04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* category: 中央競馬重賞予想

【ハルパパ秋のGⅠ十二番勝負!】第弐番 マイルCS南部杯 

一日一回、応援クリックお願いします
        ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 競馬ブログへ

………………………………………………………………………………………………………

当ブログを始めて訪問された方は、下記を参照してください。
        ↓ ↓ ↓
競走馬リアル・パフォーマンス・メーター2011バージョン
 ビギナーズノート

当ブログの根幹ともいえるRPM値について簡単にまとめたものです。参考にしてください。

………………………………………………………………………………………………………

無料メルマガの登録は左のサイドバーまたは下記からも登録できます。
            ↓ ↓ ↓
【無料メルマガ】ハルパパ競馬の流儀~RPM値で勝ち馬を見抜け!~


………………………………………………………………………………………………………


ハルパパ秋のGⅠ十二番勝負!~第弐番~
の一鞍!
マイルCS南部杯GⅠ
10/10(月) 東京11R ダ1600M  

≪RPM値勝負ライン≫
●総合値⇒121RPM
●先行値⇒60RPM
●末脚値⇒61RPM
※当該クラスで勝ち負けする目安

≪ハルパパ・スコープ!≫
【ハルパパ秋のGⅠ十二番勝負!】第弐番

こんばんは。ハルパパです。GⅠ十二番勝負の第弐番はダート1600M戦のマイルCS南部杯です。
週中のレースカルテと週末のメルマガにて分析官やハルパパのおおよその見解をお伝えしてきましたが、いよいよ最終決断の時がきました。RPM値や過去走の実績から今回馬券の対象とすべき馬を7頭に絞り込みました。その7頭とは内から⑤ランフォルセ、⑥ダノンカモン、⑦エスポワールシチー、⑧シルクフォーチュン、⑨オ―ロマイスター、⑪トランセンド、⑫ダイショウジェット。この7頭の中から主軸を決めて馬券を組み込むわけですが、枠順と最新の各馬の状態(前日追い等も含めて)を加味して最終決断を下したいと思います。

その前に斬った馬8頭について。公営から参戦してくる4頭については戦歴からここでは家賃が高いと判断し消しとしました。①バーディバーディは登録段階が除外対象で騎手未定の状況でした。勝負気配は薄そうです。そして前走のエルムSは3角で早々に苦しくなって内にもたれたことからフェブラリーS当時のデキにないと判断したわけです。④ブラボーデイジーは戦績から好走時のパフォーマンスをもってしてもここでは明確に力量不足。⑭クリールパッションもフェブラリーS、JCDのパフォーマンスが自身の最高レベルではここは能力が足りない。しかも外枠では万事休す。⑮ボレアスは成長途上にある3歳牡馬ではあるけれど、近走は休みなくレースに使われており成長分を大きく上積みさせる状態になさそうですよね。三走前のユニコーンSの107RPMが自己ベストなら仮に成長分を加味しても110RPM程度でしょう。ここは馬券の対象は最低でも115RPMが必要であるとするならば大外枠では厳しい状況であると判断できます。分析官も言っていましたが、3歳世代においてもNO1ホースではないことから軽視すべきだと思います。

以上の理由から馬券の対象を7頭に絞ったわけです。

さてこの7頭から主軸候補を選び出す段階になりますが、⑤ランフォルセは近走オープン特別を2勝、GⅡを2着、前走はGⅢを勝ってここに参戦してきました。調子も良さそうだし枠順にも恵まれましたが、気性的な問題からスタートに難がありGⅠで即通用のパフォーマンスはまだ見せていません。先行しても、差しに回ってもワンパンチ不足していますね。⑨オ―ロマイスターは昨年の勝ち馬ではあるけれど舞台は盛岡競馬場でした。左回りは良しとしても芝スタートの東京コースが向いているかというと疑問が残ります。前走は59キロでランフォルセに0.1差まで詰め寄る内容から調子は間違いなく良化もやはり主軸には据えられないかな。⑫ダイショウジェットも過去の戦績からもつれた際の3着候補の域は脱しませんが、前走浦和の交流重賞を5馬身差の完勝で調子はいいはずです。

となると最終的には主軸候補は⑥ダノンカモン、⑦エスポワールシチー、⑪トランセンドの3頭になります。
ここからが最後の詰めですね。

週中の段階ではこの三頭の能力の序列は⑪トランセンド=⑦エスポワールシチー>⑥ダノンカモンでした。そして調子の序列は⑥ダノンカモン>⑪トランセンド>⑦エスポワールシチーとしていました。

ここで仮に⑪トランセンドを主軸にした場合のレースイメージは、すんなりハナに立ってマイペースの単騎逃げが一番望ましい展開。フェブラリーSの再現のような感じです。これが間違いなくイメージ通りの展開になるのならここは⑪トランセンドに一番の勝機がありそうです。過去の戦績から4角先頭で回ってくれば全て馬券になっていますからね。

重要なことは今回イメージ通りの競馬になるのかどうかです。枠順をみると③ワキノカイザー、④ブラボーデイジーがハナに行けるものなら行きたいクチです。そして今回の放牧でリフレッシュされてきた⑦エスポワールシチーも行こうと思えば行けるスピードがあります。その他ではトランセンドを抑えてハナに行きたそうな馬は見当たりません。が、少なくともトランセンドよりも内に3頭の先行希望がいますからリスクはありそうです。トランセンドはゲートの出が速くスタートダッシュが特別に速い馬ではありませんから、ほんの僅かの出負けでもすんなりハナというわけにはいかなくなる可能性があります。ここで一考すべきは⑦エスポワールシチーの出方ですね。

