09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* category: レースカルテ

【ダービー】詳細レースカルテPART.3 

一日一回、応援クリックお願いします
        ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 競馬ブログへ

………………………………………………………………………………………………………

当ブログを始めて訪問された方は、下記を参照してください。
        ↓ ↓ ↓
競走馬リアル・パフォーマンス・メーター2011バージョン
 ビギナーズノート

当ブログの根幹ともいえるRPM値について簡単にまとめたものです。参考にしてください。

………………………………………………………………………………………………………

無料メルマガの登録は左のサイドバーまたは下記からも登録できます。
            ↓ ↓ ↓
【無料メルマガ】ハルパパ競馬の流儀~RPM値で勝ち馬を見抜け!~

ATTENTION! 
メルマガの発行日を変更します!
より実戦で役立つメルマガとすべく、従来の火曜・金曜から水曜・土曜に発行日を変更します。
●水曜(夕)⇒その週に行われたレースのRPM値を公開。カルテ⇒予想⇒結果が一目瞭然に!
●土曜(朝)⇒土・日曜の平場戦を含め、数値差の顕著な勝負レースや推奨馬を公開!
ご期待下さい! 

………………………………………………………………………………………………………


詳細レースカルテPART.3
ダービーGⅠ
5/29(日) 東京11R 芝2400M 

≪RPM値勝負ライン≫
●総合値⇒103RPM
●先行値⇒50RPM
●末脚値⇒53RPM
※当該クラスで勝ち負けする目安

 ≪RPM値一覧≫ 
【DATA】出走予定馬近3走RPM値一覧
★ウインバリアシオン   70【15-55】 91【31-60】 90【27-63】
★オルフェーヴル    107【41-66】 99【41-58】 92【25-67】
★サダムパテック    103【42-61】 94【34-60】 91【38-53】
★ショウナンパルフェ   69【16-51】 93【43-50】 86【41-45】
★デボネア       100【35-65】 93【32-61】 97【49-48】
★トーセンレーヴ     92【30-62】 68【15-53】 91【33-58】
★クレスコグランド    90【38-52】 87【36-51】 84【32-52】
★コティリオン     106【39-67】 93【29-64】 87【21-66】
★ナカヤマナイト    100【42-58】 86【21-65】 99【40-59】
★ノーザンリバー     94【34-60】 93【36-57】 D81【33-48】
★オールアズワン     94【36-58】 89【35-54】 87【32-55】
★トーセンラー      99【38-61】 93【28-65】 94【37-57】
★フェイトフルウォー   96【41-55】 97【52-45】 93【36-57】
★ベルシャザール     96【46-50】 98【43-55】 84【24-60】
★ユニバーサルバンク   90【39-51】 91【41-50】 86【26-60】
★エーシンジャッカル   99【43-56】 91【22-69】 80【30-50】
★リベルタス       28【34-△06】86【43-43】 94【36-58】
★ロッカヴェラーノ   100【37-63】 85【35-50】 33【△30-63】
マイネルラクリマ   103【43-60】 87【40-47】 86【34-52】
ギュスターヴクライ   68【15-53】 93【33-60】 88【34-54】
スーサングレート    93【49-44】 84【36-48】 82【45-37】
※数値は左から、前走、2走前、3走前(総合値【先行値-末脚値】)
※「D」はダート戦。「△」はマイナス(△06=-6)。「」は除外対象

≪レースカルテ③展開予測≫ 今日は展開予測を中心とする。
先週のオークス同様、ここも確たる逃げ馬が不在でなかなか展開予測は難しい。登録馬の中で近走逃げ経験があるのは、2走前のロッカヴェラーノ(すみれ1着)と4走前のナカヤマナイト(ベゴニア賞1着)ぐらい。ちなみに、ダノンバラードが故障発生で回避となり、替わってロッカヴェラーノが繰り上がる模様。

さて、脚質はひとまず置いて、各馬の先行値を確認しておく。

メンバー上位の先行値=先行力を持つのが以下の3頭。
【DATA】ダービー出走予定馬の先行値上位3頭
1位フェイトフルウォー  97【52-45】(2走前・京成杯1着)※中山2000M
2位デボネア       97【49-48】(3走前・京成杯2着)※中山2000M
3位ベルシャザール    96【46-50】(前走・皐月賞11着)※東京2000M

また、レースの中心と目される皐月賞連対馬が前走記録したのが……。
オルフェーヴル     107【41-66】(前走・皐月賞1着)※東京2000M
サダムパテック     103【42-61】(前走・皐月賞2着)※東京2000M

ここに逃げ経験のある2頭の先行値を加えてみる。
ロッカヴェラーノ    85【35-50】(2走前・すみれS1着)※阪神2200M
ナカヤマナイト     86【25-61】(4走前・ベゴニア賞1着)※東京1600M

逃げ経験のある2頭は先行値にして35RPMと25RPM。数値の低さからして、実際のレースでも押し出された逃げ馬だったことは想像がつく。ここも近走の先行値から逃げを打つまではなさそうだが、一応、シミュレートしてみる。

