04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* category: レースカルテ

【ローズS】詳細レースカルテPART.1 

一日一回、応援クリックお願いします
        ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 競馬ブログへ

………………………………………………………………………………………………………

当ブログを始めて訪問された方は、下記を参照してください。
        ↓ ↓ ↓
競走馬リアル・パフォーマンス・メーター2011バージョン
 ビギナーズノート

当ブログの根幹ともいえるRPM値について簡単にまとめたものです。参考にしてください。

………………………………………………………………………………………………………

無料メルマガの登録は左のサイドバーまたは下記からも登録できます。
            ↓ ↓ ↓
【無料メルマガ】ハルパパ競馬の流儀~RPM値で勝ち馬を見抜け!~


………………………………………………………………………………………………………

詳細レースカルテPART.1
ローズステークスGⅡ
9/18(日) 阪神11R 芝1800M


ローズS馬柱
↑馬柱はこちらから


≪レースカルテ①基本データ≫
RPM値勝負ライン
100【40-60】(クラスで勝ち負けするための目安)
コース
阪神1800M(右・外回り)
Aコース使用(内柵を最内に設置)
高低差2.3M。直線473.6M
想定されるペースとレースタイプ
スローペースの瞬発戦。
逃げ馬候補
明確な逃げ馬不在。近走で4角先頭の競馬をしているのはJRA初出走のナナクサのみ
休養明け(中10週以上)
エリンコート、ドナウブルー、ハッピーグラス、ホエールキャプチャ、マイネイサベル、マルセリーナ

≪レースカルテ②レース概略≫

フルゲート18頭に対して登録は17頭。自己条件と両ニラミの陣営もあるが、ほとんどの馬が出走することになりそうだ。

ローズSは秋華賞トライアルに指定されており、上位3頭までに優先出走権が与えられる。そのため同じ休み明けでも、賞金面ですでにクリアしている組とそうでない組では本気度が違う。よって、各馬のひと夏を越したことによる馬体の成長+仕上げに関しては細心の注意が必要となる。一方、新興勢力にも目を向けなければならない。春の実績がなくとも、夏のあいだレースを使われ一段一段階段を上ってきた組のパフォーマンスがどの程度のレベルだったかを掴むことは、馬券考察上かなり重要な要素(なんて、力説するほどでもなく……当然ですね)。

さて、今日のところは春の実績馬3頭について見ておこうと思う。

桜花賞馬マルセリーナ、オークス馬エリンコート、その両方で僅差のレースを繰り広げたホエールキャプチャ。

まずはマリセリーナから。春シーズンの当欄の評価は「母系からは明らかなマイル志向。父系からどの程度スタミナが付与されているかがポイント」とし、桜花賞では本命に推したがオークスでは狙いを下げた。ひと夏を越してどう成長したか。まず、全体的に大きくなった。おそらく+15キロ前後増量してくるのではないか。キ甲が抜け、腰がパンとしてきているので大人びと印象を受けるし成長の点では好感を抱く。一方で、中間の追い切りが軽く本数も足りない。調教による負荷の不足で結果として緩さが目立つ。残り最終追い一本でどこまで仕上がるか。桜花賞も中8週を開けての出走で結果を出しており鉄砲駆けは利くタイプだろうが、当欄の見解としてはやや疑問が残る。「本番を見据えて」の感が強い。

次にエリンコート。この馬はまったく別馬になったような印象を受ける。子供から大人へ明確に変わったとしてよく、見違えるような成長ぶりだ。オークス出走時、デュランダル産駒ということもあって「距離延長に懐疑的」とし(2000Mまでとの見方)、馬体から見ても距離が伸びていいタイプとはちょっと思えなかった(……反省)。ところが……。ひと夏を越して、背中の甘さは解消され、トモが格段に発達し、胸前の厚みが増した。なるほどオークスを制しただけあって心肺機能の高さを感じさせる作りである。仕上げに関しては、少し緩さを感じるが基礎能力の向上は確実だろうと見る。ただ一点。瞬発力勝負になったときにどうか。春とは筋肉のバランスが大きく変わっているので、あわせて走法も軌道修正できているのか。その意味でも最終追いを注視したい。

最後にホエールキャプチャ。放牧先から7月に函館へ入厩した後、歯替わりの影響で飼い食いが落ちた時期があったらしく、馬体が減っていたよう。この馬も春とは明らかに馬体の造作が変わっており、大人びた印象を受ける。ただし馬体から受けるインパクトはやや物足りない。気になるのは成長度。おそらく、馬体重的には春と大差ないのでは? 競争馬の成長は必ずしも馬体重だけで語れるものではないが、3歳秋の時点では春よりも大きくなっている方が好感はある。さて、中間の調整では精力的に乗り込まれ、美浦坂路で49秒台を2度計時するなど上々の仕上がりぶりをアピール。桜花賞、オークスはともに惜しい競馬でタイトルを逃しているだけにラスト一冠にかける思いの強さが表れている。最終追いもビッシリやってきそうだ。

以上、有力どころ3頭を見てきたが、当欄が馬体の成長からもっとも好感を抱き、主軸候補に検討する馬を一頭挙げておく。
人気ブログランキングへ

また、その他の馬に関しては明日触れるが、成長の点で目を見張る馬が一頭いる。それは……。




P.S

2週目が終了しましたので、『ハルパパ炎の十番勝負』の途中経過をUPしておきます。
5戦1勝とかなり苦戦しています。日曜札幌最終・釧路湿原特別で起死回生の一点勝負を敢行し、見事(というか、なんとか)仕留め、3週目以降につないだ格好。残り5戦。ビシッとした予想を期待! ハルパパはやる時はやる男!(のハズ)

【特別企画】ハルパパの十番勝負
途中経過

【第壱番】 500万下 9/3(土) 小倉12R ダート1700M
結果:ハズレ(…涙)
総投資額30,000円  総払戻0円  的中率0% 回収率0%

【第弐番】 500万下  9/4(日) 新潟8R ダート1200M
結果:ハズレ(…涙)
総投資額60,000円  総払戻0円  的中率0% 回収率0%

【第参番】 新涼特別 9/10(土) 阪神10R ダート1400M 1000万下
結果:ハズレ(…涙)
総投資額90,000円  総払戻0円  的中率0% 回収率0%

【第四番】 朝日チャレンジカップ 9/10(土) 阪神11R 芝2000M GⅢ
結果:ハズレ(…涙)
総投資額120,000円  総払戻0円  的中率0% 回収率0%

【第伍番】 釧路湿原特別  9/11(日) 札幌12R ダート1700M
結果:的中!
三連複③-⑦-⑧280円(×30,000円)
総投資額150,000円  総払戻84,000円  的中率20%  回収率56%

                                             By分析官

………………………………………………………………………………………………………

ブログランキングに参加しています
  ↓ ↓ ↓
応援クリックお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
  ↓ ↓ ↓       ↓ ↓ ↓
  人気ブログランキングへ
  ↓ ↓ ↓      ↓ ↓ ↓
ブログランキング【くつろぐ】  ブログランキング  


質問・応援コメントはここからどうぞ。
RPM値に対してもできるだけブログ内で解説していく予定です。
   ↓ ↓


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://harupapa02.blog114.fc2.com/tb.php/563-ff4ebb26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。