09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* category: レースカルテ

【桜花賞】詳細レースカルテPART.1 

一日一回、応援クリックお願いします
        ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 競馬ブログへ

………………………………………………………………………………………………………

当ブログを始めて訪問された方は、下記を参照してください。
        ↓ ↓ ↓
競走馬リアル・パフォーマンス・メーター2011バージョン
 ビギナーズノート

当ブログの根幹ともいえるRPM値について簡単にまとめたものです。参考にしてください。

………………………………………………………………………………………………………

無料メルマガの登録は左のサイドバーまたは下記からも登録できます。
            ↓ ↓ ↓
【無料メルマガ】ハルパパ競馬の流儀~RPM値で勝ち馬を見抜け!~

携帯端末から「うまく登録ができない」という方はこちらを確認してください。
            ↓ ↓ ↓
携帯端末からスムーズに登録する方法

配信日は毎週火曜日と金曜日の週2回刊です。火曜日配信のメルマガは、“競馬に強くなる”がテーマ。金曜日配信のメルマガは土日のレースにグッと近づいた内容です。ブログでは書かなかった“耳よりなネタ”なんかも盛り込みますので、まだ登録されていない方は、ぜひどうぞ。お待ちしています!!

………………………………………………………………………………………………………



詳細レースカルテ
桜花賞GⅠ
4/10 (日)阪神11R 芝(外)1600M

≪RPM値勝負ライン≫
●総合値⇒99RPM
●先行値⇒50RPM
●末脚値⇒49RPM
※当該クラスで勝ち負けする目安

≪RPM値一覧≫
【DATA①】出走予定馬23頭の近3走のRPM値(フルゲート18頭)
★エーシンハーバー   96【43-53】 84【38-46】 79【31-48】
★スピードリッパー   96【45-51】 93【56-37】 88【33-55】
★フレンチカクタス   98【43-55】 86【30-56】 77【32-45】
★メデタシ       86【29-57】 88【32-56】 78【39-39】
★ライステラス     86【29-57】 79【20-59】 87【25-62】
★ホエールキャプチャ  91【30-61】 81【18-63】 85【30-55】
★ダンスファンタジア  87【29-58】 97【54-43】 74【19-55】
★トレンドハンター   93【42-51】 D64【03-61】 D52【△01-53】
★マルモセーラ     73【22-51】 85【39-46】 96【57-39】
★フォーエバーマーク  92【52-40】 100【37-63】 75【20-55】
★デルマドゥルガー   87【25-62】 84【22-62】 75【31-44】
★マルセリーナ     96【36-60】 94【32-62】 71【06-65】
★サクラベル      51【52-△01】78【43-35】 73【17-56】
★ラテアート      93【39-54】 72【23-49】 89【34-55】
★ハブルバブル     92【46-46】 84【49-35】 82【24-58】
★マイネショコラーデ  82【46-36】 76【36-40】 88【36-52】
★ウッドシップ     83【35-48】 D74【38-36】 80【27-53】
★エリンコート     91【40-51】 82【21-61】 69【38-31】
★カフェヒミコ     91【40-51】 D84【40-44】 D89【43-46】
★ダンシングロイヤル  90【45-45】 89【36-53】 68【08-60】
★ツルマルワンピース  90【47-43】 87【38-49】 78【21-57】
★ドナウブルー     94【37-57】 89【32-57】 68【00-68】
★ニシノステディー   93【48-45】 84【33-51】 95【50-45】
※数値は左から、前走、2走前、3走前(総合値【先行値-末脚値】)
※「D」はダート戦。「△」はマイナス(△01=-1)


≪レースカルテ①基本データ≫
RPM値勝負ライン
99【50-49】(クラスで勝ち負けするための目安)
コース
阪神1600M(外・右回り)。
Bコース使用(Aコースから直線部3M、曲線部4M外に内柵を設置)。
高低差2.3M。直線476.3M。
スタート地点はバックストレッチ中ほど。最初コーナー(3角)まで444Mあり、Bースの直線は476.3M。残り3F地点から下りが始まることからスローの瞬発戦が基本となる。
※上記以外は明日にまわします。

