03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* category: レースカルテ

【キーンランドC】詳細レースカルテPART.2 

一日一回、応援クリックお願いします
        ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 競馬ブログへ

………………………………………………………………………………………………………

当ブログを始めて訪問された方は、下記を参照してください。
        ↓ ↓ ↓
競走馬リアル・パフォーマンス・メーター2011バージョン
 ビギナーズノート

当ブログの根幹ともいえるRPM値について簡単にまとめたものです。参考にしてください。

………………………………………………………………………………………………………

無料メルマガの登録は左のサイドバーまたは下記からも登録できます。
            ↓ ↓ ↓
【無料メルマガ】ハルパパ競馬の流儀~RPM値で勝ち馬を見抜け!~

………………………………………………………………………………………………………

詳細レースカルテPART.2
キーンランドカップGⅢ
8/28(日) 札幌11R 芝1200M

≪RPM値勝負ライン≫
●総合値⇒115RPM
●先行値⇒59RPM
●末脚値⇒56RPM
※当該クラスで勝ち負けするための目安

≪RPM値一覧≫
【DATA】登録馬23頭の近三走RPM値一覧
★アポロフェニックス  102【34-68】 100【38-62】  89【30-59】
★アンシェルブルー   114【55-59】 111【60-51】 112【48-64】
★オリオンスターズ    96【56-40】  99【38-61】 103【33-70】
★カゼグッドボーイ    94【34-60】  89【19-70】 103【39-64】
★ガルボ        101【31-70】 103【44-59】 109【55-54】
★カレンチャン     115【54-60】 113【48-65】 104【45-59】
★グランプリエンゼル   99【34-65】 112【60-52】 102【38-64】
★ケイアイアストン   101【51-50】 109【40-69】  96【51-45】
★コパノオーシャンズ   92【32-60】  84【22-62】  98【47-51】
★サープラスシンガー   91【47-44】 100【49-51】  90【52-38】
★シャウトライン    101【38-63】 104【48-56】 103【36-67】
★ショウナンアルバ    83【48-35】  94【33-61】 108【35-73】
★ショウナンカザン    61【16-45】 103【58-45】  86【28-58】
★ジョーカプチーノ   118【62-56】 111【39-72】 102【43-59】
★スギノエンデバー    87【26-61】  91【21-70】 101【39-62】
★セブンシークィーン   96【36-60】  96【35-61】 106【39-67】
★パドトロワ      108【63-45】 101【55-46】 110【57-53】
★ビービーガルダン   103【54-49】 108【37-71】  98【49-49】
★ベイリングボーイ   101【46-55】 101【45-56】  98【41-57】
★マジカルポケット    93【48-45】 100【37-63】  91【45-46】
★マヤノツルギ      96【56-40】  83【54-29】  92【43-49】
★ミオリチャン     106【58-48】 105【43-62】  92【40-52】
★レジェトウショウ   112【48-64】 102【27-75】  99【31-68】
※数値は左から、前走、二走前、三走前(総合値【先行値-末脚値】)

≪レースカルテ③力量考察≫

アンシェルブルー   114【55-59】 111【60-51】 112【48-64】

昨日、カレンチャンとジョーカプを2強とし、残りは“その他”とひとくくりにしたが、アンシェルブルーに関してはもう少し評価を上げておく必要があるかもしれない。この馬は決して弱くはない。近三走の数値を見てもすべて110RPM超をマークしていることからもそれはわかる。ただし、対カレンチャンでは分が悪くなかなか逆転をイメージしにくいのは確かだ。ネックとなるのは瞬発力。直線で勝ち切るだけの速い脚や力強い脚が使えず結局は差されてしまう。前走はそれが顕著で前を行くテイエムオオタカを捉えきれず、カレンチャンに差され3着に沈んだ。今走、前にジョーカプやパドトロワがいて自身の直後にカレンチャンがいる隊列となれば……力量は認めつつも主軸級の評価は与えられない。

オリオンスターズ    96【56-40】  99【38-61】 103【33-70】

三走前の伏見Sではカレンチャンに0.5差圧勝している。ただ、当時のカレンチャンは休み明けでかつ成長途上。現状の力量差はおそらく近走のRPM値が物語る通りだろう。能力的にはやはりその他大勢の域を出ず、出番があるとすればペースがスローに落ちた時だろうが、それでも今回は先行勢が強力で、たとえポジションが確保できたとしても苦戦は必至。圏外。

