07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* category: レースカルテ

【ニュージーランドT】詳細レースカルテ 

一日一回、応援クリックお願いします
        ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 競馬ブログへ

………………………………………………………………………………………………………

当ブログを始めて訪問された方は、下記を参照してください。
        ↓ ↓ ↓
競走馬リアル・パフォーマンス・メーター2011バージョン
 ビギナーズノート

当ブログの根幹ともいえるRPM値について簡単にまとめたものです。参考にしてください。

………………………………………………………………………………………………………

無料メルマガの登録は左のサイドバーまたは下記からも登録できます。
            ↓ ↓ ↓
【無料メルマガ】ハルパパ競馬の流儀~RPM値で勝ち馬を見抜け!~

携帯端末から「うまく登録ができない」という方はこちらを確認してください。
            ↓ ↓ ↓
携帯端末からスムーズに登録する方法

配信日は毎週火曜日と金曜日の週2回刊です。火曜日配信のメルマガは、“競馬に強くなる”がテーマ。金曜日配信のメルマガは土日のレースにグッと近づいた内容です。ブログでは書かなかった“耳よりなネタ”なんかも盛り込みますので、まだ登録されていない方は、ぜひどうぞ。お待ちしています!!

………………………………………………………………………………………………………


詳細レースカルテ
ニュージーランドTGⅡ
4/9 (土) 阪神12R 芝(外)1600M

≪RPM値勝負ライン≫
●総合値⇒101RPM
●先行値⇒49RPM
●末脚値⇒51RPM
※当該クラスで勝ち負けすつるための目安

≪RPM値一覧≫
【DATA①】出走予定馬21頭の近3走RPM値
★エーシンブラン    89【34-55】 81【41-40】 87【27-60】
★キョウエイバサラ   94【40-54】 D90【39-51】 D64【19-45】
★グランプリボス    99【47-52】 95【37-58】 93【23-70】
★スギノエンデバー   95【36-59】 90【33-57】 90【48-42】
★リアルインパクト   94【39-55】 92【20-72】 57【△17-74】
★リキサンマックス  ※96【58-38】 95【47-48】 77【29-48】
★ロビンフット     95【29-66】 77【24-53】 88【34-54】
★エイシンオスマン   95【42-53】 91【36-55】 84【49-35】
★エーシンジェイワン  91【36-55】 D68【39-29】 D83【23-60】
★エーシンジャッカル  92【41-51】 69【23-46】 63【10-53】
★オメガブレイン    94【44-50】 84【13-71】 78【16-62】
★コルポディヴェント D101【43-58】 D83【23-60】
★タツミリュウ    ※98【53-45】 77【25-52】 83【36-47】
★ダノンシャーク   ※106【53-53】 95【40-55】 78【18-60】
★ディープサウンド   86【27-59】 87【41-46】 92【32-60】
★トウショウクラウン  D80【36-44】    公営  D78【26-52】
★ドナウブルー     96【38-58】 91【33-58】 70【01-69】
★ニジブルーム     91【40-51】 83【19-64】 81【34-47】
★ビットスターダム   94【38-56】 88【28-60】 D42【43-△01】
★ラトルスネーク    92【36-56】 91【19-72】 67【40-27】
★エリンコート     93【41-52】 84【22-62】 71【39-32】
※数値は左から、前走、2走前、3走前(総合値【先行値-末脚値】)
※「D」はダート戦。「△」はマイナス(△=-01)。「※」は参考値

≪レースカルテ①基本データ≫
RPM値勝負ライン
101【49-52】(クラスで勝ち負けするための目安)
RPM値注意点
「※」印をつけた若葉ステークスの数値は参考値とする。
コース
阪神1600M(外・右回り)。
Bコース使用(Aコースから直線部3M、曲線部4M外に内柵を設置)。
高低差2.3M。直線476.3M。
スタート地点はバックストレッチ中ほど。最初コーナー(3角)まで444Mあり、直線は476.3M。残り3F地点から下りが始まることからスローの瞬発戦が基本となる。
想定されるペースとレースタイプ
スローペースの瞬発戦。
逃げ馬候補
リキサンマックス
休養明け(中10週以上)
リアルインパクト

≪レースカルテ②詳細解説≫
本題に入る前に、若葉ステークス組に関して少々触れておく。3歳3月時点の2000M戦で2分を切る決着(勝ちタイム1.59.1)というのは、それだけでレベル高の一戦としていいと思われるが、トラックに何かしらのバイアスがかかっていた可能性もあり(偏重馬場)、今日のところは参考値にとどめたいと思う。ちなみに先週の大阪杯もレコード決着となるなど(実に上位6頭が120RPM超え!)、3月3週以降の阪神・芝レースの時計が総じて速く注意が必要だ。

