06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* category: レースカルテ

【ローズS】詳細レースカルテPART.2 

一日一回、応援クリックお願いします
        ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 競馬ブログへ

………………………………………………………………………………………………………

当ブログを始めて訪問された方は、下記を参照してください。
        ↓ ↓ ↓
競走馬リアル・パフォーマンス・メーター2011バージョン
 ビギナーズノート

当ブログの根幹ともいえるRPM値について簡単にまとめたものです。参考にしてください。

………………………………………………………………………………………………………

無料メルマガの登録は左のサイドバーまたは下記からも登録できます。
            ↓ ↓ ↓
【無料メルマガ】ハルパパ競馬の流儀~RPM値で勝ち馬を見抜け!~


………………………………………………………………………………………………………



詳細レースカルテPART.2
ローズステークスGⅡ
9/17(日) 阪神11R 芝1800M

ローズS馬柱
↑ローズS馬柱はこちらから

≪レースカルテ②力量査定≫
先日、主力を形成すると思われる3頭について見た。エリンコートは春と比べ格段の成長ぶりを見せており注目に値するとし、マルセリーナも馬体をひと回り大きくしていて好感を覚えるとした。唯一、ホエールキャプチャに関しては“成長”の点からはインパクトに欠けるため、やや首を傾げている状態だ。

さて、今日はその他にメンツについてもチェックしておきたい。とりあえず複勝圏内に可能性を見せる7頭を取り上げる。

キョウワジャンヌ   102【45-57】 86【16-70】 91【27-64】

前走・1000万特別(新潟1400M)を勝ち上がったばかりの上がり馬。この時期の3歳限定重賞で勝負するためには、「準オープンで好走できるレベル」が問われる。その意味では内容のある1000万勝ちが必須であり、数値からは100RPM超えがひとつの指標になると考えている。同馬はハイペースで流れた新潟内回りコースの前走、4角12番手から上がり最速を決めて先行勢を丸飲みした。もちろんこれだけでは展開に恵まれた可能性を否定できない。ところが二走前のマイル戦でスローの瞬発戦を制している点を考えれば、地力の高さが如実になる。その際、記録した上がりは32秒台。末脚値にして70RPM。決め手だけを見ればメンバー屈指の存在としていい。総合力では上位陣との差はあるだろうが、総合値102RPMはマルセやホエールと同等。距離適性に疑問は残るが軽視は禁物だろう。


ドナウブルー     92【20-72】 96【38-58】 91【33-58】

2歳秋時点における当欄の評価は「世代屈指の能力馬」。少なくともシンザン記念の段階ではマルセリーナよりも評価は高かった(その後、ずいぶん離されてしまったけれど)。数値的には二走前のフィリーズレビュー時に記録した96RPMがキャリアハイだが、これとて必ずしも能力全開のパフォーマンスではなかった。つまりポテンシャル=秘めた力は相変わらず「世代上位」の評価とするスタンスは変わらない。問題は……。そう問題がある。それももっとも厄介な精神的なもの。出走するたびに馬体重を減らすのも、それが原因だろう。まずは馬体回復が最優先。そしてレースで折り合い、能力を発揮する形を作る。そうすれば、ポテンシャルの高さを如何なく発揮する可能性はある。ただ、休み明けの今走に関しては、「様子見」の評価となろうか。念のため馬券に加えておく方がよいだろう。

ハッピーグラス    94【29-65】 94【45-49】 95【46-49】

ひとことでいえばパンチ不足。数値推移を見ても90RPM台中盤。馬券圏内を目指すには100RPMを超えるパフォーマンスが要求されるため、現状のレースでは過大評価できない。タイトルホルダーをはじめ世代一線級が並ぶ今走では少々家賃が高いのでは? 忘れな草賞、フローラSで0.1差の競馬から一応の穴馬資格は有しているかもしれないが、当欄としては積極的にプッシュするつもりはない。

ビッグスマイル    98【40-58】 85【13-72】 94【31-63】

8/13に500万勝ちしたばかり。クラス的に「足りない」のは確かだが、この馬に関しては「例外」としておきたい。実際、二走前の500万特別ではキョウワジャンヌと0.1差。ドスローの瞬発戦を考えても4角13番手から0.1差まで追い上げた脚は驚異的(上がり3F32.5)だろう。末脚値はメンバー最高の72RPMを記録しており、自慢の決め手が生きる展開になれば浮上の可能性は十分ある。

マイネイサベル    96【45-51】 95【42-53】 92【51-41】

春の実績は「Bクラス」。テレグノシス産駒ということもあって基本的にはサウスポーでパンパンの良馬場を好むタイプ。外回りとはいえ右回りの阪神では能力全開とまではいかないかもしれない。それでも、ひと夏を挟んで馬体は著しく成長していることからあながち軽視はしづらい。「押さえに一考」を薦める。ちなみに今走、結果が出なくとも次開催の東京では要注意の存在になることは間違いないと見ている。能力的にはまだ見限れない。

メデタシ       96【50-46】 92【43-49】 99【41-58】

もっとも光る実績は桜花賞4着。その時にマークした数値は99RPM。パフォーマンスだけならメンバー上位の評価も可能だ。もちろん不安はある。基本的に末脚値に見どころがない分、ペースの緩い瞬発戦は分が悪いだろうが流れが厳しくなれば一線級に揉まれてきた経験が生きるのではないか。馬券候補の一頭としてピックアップしておく必要はあるだろう。評価としては「ボーダーライン上の一頭」。

リヴァーレ      91【36-55】 88【40-48】 60【△03-63】

キョウワジャンヌ同様、前走1000万特別を勝ったものの、レベルはさほど高くはなかった。スローの流れといっても91RPMの決着では自信を得るまでには至らない。数値も決してインパクトのあるものではなく、相手が強化されたここは苦戦が予想される。当欄の評価としては「見送り妥当」。相手関係、展開イメージからはなかなか好走イメージがわかない。


今日7頭について見たが、当欄が穴馬にぜひとも推奨したい馬が3頭いる。その中の2頭について挙げておく。



★RPM値から浮かび上がる穴馬①
人気ブログランキングへ
(↑クリックしてください。40位前後です)

★RPM値から浮かび上がる穴馬②

(↑クリックしてください。20位前後です)


………………………………………………………………………………………………………

ブログランキングに参加しています
  ↓ ↓ ↓
応援クリックお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
  ↓ ↓ ↓       ↓ ↓ ↓
  人気ブログランキングへ
  ↓ ↓ ↓      ↓ ↓ ↓
ブログランキング【くつろぐ】  ブログランキング  


質問・応援コメントはここからどうぞ。
RPM値に対してもできるだけブログ内で解説していく予定です。
   ↓ ↓
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://harupapa02.blog114.fc2.com/tb.php/564-2db1a8ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。