エスポワールシチーは佐藤哲三騎手のお手馬ですが、過去に松岡騎手で2勝していますからまったく縁のない馬ではありません。結果によっては今後の継続騎乗もありえる状況かもしれません。友駿HCと佐藤哲三騎手とのラインは深いものがありますが、チャンスがないとは言えません。仮に今回だけのピンチヒッターだとしても松岡騎手的には結果を出しておきたいところではないでしょうか。となると⑦エスポワールシチーは積極的に前に行きそうですね。

エスポワールシチーがハナを主張してトランセンドが控えることになるケースも十分に考えられます。またトランセンドが好発を決めてハナに行ってもエスポワールシチーや内の先行馬がおとなしく騎乗する保証はありません。この時点でフェブラリーSとは様相が違うということが十分にありえるわけです。

番手の競馬で安定性のあるのはトランセンドかエスポワールシチーのどちらなのだろうか?トランセンドは2番手から抜け出す競馬も見せているけれど相手関係が楽なクラスのレースです。それでも凡走も目立ちます。一方でエスポワールシチーはダート戦において番手からの競馬で馬券にならなかったのは海外での1戦のみです。このことからエスポワールシチーの方がより安定性があるといえるかもしれませんね。

あともう一つ考えられるシナリオはトランセンドとエスポワールシチーが競い合うケース。このケースでの優劣はやはり外のトランセンドが不利となりそうです。

いくつかシナリオを考えてみましたが、いずれにしてもペースは週中に思ったほど落ち着く流れにはならない可能性の方が強そうですね。結局はトランセンドとエスポワールシチーが今回初対決で未知であることが展開予測をするにあたりネックであるということです。やはりここは枠順と戦績の現実を重視して考える必要がありますかね。

一番驚くシナリオはトランセンド、エスポワールシチーの共倒れ?その際に漁夫の利を得る馬は差し馬になるわけですが、候補は⑤ランフォルセ、⑥ダノンカモン、⑧シルクフォーチュン、⑨オ―ロマイスター、⑫ダイショウジェットのどれかでしょうね。その場合は先に決めてあった通り⑥ダノンカモンが最有力だと考えています。
三連系の馬券にて先行馬が総崩れなら差し馬に3頭分の枠が生まれます。またトランセンド、エスポワールシチーの両方が残る場合でも差し馬に対しては1頭分の枠が用意されています。もちろんこれは先に斬った8頭が馬券の対象にならない前提の話ですがね。

最終的にハルパパが出した結論は人気ブログランキングへに軸不動の★!ここからの馬連と三連複で勝負します。相手は☆2騎と$4騎。

人気ブログランキングへ
☆2騎
$2騎
$ランフォルセ
$ダイショウジェット

馬連 ★=☆☆$$$$の6点!
三連複 ★1頭軸相手6頭の15点!

月曜日の午前中に【本日一番!】予想の公開を予定しています。対象レースは午後のレースとなります。
たくさんの応援ありがとうございます。月曜日もよろしくお願いします!

………………………………………………………………………………………………………

ブログランキングに参加しています
  ↓ ↓ ↓
応援クリックお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
  ↓ ↓ ↓       ↓ ↓ ↓
  人気ブログランキングへ
  ↓ ↓ ↓      ↓ ↓ ↓
ブログランキング【くつろぐ】  ブログランキング  


質問・応援コメントはここからどうぞ。
RPM値に対してもできるだけブログ内で解説していく予定です。
   ↓ ↓
スポンサーサイト

コメント

外枠の不利を書かれてますが東京ダ千六は芝区間が外枠の方が長く外枠有利だった気がするんですが?。

URL | んっ!? #ax4px7aw 【2011/10/10 05:51】 *edit*

今日も

頑張っていきましょう参戦はですが、ハルパパ予想はチェックさせていただきます

URL | やす #- 【2011/10/10 06:32】 *edit*

んっ!?さん。コメントありがとうございます。
たしかに外枠はダートに入るまでの距離が内枠よりも少しだけ長いから先手を取りたい馬にとっては若干有利ですが、それは馬場状態によって変わるものです。水分を含んでダートが締まれば早くダートに入った方が有利になり、この場合は内枠が有利になります。
今日の馬場状態は微妙ですよね。現在は芝もダートも稍重発表です。午後には良に回復するでしょうが…。
今回ハルパパが書いた外枠不利はボレアスやクリールパッションの脚質を考慮してのことです。差し馬はやはり距離損となる外枠は不利になることの方が多いようです。
今後もよろしくお願いします!

URL | ハルパパ #- 【2011/10/10 08:01】 *edit*

やすさん。おはようございます!
まさか今日もお仕事なのですか?
今日も頑張って予想します。

URL | ハルパパ #- 【2011/10/10 08:04】 *edit*

名手に託します

ハルパパ殿おはようございます!小生は仕事のためネットで購入します!正直ボレアス怖い…今年も三歳は強いなぁ~。しかし、ハルパパ殿の買い目に統べてを託しますよ!

URL | 闇の帝王切開 #- 【2011/10/10 10:45】 *edit*

闇の帝王切開さん!
祝日に仕事で大変ですね。御苦労さまです!
南部杯は名手に全てを託しましょう。

URL | ハルパパ #- 【2011/10/10 13:43】 *edit*

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://harupapa02.blog114.fc2.com/tb.php/615-11c39fbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。