さて、出走予定馬のRPM値を見渡せば、思った以上に混戦模様だとわかる。ダントツの1番人気となりそうなグランプリボスも数値の上では突出感がない。

まずは展開面から探ってみる。繰り返し書いてきたが、阪神1600Mはスローの瞬発戦が基本となる。逃げ馬のタイプによってペースが上がることもあるが、それでもミドルまで。今回逃げ候補となるのはリキサンマックスだ。前走の先行値58RPMからも他にハナを譲ることはないだろう。クラスの基準となる先行値が49RPMで、ブリンカーを着用し大逃げの形となった2走前の先行値が47RPM。想定ペースとしては40RPM台後半のMペースとしていいのではないか。ただし、2番手以下の隊列がリキサンマックスにぴったりくっつくかといえば、やや微妙。参考値とした若葉ステークス組以外は、40RPM台前半の先行値しか記録していないことを考えれば、大逃げとはいかないまでも少し差が開くかもしれない。つまり、逃げ馬のペースはミドルながらレース全体としてはスローに流れる形。基本的には決め手に勝る馬を上位としたいが、フルゲートとなりそうな一戦だけに4角での位置・コース取りも重要な要素となる。その意味ではいつも以上に枠順にも気を配りたい。

【DATA②】出走予定馬21頭の近3走総合値ベスト6
1位ダノンシャーク  ※106【53-53】(前走・若葉S3着)阪神2000M
2位コルポディヴェントD101【43-58】(前走・500万下1着)東京ダ1600M
3位グランプリボス   99【47-52】(前走・スプリングS4着)阪神1800M
4位タツミリュウ   ※98【53-45】(前走・若葉S8着)阪神2000M
5位リキサンマックス ※96【58-38】(前走・若葉S9着)阪神2000M
5位ドナウブルー    96【38-58】(前走・フィリーズR4着)阪神1400M

以上が上位6頭だ。これに総合値94~95RPMを記録する馬が7頭続いている。

順に見て行く。1位ダノンシャークの106RPMは前走・若葉ステークス3着で記録したものだ。デビュー戦がリベルタスとクビ差、2戦目がサダムパテックの2着。そして2走前の500万下でプレイを下しオープン入り。戦ってきた相手を考えれば戦績以上に強さを感じる一頭だ。前走の数値を参考値に留めたとしても2走前に95RPMを記録している以上、クラス勝負ラインの101RPMをクリアする可能性はかなり高いと想像できる。ただし、決め手に欠ける印象は拭えず、これまで通り3角からまくり気味に進出する競馬では直線の長い外回りでは勝ち切るまでは厳しいかもしれない。ここ3戦、1800M、1800M、2000Mと使われてきた。マイル戦がどうか。

総合値2位・コルポディヴェントのD101【43-58】RPMは、東京ダート1600M戦で記録されたものだ。稍重馬場で時計が出やすかったことは確かだが、高数値から芝の適性があれば人気がない分、面白い存在になるかもしれない。ティンバーカントリーの肌にフジキセキなら軽やかなスピード色が削がれパワー型に出るか。芝の速い時計決着は不向きと見るが……。

3位グランプリボスは、前走4角早々に先頭に躍り出た結果4着。休み明けに加え、バクシンオー産駒で距離適性に課題のあった中でのパフォーマンスとしては上々だろう。その時記録した99【47-52】RPMもマイル戦ならばさらに伸ばしてくるだろう。前に壁を作り折り合いに専念できれば圧勝までありそうだ。気になる中1週のローテも、休養明け後の2戦目なら杞憂に終わると見るがどうか。主軸級。

4位タツミリュウの98【53-45】RPMは懐疑的。時計はまずまずも勝ち馬から1.2差8着では上位に引っ張られた数値と見た方がよさそうだ。近3走を見る限り戦力的には足りないとするのが妥当だろう。

5位にはリキサンマックスとドナウブルーが並んだ。

リキサンマックスは逃げ候補の筆頭。競りかけてきそうな馬もさして見当たらず、展開的には有利だろう。前走の失速を距離に求めれば、2ハロンの短縮となるここはノーマークにするのは危険かもしれない。テンビーの肌にキングヘイローではお世辞にも一流血統とはいえないが、全兄ローレルゲレイロから短距離に活路を求めれば化ける可能性はある。マイル戦とはいえ穴の資格は十分あると見るがどうか。

