03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* category: レースカルテ

【ダービー】詳細レースカルテPART.2 

一日一回、応援クリックお願いします
        ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 競馬ブログへ

………………………………………………………………………………………………………

当ブログを始めて訪問された方は、下記を参照してください。
        ↓ ↓ ↓
競走馬リアル・パフォーマンス・メーター2011バージョン
 ビギナーズノート

当ブログの根幹ともいえるRPM値について簡単にまとめたものです。参考にしてください。

………………………………………………………………………………………………………

無料メルマガの登録は左のサイドバーまたは下記からも登録できます。
            ↓ ↓ ↓
【無料メルマガ】ハルパパ競馬の流儀~RPM値で勝ち馬を見抜け!~

ATTENTION! 
メルマガの発行日を変更します!
より実戦で役立つメルマガとすべく、従来の火曜・金曜から水曜・土曜に発行日を変更します。
●水曜(夕)⇒その週に行われたレースのRPM値を公開。カルテ⇒予想⇒結果が一目瞭然に!
●土曜(朝)⇒土・日曜の平場戦を含め、数値差の顕著な勝負レースや推奨馬を公開!
ご期待下さい! 

………………………………………………………………………………………………………


詳細レースカルテPART.2
ダービーGⅠ
5/29(日) 東京11R 芝2400M 

≪RPM値勝負ライン≫
●総合値⇒103RPM
●先行値⇒50RPM
●末脚値⇒53RPM
※当該クラスで勝ち負けする目安

≪RPM値一覧≫
【DATA】出走予定馬近3走RPM値一覧
★ウインバリアシオン   70【15-55】 91【31-60】 90【27-63】
★オルフェーヴル    107【41-66】 99【41-58】 92【25-67】
★サダムパテック    103【42-61】 94【34-60】 91【38-53】
★ショウナンパルフェ   69【16-51】 93【43-50】 86【41-45】
★ダノンバラード    102【43-59】 82【22-60】 87【28-59】
★デボネア       100【35-65】 93【32-61】 97【49-48】
★トーセンレーヴ     92【30-62】 68【15-53】 91【33-58】
★クレスコグランド    90【38-52】 87【36-51】 84【32-52】
★コティリオン     106【39-67】 93【29-64】 87【21-66】
★ナカヤマナイト    100【42-58】 86【21-65】 99【40-59】
★ノーザンリバー     94【34-60】 93【36-57】 D81【33-48】
★オールアズワン     94【36-58】 89【35-54】 87【32-55】
★トーセンラー      99【38-61】 93【28-65】 94【37-57】
★フェイトフルウォー   96【41-55】 97【52-45】 93【36-57】
★ベルシャザール     96【46-50】 98【43-55】 84【24-60】
★ユニバーサルバンク   90【39-51】 91【41-50】 86【26-60】
★エーシンジャッカル   99【43-56】 91【22-69】 80【30-50】
★リベルタス       28【34-△06】86【43-43】 94【36-58】
ロッカヴェラーノ   100【37-63】 85【35-50】 33【△30-63】
マイネルラクリマ   103【43-60】 87【40-47】 86【34-52】
ギュスターヴクライ   68【15-53】 93【33-60】 88【34-54】
スーサングレート    93【49-44】 84【36-48】 82【45-37】
※数値は左から、前走、2走前、3走前(総合値【先行値-末脚値】)
※「D」はダート戦。「△」はマイナス(△06=-6)。「」は除外対

≪レースカルテ②力量比較その2≫
昨日は皐月賞組の力量比較を行った。今日はその他のステップ組を考察する。
ダービーの重要ステップとしては、NHKマイルCと青葉賞、京都新聞杯の3レースがある。

まずはここ10年で重要ステップとなったNHKマイルCから。

【DATA①】5/8(日) 東京11R NHKマイルC 良
2着コティリオン     106【39-67】 1.32.4 33.4 ⑱⑱⑯
9着エーシンルジャッカル 99【43-56】 1.33.1 34.5 ⑮⑭⑬

コティリオン     106【39-67】 93【29-64】 87【21-66】

近3走の末脚値は66RPM⇒64RPM⇒67RPM。こと末脚の凄みという意味では、オルフェーヴルを唯一凌駕する。前走・NHKマイルCも4角16番手の絶望的な位置から上がり最速で2着に押し上げ、総合値で106RPMと世代トップレベルの力量を示した。過去10年、毎日杯⇒NHKマイルC経由のローテは、キングカメハメハとディープスカイの2頭のダービー馬を輩出。決して侮れない一頭だろう。それどころか、前走のパフォーマンスではオルフェーヴルに肉薄し逆転の可能性すら漂わせている。ただ一方で勝ち切れないもどかしさは如何ともしがたく、全6戦1勝の戦績はことごとく先行値の低さがアダとなっている。今走、指摘される多くは距離延長に対しての懐疑的な視点だろうが、当欄は距離適性以前に先行力の低さこそが弱点だと考えている。それでも前走経験した流れは自身39RPM。皐月賞のオルフェーヴルが41RPMの先行値だったことを考えれば一応は及第点か。末の爆発力はメンバー屈指。流れ次第では突き抜ける可能性ありと見るが……。

