05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* category: レースカルテ

【オークス】詳細レースカルテPART.4 

一日一回、応援クリックお願いします
        ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 競馬ブログへ

………………………………………………………………………………………………………

当ブログを始めて訪問された方は、下記を参照してください。
        ↓ ↓ ↓
競走馬リアル・パフォーマンス・メーター2011バージョン
 ビギナーズノート

当ブログの根幹ともいえるRPM値について簡単にまとめたものです。参考にしてください。

………………………………………………………………………………………………………

無料メルマガの登録は左のサイドバーまたは下記からも登録できます。
            ↓ ↓ ↓
【無料メルマガ】ハルパパ競馬の流儀~RPM値で勝ち馬を見抜け!~

ATTENTION! 
メルマガの発行日を変更します!
より実戦で役立つメルマガとすべく、従来の火曜・金曜から水曜・土曜に発行日を変更します。
●水曜(夕)⇒その週に行われたレースのRPM値を公開。カルテ⇒予想⇒結果が一目瞭然に!
●土曜(朝)⇒土・日曜の平場戦を含め、数値差の顕著な勝負レースや推奨馬を公開!
ご期待下さい! 

………………………………………………………………………………………………………


詳細レースカルテPART.4
オークスGⅠ
5/22 (日) 東京11R 芝2400M

≪RPM値勝負ライン≫
●総合値⇒99RPM
●先行値⇒50RPM
●末脚値⇒49RPM
※当該クラスで勝ち負けするための目安

≪RPM値一覧≫
【DATA】登録馬22頭のRPM値一覧
①ハブルバブル     94【42-52】 92【46-46】 84【49-35】
②メデタシ       97【40-57】 86【29-57】 88【32-56】
③バウンシーチューン  94【39-55】 58【03-55】 75【09-66】
④エリンコート     88【39-49】 91【40-51】 82【21-61】
⑤カルマート      67【13-54】 64【09-55】 D65【23-42】
⑥サイレントソニック  87【35-52】 84【35-49】 69【△05-74】
⑦ライステラス     87【43-44】 86【29-57】 79【20-59】
⑧マイネソルシエール  94【45-49】 83【34-49】 83【29-54】
⑨マリセリーナ     101【39-62】 96【36-60】 94【32-62】
⑩デルマドゥルガー   89【41-48】 87【25-62】 84【22-62】
⑪アカンサス      83【21-62】 79【20-59】 80【25-55】
⑫ホエールキャプチャ  100【38-62】 91【30-61】 81【18-63】
⑬シシリアンブリーズ  83【23-60】 81【36-45】 D68【18-50】
⑭スピードリッパー   90【45-45】 96【45-51】 93【56-37】
⑮ハッピーグラス    93【45-48】 87【39-48】 72【07-65】
⑯グルヴェイグ     73【16-57】 92【37-55】 77【17-60】
⑰マイネイサベル    93【41-52】 90【50-40】 90【26-64】
⑱ピュアプリーゼ    94【48-46】 90【37-53】 82【24-58】
※数値は左から、前走、2走前、3走前(総合値【先行値-末脚値】)
※「D」はダート戦。「△」はマイナス(△05=-5)

≪レースカルテ④近5年レース検証≫
昨日、当欄の展開予測を掲げた。

2011オークス⇒レース先行値45RPM弱。前後半差1.5~2秒程度のスローの瞬発戦

今日は過去5年のオークスと比較し、整合性を検証する。まずはそれぞれのレースを振り返ってみたい。

2006 レース先行値53RPM 良  前半34.7-上がり36.2
1着カワカミプリンセス  2.26.2 35.5 ⑨⑦⑤⑤  95【48-47】
2着フサイチパンドラ   2.26.3 35.4 ④⑦⑧⑦  95【47-48】
3着アサヒライジング   2.26.4 36.3 ②②②②  94【52-42】
前半が速く1000M通過は58.1秒。その後13秒台を2度刻むなど中弛みがあり、レース上がりは36.2。距離経験のない3歳牝馬の争いの中、生粋の逃げ馬ヤマニンファビュルの大逃げが消耗戦を招いた。ヤマニン自身の先行値は53RPM。ラップと数値のバランスを見ればレースレベルは低いとしていいだろう。

2007 レース先行値58RPM 良  前半35.2-上がり35.8
1着ローブデコルテ    2.25.3 34.7 ⑧⑧⑨⑨ 103【50-53】
2着ベッラレイア     2.25.3 35.0 ⑤⑥⑥⑤ 103【52-51】
3着ラブカーナ      2.25.4 34.6 ⑭⑬⑪⑫ 102【48-54】
逃げ脚質のスマートストームが最内に入ったことであっさり先手を取りそのまま大逃げ。レースは平均やや速めも、中弛みが一切なく流れはかなり厳しかった。レース先行値は58RPM。早め抜け出しを計ったベッラレイアはローブデコルテの急襲を受けハナ差2着に沈んだ。