期待感の高いドナウブルーは、残念ながら桜花賞の抽選に漏れ除外となってしまった。ここも忘れな草賞との両ニラミになる。現状、折り合い面に課題があり能力全開の競馬がほとんどできていない。前走も速い流れにとまどい最後方からの競馬で小差4着まで。位置取りがもう少し前なら、と思わせる一戦だった。相手の強かったシンザン記念5着の力量は認めつつも成長途上で強気にはなれない。フィリーズRがことのほか厳しいレースだっただけに中1週でどこまで疲労回復できているかも疑問。

他にも気になる馬を何頭か見ておく。

リアルインパクト   94【39-55】 92【20-72】 57【△17-74】

朝日杯FS後、すぐに休養に入り、ここが復帰初戦となる。放牧中、爪の不安等もあり万全とはいかないようだが、2戦続けてグランプリボスと小差の競馬をしてきた戦歴から、状態面に多少不安があるとはいえ軽くは扱えない。70RPMを超える末脚値が示すとおり決め手はメンバー随一といっていい。今回に限っては主軸とするには疑問があるが、過去見せたパフォーマンスから能力の高さは疑えず、馬券候補からは外せない。

ディープサウンド   86【27-59】 87【41-46】 92【32-60】

2走前のホープフルSは不可解な凡走も、前走の共同通信杯では大外から逃げて3着。皐月賞でも上位人気確実なナカヤマナイトを3走前に下しているだけに力量は侮れない。馬込みに入れると走る気をなくすようなので(そのため前走は逃げた)、内枠に入るようならここもハナを叩きに行く可能性がある。アテにはしづらいタイプで評価は上がらない。

ラトルスネーク    92【36-56】 91【19-72】 67【40-27】

溜めれば切れるのは確かだが、現状マイルでは結果を出せていない。スローの瞬発戦になれば浮上してきそうだが、リキサンが引っ張る流れでは出番なく終わる可能性の方が高いと見る。力量的には入着級なので抑えに一考というところか。

キョウエイバサラ   94【40-54】 D90【39-51】 D64【19-45】

ダート6戦後の初芝で重賞アーリントンCに参戦し2着。想像以上に芝適性が高かったようだ。相手は強化されるが同舞台での一戦だけに注意を払いたい一頭。前走・総合値94RPMは上位陣とも僅差で要注意だ。


スギノエンデバー   95【36-59】 90【33-57】 90【48-42】

3走続けて90RPMを超えるパフォーマンスを見せていることからメンバーでも上位の力量だと感じるも、血統背景を含め適距離はやはり1200Mか。前走好レースも2ハロンの距離延長は疑問。

最後に当欄の見解をまとめておく。
最終的には≪ハルパパの決断!≫に委ねるが、主軸候補には、グランプリボスを筆頭に推す。前走のスプリングS4着は改めて力量を確認できた一戦。守備範囲のマイルに戻れば勝ち負け必至と見る。

問題は2番手以下だ。RPM値が示すとおりかなりの激戦。展開ひとつで着順も変わると思われる。そんな中で当欄が注目する2頭を挙げておく。1頭は人気サイド、もう1頭は穴馬。

★RPM値から浮かび上がる注目馬
人気ブログランキングへ
(↑クリックしてください。45位前後です)

★RPM値から浮かび上がる注目穴馬

(↑クリックしてください。18位前後です)


………………………………………………………………………………………………………

ブログランキングに参加しています
  ↓ ↓ ↓
応援クリックお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
  ↓ ↓ ↓       ↓ ↓ ↓
  人気ブログランキングへ
  ↓ ↓ ↓      ↓ ↓ ↓
ブログランキング【くつろぐ】  ブログランキング  


質問・応援コメントはここからどうぞ。
RPM値に対してもできるだけブログ内で解説していく予定です。
   ↓ ↓


スポンサーサイト

コメント

ハルパパさん、分析官さん、コンニチハ。
いつも読ませてもらってます。レースカルテは今週もビッチリでしたね。土曜はグランプリボスからの勝負で大丈夫ですか? 桜花賞の資金を増やせれば理想なんですが。ハルパパさんの予想、期待してます。

URL | 怪傑ゾロ #- 【2011/04/08 01:48】 *edit*

怪傑ゾロさん
コメントありがとうございます。レースカルテは客観的にレースや競走馬を分析しています。すぐ主観に走るハルパパにはとても無理な作業ですね(笑)。それにしても今回の桜花賞のレースカルテは力作でしたね。

明日は桜花賞の資金稼ぎになるレースをしっかり見つけ出すように頑張ります。グランプリボスは今回のメンバーにあっては一枚上の存在だと思います。明日は道悪競馬となる見込みなので現在いろいろと検討中です。最終予想をお楽しみに!応援ありがとうございます!励みになります。

URL | ハルパパ #- 【2011/04/08 17:31】 *edit*

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://harupapa02.blog114.fc2.com/tb.php/320-9421c790
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。