09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* category: レースカルテ

【マリーンS】詳細レースカルテPART.2 

一日一回、応援クリックお願いします
        ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 競馬ブログへ

………………………………………………………………………………………………………

当ブログを始めて訪問された方は、下記を参照してください。
        ↓ ↓ ↓
競走馬リアル・パフォーマンス・メーター2011バージョン
 ビギナーズノート

当ブログの根幹ともいえるRPM値について簡単にまとめたものです。参考にしてください。

………………………………………………………………………………………………………

無料メルマガの登録は左のサイドバーまたは下記からも登録できます。
            ↓ ↓ ↓
【無料メルマガ】ハルパパ競馬の流儀~RPM値で勝ち馬を見抜け!~

ATTENTION! 
メルマガの発行日を変更します!
より実戦で役立つメルマガとすべく、従来の火曜・金曜から水曜・土曜に発行日を変更します。
●水曜(夕)⇒その週に行われたレースのRPM値を公開。カルテ⇒予想⇒結果が一目瞭然に!
●土曜(朝)⇒土・日曜の平場戦を含め、数値差の顕著な勝負レースや推奨馬を公開!
ご期待下さい! 

………………………………………………………………………………………………………


詳細レースカルテPART.2
マリーンステークス
7/17(日) 函館11R ダート1700M

≪RPM値勝負ライン≫
●総合値⇒113RPM
●先行値⇒58RPM
●末脚値⇒55RPM
※当該クラスで勝ち負けするための目安

≪RPM値一覧≫
【DATA】登録馬13頭の近三走RPM値
★ウエスタンマックス 100【48-52】  97【36-61】 96【39-57】
★エーシンモアオバー 114【58-56】 109【61-48】 113【52-61】
★シャイニングアワー 102【43-59】 103【39-64】 101【51-50】
★タカオセンチュリー  98【55-43】 110【60-50】  97【46-51】
★ツクバホクトオー  113【54-59】 116【60-56】 108【60-48】
★テスタマッタ    107【55-52】 116【60-56】 116【44-72】
★パワーストラグル  109【55-54】  98【49-49】 100【49-51】
★ピサノエミレーツ   97【50-47】 108【62-46】 103【31-72】
★ヒロボクワイルド  104【55-49】 107【50-57】 107【45-62】
★ピースオブパワー  108【52-56】  97【60-37】  98【54-44】
★メダリアビート   104【51-53】 108【60-48】 106【43-63】
★メンデル       94【47-47】  99【50-49】 102【31-71】
★ランフォルセ    120【61-59】 113【51-62】 107【60-47】
※数値は左から、前走、二走前、三走前(総合値【先行値-末脚値】)


≪レースカルテ③展開予測≫
逃げ候補エーシンモアオバーの先行値は以下の通り。

エーシンモアオバー 114【58-56】 109【61-48】 113【52-61】
前 走 58RPM(大沼S1着 函館ダ1700M)
二走前 61RPM(ベテルギウスS6着 阪神ダ2000M)
三走前 52RPM(エルムS3着 札幌ダ1700M)

前走・大沼Sは7カ月の休養明けで馬体重+22キロでの出走。先行値58RPMなら、決してぬるいペースでもない。逃げて上がり最速でまとめられては、後続馬は成す術がなかった。本来叩き良化型であることを考えれば、想像以上に強かったといっていい。エーシンモアオバーは函館・札幌適性が高く、夏に強い。それでも好走ゾーンとしては、自身の先行値60RPM以下。できれば55RPM程度で抑えられるのが理想だろうと思う。具体的には三走前のエルムSのような52RPMで逃げて61RPMでまとめるレース。このときは札幌巧者のクリールパッションとオーロマイスターに先着を許したが、悪い内容ではなかった。

前走を見て感じるのは馬が相当パワーアップしているのではないか、ということ。状態としては太め残りで八分程度のデキだったはずだが、総合値114RPMを記録している。つまり、前進が見込める今回は、116~118RPM程度のパフォーマンスを見せても不思議でないということ。先行値にしても去年までなら速かったはずの60RPMも苦にしない可能性を感じる。

さて、登録馬の先行値をチェックすると、60RPMをマークする馬が実に8頭いる。一見ペースの上がりそうな印象だが、「良馬場で60RPMをマークできる馬」と限定すれば、実際のところはエーシンモアオバーとランフォルセの2頭しか残らない。登録馬13頭中9頭が大沼S組であることを考えれば、ペースはほぼ前走並み~+2RPM程度と見積もっておけばよいだろう。

2011マリーンS⇒レース先行値58~60RPM Mペース持久戦

さらにエーシンモアオバーがパワーアップしている前提で、連対圏の勝負ラインを想定すれば……。

2011マリーンS⇒連対圏勝負ライン116RPM

かなり限定されるはずだ。とくに大沼S組の逆転はかなり厳しいだろう。何もなければランフォルセとのマッチレースの線が濃厚で、力量馬テスタマッタの巻き返しをケアしておけばいいとなるが……。

もちろん別のシナリオもなくはない。エーシンモアオアバーが執拗に突かれ、直線で垂れるようなことになれば……。

当欄が馬券候補に推奨する馬は以下の2頭。


★RPM値から浮かび上がる注目馬①
人気ブログランキングへ
(↑クリックしてください。40位前後です)

★RPM値から浮かび上がる注目馬②

(↑クリックしてください。15位前後です)


………………………………………………………………………………………………………

ブログランキングに参加しています
  ↓ ↓ ↓
応援クリックお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
  ↓ ↓ ↓       ↓ ↓ ↓
  人気ブログランキングへ
  ↓ ↓ ↓      ↓ ↓ ↓
ブログランキング【くつろぐ】  ブログランキング  


質問・応援コメントはここからどうぞ。
RPM値に対してもできるだけブログ内で解説していく予定です。
   ↓ ↓


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://harupapa02.blog114.fc2.com/tb.php/464-08f3634d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。