2008 レース先行値41RPM 稍重 前半35.9-上がり35.7
1着トールポピー     2.28.8 35.3 ⑫⑦⑧⑦  97【38-59】
2着エフティマイア    2.28.8 35.4 ⑤⑦⑥⑤  97【39-58】
3着レジネッタ      2.29.0 35.2 ⑧⑪⑩⑩  95【36-59】
レースを引っ張ったのはエアパスカルで8枠発走だったにも関わらず積極策へ。ただ行きたい馬がおらず、2角手前でレースは落ち着き、流れは緩くなった。4角までの時計を見る限りはスローの瞬発戦を思わせたが、終わってみれば平均の流れ。レース上がりは35.7秒。稍重馬場の影響が大きかったのか時計はさっぱり。レース先行値41RPMで平均の流れでは凡戦という他ない。

2009 レース先行値46RPM 良  前半36.8-上がり34.8
1着ブエナビスタ     2.26.1 33.6 ⑮⑯⑮⑭ 100【38-62】
2着レッドディザイア   2.26.1 34.2 ⑨⑩⑨⑥ 100【42-58】
3着ジェルミナル     2.26.6 34.4 ④⑦⑩⑩  97【40-57】
道中は3F目から12.5秒前後を刻むワンペースの流れ。レースを作ったのはここまで逃げて結果を出してきたヴィーヴァヴォドカだが、後続陣は追いかけることなくレース全体としてはスローの流れで上がり勝負となった。結果は決め手に勝るブエナビスタが先に抜け出したレッドディザイアをゴール前で捉え辛勝。レース先行値46RPMで前後半差2.0秒。数値からも上位2頭の強さが際立った。

2010 レース先行値37RPM 稍重 前半35.4-上がり35.9
1着アパパネ       2.29.9 35.2 ⑥⑬⑬⑪  97【32-65】
1着サンテミリオン    2.29.9 35.3 ⑥⑩⑩⑧  97【33-64】
3着アグネスワルツ    2.30.2 36.1 ①②②②  95【37-58】
道中は13秒台を3度刻む緩い流れ。前半はニーマルオトメが後続を大きく引き離すも4角で飲み込まれており、逃げとしてはお粗末。レース先行値37RPMが示す通り本来ならばスローの瞬発戦のはずも結果的にミドルペースの持続戦に。稍重馬場を考えても凡戦。

以上が過去5年のオークスの概略。

経験のない2400M戦が事のほか厳しいのか、結果的に凡戦になりやすい。当欄はRPM値を基準にレースを分析するのが役割だが、ラップおよびペースから受ける印象は、後半の緩みが酷いこと。たとえばアパパネとサンテミリオンが同着した去年の場合、レース先行値は37RPMに過ぎない。通常なら完全なスローだ。ところが終わってみれば平均やや速めの流れになっている。つまりそれだけ上がりが遅いということ。レースレベルでいえば、RPM値が示す通り、2007年、2009年がまずまず平均点。それ以外は凡戦としていい。

では、今年はどうか。

桜花賞で比較してみる。

2009年 1着ブエナビスタ 107【32-75】
2010年 1着アパパネ    98【39-59】
2011年 1着マルセリーナ 101【39-62】

ひとつのレースだけで比較するのは危険かもしれないが、2009年には及ばず、昨年よりはやや上として大きくは違わないと思われる。

つまり決着のラインとしても、今年のオークスは100RPMを超えることはちょっと想像しにくいということだ。これは出走登録馬の近3走を見てもわかる。100RPMを超えるのはマルセリーナとホエールキャプチャの2頭しかおらず、桜花賞組を除けば90RPM台前半がキャリアハイという馬ばかりだ。それが初体験となる2400M戦で飛躍的にパフォーマンスを向上させるとは到底思えない。となれば決着ラインはせいぜい90RPM台後半。ペースは想定どおりだとしても流れはSペースの決め手勝負ではなく、Mペースとするべきではないか。

昨日の時点では……。

2011オークス⇒レース先行値45RPM弱。前後半差1.5~2秒程度のスローの瞬発戦

と設定していたが、以下の通り修正する。

2011オークス⇒レース先行値45RPM弱(42~45RPM)。前後半差イーブンから0.5秒程度遅め)。決着ラインは100RPM弱(97~99RPM)

これを基に脚質別の勝ち馬像をイメージして見ると……。

逃げ…先行値45RPM 総合値99RPM⇒要求される末脚値54RPM
先行…先行値42RPM 総合値99RPM⇒要求される末脚値57RPM
差し…先行値38RPM 総合値99RPM⇒要求される末脚値61RPM
追込…先行値35RPM 総合値99RPM⇒要求される末脚値64RPM

レースで勝ち負けするためには、先行脚質の馬ならば、末脚値50RPM台後半が条件となる。差し馬ならば60RPMの末脚値は必須となり、後方待機の馬ならば64~65RPMが要求されることになる。

たとえば、毎レース上がり最速を記録するスイートピーSの勝ち馬アカンサスの場合……。

アカンサス      83【21-62】 79【20-59】 80【25-55】

想定する位置取りとしては中位(10番手~12番手程度)。想定先行値で38RPM前後。要求される末脚値は60RPM以上となるが……。前走・先行値21RPMで62RPMの末脚値。距離が3ハロン延びる今回、先行値を15RPM以上伸ばして同等の末脚値を記録するとは想像しにくい。よって「勝ち負けの候補には加えられない」となる。