≪レースカルテ②詳細解説PART.1≫
阪神1400M戦と1600M戦は基本的にまったく別のレースになる。極論すれば1400Mは前傾、1600Mは後傾ラップと捉えるといい。これは桜花賞トライアルのフィリーズレヴューとチューリップ賞を比べればわかりやすい。理由は200Mの距離差と内・外回りのコース形態の違いに依る。

阪神1400M戦では、前半3Fは34秒台が基本線だが、阪神1600Mでは35秒台(ときには36秒台)。その分上がり時計は逆転し1400Mなら35秒台後半(ときには36秒台)、1600Mなら34秒台(前半)が決着の標準パターンとなる。いくつか例を見てみる。

【DATA②】過去5年のフィリーズRとチューリップ賞のラップ傾向
●フィリーズR 阪神1400M
2007年アストンマーチャン 前半3F34.8 後半3F35.3(最速上がり34.8・前後半差▲0.5)
2008年マイネレーツェル  前半3F34.8 後半3F35.8(最速上がり34.9・前後半差▲1.0)
2009年ワンカラット    前半3F34.3 後半3F36.1(最速上がり35.7・前後半差▲1.8)
2010年サウンドバリアー  前半3F35.0 後半3F35.7(最速上がり34.7・前後半差▲0.7)
2011年フレンチカクタス  前半3F34.6 後半3F36.4(最速上がり35.4・前後半差▲1.8)
※2011年は稍重馬場

●チューリップ賞 阪神1600M
2007年ウオッカ      前半3F35.4 後半3F33.9(最速上がり33.5・前後半差1.5)
2008年エアパスカル    前半3F36.1 後半3F34.5(最速上がり33.5・前後半差1.6)
2009年ブエナビスタ    前半3F36.0 後半3F35.2(最速上がり34.7・前後半差0.8)
2010年ショウリュウムーン 前半3F36.0 後半3F35.3(最速上がり34.6・前後半差0.7)
2011年レーヴディソール  前半3F35.5 後半3F34.4(最速上がり33.6・前後半差1.1)
※2010年は重馬場

フィリーズレヴューはみごとに前傾ラップを刻み、M~Hペースの持続戦~消耗戦を展開している。今年も例外ではなく、逃げ・先行勢がハイラップを踏み差し馬台頭の流れを生んだ。逆にチューリップ賞は例年ほぼSペース。勝ち負けするには34秒台前半の末脚が要求され、レースによっては33秒台の切れ味がなければ勝ち切れないのが特徴だ。

まずは、これらを頭に入れて次に進む。

桜花賞はいうまでもなく阪神1600Mを舞台に行われる。フィリーズR組よりチューリップ賞組に分があるのは、いうまでもなくレースの舞台が同じだからだ。

しかし、過去の桜花賞を見れば、やや様相を異にしていることに気づく。

舞台は同じでも、その時々によってレースの質に違いがあるのだ。

【DATA③】桜花賞の過去4年ラップ傾向(阪神1600M)
2007年ダイワスカーレット 前半3F35.7 後半3F33.9(最速上がり33.6・前後半差1.8)
2008年レジネッタ     前半3F35.1 後半3F35.9(最速上がり34.3・前後半差▲0.9)
2009年ブエナビスタ    前半3F34.9 後半3F34.9(最速上がり33.3・前後半差±0)
2010年アパパネ      前半3F35.6 後半3F34.4(最速上がり34.0・前後半差1.2)

ペースはSあり、Mあり、Hありだ。GⅠならではの思惑が、コースの基本決着を乱す要因であることは確かだが、そこには当然出走馬の力関係が作用する。ひとつはっきりしていることは、阪神1600Mの基本の流れであるSペースの瞬発戦となれば堅い決着となり、そこからズレが大きくなるほど荒れるということだ。

