05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* category: レースカルテ

【大阪杯】詳細レースカルテPART.2 

一日一回、応援クリックお願いします
        ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 競馬ブログへ

………………………………………………………………………………………………………

当ブログを始めて訪問された方は、下記を参照してください。
        ↓ ↓ ↓
競走馬リアル・パフォーマンス・メーター2011バージョン
 ビギナーズノート

当ブログの根幹ともいえるRPM値について簡単にまとめたものです。参考にしてください。

………………………………………………………………………………………………………

無料メルマガの登録は左のサイドバーまたは下記からも登録できます。
            ↓ ↓ ↓
【無料メルマガ】ハルパパ競馬の流儀~RPM値で勝ち馬を見抜け!~

携帯端末から「うまく登録ができない」という方はこちらを確認してください。
            ↓ ↓ ↓
携帯端末からスムーズに登録する方法

配信日は毎週火曜日と金曜日の週2回刊です。火曜日配信のメルマガは、“競馬に強くなる”がテーマ。金曜日配信のメルマガは土日のレースにグッと近づいた内容です。ブログでは書かなかった“耳よりなネタ”なんかも盛り込みますので、まだ登録されていない方は、ぜひどうぞ。お待ちしています!!

………………………………………………………………………………………………………



詳細レースカルテ PART.2
大阪杯GⅡ
4/3(日) 阪神11R 芝2000M

≪RPM値勝負ライン≫
●総合値⇒115 RPM
●先行値⇒58 RPM
●末脚値⇒57RPM
※当該クラスで勝ち負けするための目安

≪RPM値一覧≫
【DATA①】出走予定15頭の近3走RPM値
★エイシンフラッシュ   93【41-52】  94【45-49】  88【32-56】
★オペラブラーボ     98【55-43】 113【57-56】 114【62-52】
★キャプテントゥーレ  109【53-56】 104【59-45】 103【50-53】
コロンバスサークル  102【54-48】  96【36-60】  98【42-56】
★ダイワファルコン   102【42-60】  97【27-70】 101【41-60】
★タッチミーノット    67【△04-71】101【45-56】  85【22-63】
★ダノンシャンティ    98【42-56】  90【39-51】   取消
ダークシャドウ     92【26-66】  98【47-51】※105【58-47】
★ドリームジャーニー   95【43-52】 113【57-56】 110【57-53】
★ヒルノダムール    100【45-55】 110【55-55】 109【45-64】
ホワイトピルグリム  103【49-54】  90【46-44】 103【53-50】
マイネルキーロフ    81【50-31】  82【22-60】  91【35-56】
マイネルクラリティ   92【50-42】  98【34-64】 103【52-51】
★ミッキードリーム    96【49-47】  78【15-63】  84【28-56】
★リディル        96【54-42】  85【21-64】  92【34-58】
※数値は左から、前走、2走前、3走前(総合値【先行値-末脚値】
※「D」はダート戦。△はマイナス(△04=-4)。「」は騎手未定

≪レースカルテ②詳細解説その2≫
今回出走メンバーを見渡せば骨折を経験している馬が多い。
「一般的」とするには語弊があるかもしれないが、競走馬が骨折すると「その戦力は2割減」といわれる(3割減という人も)。もちろん骨折箇所や程度によっては競争能力にさして影響を与えないケースもある(と思う)し、逆にまったく別馬(著しい戦力ダウン)になってしまうケースもある。

今回、2歳~3歳春までに注目&期待されてきた4歳馬、ダノンシャンティやリディルやミッキードリームも骨折から復帰し2~3戦目のレースとしてこの大阪杯に出走を予定している。個人的には応援したい気持ちもあるが、馬券的にはシビアな戦力分析が必要だ。

昨日のカルテでも書いたが、ポテンシャルという点では、ダノンシャンティが抜けている。3歳春の時点で見せるパフォーマンスとしては、驚異的なものだったことはRPM値を見れば明らかだ。しかし、仮にダノンシャンティの戦力が2割ほどダウンしているとすれば、別定戦のGⅡ(59キロ)、なおかつ阪神内回りの2000Mで勝ち負けするにはいささか厳しいかもしれない。これが定量戦かつ直線の長いマイル戦ならば、もう少し話は違うのだが……。前走の京都記念は58キロで勝ち馬トゥザグローリーに0.5差4着。良く伸びている印象もあるが全盛期のパフォーマンスから比べれば、物足りないのも事実だ。昨日、注目馬の一頭に挙げておきながら恐縮だが、1着候補とするには疑問符が付く(2、3着なら大いにあり得る)。

