03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* category: レースカルテ

【エリザベス女王杯】詳細レースカルテPART.2  

一日一回、応援クリックお願いします
        ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 競馬ブログへ

………………………………………………………………………………………………………

当ブログを始めて訪問された方は、下記を参照してください。
        ↓ ↓ ↓
競走馬リアル・パフォーマンス・メーター2011バージョン
 ビギナーズノート

当ブログの根幹ともいえるRPM値について簡単にまとめたものです。参考にしてください。

………………………………………………………………………………………………………

無料メルマガの登録は左のサイドバーまたは下記からも登録できます。
            ↓ ↓ ↓
【無料メルマガ】ハルパパ競馬の流儀~RPM値で勝ち馬を見抜け!~


………………………………………………………………………………………………………

詳細レースカルテPART.1
エリザベス女王杯GⅠ
11/13(日) 京都11R 芝2200M

≪RPM値勝負ライン≫
●総合値⇒113RPM
●先行値⇒59RPM
●末脚値⇒54RPM
※当該クラスで勝ち負けする目安

≪RPM値一覧≫
エリザベス女王杯登録馬
↑登録馬の近三走RPM値はこちらから

≪レースカルテ③力量比較~日本馬編~≫
今週から、各馬の力量を、A、B、C、Dの4段階で評価します。
A.主軸級
B.馬券候補
C.抑えに一考
D.見送り


アヴェンチュラ
骨折休養明け以降、1600万下、GⅢクイーンS、GⅠ秋華賞と3連勝中。RPM値の推移も100RPM⇒107RPM⇒112RPMと上昇していて、出走予定馬の過去パフォーマンスとの比較では、前走並みに走りさえすれば十分馬券候補となり得るレベルでしょうね。走りからは、大飛びで流れが厳しくなればなるほど力を発揮するタイプですが、勝負どころで鞍上がしきりにおっつけるところを見てもズブさがありエンジンのかかりが遅い=瞬発力では見劣ると見ています。また馬込みで窮屈な競馬だとマイナス。適度にバラけた方がいいという意味でも、Mペース以上の持久力勝負が理想。
評価:人気ブログランキングへ

アニメイトバイオ
休み明けとなったVマイル~エプソムCでは、まだ馬体が太く(というか牝馬らしからぬマッチョなつくり⇒484キロ)動きが鈍かったのですが、七夕賞以降は馬体も絞れて本来の切れ味が戻ってきた印象。2走前のクイーンSではアヴェンチュラの0.2差3着ですが、斤量差が3キロ(今回2キロ)あったこと+デキ途上を考えると今回は逆転の目も一応あるのでは? 前走・府中牝馬Sでは勝ち馬イタリアンレッドとクビ差の接戦。これもスタートで後手を踏み大外を回してのものだけにスムーズな競馬なら逆転もあったのでは? と考えるとここでも当然、有力な馬券候補でしょう。前走は流れが遅かったこともあり数値は103RPM止まりですが、力量的には110RPM程度まで見込めると見ます。
評価:B

アパパネ
力量は誰もが認めるところですが、デキがどうなのか。年齢とともにズブさを増していることもあるのかもしれませんが、当方が見るに「疲れを取るための調整に失敗した」印象ですね。というのも、Vマイルはゴール前までブエナビスタと叩き合い、安田記念も消耗戦となって勝ち馬から0.2差の接戦(6着)。元々ピークが長く続くタイプではないだけに2戦続けての激戦が響いているのでは、と。結果、アノ手コノ手で馬体を絞ったけれど前走は502キロ(過去最高体重)まで。実際体重以上に腹のラインにたるみがあったことを見ても中身が伴っていなかったのは明らかです。一週前の時点でもまだ馬体に緩さがあったので最終追い切り一本でどこまで締まってくるかがポイントでしょう。で、今日の追い切りは……。
評価:

イタリアンレッド
ここ半年で急激に力をつけてきた一頭。元々「乗り難しい馬」という評価で仕掛けどころに苦労していた印象ですが、3走前の七夕賞では中館Jがまくり型の好騎乗で重賞タイトルを奪取。馬が変わりました。「牝馬特有の一瞬のキレ」で勝負するタイプですが、前走の府中牝馬Sでは東京コースで長くいい脚を使っていますから京都の外回りにも十分対応するでしょう。問題は流れでしょうか。なし崩し的に脚を使わされる展開だと微妙ですね。その意味では流れに左右される一頭と見ています。
評価:C(最終的な展開予測を踏まえてBになる可能性も)

フミノイマージン
牝馬の重賞戦線では安定勢力の一頭。今季も福島牝馬SとマーメイドSのふたつ重賞を勝ち、中山牝馬Sと府中牝馬Sでも馬券圏内。金鯱賞は牡馬相手のうえに馬場が悪くさすがに競馬にならなかったけれど充実ぶりは顕著です。中間の動きを見る限りでは前走を叩いた上積み十分で馬体の仕上がりも良く善戦可能だと見ます。
評価:B

ホエールキャプチャ
秋華賞当時、「3歳牝馬にしては負荷をかけ過ぎており、馬体の負担大」とし、いずれ反動が出るのでは? と指摘しました。一週前の時点では「疲れが取れない」なんて声も聞こえていて、前走後の動き出しも遅かったのですが、最終追い切りではなんとか間に合わせてきた感じ。中間の調整や追い切りを見る限り、馬は非常に素直で真面目なんでしょうね。時計はしっかり出しています(調教駆けするタイプと見た方がいいのか)。それでも……。
評価:D

レディアルバローザ
Vマイル3着を見たとき、今季は重賞タイトルを2つぐらい獲るだろうと思っていましたが、その後がどうもチグハグ。レースを繰り返し観察すると……馬込みに入れるとムダにエネルギーを消耗している印象で、基本的には朝日CCのように多少ロスがあっても外を回す競馬の方が合っているのだろうと思います。クイーンSは狭い最内を突いたこともありイマイチの伸びだったけれど、本来的には持久力タイプ。中山牝馬Sは「抜群の切れ味!」に見えても消耗戦で他が止まった結果ですから展開面が大きかったと思いますね。今回はほとんどノーマークだと思いますが、例年のエリ女のように淀みない流れからの持久力勝負になった際に浮上の目はあると見ます。
評価:C(最終的な展開予測を踏まえてBになる可能性も)

レーヴディソール
キャリア4戦で骨折休養し復帰戦が古馬混合のGⅠ。さすがに家賃が高いか……。馬体からもさほどインパクトを受けないので成長度の点からも少し微妙に感じています(タキオン産駒だし……)。さて、今さら力量についてアレコレ語る必要はないでしょうから、馬券的な取捨に関しては、ほぼデキ次第。そのデキに対する見極めですが、調教VTRでは前肢で掻き込む際の“蹄の高さ”に注目するといいと思います。とにかく脚が上がる。ユニバーサルバンクと併せているので、両馬の前肢の動きを見比べると面白いかと。
評価:ギリギリまで保留



………………………………………………………………………………………………………

ブログランキングに参加しています
  ↓ ↓ ↓
応援クリックお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
  ↓ ↓ ↓       ↓ ↓ ↓
  人気ブログランキングへ
  ↓ ↓ ↓      ↓ ↓ ↓
ブログランキング【くつろぐ】  ブログランキング  


質問・応援コメントはここからどうぞ。
RPM値に対してもできるだけブログ内で解説していく予定です。
   ↓ ↓



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://harupapa02.blog114.fc2.com/tb.php/674-5429a5aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。