07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* category: 中央競馬特別予想

【ハルパパ炎の十番勝負!】第伍番 

一日一回、応援クリックお願いします
        ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 競馬ブログへ

………………………………………………………………………………………………………

当ブログを始めて訪問された方は、下記を参照してください。
        ↓ ↓ ↓
競走馬リアル・パフォーマンス・メーター2011バージョン
 ビギナーズノート

当ブログの根幹ともいえるRPM値について簡単にまとめたものです。参考にしてください。

………………………………………………………………………………………………………

無料メルマガの登録は左のサイドバーまたは下記からも登録できます。
            ↓ ↓ ↓
【無料メルマガ】ハルパパ競馬の流儀~RPM値で勝ち馬を見抜け!~


………………………………………………………………………………………………………


ハルパパの十番勝負!~第伍番~
の一鞍!
釧路湿原特別
9/11(日) 札幌12R ダ1700M  

≪RPM値勝負ライン≫
●総合値⇒88RPM
●先行値⇒43RPM
●末脚値⇒45RPM
※当該クラスで勝ち負けする目安

釧路湿原特別馬柱
↑出走馬の近三走RPM値はこちらから

≪ハルパパ・スコープ!≫

【ハルパパの十番勝負!】第伍番

こんばんは。ハルパパです。十番勝負の第伍番には開幕週の中央場所を避けて札幌の最終「釧路湿原特別」を抜擢しました。不発のまま十番勝負も中盤に差し掛かり流石にここいらで流れを変えなければいけませんね。ここはなんとかしますよ。

11頭立てのレースでクラスは500万条件のダート戦。勝負ラインはローカル裏開催につきやや低めの88RPM。まずは出走馬の近三走のパフォーマンスチェックからいきましょう。馬券の調子が良くても悪くても、予想手順は常に一定を保っていくべきだと思っています。冷静にいつもと同じように確認していきましょう。

クラス通用のパフォーマンスを見せている馬は内から③サクラエクスプロー、⑤トーアクリスタル、⑥リンガスアクター、⑦シャイニーダンディー、⑧アドマイヤツバサ、⑪ベストフェットの6頭です。①ピエナセレブは今回ダート替わりも強調材料がありません。未勝利クラスの馬ですから当然力量不足なのは当たり前ですね。②④⑨⑩の4騎も数値を見る限りこのクラスで馬券の対象となるレベルからはほど遠いですね。①②④⑨⑩は黙って消し。

残った6頭で馬券をまとめますか?いやいや、このレースはまだまだ絞れるはずです。十番勝負で4連敗しているハルパパがここで予想に蓋をして楽する立場ではないですよね。極限まで調べて考えて、七転八倒の苦しみを味わいながら立ち向かってこそ先があるというものです。

さて数値的にクラスの勝負ラインを大幅に上回っている③サクラエクスプロー、⑦シャイニーダンディ、⑧アドマイヤツバサの3頭は当然馬券の対象として残さなければなりません。残りの⑤⑥⑪の3頭に消せるだけの理由があればこのレースは3頭立てといえるのですが…。

まずは⑤トーアクリスタルから。この馬はとにかく発馬が悪くて常に後方からの競馬を強いられてます。しかもとにかくズブイ馬ですから距離があった方がいい。問題は二走前に示した92RPMのパフォーマンス。このレースは少頭数ながらペースが速く後方から競馬をする馬にはかなり有利な流れでした。そのレースですら1.0秒差の4着が一杯一杯の内容。この92RPMは紛れもなく速いペースに引っ張られた数値です。この数値がこの馬の能力を示しているわけではありません。その証拠に前走は80RPMだし、三走前は76RPMに過ぎません。特にペースが速くならない今回のメンバーにおいては後方のまま終了する可能性が濃厚です。

次に⑥リンガスアクター。この馬は二走前からブリンカーを着用していますが、気性的に揉まれ弱いのが欠点です。ですからこの馬は常に外を回す競馬になっていて距離損がついて回るわけです。数値自体は決して悲観するようなものではないのですが、末脚も特に秀でたものがなくレベルの低いメンバーでないと厳しい状況ですね。馬群を割る根性が欲しいところです。今回はクラス上位の馬が既に3頭もいる中でのレースですから外からこの馬達をまとめて面倒をみるのは厳しいでしょう。

そして⑪ベストフェット。この馬も⑤トーアクリスタルと同様に二走前の92RPMが光るだけで、その前後の数値では馬群といった感じです。が、よく見てみると二走前は51RPMという速い流れで逃げて3着に粘っています。この51RPMという先行値はこのメンバーの中にあっても十分に武器になる先行力ですね。③⑦⑧の3騎もこのペースをまともに追走した経験がないから骨がおれるはずです。従ってこの馬が二走前にマークした92【51-41】は甘くみてはならないということになります。⑪ベストフェットは掛り癖があるムラ馬です。気性的に問題ありの馬ですね。今回鞍上が乗りなれた黛騎手から荻野琢騎手に替わり大外枠から馬を上手に御せるか疑問です。掛ってハナに立つシーンも十分に考えられます。しかしそれが逆に功を奏する可能性(二走前の3着のように)もあるので注意が必要ですね。この点は⑤トーアクリスタルとは大きく違うところです。

これで今回のレースは4頭立てまで絞れることになりました。これならば馬券も自在に組み立てることができますから、十分に勝負になりますね。馬券の最終決断は明日公開しますが、今晩はこの4頭の序列を書いておきます。

人気ブログランキングへ
$3騎

重賞のセントウルステークスの最終決断は時間の都合で明日の公開とさせていただきます。御了承願います。

………………………………………………………………………………………………………

ブログランキングに参加しています
  ↓ ↓ ↓
応援クリックお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
  ↓ ↓ ↓       ↓ ↓ ↓
  人気ブログランキングへ
  ↓ ↓ ↓      ↓ ↓ ↓
ブログランキング【くつろぐ】  ブログランキング  


質問・応援コメントはここからどうぞ。
RPM値に対してもできるだけブログ内で解説していく予定です。
   ↓ ↓
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://harupapa02.blog114.fc2.com/tb.php/558-1a0ec287
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。