リディルは昨日の見解同様、成長度に疑問が残り軽視し、ミッキードリームは一度叩いたことで大きな上積みがあったとしても驚かない。

さて。

今日は展開面を考えたい。

想定メンバー15頭のうち、近3走で逃げた馬はキャプテントゥーレ一頭だ。登録馬まで枠を広げれば、エーシンジーラインとミヤビランベリがいるが、ともに日経賞にまわる公算が大きい。よって、ここでは逃げ馬候補はキャプテントゥーレ一頭として話を進める。

キャプテントゥーレを含め各馬の先行値を比較してみると……。

【DATA②】出走予定馬15頭の先行値上位5頭
1位オペラブラーボ    114【62-52】(3走前・中山金杯6着)
2位キャプテントゥーレ  104【59-45】(2走前・天皇賞秋13着)
3位ダークシャドウ   ※105【58-47】(3走前・セントライト記念5着)
4位ドリームジャーニー  113【57-56】(2走前・オールカマー2着)
5位ヒルノダムール    110【55-55】(2走前・日経新春杯2着)

以上が先行値上位馬だ。逃げ候補キャプテントゥーレが2位でオペラブラーボがその上を行く。

先行値の高低は、そのまま位置取りを表すわけではなく、各馬のペースを表す。時計と置き換えてもいい。オペラブラーボは3走前の金杯(といっても2年前だが…)で、先行値62RPMのペースで道中7番手、4角5番手を追走した。クラスの勝負ラインとする先行値が58RPMだから、かなり厳しい流れだったことがわかる。ちなみに前後半3Fずつを省いた中盤の4Fのうち、11秒台を刻んだハロンは3度あった。ペース表記はMだがレース内容としては消耗戦。その結果、高い総合値を記録するに至った。ひとことでいえばレベル高の一戦だ。

同様に追い込み脚質のドリームジャーニーが2走前に記録した先行値57RPMも道中8番手、4角6番手だから流れは厳しかった(10頭立て)。

では、今回はどうか。

逃げ脚質キャプテントゥーレはメンバー2位の先行値を記録していることから先手を取るのはさほど難しくないだろう。ただし、キャプテントゥーレがハナを切ればペースは上がらない。というのも、近3走中2度逃げているが、そのとき記録した先行値は50RPM(3走前)と53RPM(前走)。阪神2000Mの舞台を考慮すれば、3走前の朝日CCにより近いのではないかと思われる。メンバー構成を見ても脚を溜めたい馬が多いことからペースが上がる要因は少ない。

2011年大阪杯のペース⇒先行値にして50~55RPM=S~遅めのMペース

近3走を基にキャプテントゥーレの今走を推察すれば……。

逃げ馬キャプテントゥーレの大阪杯推定RPM値 105【50-55】~110【55-55】

この数値を超える(可能性のある)馬がそのまま馬券候補となる。

ドリームジャーニー   95【43-52】 113【57-56】 110【57-53】
ヒルノダムール    100【45-55】 110【55-55】 109【45-64】

数値の推移をストレートに見れば、この2頭にはその資格がある。

ドリームジャーニーは全盛期と比べれば明らかに戦力は落ちているものの、得意とする阪神・中山の内回りならば軽視は禁物だろう。ヒルノダムールも2000Mなら大崩れはない。一線級が相手では切れ負けするが、この中間、坂路中心の調教で瞬発力強化に努めている。

エイシンフラッシュ   93【41-52】  94【45-49】  88【32-56】
ダノンシャンティ    98【42-56】  90【39-51】   取消

評価が難しいGⅠ馬2頭だが、過去のベストパフォーマンスからは総合値110RPMのラインは楽にクリアできるだけのレベルにある。エイシンフラッシュは日経賞の選択肢もあったはずだが、あえて大阪杯を選んだ以上、勝算はこちらにあると見たのだろう。ポン駆けの利く馬だから休み明けが不利とはいえない。ダノンシャンティに関しては冒頭で触れた通り。この先海外を視野に入れているらしく、結果が欲しいところだが……。

レースの中心となるのは以上5頭だと思われるが、伏兵馬の付け入るスキがないわけではない。

勝つまでは難しくとも、RPM値を細かく分析したところ一発大駆けがありそうな2頭が浮かび上がってきた。


★RPM値から浮かび上がる激走穴馬①
人気ブログランキングへ
(↑クリックしてください。50位前後です)

★RPM値から浮かび上がる激走穴馬②

(↑クリックしてください。18位前後です)


………………………………………………………………………………………………………

ブログランキングに参加しています
  ↓ ↓ ↓
応援クリックお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
  ↓ ↓ ↓       ↓ ↓ ↓
  人気ブログランキングへ
  ↓ ↓ ↓      ↓ ↓ ↓
ブログランキング【くつろぐ】  ブログランキング  


質問・応援コメントはここからどうぞ。
RPM値に対してもできるだけブログ内で解説していく予定です。
   ↓ ↓


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://harupapa02.blog114.fc2.com/tb.php/308-8a8c6429
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。