ガルボ        101【31-70】 103【44-59】 109【55-54】

新味を求めてかどうか、キャリア17戦目にして矛先を1200Mに向けてきた。気になるのは適性面だろう。モノサシとなるのは三走前の阪急杯2着時のラップ構成。自身のテンの入りは33.8秒(4角5番手)。ラスト1Fはさすがに時計を要しているが、6F通過時点の推定タイムは1.08.1。つまり距離適性に関してはクリアする公算大としていいのでは? 一方、洋芝適性はどうか。実績からは京都などの軽い芝で結果を出しており、札幌の芝は真逆。デビューは札幌だったが2戦してともに着外。結果を出したのはやはり軽い芝質の東京だった。ところが父マンハッタンカフェはSS系種牡馬のパワータイプでその産駒は骨格も逞しく力のいる馬場を苦にしない。ジョーカプなどはその典型だろう。さて、ガルボの場合は……。馬体診断を含め⇒

カレンチャン     115【54-60】 113【48-65】 104【45-59】

近走トントン拍子で階段を駆け上がりスプリント戦線のニューヒロインの印象すらあるが、一方でこの路線の一線級とは未だ対峙していないのも事実。その意味では、ここでジョーカプチーノと対戦できるのは陣営にとっては願ってもないことだろう。札幌コースは初ながら函館コースで2勝を挙げていることから洋芝を苦にする印象もなく、叩き2戦目の上昇度を含め好走を期待できるのでは? また、前走の走りから脚質に幅が出た印象を受け、主戦・池添もペースに左右されず自身の勝ちパターンを掴んだのでは、と想像できる。ここで結果を出し、同厩での頂上決戦となるか?

グランプリエンゼル   99【34-65】 112【60-52】 102【38-64】

ここ2戦、馬の走りがまったく違って見える。2走前のVマイル4着は正直な感想をいえば「ア然とした」。前走は決着レベルが低くパフォーマンスとしては99RPMに留まるが、あながち無視できない存在としてクローズアップしておく必要があるだろう。ただし、この2戦は鞍上がウイリアムズだったことも忘れてはいけない。今走、藤岡佑に替わることで、「さらにパフォーマンスがアップするか」と問えば、やはり疑問が大きいか。それでも2年前のここで1番人気に推されていることからも一応のマークはお薦めする。ちなみに札幌<2.0.1.0>。走る土壌はある。

ケイアイアストン   101【51-50】 109【40-69】  96【51-45】

二走前、中山で行われたバーデンバーデンCを勝った際、マークした数値は109RPM。このメンバーに入ってすら上位のレベルだ。前走、函館SSは案外だったが、見限るのは早計かもしれない。札幌コース<2.1.0.1>。父フジキセキはパワー型の産駒を多く輩出しており力のいる馬場は苦にしない。ちなみにこの馬の好走条件を考えると、数値からはスローの瞬発戦タイプと出ており、時計からは2F目でポジション(5~6番手)を確保でき、以降ワンペースで走れるような流れ、となる。3F目までポジション争いが続く&速くなるようなら末脚が鈍り馬群に沈む形。いずれにせよ、好走レンジが狭く、“ツボにハマった”時しか威力を発揮できないため、結局のところ評価は「穴馬に一考」までとなってしまうが、注意を払う対象ではある。

ショウナンアルバ    83【48-35】  94【33-61】 108【35-73】

近二走の数値を見ればここで好走する印象はまったくないが、三走前・高松宮記念では勝ち馬キンシャサノキセキから0.6差。高い評価は与えられないまでも3着争いなら顔を出しても違和感はない。この馬もケイアイアストン同様、好走レンジが狭く、ハマるかハマらないかだけが焦点。その意味では馬券の端に付け足すのは面白いかもしれない。三走前の108【35-73】からは、前半脚を溜めて後半爆発させるレースが合う、出ている。だからといって「スローの瞬発戦向きか?」と問われても答えは微妙だ。レースタイプ云々よりも“自身の好走レンジ”を持っており、道中脚を使わされない流れが合う、とした方がいい。結果、評価としては「穴馬に一考」。いつ走るかはわからないタイプでひらたくいえばムラ馬。