ロッカヴェラーノの2走前の先行値は35RPM。自身でレースを作りそのまま押し切っているが、前走・皐月賞での先行値は38RPMで4角14番手。自身の先行値は2RPM伸びているが位置取りは真逆。つまり、道中ムリをさせずに自分のリズムで走った結果の位置取りだったことがわかる。その分、末を伸ばししっかり力量を発揮しての6着だったことが窺える。となれば今走も果敢な逃げを打つシーンは想像しにくい。このメンバー相手に逃げを打てば、過去のパフォーマンスからほぼ玉砕の形となるからだ。

ナカヤマナイトの場合はどうか。前走・レース間隔は中9週。ひと息入っての本番出走だった点は気にしておく必要がある。その皐月賞で記録したのが100【42-58】RPM。ナカヤマナイトの場合、ベゴニア賞ではただ押し出されただけだが、昨年12月のホープフルSの時点で、すでに自身の先行値42RPMを記録している(同レース2着)。つまり皐月賞の流れは経験済みで、さほど苦労はしていなかったのではないかと想像できる。その割に末脚値が伸びていないのは、やはりレース間隔のせい? 今走で同様のレースをすれば末脚値は伸ばしてくると思われるが、同位置からの追い比べに分が悪いと感じているなら思い切った先行策⇒早め抜け出しの線もあるか。その場合でも自身の先行値50RPMを越えることはなく、45~46RPM。逃げるまではなさそうだ。

とすれば先行値の高い3頭の動きがレースの流れを左右する可能性がぐっと高まるだろう。
ベルシャザールは出負けした共同通信杯以外は基本的に先行策、それも番手競馬が基本。逃げに対しては未知だが、前走並みの流れなら作ることは可能だろう。それに前走で不甲斐ないレースをしていることもあり、巻き返しを狙った積極策の線は十分。鞍上も後藤騎手なら間違っても下げることはなく、自身の先行値にして48RPMあたりまでは見込めるか(後藤騎手があまり色気を出すようだと、逆に先行値は下がると見る)。

フェイトフルウォーは放馬から始まったレースキャリアが象徴するようにレースぶりもバラバラ。鞍上がなだめるのに苦労するシーンも多い。2走前の京成杯では終始3、4番手で流れに乗り自身52RPMの先行値を記録して押し切った。RPM値を基準にレースを捉える当欄の評価として「ポテンシャルは相当高い」と思っている。先にUPしたカルテでは「前半でレースが終わる可能性」を指摘したが、テンションが上がり過ぎればさすがに2400Mは持たないと思われるが、京成杯当時のデキに戻れば、唯一50RPMを越える流れに対応できる強みは認めておきたい。ちなみに京成杯で下した相手が皐月賞4着馬デボネア。レースレベルは低くはなかった。

さて、そのデボネアだが……。今回、鞍上にダーレーの主戦デットーリが起用される。テン乗りで楽ではないだろうが、それでも日本のGⅠを4勝している腕は怖い。そのデボネアは3走前の京成杯で自身49RPMを記録している。前走35RPMの先行値で末脚値を伸ばし総合値100RPMを記録し4着だったが、本来的には50RPMまでの流れなら対応できる先行力を有している。いきなり逃げることはないにせよ、強力な差し馬勢と対峙するためには前走よりも位置取りを前に取るのは大前提。当欄は、自身の先行値45RPM前後で好位差しの競馬で勝負するのでは、と考えている。

ここまでの考察から、おおよその流れがイメージできる。
フェイトフルウォーがかかれば、50RPMを越えて55RPMまでの流れ=平均やや速め(0.5~0.7秒程度前傾)もあるが、基本線としては……。

2011年ダービー⇒レース先行値48RPM程度(ほぼ平均ペース)
          連対圏を表す勝負ライン105RPM前後

勝ち負けのライン105RPMと設定したが、これをクリアしているのは、オルフェーヴルとコティリオンの2頭。前者は前走から距離が400Mの延長。血統背景からも対応できると見るがここでさらにパフォーマンスを挙げるには先行値ではなく末脚値を上げることとなり事実上厳しいか。もちろん前走と同程度のパフォーマンスで十分勝負になるわけだが……。コティリオンは前走から800Mの距離延長。それに、2走前から前走にかけて総合値で13RPM上昇させている。ここでさらに大きくパフォーマンスをアップさせるのはさすがにシンドイ。道中脚を溜めての末脚勝負が基本となりそう。近3走で記録する末脚値は66RPM⇒64RPM⇒67RPM。先行値の増減=流れを問わず、確実に使える末脚は魅力。先行値40RPMで流れに乗れれば、かなり面白い存在と感じる。

今日はここまでとし、明日、近5年のダービーを振り返りつつ、さらに馬券に近づく努力をしたいと思う。

今日の展開予測から、注目馬一頭と危険な人気馬をあげておく。


★展開面から浮かび上がる注目馬
人気ブログランキングへ
(↑クリックしてください。35位前後です)

★展開面から浮かび上がる危険な人気馬

(↑クリックしてください。15位前後です)


………………………………………………………………………………………………………

ブログランキングに参加しています
  ↓ ↓ ↓
応援クリックお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
  ↓ ↓ ↓       ↓ ↓ ↓
  人気ブログランキングへ
  ↓ ↓ ↓      ↓ ↓ ↓
ブログランキング【くつろぐ】  ブログランキング  


質問・応援コメントはここからどうぞ。
RPM値に対してもできるだけブログ内で解説していく予定です。
   ↓ ↓


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://harupapa02.blog114.fc2.com/tb.php/386-fdb7632d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。