05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* category: レースカルテ

【セントウルS】詳細レースカルテPART.2 


一日一回、応援クリックお願いします
        ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 競馬ブログへ

………………………………………………………………………………………………………

当ブログを始めて訪問された方は、下記を参照してください。
        ↓ ↓ ↓
競走馬リアル・パフォーマンス・メーター2011バージョン
 ビギナーズノート

当ブログの根幹ともいえるRPM値について簡単にまとめたものです。参考にしてください。

………………………………………………………………………………………………………

無料メルマガの登録は左のサイドバーまたは下記からも登録できます。
            ↓ ↓ ↓
【無料メルマガ】ハルパパ競馬の流儀~RPM値で勝ち馬を見抜け!~


………………………………………………………………………………………………………


詳細レースカルテPART.2
セントウルステークスGⅡ
9/11(日) 阪神11R 芝1200M

セントウルS馬柱
↑出走各馬の近三走RPM値はこちら


≪レースカルテ③力量考察≫
エーシンヴァーゴウ  110【60-50】 110【33-77】 103【38-65】

二、三走前の新潟直1000Mは特殊なレース形態なので数値も参考程度に留めておく方がいい。が、前走・北九州記念の走りは110RPM。このメンバーでは力量上位の一頭として評価が必要だ。同時に前走は斤量(55.5キロ)と前半かかった分、終い伸び切れなかった印象で、条件良くパーフェクトなレース運びができればさらにパフォーマンスレベルを上げることは可能だろう。ただし阪神適性に関しては一抹の不安もある。本来的には軽い芝質のフラットなコースが合うタイプだからだ。課題は「急坂の克服」。そのためのカギとなるのが折り合い面。すんなりと好位に取りつき流れに乗れば開幕週の馬場を味方につけ好戦可能と見るがどうか。

エーシンホワイティ  90【30-60】 101【25-76】 96【32-64】

近走数値はさほど高くないが、五走前に107RPMをマーク。一見、自在型の脚質だが、テンの走りは鈍くもっぱら末脚を伸ばす走りが特徴。流れが緩めば好位から、速くなれば中位からの競馬となる。三走前のCBC賞5着の走りは現状のスプリント戦線における同馬の位置付けを物語っており、このクラスでは良くて入着級の評価が妥当だろう。

エーシンリジル   105【48-57】 105【40-65】 92【34-58】

52キロでCBC賞6着、53キロで北九州記念2着。今走、課せられた斤量は55キロ。過去最高のパフォーマンスは前走でマークした105RPMでは上位争いをするうえでなんとも心許ない。力量的には上記エーシンホワイティの一段下~同程度。馬券圏内を争うにはいささかパンチ不足。今走・鞍上が川田から岩田にスイッチすることで前走よりは前で競馬をすることになりそうだが……。さほど高い評価は与えづらく、せいぜい「押さえに一考」まで。

サンカルロ  106【51-55】 100【26-74】 112【34-78】

ここ二走は1400Mと1600Mで9、13着と凡走しているが、本来左回りは不得手(一応、東京で2勝してはいるが…)。得意の阪神に戻れば当然見直しが必要な一頭だろう。三走前の高松宮記念で2着した際のパフォーマンスが112RPM(メンバー最上位)。当時のダッシャーゴーゴーの走りが108RPMならば、こちらを上位評価したとて無理はない。つまり「力量だけなら最上位」とするのが当欄の見立て。もちろんスキはある。末一手の脚質は流れに左右されやすく不利を受けるケースも多い。今走は3カ月の休み明けであり目標はひとつ先。ちなみに馬体は九分通りは仕上がっている印象。休み明けはさほど気にしなくていいかもしれない。

ダッシャーゴーゴー  105【36-69】 108【48-60】 107【40-67】

今走、断然の一番人気が予想される(単勝1倍台)が、先日指摘したように当欄は絶対視していない。過去最高のパフォーマンスが108RPM(高松宮記念)では、「抜けている」と評価するには無理がある。もちろんまだ成長の余地を残す4歳牡馬。今走大きくパフォーマンスを伸ばしてくる可能性は否定しない。ただし、3歳時にスプリントGⅠで2着入線(4着降着)したとか、今年に入って重賞を2勝しているといった“見出し”だけでは信頼感に乏しいのも事実。今のところ「内容ある走りをした結果の実績ではない」とあえて釘をさしておく。当欄のスタンスとしては強力な馬券候補だとは認めるが「主軸には推せない」。

