08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* category: レースカルテ

【スプリンターズS】詳細レースカルテPART.4 

一日一回、応援クリックお願いします
        ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 競馬ブログへ

………………………………………………………………………………………………………

当ブログを始めて訪問された方は、下記を参照してください。
        ↓ ↓ ↓
競走馬リアル・パフォーマンス・メーター2011バージョン
 ビギナーズノート

当ブログの根幹ともいえるRPM値について簡単にまとめたものです。参考にしてください。

………………………………………………………………………………………………………

無料メルマガの登録は左のサイドバーまたは下記からも登録できます。
            ↓ ↓ ↓
【無料メルマガ】ハルパパ競馬の流儀~RPM値で勝ち馬を見抜け!~


………………………………………………………………………………………………………


詳細レースカルテPART.4
スプリンターズステークスGⅠ
10/2(日) 中山11R 芝1200M

≪RPM値勝負ライン≫
●総合値⇒121RPM
●先行値⇒63RPM
●末脚値⇒58RPM

≪RPM値一覧≫
スプリンターズS馬柱
↑近三走のRPM値はこちらから

≪レースカルテ④展開予測≫

今日は展開予測を試みる。

近走逃げている馬はパドトロワ、フィフスペトル、ヘッドライナー。“本質”という言葉を使えば、パドトロワとフィフスペトルは逃げ馬とはいえず、逆にヘッドライナーは生粋の逃げ馬としていい。

ヘッドライナー=生粋の逃げ馬。ところが近走の逃げはCBC賞まで遡らなければならない。四走前だ。それも33秒台後半のぬるい入りのもので、テンに速いタイプがいればうまくポジションが取れないでいる。わかりやすくテンのスピードが落ちていると見ていい。また“生粋の”としたことには別の意味もある。この馬は前の馬を交わせない。つまり前半のポジションがそのまま最高位となるタイプ。4角まわって順位を上げることができないのだから勝つにはハナを奪うしかない(ハナを奪ったから勝てるというわけでもないが…)。

一方、パドトロワは緩い流れよりも厳しい流れを先行するのが理想。後続になし崩し的に脚を使わせて前でどこまで踏ん張れるか。それが焦点。

フィフスペトル……。この馬に関しては今回、全く触れてこなかった。よって少々見解を加えておく。1200Mはデビュー⇒函館2歳Sと2連勝を挙げた距離だが、それ以降は一度も使われておらず、マイルを中心としたローテに切り替えられている。馬体からは忙しい競馬が合うタイプではない。一方で胴が詰まっている等距離が延びていいとも思わないので、結果的にマイル~1800Mあたりに落ち着くのだろう。そんな印象を抱いている。平たく言えば、「テンに置かれて後半どこまで追い上げるか」という競馬になるだけで展開面に影響を及ぼすとは考えていない。

さて。

数値にも目を向けておく。各馬の先行値だ。

パドトロワ     54RPM⇒62RPM⇒66RPM(近三走すべて1200M戦)
エーシンヴァーゴウ 60RPM(二走前)
カレンチャン    64RPM(前走)
ビービーガルダン  62RPM(前走)

おそらくは、ハナ争いに出番があるのは上記4頭。プラスして逃げ先行脚質のロケットマンとなろうか。

ちなみにヘッドライナーは、37RPM⇒54RPM⇒40RPMでほぼ出番はないとしていいのでは(一応、逃げ宣言をしている手前、かなり押して出るとは思うが……)? また、過去のレースぶりから、ビービーガルダン、カレンチャンは先行~好位が理想でハナ争いに参戦することはないと見るのが妥当だろう。
 
つまり、ハナを奪う可能性があるのは、パドトロワ、エーシンヴァーゴウ、ロケットマンの3騎。

パドトロワは、行く馬がいなければ逃げる姿勢だろう。自身で60RPM程度の流れを作ることは可能。時計に置き換えれば前半3F33.0~33.3秒あたり。

次にエーシンヴァーゴウだが、最終追い切りを見ると、坂路でテンから飛ばして49秒台の一番時計を叩き出している。つまり、前で勝負するという意欲の表れではないか。

最後にロケットマン。この馬の理想は前後半1秒程度の前傾ラップを踏むことであり、みずから消耗戦に持ち込むタイプではない(速い馬がいればハナは譲り番手競馬に切り替える)。

それらを考慮すれば、基本的にはパドトロワの逃げにエーシンヴァーゴウが絡みロケットマンが3番手の隊列か。道中2~3番手の隊列に違いあっても4角ではほぼロケットマンが先頭の形だろうと推測する。

再度、RPM値に戻る。

4角で、パドトロワ、エーシンヴァーゴウ、ロケットマンの3騎がハナに並んだとすれば、そこからは総合力が問われる。パドトロワ⇒112RPM、エーシンヴァーゴウ⇒110RPM、ロケットマン⇒116~123RPM。

真っ先に脱落するのはエーシンヴァーゴウであり、パドトロワはしぶとく食らいつく可能性はあっても、最終的には競り落とされる。数値からはそれぐらいの力差は感じている。

馬券的にはロケットマンVS 4角4番手以下の差し、追い込み勢の構図とするのが当欄の基本的な見立て。

一応、整理しておく。

2011スプリンターズS⇒レース先行値60~62RPM(Mペース速め~Hペース)
            ⇒連対圏の勝負ライン115RPM前後


ここから先は、土曜日のメルマガとハルパパの最終決断にて。

最後に、当欄が馬券候補に期待する穴馬を2頭挙げておく(おそらく上位4番人気までには入らないだろうと思われる)。

馬券候補に期待する穴馬①⇒人気ブログランキングへ(35位前後です)
馬券候補に期待する穴馬②⇒(17位前後です)




………………………………………………………………………………………………………

ブログランキングに参加しています
  ↓ ↓ ↓
応援クリックお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
  ↓ ↓ ↓       ↓ ↓ ↓
  人気ブログランキングへ
  ↓ ↓ ↓      ↓ ↓ ↓
ブログランキング【くつろぐ】  ブログランキング  


質問・応援コメントはここからどうぞ。
RPM値に対してもできるだけブログ内で解説していく予定です。
   ↓ ↓
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://harupapa02.blog114.fc2.com/tb.php/591-ff3bcf71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。