03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* category: レースカルテ

【祇園S】詳細レースカルテPART.2 

一日一回、応援クリックお願いします
        ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 競馬ブログへ

………………………………………………………………………………………………………

当ブログを始めて訪問された方は、下記を参照してください。
        ↓ ↓ ↓
競走馬リアル・パフォーマンス・メーター2011バージョン
 ビギナーズノート

当ブログの根幹ともいえるRPM値について簡単にまとめたものです。参考にしてください。

………………………………………………………………………………………………………

無料メルマガの登録は左のサイドバーまたは下記からも登録できます。
            ↓ ↓ ↓
【無料メルマガ】ハルパパ競馬の流儀~RPM値で勝ち馬を見抜け!~

ATTENTION! 
メルマガの発行日を変更します!
より実戦で役立つメルマガとすべく、従来の火曜・金曜から水曜・土曜に発行日を変更します。
●水曜(夕)⇒その週に行われたレースのRPM値を公開。カルテ⇒予想⇒結果が一目瞭然に!
●土曜(朝)⇒土・日曜の平場戦を含め、数値差の顕著な勝負レースや推奨馬を公開!
ご期待下さい! 

………………………………………………………………………………………………………


詳細レースカルテPART.2
祇園ステークス
7/17(日) 京都11R ダート1800M OP

≪RPM値勝負ライン≫
●総合値⇒120RPM
●先行値⇒58RM
●末脚値⇒62RPM
※当該クラスにおける勝ち負けの目安

≪RPM値一覧≫
【DATA】出走予定馬14頭の近三走RPM値一覧
★アルトップラン   110【47-63】 107【60-47】 102【46-56】
★インバルコ       公営    112【43-69】 111【52-59】
★ウインペンタゴン   98【36-62】  97【58-39】  99【39-60】
★サクラロミオ     98【53-45】 115【54-61】 109【62-47】
★スマートタイタン  107【57-50】 112【59-53】 103【37-66】
★タガノエクリプス   96【44-52】  90【47-43】  97【36-61】
★タガノクリスエス  109【58-51】 112【45-67】 108【50-58】
★トップカミング   T98【43-55】 T97【50-47】 T85【40-45】
★ナニワトモアレ   107【58-49】 112【31-81】 T97【62-35】
★ニホンピロアワーズ 118【50-68】 106【53-53】 108【50-58】
★ピイラニハイウェイ 108【58-50】 107【59-48】 104【58-46】
★フォルテベリーニ    障害      障害     障害
★メイショウダグザ  112【50-62】  90【48-42】  96【49-47】
★レインフォーレスト T98【44-54】 T99【33-66】 T102【45-57】
※数値は左から、前走、二走前、三走前(総合値【先行値-末脚値】)

≪レースカルテ③展開予測≫
近走、逃げた経験のある馬はニホンピロアワーズとメイショウダグザの2頭。どちらかが先手を取ると見るのが妥当と思われるが……。

各馬の先行値を比較して見る。

もっとも高い先行値を記録しているのが、意外にもサクラロミオだ。

サクラロミオ    109【62-47】(三走前・師走S6着)※中山ダ1800M

この時はかなり速い流れでサクラロミオ自身は道中7~8番手の競馬。脚質的に他力本願タイプでレースの流れによって先行値は大きく上下する。ここでひとつ注意すべきは、自身60RPM程度の流れ(レース先行値65~70RPM)なら110RPM程度にまとめる力量があるということ。逆に50RPMそこそこなら60RPM以上の末脚値が期待でき、上位進出も可能となろう。わかりやすく速い流れで浮上する中位差しの馬としていい。ただし「流れを作る側」にはなりえず、ひとまずは横においておくこととする。

アルトップラン、ウインペンタゴン、スマートタイタン、ナニワトモアレの4頭も近走で60RPM前後の高い先行値を記録している。

アルトップランの二走前は不良馬場で流れが速く4角7番手ですら60RPMを記録したが、実際のところは50RPMで中位~後方につけ脚を溜めるタイプ。

ウインペンタゴンも同様だが、力量的には大きく下回る存在。

スマートタイタンの二走前のパフォーマンスは高レベルだったが、19カ月の長休明け+格上挑戦では……。展開面を左右する存在とはなりえまい。

ナニワトモアレは近走条件違いのレースを使っているため参考としにくいが……。好位・中位・後方と一見自在型ともとれる脚質も、実際は「安定感を欠くレースぶり」とした方がよく、ムラ駆け傾向が強い。場合によっては展開面に影響する可能性はある。

高い先行値をマークしている馬がもう一頭いる。ピイラニハイウェイだ。

ピイラニハイウェイ 108【58-50】 107【59-48】 104【58-46】

近三走で平均的に高い先行値を記録している。たまたま重~不良のレースが続き、脚抜きのいい馬場の影響からペースが上がったものとも考えられるが、五走前にはアルデバランS(京都1900M)で番手競馬を試みワンダーアキュートを下している。さすがにハナに立つことはないだろうが、展開面では大きく影響する可能性を感じる。

ようやく逃げ候補と目されるニホンピロアワーズとメイショウダグザについて触れられる。この2頭は脚質のわりに先行値が低い。

ニホンピロアワーズ 118【50-68】 106【53-53】 108【50-58】
メイショウダグザ  112【50-62】  90【48-42】  96【49-47】

ともに近走は50RPM前後の先行値で推移している。つまり、緩い流れで先手を奪い勝ち鞍を挙げていることがわかるだろう。

まずは、メイショウダグザについて。

ゲートの出が良くテンに速いタイプ。前走2番ゲートから先手を奪い結果が出たことからここでも逃げる可能性はあるも、なにぶんスピードが足りない。ゲートが中~外に行くようなら力量的にハナには立てないだろう。一方で末脚値にも不安があり控えて結果が出せるとも思えない。展開的には苦しい一頭の印象を受ける。

さて。

一番人気濃厚のニホンピロアワーズ。

脚質からは逃げ~先行策が基本。飛びの大きな走法もあり、テン=最初の1ハロンは速くない(瞬発力に欠ける)。ただ2ハロン目にはしっかちスピードに乗るため、その気があればここでもハナに立つだけの力量はあると思われる。ニホンピロアワーズのレースを見て感じるのは、「包まれることを嫌う傾向にある」ということ。理想は中~外枠に入り、2~3番手の外めを気分良く走らせることにある。その意味では枠順の影響が大きく、内なら逃げ、中~外なら2~3番手の競馬となるのではないか。

一連の考察から、流れを予測すると……。

2011祇園ステークス⇒レース先行値55~56RPM Mペースの持久戦(Sペース寄り)
            連対圏の勝負ライン113~114RPM

展開面から注目する2頭を挙げておく。

★展開面から浮かび上がる注目馬①
人気ブログランキングへ
(↑クリックしてください。40位前後です)

★展開面から浮かび上がる注目馬②

(↑クリックしてください。20位前後です)


………………………………………………………………………………………………………

ブログランキングに参加しています
  ↓ ↓ ↓
応援クリックお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
  ↓ ↓ ↓       ↓ ↓ ↓
  人気ブログランキングへ
  ↓ ↓ ↓      ↓ ↓ ↓
ブログランキング【くつろぐ】  ブログランキング  


質問・応援コメントはここからどうぞ。
RPM値に対してもできるだけブログ内で解説していく予定です。
   ↓ ↓


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://harupapa02.blog114.fc2.com/tb.php/466-13f58aba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。