テイエムオオタカ  105【60-45】 111【57-54】 110【45-65】

この夏、ローカルで目覚ましい活躍を見せた一頭だろう。成績的には1000万下勝ち+GⅢ2、4着とインパクトには欠けるが、成長途上の3歳馬らしく見違えるような走りを見せた。舞台を中央開催に移したことで、いよいよ真価を問われることになる。カギを握るのは同型の存在。数値からは二走前の57RPMの先行値が上限となりそうで、あまり先行争いが激しくなるようだと早々に沈む可能性もある。やり合う相手は、シゲルキョクチョウ、ブルーミンバー、ヘッドライナー。シゲルとブルーミンバーは先行値が足りず(テンのスピードが足りない)苦戦しそうだが、ヘッドライナーとは先手争いが激化しそうな気配。まずは前半の攻防がカギを握りそうだ。

トウカイミステリー  104【41-63】 95【26-69】 98【38-60】

評価は微妙ながら、力量的には「良くて入着級」。前走のGⅢ勝ちはやはり斤量面の恩恵が大きかったことは否めない。加えて滞在競馬の効果もあり馬体減りしなかった(+18キロ!)。過去最高のパフォーマンスは八走前に記録した107RPM。レベルとしてはエーシンホワイティやエーシンリジルと並んで「押さえに一考」までか。鞍上を北村友から池添にスイッチしたことで中位から後方の競馬は確定的。開幕週を考えると脚質的にはマイナスだろう。ちなみに今走、馬体を大きく減らしてくるようなら気にする必要がある。理想体重はおそらく456~460キロ。

ヘッドライナー  109【54-55】 91【37-54】 103【44-59】

前走は軽ハンデの馬に先を越され、自身は4番手の競馬。58キロを背負って0.2秒負けなら一応は及第点だろうか。今走は開幕週ということもありスピード全開でハナを主張することになりそうだが……。強敵となるテイエムオオタカとの枠順関係が気になるところ。ただし2着したCBC賞での逃げが先行値にして44RPM。基本的にはハナを奪ってからペースを落としたいクチでハイラップを刻むタイプの逃げ馬ではない。50RPMを超えるようなら一気に厳しくなるか。一方で、テレビ愛知杯では59キロを背負って、エーシンホワイティやエーシンリジルを抑えていることから馬券圏内を争うだけの力量はある。前半の攻防およびペースがカギ。

グリーンバーディ  102【40-62】 109【34-75】

RPM値は昨年のセントウルSとスプリンターズSでのもの。脚質的には中位~後方に控えて直線で切れ味鋭く伸びてくるタイプ。昨年のセントウルSでは59キロを背負って強烈な末脚=豪脚を披露したが、一方でスプリンターズSではエンジンのかかりの鈍さも露呈。昨年はクリスフライヤー国際S(シンガポール・国際GⅠ)でロケットマンを下し勝利しての来日だったが、今年は同レースでロケットマンに1.0秒ちぎられて惨敗(7着)を喫している。昨年スプリンターズS以降は、5戦して10、7、5、4、7着。明らかに昨年よりはパフォーマンスを落としている。昨年と同レベルならば好戦必至も、デキ落ちあるいは年齢的な衰え(8歳)があるならば「軽視」の方向ではないか。鞍上は昨年のデュプレシスから若手のアングランドにスイッチ。直前まではラッキーナインの主戦を務めるプレブルが手綱を握っていた。

ラッキーナイン

初来日となる香港の4歳セン馬。全成績<7.5.3.2>。うち1200M戦は<4.3.1.2>。今年に入って1400~1800Mを4戦し<1.2.1.0>。ちなみに今年の4戦はすべて香港GⅠか国際GⅠというハイレベルなもの。つまり久々の1200M戦は気になるものの、「力量的にはここでも上位の扱いが必要になる」と見ておくべきだが、ややネガティブな材料を挙げておけば、スプリント戦で残している好成績(=3着以上)はすべて条件戦でのもの。掲示板を外している2レースはともに重賞(香港の国際GⅡと国際GⅠ)。ということは「重賞レベルではマイル前後でないと好戦できない」とも考えられる。一応、馬券候補には推すが、59キロを課せられたことを含め、今走は「様子見」のスタンスが正しいのでは? 脚質は好位差しで、ソツのないレース運びを身上としている。また鞍上のプレブルはホワイトに次ぐ香港NO.2騎手。2006年にはブリッシュラックで安田記念を制している。


最後に、当欄が推す主軸候補一頭と最大の惑星馬を一頭挙げておく。



★当欄が推す主軸候補
人気ブログランキングへ
(↑クリックしてください。50位前後です)

★最大の惑星馬

(↑クリックしてください。20位前後です)


………………………………………………………………………………………………………

ブログランキングに参加しています
  ↓ ↓ ↓
応援クリックお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
  ↓ ↓ ↓       ↓ ↓ ↓
  人気ブログランキングへ
  ↓ ↓ ↓      ↓ ↓ ↓
ブログランキング【くつろぐ】  ブログランキング  


質問・応援コメントはここからどうぞ。
RPM値に対してもできるだけブログ内で解説していく予定です。
   ↓ ↓


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://harupapa02.blog114.fc2.com/tb.php/549-35c2d52c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。