09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* category: 中央競馬特別予想

【恵山特別】ハルパパの決断!渾身の一鞍! 

一日一回、応援クリックお願いします
        ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 競馬ブログへ

………………………………………………………………………………………………………

当ブログを始めて訪問された方は、下記を参照してください。
        ↓ ↓ ↓
競走馬リアル・パフォーマンス・メーター2011バージョン
 ビギナーズノート

当ブログの根幹ともいえるRPM値について簡単にまとめたものです。参考にしてください。

………………………………………………………………………………………………………

無料メルマガの登録は左のサイドバーまたは下記からも登録できます。
            ↓ ↓ ↓
【無料メルマガ】ハルパパ競馬の流儀?RPM値で勝ち馬を見抜け!?

ATTENTION! 
メルマガの発行日を変更します!
より実戦で役立つメルマガとすべく、従来の火曜・金曜から水曜・土曜に発行日を変更します。
●水曜(夕)⇒その週に行われたレースのRPM値を公開。カルテ⇒予想⇒結果が一目瞭然に!
●土曜(朝)⇒土・日曜の平場戦を含め、数値差の顕著な勝負レースや推奨馬を公開!
ご期待下さい! 

………………………………………………………………………………………………………


ハルパパの決断!
の一鞍!
恵山特別
7/9(土) 函館10R 芝1800M 500万条件

≪RPM値勝負ライン≫
●総合値⇒91RPM
●先行値⇒43RPM
●末脚値⇒48RPM
※当該クラスで勝ち負けする目安

≪RPM値一覧≫
【DATA】出走馬8頭の近3走RPM値一覧
①ニチドウルチル    59【57-02】  84【33-51】  93【45-48】
②ウアジェト      75【22-53】  81【26-55】 D57【38-19】
③クリスマドンナ   D58【09-49】 D73【22-51】 D78【30-48】
④ヤマニンアーマー   88【34-54】  87【37-50】 D71【29-42】
⑤シャイニーブレーヴ  91【42-49】  83【28-55】 82【17-65】
⑥マイネルインゼル   94【47-47】  78【31-47】  90【47-43】
⑦ディオーサ      83【39-44】  83【35-48】  94【40-54】
⑧ポケッタブルゲーム  81【35-46】  81【26-55】  84【43-41】

※数値は左から、前走、二走前、三走前(総合値【先行値-末脚値】)
※「D」はダートレース

≪ハルパパ・スコープ!≫
こんばんは。ハルパパです。週末がやってきました。今週は日曜日にプロキオンSと七夕賞の重賞が行われます。今週はバットを短く持ちシャープに振り抜いてクリーンヒットの量産を狙って頑張ります。好球必打!土曜日の勝負は函館の10Rの恵山特別と最終レース、京都の10R枚方特別の3鞍勝負を予定しています。

まずは勝負レースの1番手、函館10R恵山特別の予想から入ります。

ここは8頭立てと少頭数のレースです。ここを本線的中をさせて弾みをつけるには手頃な頭数だと思います。
まずメンバー構成ですが、1000万条件からの降級馬が2頭であとは自己条件の馬ということになります。そして斤量の恩恵がある3歳馬が2頭参戦していますね。この時期はとにかく降級馬には注意が必要です。もともとこのクラスを勝ち上がっているのだから力量は上位であることは間違いありません。ただし降級馬ならなんでも飛びつくのかというと、それはそれで考えものだと思います。降級馬2頭について調べることが必要ですね。

ニチドウルチル
1000万からの降級初戦。近2走は道悪のハイペース、不利な大外枠等の悪条件で凡走していますが、すんなり先行してマイペースでレースを運ぶとと1000万クラスでも差のない競馬ができています。前走から中5週のローテですが、最終追い切りを含めて5本は時計を出しているので体調的には問題なさそうですね。この馬の評価をするのにはこのクラスを勝ち上がった時期とレース内容を調べないとなりません。
この馬は昨年の8月に函館の500万条件の平場戦を勝っていますが、当時のRPM値は77【27-50】という低レベルな一戦です。斤量は52キロでマークしたもので評価できる内容ではありません。
この馬の本質は逃げだと思っています。逃げてのベストパフォーマンスを調べてみると3走前の蓬莱峡特別の4着が該当します。93【45-48】がこの馬のベストパフォーマンスということです。前走の先行値で57RPMを出していますが、これは不良馬場で特異な馬場状態による補正が入っていて額面通りには評価できません。またそのペースで歩いてしまっているのでこの馬の勝負になる先行値はほぼ45RPMが限界とみていいと思います。それ以外のレースでの逃げを調べてもほとんどが40RPMを切る先行値でした。つまりここは暴走しなければ45RPM程度までをみておけばよさそうです。問題はこの先行値で主導権を握れるかどうかだけということです。