レーヴディソールの離脱で混戦と言われるが、人気の傾向を探れば、ひとつには同舞台で好成績を収めている=スローの瞬発戦に強いこと、これが人気面での第一条件だろう。もうひとつは、わりとラップ構成が近い東京1600Mでの好成績を収めている馬にも印が集まりやすい。今年でいえば、阪神JF2着馬でクイーンCを制したホエールキャプチャと赤松賞を勝ったダンスファンタジア、そこに阪神1600Mで勝ち鞍があり、牡馬とも接戦したマルセリーナが加わり、上位人気が形成されるものと思われる。

問題は、「今年の桜花賞がどういった流れとなるのか」である。

切れ味を問う瞬発戦となるのか、スピードの持続力がモノを言う持続戦、あるいはさらにスタミナを問う持久戦となるのか。それとも想像以上に前傾ラップを踏んだ結果、思いもよらぬ消耗戦となるのか。それを知るには主要ステップレース(トライアル)のレベルを問う必要がある。つまり、逃げ・先行勢の力量がどの程度なのかを問わなければならない。レーヴディソールが参戦していれば、おそらく流れは落ち着いただろう。マークが後ろにいくからである。穴を開けるなら当然前の組となったはずだ。ところがレーヴの離脱でチャンスが広がった結果、それぞれの思惑はガラリ一変した。つまり、前に行く組に力があればそれだけ前傾ラップを否定できない状況ということだ。

3年前にレジネッタが勝った桜花賞は消耗戦となった。1番人気だったトールポピーは阪神JF1着、チューリップ賞2着だったが、タイプとしては遅めの平均ラップを理想とする馬だった。瞬発戦では分が悪く、消耗戦でも持ち味を生かし切れないタイプ。逆にレジネッタは消耗戦でこそ力を発揮した。古馬になって唯一残した勝ち鞍・福島牝馬Sは前後半差▲1.5秒の消耗戦だったことからもそれはわかる。

さて、「今年の桜花賞がどういった流れとなるのか」を見定めることが馬券を得る最短距離であるとし、そのためには主要ステップレースのレベルを問うことが急務だとした。

レースレベルを問うにあたって、当欄は「RPM値」を使って優劣をつけてきた。さらにカギを握る先行勢の力を知るには「先行値」を比較することでおおよそ掴めることは過去のレースカルテを見れば納得していただけると思う。

冒頭で出走を予定する23頭のRPM値一覧を掲げた。試しにRPM値勝負ラインと比べどの程度早い馬が揃っているか確認していただきたい。ちなみに瞬発戦が基本となる阪神1600Mでは、RPM勝負ラインは末脚値が高くなる傾向になる。

阪神1600MにおけるRPM値勝負ライン⇒99【45-54】RPM

本来的な勝ち馬のイメージは、99【40-59】RPMぐらいではないかと考えている。

主要ステップレースの比較~展開面に関しては、明日掘り下げたいと思う。
今日のところは、当欄が注目する馬と危険な人気馬を一頭ずつ挙げておくことにする(理由については明日説明します)。


★RPM値から浮かび上がる注目馬
人気ブログランキングへ
(↑クリックしてください。50位前後です)

★RPM値から浮かび上がる危険な人気馬

(↑クリックしてください。18位前後です)


………………………………………………………………………………………………………

ブログランキングに参加しています
  ↓ ↓ ↓
応援クリックお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
  ↓ ↓ ↓       ↓ ↓ ↓
  人気ブログランキングへ
  ↓ ↓ ↓      ↓ ↓ ↓
ブログランキング【くつろぐ】  ブログランキング  


質問・応援コメントはここからどうぞ。
RPM値に対してもできるだけブログ内で解説していく予定です。
   ↓ ↓
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://harupapa02.blog114.fc2.com/tb.php/317-9a463cc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。