のメンバーでいえば、110RPMが実質的な勝負ラインになるのではないかと思っている。つまり、最低でも110RPMを出せる馬、出せる可能性のある馬だけが馬券の対象となるとしていい。

根拠は、キャプテントゥーレの前走とヒルノダムールの2走前である。

今回、逃げることになるだろうキャプテントゥーレは前走・中山記念(中山1800M)で109【53-56】RPMをマークし、ヒルノダムールは2走前の日経新春杯(京都2400M)で110【55-55】RPMをマークしている。中山記念の勝ち馬はヴィクトワールピサで日経新春杯の勝ち馬はルーラーシップだ。今回、主力を形成すると思われる4歳馬がクラシック戦線でしのぎを削ってきた相手である。つまり110RPMをクリアできないとなれば、この大阪杯だけでなく後々のGⅠ戦線からの脱落をも意味することになる。

そのため、実質的な勝負ラインを110RPMに設定した。

さて。具体的に各馬の力量を見て行きたい。

【DATA②】近3走RPM値上位5頭
1位オペラブラーボ   114【62-52】(3走前・09年中山金杯6着)中山2000M
2位ドリームジャーニー 113【57-56】(2走前・オールカマー2着)中山2200M
3位ヒルノダムール   110【55-55】(2走前・日経新春杯2着)京都2400M
4位キャプテントゥーレ 109【53-56】(前走・中山記念2着)中山1800M
5位ダークシャドウ  ※105【58-47】(3走前・セントライト記念5着)中山2200M

順に精査していく。

1位オペラブラーボは2度目の長休明け(9カ月、1年2カ月)だ。その狭間で走った前走の数値が98【55-43】RPM。ここでいきなり110RPMを見せられるかといえば、正直疑わしい。確かに当時は飛躍を期待された馬だった(中山金杯では1番人気)が、常識的な判断としては手が出せない。

2位ドリームジャーニーも昨年後半、右前球節炎を発症し順調さを欠いた。その結果、有馬記念(得意の中山内回り!)で13着惨敗。仕切り直しの一戦となる。能力的にはすでに110RPMを何度も記録していることから十分圏内の一頭だろう。中間は順調に乗りこまれ速い時計も出しているため復活の兆しは見られるものの最終追い切りを見ての判断となりそうだ。中山同様、阪神内回りも得意としているだけに軽くは扱えない。

3位ヒルノダムールは勝ち味に遅く頭から狙いにくい馬だが、ポテンシャルとしては現4歳世代のセカンドグループ筆頭の位置付け。前走はスローの流れもあって総合値はさほど高くないが、安定感はある。57キロならば当然圏内の一頭だろう。

4位キャプテントゥーレは阪神内回りが得意な上、単騎逃げが見込める組み合わせ。前走は勝ち馬が強すぎた(ヴィクトワールピサ!)。今回も4歳世代の主力クラスとGⅠ3勝のドリームジャーニーがいるため決して楽な競馬とはならないが、ギリギリ圏内としていいと思われる。

5位ダークシャドウが記録した3走前の105RPMは参考値扱いだが、仮にこの数値が出せたとしても家賃が高いと言わざるをえない。ようやく1000万下を脱した現状の力量では今走のパフォーマンスも100RPM前半に留まると見て、強くは推せない。

ランキング上位馬の中では圏内と目されるのは実質3頭。

問題はここからである。近走を見る限りでは高い数値を記録しておらず、埋没しそうな馬がズラリ並んでいる。いずれも4歳世代だ。

エイシンフラッシュ   93【41-52】  94【45-49】  88【32-56】
ダノンシャンティ    98【42-56】  90【39-51】   取消

当然、このGⅠ馬2頭について触れないわけにはいかない。

エイシンフラッシュは近3走すべてスローレースのため数値が低い。この馬のポテンシャルを掴むためには、ダービーではなく皐月賞まで遡らなければならない。1年前である。そのとき記録した数値は……。

エイシンフラッシュ   104【46-58】(2010年皐月賞)

この数値は今回の斤量(59キロ)に換算したもので、55キロの基準値なら110RPMを優に超えている。つまり3歳4月時点では驚異的なレベルにあったことになる。これで3着だ。勝ったヴィクトワールピサの強さが窺いしれると同時に現4歳世代の強さの一端が垣間見える(現3歳世代は3月の時点で100RPMを超える馬は数えるほど)。同レース2着のヒルノダムールが今回の基準となる以上、最低、同レベルにあると見る必要がある。

一方、ダノンシャンティの強さを知るには、NHKマイルCがわかりやすい。

ダノンシャンティ   ※113【49-64】(2010年NHKマイルC)

当時の東京競馬場は超の付く高速馬場だった。そのため数値としては参考値に留めなければならないが、59キロに換算してすら113RPMである。55キロの基準値ならば120RPMを超えるパフォーマンスだったことになる。当時の勝ち時計を見れば明らかだがとても3歳馬とは思えない驚愕の数値だ。骨折明け2500M戦と2200M戦を使い、復帰3戦目の今回は2000M戦。ようやく適鞍に近づいた印象で、ここは主力扱いまであっていいのではないか。

その他、3頭について見てみる。

ダイワファルコン   102【42-60】  97【27-70】 101【41-60】

自己条件を勝ち上がってようやく重賞に顔を出せるレベルに来たが、現状を見る限り、ここで馬券候補に名乗りを挙げるにはまだ役不足のように感じる。ただし、この馬の皐月賞でのパフォーマンスは今回斤量で換算すれば106RPM。順調な成長曲線をたどっているとすれば、まだ奥がある見たほうがいいだろう。

ミッキードリーム    96【49-47】  78【15-63】  84【28-56】

この馬も骨折から11カ月の休みを余儀なくされた一頭だ。前走・中山記念で復帰したが、極度の入れ込みから11着惨敗。数値推移は低くノーマークとなりそうだが、当欄の評価は「侮れない一頭」。なにせ2走前の毎日杯はダノンシャンティの0.2差2着だ。本来スローの瞬発戦向きの馬でない分、余計に警戒が必要になるかもしれない。

リディル        96【54-42】  85【21-64】  92【34-58】

この馬もデイリー杯2歳Sを勝ちクラシック候補と騒がれ始めた矢先の骨折放牧。15カ月の休養後、オープン特別を2走して2着2回。まだ底を見せていない分、不気味に映るがデイリー杯当時464キロあった馬体が前走では450キロ。成長度の点で疑問が残り、当欄は軽視する。

以上、10頭に関して見てきたが、当欄が今日の時点で注目する馬を2頭挙げておく。
ちなみに明日は展開面を掘り下げ、さらにレースを浮き彫りにしたいと思う。


★RPM値から浮かび上がる注目馬①
人気ブログランキングへ
(↑クリックしてください。50位前後です)

★RPM値から浮かび上がる注目馬②

(↑クリックしてください。18位前後です)


………………………………………………………………………………………………………

ブログランキングに参加しています
  ↓ ↓ ↓
応援クリックお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
  ↓ ↓ ↓       ↓ ↓ ↓
  人気ブログランキングへ
  ↓ ↓ ↓      ↓ ↓ ↓
ブログランキング【くつろぐ】  ブログランキング  


質問・応援コメントはここからどうぞ。
RPM値に対してもできるだけブログ内で解説していく予定です。
   ↓ ↓


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://harupapa02.blog114.fc2.com/tb.php/307-b93b4def
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。