これが、似たタイプのフローラS勝ち馬バウンシーチューンとなると……。

バウンシーチューン  94【39-55】 58【03-55】 75【09-66】

位置取りとしてはアカンサスよりも後方(12番手~15番手程度)。想定先行値は35RPM前後のため、要求される末脚値は64~65RPM。前走94【39-55】を記録しており、3走前に66RPMの末脚値を記録している。となれば、今走・先行値を落とす条件で末脚値を上げてくることに違和感はない。つまり「馬券対象には残す必要あり」となる。これが先日、注目馬の一頭に挙げた理由。

これまで、3日間の考察を通し注目馬に挙げたのは、ホエールキャプチャ、ハブルバブル、ピュアブリーゼ、グルヴェイグ、バウンシーチューンの5頭だった。

グルヴェイグは一気の相手強化、初コース、初輸送など、いくつものハードルもあり、期待値優先で推奨するには抵抗はあるが、馬体の充実は目覚ましく好感度は高い。完成途上の感は否めないが、少なくとも「馬券対象に一考」の評価は必要。

その他3頭、ホエールキャプチャ、ハブルバブル、ピュアピリーゼに関する評価は変わらず「注目馬」としておくが、大外枠に入った先行脚質のピュアプリーゼはやや厳しいか。最終的には≪ハルパパの決断!≫にジャッジを委ねるものの当欄は評価を下げることとする。

マルセリーナに関しても触れておく必要があるだろう。

マリセリーナ     101【39-62】 96【36-60】 94【32-62】

前走で総合値101RPMを記録しており、すでに勝ち負けラインをクリアしている以上、切るのは無謀だろうが、当欄が気にするのはスタミナ面と初コース、初輸送の3点。これにゲートの悪さと折り合い面の課題があり、ネガティヴ材料がズラリ並ぶ。おそらく40RPM以上の先行値は要求されずに済みそうなので、スタミナ面での心配は軽減されるだろう。ただ初コース、初輸送に関してはまったくの未知。危険とまではいかなくとも評価としては「全幅の信頼はおけない」。もちろん、あっさり勝たれても文句はないが、馬体細化での出走となれば連対圏は危ういかもしれない。

今日は、最後に当欄が考える究極穴馬一頭と主軸候補一頭を挙げておく。


★RPM値から浮かび上がる究極の穴馬
人気ブログランキングへ
(↑クリックしてください。30位前後です)

★RPM値から浮かび上がる鉄壁の主軸候補

(↑クリックしてください。15位前後です)


………………………………………………………………………………………………………

ブログランキングに参加しています
  ↓ ↓ ↓
応援クリックお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
  ↓ ↓ ↓       ↓ ↓ ↓
  人気ブログランキングへ
  ↓ ↓ ↓      ↓ ↓ ↓
ブログランキング【くつろぐ】  ブログランキング  


質問・応援コメントはここからどうぞ。
RPM値に対してもできるだけブログ内で解説していく予定です。
   ↓ ↓


スポンサーサイト

コメント

嬉しい主軸候補ですね!マリセリーナは切れすぎるのが?です、東京では切れより持続する速い上がりが必要な気がします。まぁあっさり勝たれるかもしれませんが・・・(^^ゞ

URL | クマ #- 【2011/05/20 02:39】 *edit*

クマさん。分析官の代わりにハルパパがコメントをお返ししておきます。すみません…。
マルセリーナの切れは世代屈指のものですから、全てがうまく運んだ時はあっさり勝つまでありそうですね。桜花賞は自信を持って★としましたが、今回は懸念される材料が複数あるのは確か。そのひとつが輸送です。そして馬体減りですかね。輸送減りもあるだろうけど、競馬を使う度に減っていく体重は気になるところです。その点は分析官は馬体を見れる人でどうも今回のマルセリーナは感心しないと言ってました。ハルパパも同じ感触をもっています。

URL | ハルパパ #- 【2011/05/20 23:26】 *edit*

そうですね初輸送ですから・・・事前に予想発表するのは大変ですね、まぁこちらはパドック見ても余程の体重減でもなければ馬体なんかわかりませんが(^^ゞ。

あと調教がCW叩き一杯で終い12.4ってのがどうも、前回は安勝騎乗とは言え一杯追伸る11.2の凄い時計でしたから・・・連戦に弱いディープ産駒だけに反動が気になりますね、メイチ仕上げはキャプチャもですけど。

今回はかなり買う気になってます、また疫病神(乗ると外れる、スルーすると的中(´;ω;`))になるかもしれませんが(-_-;)。

>>「分析官の代わりにハルパパがコメントをお返ししておきます。すみません…。」 とんでもない返信いただけるだけでも(#^.^#)ですよ、忙しいときはスルーしてくださいど素人の戯言ですから。
こちらもどちらへともなく書き込んでおります、二人の方とゆう意識が薄いものでスミマセン。

URL | クマ #- 【2011/05/21 03:51】 *edit*

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://harupapa02.blog114.fc2.com/tb.php/375-c46bf2f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。