ジョーカプチーノ   118【62-56】 111【39-72】 102【43-59】

昨日も記したが1200M戦のベストパフォーマンスは五走前のラピスラズリSで113【51-62】。次にシルクロードSで109【25-84】。後者は出遅れが原因だが、強烈な末脚を見せての差し切り勝ち。溜めれば切れる脚を見せた……というより次元の違う走りを見せたとした方がいいか。前走・マイル戦で118【62-56】を出していることから、当欄の評価としては「潜在能力ではカレンチャンよりも上」。一応、重箱の隅をつつくようなマネをすれば、3カ月の休み明け&札幌初コースがどうなのか、と疑問を抱くことになるが……。山口ステーブルから8/13に直接函館に入れ、中間は馬なりの時計を2本計時したのみ。放牧先で乗り込んでいるとはいえ印象としては「軽い」。中竹厩舎の場合、休み明けの調教は緩くレースで叩いて仕上げる面がある(叩き2戦目、3戦目の結果が格段にいい)。ジョーカプ自身は休み明けを苦にしないタイプだが……。また、札幌初コースに関しては先にも触れたが、父マンハッタンカフェは産駒に「パワー」を伝えるケースが多く、ジョーカプも馬体の造作はパワー型に出ている。骨格、繋ぎから洋芝を苦にするタイプではないだろう。最後に、今走の56キロはかなりの恵量だろうと追記しておく。

パドトロワ      108【63-45】 101【55-46】 110【57-53】

2走前の函館SSは、輸送熱により直前追い切りが15-15程度となり出走態勢が整わなかったのが敗因。前走は汚名をすすぐべく積極策からそのまま押し切り圧勝。最後は手綱を緩める余裕まで見せた。今走、テンに速い馬が数頭いるが、場合によってはハナに立つ競馬もあるかもしれない。前走の先行値63RPMで走れば基本的には4角先頭の位置取りだろう。ただ、この馬はテンに速い快速タイプではなく、ジンワリと進出するタイプ。となれば無理にハナを奪うような形にはならず、結局のところ3~4番手追走のイメージでいいのでは? 三走前110【57-53】、前走108【63-45】から、流れは多少速くなった方が持ち味は生きるタイプだが、今走は同タイプが強力なため楽な競馬にはなりそうもない。それでも地力はメンバー上位、馬券圏内の候補であることは間違いない。

ビービーガルダン   103【54-49】 108【37-71】  98【49-49】

前走・安田記念はさすがに距離も長く家賃も高かった。ただ近走で注目すべきは二走前の高松宮記念だ。勝ち馬キンシャサノキセキから0.3差4着。ようやくまともに走ってくれた印象だろう。この馬の基本的な戦法は好位差し。道中5番手前後を追走し直線で差し切る競馬だ。宮記念では多少イメージよりも後ろだったが、それでも71RPMの末脚値で4着に押し上げており内容は悪くなかった。函館・札幌ともに好走歴は多く、昨年このレースでは一番人気に推されている(4着)。敗因はおそらく「58キロが堪えたのでは?」と考えるが、今年も昨年同様58キロを課せられた。有力各馬に対して明らかに不利な材料。現状の力量から見て同斤(56キロ)でさえ馬券圏内が危うい印象である以上、「圏外」とするのが妥当か。

レジェトウショウ   112【48-64】 102【27-75】  99【31-68】

前走・函館TVh杯(準OP)では、4角4番手からきっちり差し切り勝ちを収めている。この馬は基本的には末脚型。二走前は出負けして極端に位置取りが悪くなったが、道中の位置取りはともかく4角で5番手程度まで押し上げられれば面白い存在になりそうだ。流れはさほど問わず、自身のレース運びこそが重要。おそろく自身の先行値が50RPMを超えるようなら末脚は鈍るだろうが、前半3Fを45~48RPM程度で追走できれば、後半は70RPM近い爆発力を生む可能性がある。昨日、穴馬の一頭に挙げたのは、流れが速くなり前が崩れた際に浮上する可能性のもっとも高い馬、としてである。前走の112RPMはメンバー4位タイ。パドトロワより上位のパフォーマンスを示している。さほど人気になりそうにないことからも「うま味のある」馬券候補とはいえまいか。

一応、可能性のある馬として10頭を見た。
最後に、カレンチャンとジョーカプチーノの2頭にうち、当欄が主軸候補に推す馬を記しておく。

★当欄が考える馬券の主軸候補
人気ブログランキングへ
(↑クリックしてください。40位前後です)



………………………………………………………………………………………………………

ブログランキングに参加しています
  ↓ ↓ ↓
応援クリックお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
  ↓ ↓ ↓       ↓ ↓ ↓
  人気ブログランキングへ
  ↓ ↓ ↓      ↓ ↓ ↓
ブログランキング【くつろぐ】  ブログランキング  


質問・応援コメントはここからどうぞ。
RPM値に対してもできるだけブログ内で解説していく予定です。
   ↓ ↓



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://harupapa02.blog114.fc2.com/tb.php/528-b18b6245
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。