08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* category: レースカルテ

【キーンランドC】詳細レースカルテPART.1 

一日一回、応援クリックお願いします
        ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 競馬ブログへ

………………………………………………………………………………………………………

当ブログを始めて訪問された方は、下記を参照してください。
        ↓ ↓ ↓
競走馬リアル・パフォーマンス・メーター2011バージョン
 ビギナーズノート

当ブログの根幹ともいえるRPM値について簡単にまとめたものです。参考にしてください。

………………………………………………………………………………………………………

無料メルマガの登録は左のサイドバーまたは下記からも登録できます。
            ↓ ↓ ↓
【無料メルマガ】ハルパパ競馬の流儀~RPM値で勝ち馬を見抜け!~


………………………………………………………………………………………………………


詳細レースカルテPART.1
キーンランドカップGⅢ
8/28(日) 札幌11R 芝1200M

≪RPM値勝負ライン≫
●総合値⇒115RPM
●先行値⇒59RPM
●末脚値⇒56RPM
※当該クラスで勝ち負けするための目安

≪RPM値一覧≫
【DATA】登録馬23頭の近三走RPM値一覧
★アポロフェニックス  102【34-68】 100【38-62】  89【30-59】
★アンシェルブルー   114【55-59】 111【60-51】 112【48-64】
★オリオンスターズ    96【56-40】  99【38-61】 103【33-70】
★カゼグッドボーイ    94【34-60】  89【19-70】 103【39-64】
★ガルボ        101【31-70】 103【44-59】 109【55-54】
★カレンチャン     115【54-60】 113【48-65】 104【45-59】
★グランプリエンゼル   99【34-65】 112【60-52】 102【38-64】
★ケイアイアストン   101【51-50】 109【40-69】  96【51-45】
★コパノオーシャンズ   92【32-60】  84【22-62】  98【47-51】
★サープラスシンガー   91【47-44】 100【49-51】  90【52-38】
★シャウトライン    101【38-63】 104【48-56】 103【36-67】
★ショウナンアルバ    83【48-35】  94【33-61】 108【35-73】
★ショウナンカザン    61【16-45】 103【58-45】  86【28-58】
★ジョーカプチーノ   118【62-56】 111【39-72】 102【43-59】
★スギノエンデバー    87【26-61】  91【21-70】 101【39-62】
★セブンシークィーン   96【36-60】  96【35-61】 106【39-67】
★パドトロワ      108【63-45】 101【55-46】 110【57-53】
★ビービーガルダン   103【54-49】 108【37-71】  98【49-49】
★ベイリングボーイ   101【46-55】 101【45-56】  98【41-57】
★マジカルポケット    93【48-45】 100【37-63】  91【45-46】
★マヤノツルギ      96【56-40】  83【54-29】  92【43-49】
★ミオリチャン     106【58-48】 105【43-62】  92【40-52】
★レジェトウショウ   112【48-64】 102【27-75】  99【31-68】
※数値は左から、前走、二走前、三走前(総合値【先行値-末脚値】)

≪レースカルテ①基本データ≫
RPM値勝負ライン
115【59-56】(クラスで勝ち負けするための目安)
コース
札幌1200M(右回り)。
Aコース使用
高低差0.6M。直線266M
想定されるペースとレースタイプ
Hペースの消耗戦
逃げ馬候補
パドトロワ、シャウトライン、サープラスシンガー、ジョーカプチーノ
休養明け(中10週以上)
ガルボ、グランプリエンゼル、コパノオーシャンズ、サープラスシンガー、ショウナンカザン、ジョーカプチーノ、ビービーガルダン

≪レースカルテ②レースの構図≫
フルゲート16頭に対して23頭が登録。7頭が除外されるが対象馬は力量不足の面々であり、考察するうえではさして支障なさそうである。

基本的な構図はカレンチャンVSジョーカプチーノVSその他、といったところだろうか。

カレンチャンの前走は控える競馬(4角5番手)で、前が止まらない&直線の短い函館でもきっちり差し切っており、着差以上に強い内容としていい。マークした数値は115RPM。重賞で主役を張るに足る数値であり、休み明けだった点を考慮すればかなりのレベルだろう。ここで結果が出ればスプリンターズSへ向けて視界も開けることになるし、同時に今走はサマースプリントシリーズの優勝もかかっており、陣営の本気度も確かと見ていい。

一方、ジョーカプチーノは前走・安田記念で118RPMをマークしているが、これは58キロ⇒56キロの斤量減によるもの。加えて過去1200M戦のベストパフォーマンスは五走前のラピスラズリSでマークした113【51-62】。戦績からスプリント戦がベストと見る向きもあろうが、パフォーマンスの観点からは1600M戦よりもダウンする印象も受ける。もちろん5戦して<4.0.0.1>とスプリント適性に疑いの余地はなく、負けた一戦も大きな不利を受けたGⅠ高松宮記念となれば、「カレンチャンよりも下」の評価は当てはまらない。強いてネガティヴ材料を探せば、3カ月(中11週)の休み明けで先々を見据えての仕上げ=完調手前のデキとする点か。それも一年半ぶりの出走となった昨年のスワンSで3着好走の実績があれば、さしたる割引材料とはならないかもしれない。

主役候補2頭にそろってスキがないとすれば、馬券の焦点は3連系のヒモ荒れを期待してうま味のある「3頭目」を探すことになろうか。

もっとも、今日の時点で「ガチガチの決着」と読むにはいささか拙速ぎみで面白味に欠けるのも確かだろう。当欄の役割からして、結論を導き出すことが主眼ではなく、能力・適性・調子・展開を基に馬券の対象となる可能性を探ることこそ第一義である。決断はハルパパに任せ、馬券対象馬を絞り込む作業に没頭しようと思う。

各馬の力量考察は明日から始めるとして、今日のところは、ヒモ候補を2頭挙げておく。

買いの理由は明日、改めて記す。

また明日以降、追い切り等も確認した上で、再度人気2頭の死角に迫りたい。

★RPM値から浮かび上がる注目馬①
人気ブログランキングへ
(↑クリックしてください。40位前後です)

★RPM値から浮かび上がる注目馬②

(↑クリックしてください。20位前後です)


………………………………………………………………………………………………………

ブログランキングに参加しています
  ↓ ↓ ↓
応援クリックお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
  ↓ ↓ ↓       ↓ ↓ ↓
  人気ブログランキングへ
  ↓ ↓ ↓      ↓ ↓ ↓
ブログランキング【くつろぐ】  ブログランキング  


質問・応援コメントはここからどうぞ。
RPM値に対してもできるだけブログ内で解説していく予定です。
   ↓ ↓


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://harupapa02.blog114.fc2.com/tb.php/527-726b5c5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。