08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * edit *  go page top

* category: 中央競馬重賞予想

【ジャパンカップダート】ハルパパの決断!秋のGⅠ十二番勝負!第九番 

一日一回、応援クリックお願いします
        ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 競馬ブログへ

………………………………………………………………………………………………………

当ブログを始めて訪問された方は、下記を参照してください。
        ↓ ↓ ↓
競走馬リアル・パフォーマンス・メーター2011バージョン
 ビギナーズノート

当ブログの根幹ともいえるRPM値について簡単にまとめたものです。参考にしてください。

………………………………………………………………………………………………………

無料メルマガの登録は左のサイドバーまたは下記からも登録できます。
            ↓ ↓ ↓
【無料メルマガ】ハルパパ競馬の流儀~RPM値で勝ち馬を見抜け!~


………………………………………………………………………………………………………


ハルパパ秋のGⅠ十二番勝負!~第九番~
の一鞍!
ジャパンカップダートGⅠ
12/04(日) 阪神11R ダ1800M  

≪RPM値勝負ライン≫
●総合値⇒120RPM
●先行値⇒61RPM
●末脚値⇒59RPM
※当該クラスで勝ち負けする目安


JCD馬柱

≪RPM値で能力序列をつける!≫

ダート重賞のRPM値勝負ラインは120RPM。ジャパンカップダートが阪神の1800Mで行われるようになった2008年からの過去3回の結果を見てみると…

2008年 優勝馬カネヒキリ      125【60-65】  レースの先行値 61RPM
2009年 優勝馬エスポワールシチー  123【61-62】  レースの先行値 61RPM
2010年 優勝馬トランセンド     122【61-61】  レースの先行値 61RPM

馬券の対象となった全9頭のレースRPM値の平均は121.6RPMとなっていて、総合力の高さを求められるレベルが高いレースになっています。ジャパンカップダートは120RPMに満たない馬は苦戦必至という考えが妥当ですね。

阪神の1800Mはホームストレッチからのスタートで二度にわたって急坂を通過するタフなコースです。どうしたってこれは実力勝負となるし、力のある先行馬が活躍する舞台になります。過去三年の勝馬のRPM値をみてもまさにその通りの決着になっています。

レースタイプは完全に持久戦となっていてスタミナを求められるタフなレースです。阪神における先行値61RPMというのは楽なペースではありません。スタートしてすぐに急坂があるのがその原因なのですが、かなりスタミナを消耗する立ち上がりとなるわけです。さらには最後の直線でもう一度その急坂が待ち受けているのですから、能力とスタミナの両方を求められるレースです。

今年のジャパンカップダートはどのようなレースになるのか。一昨年のこのレースを61RPMで逃げ切ったエスポワールシチーと昨年61RPMでこれまた逃げ切ったトランセンドが参戦してきています。さらには徹底した逃げでハナを譲らないトウショウフリークが参戦してきていることから、今年も例年並みのペースかそれ以上のペースとなることは間違いないでしょう。となるとスローでパフォーマンスを落とした決着にはならずに、先行しても差しても120RPMの決着を下回ることはありえません。

ここはやはり120RPMの勝負ラインに対するハイ&ローの判定が妥当であることがわかると思います。

さて出走馬のRPM値を確認していきましょうか。まずは120RPM以上のパフォーマンスを近三走でマークしている馬は、⑥エスポワールシチー124RPM(前走)と121RPM(二走前)、⑨ワンダーアキュート121RPM(二走前)、⑪ミラクルレジェンド121RPM(三走前)、⑬ダノンカモン124RPM(二走前)、⑯トランセンド124RPM(二走前)の5頭です。

あとは1頭だけ近三走が全て公営競馬で数値が提示されていない④ラヴェリータが不明であること。それに⑪ミラクルレジェンドの前走や⑯トランセンドの前走も公営重賞でのものですからRPM値が明確になっていません。この部分が不明確なままでは正しい序列がつけられないところですね。非常に重要な部分なのでこのことは後回しにしてしっかりと考察することにします。

他の馬はどうでしょうか。近三走よりもさかのぼって確認してみます。⑤テスタマッタが2010年のGⅠフェブラリーステークスでマークした124RPMくらいですかね。他では生涯最高値をもってしても120RPMに到達している馬はいません。ほんの少し足りないレベルでは(118~119RPM)⑦ダイショウジェットと⑧バーディバーディがいるくらい。ただダイショウジェットは1400~1600Mがベストの馬で1800Mでは確実にパフォーマンスを落とします。バーディバーディも軌道に乗れずに手探り状態。能力上位の馬達が絶好とも言えるデキで参戦してくる以上はやはり苦戦必至とみるのが普通ですよね。一応数値的に基準を満たしているテスタマッタだけは残しておきましょうか。

ここまでをまとめると、馬券対象の候補馬は⑥エスポワールシチー、⑨ワンダーアキュート、⑪ミラクルレジェンド、⑬ダノンカモン、⑯トランセンドの5頭と、未だ判断がつかない④ラヴェリータ、過去の成績から⑤テスタマッタの計7頭。あともう一頭⑭ヤマニンキングリーがまだダート一戦で底をみせていないから残しますか。これで8頭になります。

その他の8頭はここでは消しが妥当であると確信しています。

そして予想はここからが勝負。

現時点で残った8頭について簡単に序列をつけてみると…

01位 ⑥エスポワールシチー 124RPM
 〃  ⑯トランセンド    124RPM
 〃  ⑬ダノンカモン    124RPM
04位 ⑨ワンダーアキュート 121RPM
 〃  ⑪ミラクルレジェンド 121RPM
06位 ⑤テスタマッタ    124RPM(2010年)
 〃 ④ラヴェリータ    近三走不明
08位 ⑭ヤマニンキングリー 113RPM(底割れてない)

はたしてこの序列でいいのかどうかが一番の問題です。⑤テスタマッタと⑭ヤマニンキングリーはこれ以上考えていても抑えの評価として馬券上残すか消すかしかないでしょう。
やはり前走が公営の重賞のラヴェリータとミラクルレジェンドとトランセンドについて考察すべきですね。

ここからが当ブログならではの考察です!