エーシンジャッカル   99【43-56】 91【22-69】 80【30-50】

前走は期待を裏切る9着惨敗。気性的に素直で折り合いに注文がつかず、どんな流れでも確実に伸びてくる抜群の印象がすっかり損なわれてしまった。一番の敗因はGⅠ特有の流れだろう。2走前は末が弾けたとはいえ、自身の先行値22RPMの緩い競馬でしかなかった。アフリートの肌にフジキセキでは、距離延長が条件の好転とはいえず、ここは強気になる材料が乏しそうだ。前走から中2週、好走する可能性があるとすればスローの瞬発戦に限られるのでは?

【DATA②】4/30(土) 東京11R 青葉賞 芝2400M 良
1着ウインバリアシオン  70【15-55】 2.28.8 33.6 ⑮⑯⑯⑬
2着ショウナンパルフェ  69【16-51】 2.28.9 34.2 ④③③③
3着トーセンレーヴ    68【15-53】 2.29.0 33.9 ⑫⑨⑨⑪

ウインバリアシオン   70【15-55】 91【31-60】 90【27-63】

正直、どの程度の評価が妥当なのか戸惑う感は否めない。前走・青葉賞はお世辞にも褒められたものではなく、末の確かさをアピールしただけのレース。それとて末脚値に直せば55RPMのパフォーマンス。本番と同じコースを走ったことで、「経験」のみ残った一戦というほかない。それまでの3戦(ラジオNIKKEI杯、きさらぎ賞、弥生賞)との違いは馬体が絞れたことと距離延長の2点。多少時計は詰めてくるだろうが、だからといって一線級に肉薄できるがといえば……首を傾げる。

ショウナンパルフェ   69【16-51】 93【43-50】 86【41-45】

前走・青葉賞2着はさほど評価に値しない。数値を見ればわかる通り元々高い先行値が強みだった。前走・距離が伸びて流れが落ち着いたにも関わらず末脚値を伸ばせなかったことを見ればダービーの舞台で勝ち負けのテーブルに乗せる力量にはない、とするのが妥当な評価だ。

トーセンレーヴ     92【30-62】 68【15-53】 91【33-58】

血統的に注目度が上がるのは仕方ないにせよ、純粋にパフォーマンスだけを見れば現状、「並みの馬」の評価しかできない。2走前の青葉賞も低レベルの一戦をなんとか3着した程度。前走で末脚値を62RPMとし、ようやく世代上位の面々と戦える下地ができたと見るのがわかりやすい現況。秋以降の進化に関しては少なからず期待感はあるが、ここでは「まだ足りない」とするのが妥当だろう。それでも3走前の毎日杯で差のない3着があり、「抑えに一考」することは否定しない。

【DATA③】5/7(土) 京都11R 芝2200M 良
1着クレスコグランド   90【38-52】 2.13.5 33.9 ⑥⑥⑥⑤
2着ユニバーサルバンク  90【39-51】 2.13.5 34.0 ③③③③

クレスコグランド    90【38-52】 87【36-51】 84【32-52】

前走・ほぼメイチのレースではなかったか。その結果、記録したパフォーマンスは90RPM。上位とは明確な差がありそうだ。近走、確実に数値をアップさせていることには好感を抱くが、まだこれからの馬という印象か。

ユニバーサルバンク   90【39-51】 91【41-50】 86【26-60】

世代上位と戦って差の競馬をしてきたが、どうも成長がとまりつつある印象を受ける。総合値も86RPM⇒91RPM⇒90RPM。いわば脚踏み状態である。前走の2着も相手関係に恵まれたと見た方がよいのではないか。現状、切れる脚がない分、前々でどこまで粘れるかがテーマ。鞍上が新味を出せれば……。

今日は皐月賞組以外の7頭を見たが総じて小粒な印象。この中で当欄が唯一推奨するのは人気ブログランキングへ

逆に危険な人気馬は、

………………………………………………………………………………………………………

ブログランキングに参加しています
  ↓ ↓ ↓
応援クリックお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
  ↓ ↓ ↓       ↓ ↓ ↓
  人気ブログランキングへ
  ↓ ↓ ↓      ↓ ↓ ↓
ブログランキング【くつろぐ】  ブログランキング  


質問・応援コメントはここからどうぞ。
RPM値に対してもできるだけブログ内で解説していく予定です。
   ↓ ↓



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://harupapa02.blog114.fc2.com/tb.php/385-c5fcd07a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。