ディオーサ
1000万からの降級二戦目。前走は函館の牝馬限定の遊楽部特別で2番人気に推されるも7着と凡走。当時は4か月半の休み明けで+18キロという馬体重でした。凡走といっても0.5差だから今回は叩き2戦目での上積みが期待されておそらく今回は1番人気となりそうですね。さて、牝馬の叩き二戦目が本当にあてになるものなのか。これはそのまま鵜呑みには出来ないところがあると思います。前走は83【39-44】でスローの2番手から伸び切れずに後ろから数頭に差されてしまいました。内容は決して楽観できるとは思えません。この馬のベストパフォーマンスは差しに回った時で、具体的には4走前の中山の1000万条件の平場戦でマークした98【37-61】です。ただし、この数値をマークしたひとつ前のレースでは96【48-48】をマークしています。つまり前走の83【39-44】からいきなりベストに近い数値をマークすることができるのかどうかが問題ですね。
最終追い切りは時計的にはまずまずの内容ですが、中1週で一杯に追ってきたところをみると馬体がまだ緩い可能性は大きいと思います。明日の馬体重は要チェックですね。もし2~3キロ減程度なら苦戦するかもしれませんよ。それでも今回は他に強力な実力馬が不在だから馬券の対象から切るまでには至らないかな。ハルパパは最初の段階から主軸とするべき馬ではないと思います。末脚勝負の馬の函館競馬場は楽ではないと思えて仕方ありません。先行しても持ち味が生かされないところも前走でみせていますからね。

展開面を探っていくと、逃げ候補は最多で4頭います。8頭立てで4頭ですから半分が逃げ候補ということになります。これはもしかしたら先行争いが激しくなる可能性がありますね。逃げ候補4頭とは、内からニチドウルチル、3歳馬のウアジェトとヤマニンアーマー、マイネルインゼルです。ただしウアジェトの今までの最速先行値は39RPMでヤマニンアーマーが37RPM程度ですから、ここではハナ争いに参戦できそうもありませんね。もし参戦するとしたらそれは暴走気味のレース運びということだと思います。しかもウアジェトもヤマニンアーマーも前走からの間隔が空いていますが明らかに追い不足。中間の調教本数がまったく足りていません。これはクリマドンナにも同じようなことが言えます。となると、レースを引っ張るのはニチドウルチルかマイネルインゼルということになりそうです。マイネルインゼルの先行値はほぼ前走並みの49~50RPMです。さきほどニチドウルチルの先行値は45RPM程度としていますから、ここはマイネルインゼルが枠的には外でもハナに行く可能性は高そうですね。仮に番手の位置に落ち着いたとしてもバックストレッチの坂を上り切った当たりでは、ニチドウルチルにとってはつらくなる50RPM程度の先行値でプレッシャーをかけると思います。マイネルインゼルは抑えも利きますが前走のように逃げた方が本来は良さそうです。マイネルインゼルが前走示した94【47-47】は単騎でうまくレースできたとはいえ、函館競馬場の今回と同距離でマークした数値だから額面通りに受けとめていいと思います。ずばり馬券対象でしょう。

気が利いた差し馬にも目を向けてみると、シャイニーブレーヴが参戦していますね。この馬はマイネルインゼルとは近走で3回も対戦しています。対戦成績はシャイニーブレーヴの2勝1敗。その1敗は前走の奥尻特別です。着差は0.2秒。マイネルインゼルが馬券対象と判断する以上はこの馬も当然のこととして同評価は必要になりますよね。ただしこの馬は函館コースはあまり得意とはいえない感じの走りでした。広々として直線が普通に距離があるコースがベストで函館ゆえにマイネルインゼルに先着を許したと言えなくもありません。それでも着差が着差ですからやはり評価すべきでしょう。

ディオーサも体調万全なら一番あてになる末脚をもっていますが、函館コースだと今一つ割り引く必要があるかもしれません。この馬については既に書きましたのでここまでにします。

あとは大外のポケッタブルゲームですか。とにかく順調に続けて競馬を使えないまま6歳になった馬です。6歳馬なのにまだデビューから15戦しかしていません。今回中1週で使えるのはこの馬にとってはプラス材料かな。
前走は6か月の休み明けでRPM値は81【35-46】でした。数値を見る限りでは平凡ですが内容はこの数値にプラス補正を加えなければならないですね。なにしろ勝負処から前が詰まって追うに追えないままゴール。その間に何回前の馬に接触しそうになりブレーキをかけたことか。まあそんな位置にいた丸田騎手が悪いんですけどね。
今回は大外枠だから中で包まれる危険性はないだろうし、前走よりも先行レベルが高いレースである程度流れる感じだから馬群もバラケそうです。前走の上がり600Mの不利を補正するならば、末脚値にプラス10RPMくらいしてもいいくらいの不利でしたよ。となると総合値も91RPMに跳ね上がるし、叩き2戦目の上積みを期待できそうだから馬券対象になりますかね。

最終決断は人気ブログランキングへに軸不動(3着以内)の★。相手$$$4騎ですが狙い目は相手第一本線の馬で勝負馬券を考えていきます。

≪ハルパパ馬券四十八手≫
軸不動の★からの勝負馬券は三連複とワイドが基本。少しのリスク承知で馬連までは許容範囲かな。

勝負ワイド馬券  ★=の1点!
三連複基本予想  ★1頭軸相手$$$の6点!

勝負三連複馬券  ★=$$$の3点!

★マイネルインゼル
ポケッタブルゲーム
シャイニーブレ―ヴ
$ディオーサ
$ニチドウルチル

………………………………………………………………………………………………………

ブログランキングに参加しています
  ↓ ↓ ↓
応援クリックお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
  ↓ ↓ ↓       ↓ ↓ ↓
  人気ブログランキングへ
  ↓ ↓ ↓      ↓ ↓ ↓
ブログランキング【くつろぐ】  ブログランキング  


質問・応援コメントはここからどうぞ。
RPM値に対してもできるだけブログ内で解説していく予定です。
   ↓ ↓
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://harupapa02.blog114.fc2.com/tb.php/458-f74413d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。