上記三頭のレースは11月3日に大井競馬場で行われた重賞のJBCクラシック(2000M)とJBCレディスクラシック(1800M)です。そのレースのRPM値を算出すればいいわけです。

☆トランセンド    JBCクラシック2着     124RPM(57キロ換算)
☆ミラクルレジェンド JBCレディスクラシック1着 124RPM(55キロ換算)
☆ラヴェリータ    JBC レディスクラシック2着 123RPM(55キロ換算)

どうでしょうか。このレースのレベルは非常に高いということです。
JBCレディスクラシックはレコード決着でミラクルレジェンドとラヴェリータの一騎討ちとなりました。大井1800Mの基準時計が1.55.6ですからミラクルレジェンドの勝ちタイムの1.49.6というのは桁違いに速い。もちろん速い時計が出易い馬場状態であったのですが、上記のRPM値はそういった馬場差を加味しての数値です。
そしてこのJBCレディスクラシックのレースレベルの高さは同日に行われたJBCクラシック(優勝馬スマートファルコン)で2着したトランセンドと比較してもわかりますよね。

そしてもうひとつ大切なことはトランセンドの優秀さです。JBCクラシックはレディスクラシックより距離が1ハロン長い2000Mのレースでしたが、トランセンドの1800M通過はレコード決着のレディスクラシックの勝時計とほぼ同じ1.49.7です。トランセンドはレコードラップで追走して残り200Mで勝ったスマートファルコンに詰め寄ったことになります。

つまり斤量差もあって数値としてはミラクルレジェンドと並ぶ124RPMですが、実質の内容ではトランセンドが断然優秀であることになります。

結論として、持てる力量はフルに発揮したと思えるトランセンドとほぼ変わらぬパフォーマンスを見せたミラクルレジェンドとラヴェリータの2騎は相当に評価しなければならないということです。

これで不明な点は解決できました。RPM値を根拠にした序列はこれで完成です。

【RPM値が示唆する能力の基本序列】

⑤テスタマッタ      124RPM-α
⑥エスポワールシチー   124RPM
⑬ダノンカモン      124RPM
⑯トランセンド      124RPM
⑪ミラクルレジェンド   124RPM
④ラヴェリータ      123RPM
⑨ワンダーアキュート   121RPM
⑭ヤマニンキングリー   113RPM+α

さてここからはハルパパ個人の見解の結論です。
数値の序列と数値の背景を考えると主軸にすべきは⑥エスポワールシチーか⑯トランセンドでしょう。あとは距離不適でパフォーマンスを落とすであろう馬がいるのでそいつを消すと最終予想はこうなります。

★トランセンド  1着
エスポワールシチー  3着
$ミラクルレジェンド
$ラヴェリータ
△ワンダーアキュート 2着
△テスタマッタ
△ヤマニンキングリー

そして実際にハルパパが買う馬券はここからさらに絞って…

三連複★==$$△の3点!
三連単★⇒=$$△の6点!
   ⇒★⇒$$△の3点!(三連単は合計9点!)

買い目と購入金額の割り振りは明日公開します!
馬券的な話としては★は負けるなら1頭では3着は外さないだろうと踏んでの勝負ということです。

応援よろしくお願いします!
   
………………………………………………………………………………………………………

ブログランキングに参加しています
  ↓ ↓ ↓
応援クリックお願いします
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
  ↓ ↓ ↓       ↓ ↓ ↓
  人気ブログランキングへ
  ↓ ↓ ↓      ↓ ↓ ↓
ブログランキング【くつろぐ】  ブログランキング  


質問・応援コメントはここからどうぞ。
RPM値に対してもできるだけブログ内で解説していく予定です。
   ↓ ↓
スポンサーサイト

コメント

オッズ次第でしょうが、三複三点勝負ですかね?
鳴尾は三単は最後にショウナンが来て逃しましたが単勝、馬連、三複ゲットです。

URL | K #- 【2011/12/04 01:00】 *edit*

Kさん!どうもです!
鳴尾記念はおめでとうございました。JCDは馬券の買い方が難しいですね。能力的には一騎討ちですが、オッズ的には少し怪しいような気がします。大きな声では言えませんが(笑)。朝のオッズでトラン=エスポの2頭軸の三連複が複数通り買ってもガミらないところが怪しいかな。売れ方が甘い感じがしました。大井と中央では馬券の入りが違いますからね。大井なら少し躊躇するかもしれません。
ハルパパ的には買いたい馬はトラン、エスポ、ミラクル、ラヴェ、ワンダーの5頭だけなのは変わりません。三連複3点勝負がベターですかね。夢がないですが

URL | ハルパパ #- 【2011/12/04 11:35】 *edit*

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://harupapa02.blog114.fc2.com/tb.php/703-868569c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。